Amazon

« 八幡宮の牡丹と梅と桜と… | トップページ | 稲村ケ崎の紅富士とパール富士(?) »

2016年1月26日 (火)

さようなら「鎌倉近代美術館」

「カマキン」の愛称で親しまれてきた「神奈川県立近代美術館 鎌倉」が、いよいよ1月31日(日)に一般公開を終了します。
今日は、最後の展覧会を観て来ました。


1951年11月に日本で最初の公立近代美術館として鶴岡八幡宮境内に誕生しましたが、残念ながら長い歴史に幕を閉じることになりました
閉館の経緯等は、こちらをご参照下さい


(左)古賀春江 《窓外の化粧》 1930年 油彩   (右)松本竣介 《立てる像》 1942年  油彩
最後の展覧会となるPART3では、1951年の美術館誕生から1965年までの15年が取り上げられています


ここから見る景色がとても好きでした  
これが見納めかと思うと感慨深いものがあります


大勢の人達が、美術館を記憶に留めようと撮影しています


名残りを惜しむ入館者が続々と詰めかけて、館内も混雑していました


さようなら、ありがとう…    長い間、お疲れ様でした
なお、鎌倉別館と葉山館は従来通りです。

« 八幡宮の牡丹と梅と桜と… | トップページ | 稲村ケ崎の紅富士とパール富士(?) »

ご挨拶・お知らせ」カテゴリの記事

鎌倉散歩・冬(12~2月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、お早うございます。

暖冬暖冬と大騒ぎでしたが、さすが大寒になってやっと冬らしい気温に下がってきました。
突然の積雪、凍てつく水道管破裂と、日頃の怠慢を晒しているようなものです。

ところで、鎌近美が閉館とは残念ですね。 建物は取り壊すと云っていたのが
修復して残す事になったのは良かったです。 1951年と云えば未だ敗戦間もない頃に
作ったのですよね。
「建物を設計した建築家の坂倉準三(1901-1969)は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエの弟子だった人とか。
鎌倉館の蓮池に面したテラスは、映画『ノルウェイの森』にも登場しているそう。

イリヤさん こんにちは!

去年あたり、日曜美術館で閉館に伴い「かまきん」の特集やっていましたね。
趣味の園芸の次の番組なので、がらにもなく興味があると観てしまいます
地元の方は名残惜しいでしょうね。私の生まれる前からあるのですから、
暖冬だったはずが?この所寒くて、かなりの雪も降りました。
でも、牡丹や梅を見ると春はそこまでやってきてますね。
健康面で弱腰になっていた私ですが、頑張ります!
春よ来い、早く来い(*^_^*)

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

今日は少し気温が上がりましたが、それでも寒いですね。
でも、やはり冬は冬らしく寒い方が良いのでしょう。

長年馴染んだ美術館が無くなるのは本当に寂しいです。
以前はもっと色々な催しがあって、足繁く通った気がします。
ハス池に面したテラスが、この建物の最も素晴らしい所ですhappy01

みずきさん、コメントありがとうございます♪

日曜美術館は時々観るのですが、「かまきん」は見逃してしまいました。
私は、「かまきん」と呼んだことは無いのですが…smile
名残を惜しむ人達で、連日、長蛇の列が出来ているようです。

体調が優れないようですが、どうぞお大事になさって下さいね。
早く暖かい春が来ますようにtulip

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八幡宮の牡丹と梅と桜と… | トップページ | 稲村ケ崎の紅富士とパール富士(?) »