Amazon

« 龍口法難会@常栄寺~妙本寺 | トップページ | 建長寺の萩と八幡宮の彼岸花 »

2015年9月15日 (火)

鶴岡八幡宮の神幸祭-2015

今日は秋晴れの下、午前10時から鶴岡八幡宮の例大祭、午後1時から神幸祭(しんこうさい)が執り行われました。
今年は、午後の神幸祭のみ行って来ましたので、雰囲気だけでもお伝えしたいと思います。

   ☆神幸祭とは☆ (鶴岡八幡宮のHPより)
大神様を神輿にお遷しして氏子区域を親しくお渡りいただくお祭です。
氏子の若者により神輿三基を御本殿から担ぎ下ろし、宮司以下神職、錦旗、神馬、ちょうちん、太鼓、盾、弓矢などからなる数百メートルの行列が若宮大路を二の鳥居まで進みます。
この鳥居の下には御旅所(おたびしょ)が設けられ、緑の千早、緋袴姿の八乙女たちによる八乙女舞が行われます。

写真の枚数が多い為、合成しました。 お見苦しい点はお許し下さい。
(クリックして下さると拡大します

Hachimangushinkosai150915_2
(左上)13時に社務所から神職方がお出ましに  (右上)祖霊社へ向かいます
(左下)祖霊社で参拝の後、舞殿の横を通り    (右下)上宮(本宮)へ
その後、楼門の扉が閉ざされ、本宮で神事が執り行われます

Hachimangushinkosai1509152_2
(左上)約20分後、いよいよ御神輿が担ぎ下ろされます (右上)慎重にゆっくりと…
(左下)第一鳳凰神輿                      (右下)第二宝珠神輿

Hachimangushinkosai1509153_2
(左上)第三菊神輿   (右上)三基揃ったところで三の鳥居へ向かって行列
(左下)段葛が工事中の為、三の鳥居の下に御旅所 (右下)御神輿等が到着

Hachimangushinkosai1509154_3
(左上)13:50頃、神事が始まりました  (右上)神職、巫女さん、八乙女さん達も勢揃い
(左下)立ち止まってはいられないので移動しながら…   (右下)14:17頃、神事が終わり

Hachimangushinkosai1509155_3
(左上)巫女さん達      (右上)太鼓等
(左下)第一鳳凰神輿    (右下)第二宝珠神輿

Hachimangushinkosai1509156_2
(左上)第三菊神輿       (右上)吉田宮司さん他
(左下)本宮へ向かって    (右下)粛々と行列が進みます

Hachimangushinkosai1509157_2
(左上)帰りは、第二神輿から上ります  (右上)第一神輿が目の前に置かれました
(左下)第三神輿が上り           (右下)最後に第一神輿が無事戻られました
これらの御神輿は江戸初期のもので、神奈川県指定有形民俗文化財です
以前は真っ黒に見えたのですが、2013年に修復が行われ、鮮やかな色彩が蘇りました

あくまでも神事なので、御神輿は掛け声なども無く静かに担がれます
皆さん、暑い中、重い御神輿を担がれ、お疲れ様でした!

Shinba150915_2
(左上)神事が終わるまで、グルグル回りながら待機中の神馬 (右上)桐の実
(左下)餌を探すコサギ    (右下)東側通路の彼岸花は、まだ蕾が多かったです

16日は午後1時から流鏑馬の奉納があり、例大祭の最終日を飾ります。
写真の神馬(ママさん馬)も流鏑馬で走るそうです。

« 龍口法難会@常栄寺~妙本寺 | トップページ | 建長寺の萩と八幡宮の彼岸花 »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

鎌倉散歩・秋(9~11月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさんお疲れさまでした。
神幸祭の様子がよくわかります。大変な混雑の中いいアングルで撮られてますね。
自分は昨日は他のところに行っちゃって見れなかったんですが、段葛の工事が
終わる来年にはまた行きたいですね。

イリヤさん、お早うございます。

八幡様の神幸祭が始まって いよいよ長くて暑かった夏にもお別れ、
秋の始まりですねー。

段葛の工事で 大変でしょうが、後少しの我慢ですね。
鎌倉のお祭りは伝統があって 見る価値があります。
興味深く拝見しております。

おはようございます、イリヤさん♪

神幸祭・・・たくさんの写真をありがとうございます。
お疲れになったでしょう?

一枚、一枚、拝見しながら貴重なシーンを楽しませていただきました。
遠くに住む鎌倉大好き人間はホントに嬉しいです!!
(いつか必ず行こうと決意を固めました・笑)

御神輿ですがきれいになりましたね。
よかった~!
いつまでも大切にしていきたいですね・・・(*^-^*)

akiさん、コメントありがとうございます♪

自分の覚えの為にも、昨日は記録写真のように沢山撮ってしまいました。
後で枚数が多すぎて整理にアップアップでしたが…coldsweats01

大体の流れは分かっていたのですが、思いがけない所がロープで通行止めになったり、
大混雑で三の鳥居へ向かう行列は追い切れませんでした。
段葛の工事は順調に進んでいるようですので、来年が楽しみですねhappy01

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

秋祭りの季節です。
13日には長谷のお祭りで御神輿渡御が行われたのですが、
お天気がハッキリしなかったので行きませんでした。

沢山の写真をゴチャゴチャとアップしましたが、
興味を持ってご覧下さり嬉しいです。
長いと思った段葛の工事もあと半年、完成した時にはまた撮影して来ますねhappy01

ローズ☆リラさん、コメントありがとうございます♪

毎度のことながら「下手な鉄砲も数撃ちゃ」方式で沢山撮ってしまいました。
欲張ってアップしてしまったのですが、楽しんでいただけたなら良かったです。
機会がありましたら是非お出で下さいねconfident

修復後の御神輿は初めて見ました。
今までは真っ黒で模様も定かではなかったですものね。

神事の間は、彼岸花の様子や源平池の畔のコサギを見に行ったり、
暑くなったので木陰で休んだりしていました。
この後、宝戒寺にも寄るつもりでしたが、疲れてしまって見送りましたcoldsweats01

イリヤさん、こんにちは。
去年の流鏑馬の混雑に懲りたので、今年は例大祭に行こうと思ったのですが同じように混雑していると思い、前日、周辺を歩いてきました。
お祭りの様子を詳細に撮っていただいたので、来年は作戦を立てて挑戦したいと思います (^-^)
お疲れ様でした。

toshiさん、コメントありがとうございます♪

例大祭も混雑はしますが、流鏑馬ほどではありません。
それに流鏑馬道を馬が駆け抜けるのはアッという間ですが、
御神輿は静々と進みますから、撮り易いかもしれません。
来年の参考にして戴ければ幸いですconfident

昨年の今頃は、海蔵寺や宝戒寺で萩が見頃でしたね。
今年はやや遅れ気味でしょうか?

イリヤさん こんにちは

60年くらい前に八幡宮の近くに住んでいたころ、お祭りで流鏑馬を見ましたが、お祭りそのものはイリヤさんの写真と比べると、当時はずっと質素だったように記憶しています。

先日掲載されていた龍口寺はこちらのすぐ近くで、先日地域の老人クラブの散策で、腰越から津西あたりの神社やお寺廻りをしました。 ガイドの先生の説明で、近くの歴史を再発見しています。

昔の記憶ですが、八幡宮の近くにも「牡丹餅寺」というお寺があったように思いますが。

湘南富士さん、コメントありがとうございます♪

観光客の増加に伴って、八幡宮のお祭りも年々華美になって来たのでしょうか?

長年住んでいても、近所の寺社の歴史などはなかなか勉強する機会がありませんよね。
私もブログを始めたり、鎌倉検定受験をきっかけに少しずつ学んできました。
でも、まだまだ灯台下暗しです。

八幡宮の近くは存じませんが、龍口寺の東隣にある「法源寺」も、桟敷の尼の実家の菩提寺
ということから「ぼたもち寺」といわれているそうですconfident

イリヤさん 先ほどはうろ覚えで書きましたが、私の書いた八幡宮の近くのぼたもち寺というのが、「常栄寺」でした。
腰越の「法源寺」が龍口寺のすぐ近くの寺で、どちらも桟敷の尼ゆかりのお寺で、「ぼたもち寺」と呼ばれているとのこと。
「常栄寺」は学生のころよく前を通りました。「法源寺」は我が家のすぐ近くですが、先日の老人クラブの散策で初めて知りました。 

湘南富士さん、再びのコメントありがとうございます♪

常栄寺でしたか…。
地元の人達は、「常栄寺」というより「ぼたもち寺」という方がピンと来ると思います。
私も龍口寺へは時々行くのですが、法源寺は行ったことがありません。
次回、お参りしてみたいと思いますhappy01

こんばんは、神職や氏子さん勢ぞろいで大きなお祭りですね。
やはり鶴岡八幡宮の御神輿ともなると、雅で漆と金箔の鮮やかさに目を奪われますね。

おみこしというと「わっしょいわっしょい」なあれを思い浮かべてしまいますが、
今回のは神事なのですね。
荘厳な雰囲気なのでしょう。チャンスがあればぜひ見てみたいものです。

全体を見渡せるいい場所から撮影されてるように思いますが、場所取りは大変ですか??
9月になったとはいえ日差しが暑い中の撮影、お疲れ様でした。

まこさん、コメントありがとうございます♪

この御神輿は、2年前に修復されたもので、以前見た時は真っ黒でした。
今回、見違えるほど美しくなっていてビックリ!
境内にお囃子は鳴り響いていたのですが、御神輿の担ぎ手や行列の方々は無言。
厳粛な雰囲気です。

いつもながら時間ギリギリに出掛けるので、特別な場所取りは一切していません。
大体の様子が頭に入っていると動きやすいかもしれません。
機会がありましたら是非お出掛け下さいねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 龍口法難会@常栄寺~妙本寺 | トップページ | 建長寺の萩と八幡宮の彼岸花 »