Amazon

« 鎌倉祇園大町まつり-2015 | トップページ | 光明寺裏山~材木座海岸からの富士山 »

2015年7月14日 (火)

光明寺のハス-2015

まるで梅雨が明けたかのような青空となりました。
梅雨前線が台風に押されて、どこかへ飛んで行ってしまったのでしょう。

午前中、光明寺へハスの様子見に行って来ました。
早速、記主庭園へ。


ハス池に見入るステキなお二人
(ブログ掲載のご了解を戴きました お顔をアップ出来ないのが残念!)


ハス池越しの回廊と大殿(本堂)


見頃のハスは遠くに咲いて…


ハスと花托に止まる大塩辛蜻蛉(オオシオカラトンボ)


こちらは鮮やかな赤トンボ
猩猩蜻蛉(ショウジョウトンボ)の雄だそうです…baku893さん、ありがとうございました♪


ハスの花の寿命は4日間
2000年前の大賀ハスで有名な光明寺ですが、今日見られたのは殆ど錦蘂蓮(きんずいれん)のようでした


こちらは鉢植え、白色ですが大賀ハス?


境内はヒッソリと…
今年の観蓮会は、25~26日です。

この後、「光明寺裏山~材木座海岸からの富士山」に続きます。

« 鎌倉祇園大町まつり-2015 | トップページ | 光明寺裏山~材木座海岸からの富士山 »

鎌倉散歩・夏(6~8月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんばんは。

大賀ハスをこんなはっきり見たのは初めてです。新聞の記事と写真しか
見た事がなかったのです。 直ぐお近くのChiさんが大賀ハスを植えたと言っていましたが、
枯れたそうです。 ハス鉢を買いに お連れしたのですが。

こんな綺麗な真っ赤な赤トンボって久しく見た事がありません。
綺麗ですねー。

この池のハスが一斉に咲き出したら、どんなに綺麗でしょうか。

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

何重にも花弁がある華やかな蓮は、錦蘂蓮(きんずいれん)というようです。
大賀ハスは、2000年前の幻のハスですから
育てるのは難しいのでしょうか?

この赤トンボを見た時はビックリしました。
よく見掛ける赤トンボは、もっとオレンジ系ですよねhappy01

こんにちは。昨日、光明寺でお会いしました2人組です。写真を拝見しました。蓮の花が美しいですね。池を見ていて飽きず、長いこと正面を陣取ってしまい、写真を撮る皆さまのお邪魔になっていたのではと、後で2人で話していたのです。私たちも綺麗に撮っていただいて、ありがとうございます。あの後に教えていただいた見晴らし台に行ってみました。澄み切った濃い青空と波の白さがあわさって、絵を切り取ったような、とても美しい風景でした。ありがとうございました。

ヤスさん、ご訪問&コメントありがとうございます♪

勝手に後ろ姿を撮らせて戴きましたのにも拘らず
ブログ掲載をご快諾下さってありがとうございました。
邪魔だなんてとんでもない、美しいモデルさんは大歓迎です^^
裏山からの景色を楽しまれたようで良かったです。
押し付けがましかったかなと心配しておりました。

もしお差し支えなければ、メールアドレスをご連絡下さいませ。
他の写真をお送りいたします。
お返事は非公開にしますし、アドレスはウェブ上には掲載されませんconfident

先日の2人組です、こんにちは。
お写真拝見しました。とても素敵な写真ばかりですね。
後ろから写真を撮る人たちに、気づかず失礼しました。。。
鎌倉は、季節ごとに楽しめる場所なので大好きです。
これからますます暑さ厳しくなってきます、イリヤ様も お体には十分気をつけてお過ごしくださいね。

おはようございます。強い雨が断続的に降っています。
光明寺には何度か行きましたが蓮池があったんですね
裏の高台にしか目がいかず見過ごしていました。
千葉中央公園の古代ハスは見たことありますが、ここも
そうなんですかね 何時も情報ありがとうございます。
夏の富士もこれだけ良く見えるのは貴重ですね

エミさん、ご訪問&コメントありがとうございます♪

こちらこそ失礼しました。
そしてステキなモデルさん、ありがとうございました。
ヤスさんに写真をお送りしましたが、もし必要でしたらご連絡下さいね。

これからも仲良く鎌倉巡りを楽しまれますように…happy01
またどこかでお会い出来る日を楽しみにしております。

ビギナーさん、コメントありがとうございます♪

こちらでは風は強いですが、昨夜の雨は止んで時々晴れ間が覗いています。
これから強く降るのでしょうね。
被害が無いことを祈ります。

光明寺のハスも古代ハスですが、数は少なく他の種類の方が多くなっています。
ここ数日、富士山がきれいに望めて嬉しかったですfuji

写真の構図が好きで、何時も楽しみに拝読、拝見して居ります。

「鮮やかな赤トンボ」は、後翅の根本に濃色班が有る事や複眼の色からして、猩猩蜻蛉(ショウジョウトンボ)の雄だと思われます。

「シオカラトンボ」は遠目なので判然としませんが、複眼と身体の色が濃い様に思えるのと、尾が細く為らずに大体同じ幅の様に見えるので、「大塩辛蜻蛉」かもしれません。 細かい事を申し上げて、恐縮です。

baku893さん、いつもご覧下さってありがとうございます♪

以前も花の名前をお教え下さり、今回はトンボでお世話になりました。
本当に助かります。
ショウジョウトンボの写真を検索しましたら、おっしゃる通りでしたので、
オオシオカラトンボと共に記事を訂正させて戴きました。

皆様のコメントに励まされ、お教え戴きながら何とか続いているブログです。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
ありがとうございましたhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉祇園大町まつり-2015 | トップページ | 光明寺裏山~材木座海岸からの富士山 »