Amazon

« 台風一過の富士山@稲村ケ崎 | トップページ | 鎌倉ビーチフェスタ 2015 »

2015年5月14日 (木)

鎌倉文学館 バラまつり 2015

昨日から鎌倉文学館 バラまつり 2015が始まり、午前中に行ってみました。
まだ蕾が沢山あって、咲き始めの初々しいバラが魅力的です。

Bungakukanbara150514
見頃を迎えています

Bungakukanbara1505142
黄色いバラは、その名も「鎌倉」

Bungakukanbara1505144
文学館を囲む山の緑が目に沁みます

Bungakukanbara1505145
色とりどりのバラ達

Bungakukanbara1505146
バラの香りに包まれて幸せな気分

Bungakukanbara1505143
つるバラのアーチ

Bungakukan150514
文学館では、特別展「スーパーストーリー源氏物語」を開催中
暑さでボーっとした頭を冷やすために館内へ入り、雅やかな世界に触れました

Bungakukanumi150514
テラス席からは庭園と由比ヶ浜を望めます

Bungakukanmon150514
新緑に包まれる門扉

Bungakukanjinrikisya150514
人力車がアプローチを進みます

今週末は、鎌倉ビーチフェスタ長谷の市も予定されています。

« 台風一過の富士山@稲村ケ崎 | トップページ | 鎌倉ビーチフェスタ 2015 »

鎌倉散歩・春(3~5月)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
文学館のバラも見ごろになってきましたね。
バラと建物を入れた構図は、定番ではありますが外せませんね^^;
今週末に行ってみようかと思います。
光則寺のニオイバンマツリも気になるところです。

イリヤさん、こんばんは。
今日はかなり暑い感じでしたが、よいお天気に恵まれてバラの花と香りを堪能できたことと思います。
傷みがない今頃が、アップで撮るにはちょうどいい時期かもしれませんね。
マクロレンズを持ったカメラマンが大勢来ていたのではないかと想像します (^-^)
週末は催し物もあって混みそうですから、ゆっくり行ってみようと思っています。

dekimaroさん、コメントありがとうございます♪

暑い日が続き、既に満開かと思いましたが、丁度見頃でした。
定番構図がないと文学館かフラワーセンターか見分けがつかないかと…^^
帰りに光則寺にも寄りたかったのですが、暑さに負けましたcoldsweats02

toshiさん、コメントありがとうございます♪

暑くならない内にと早めに出掛けたのですが、やはり暑くなってしまい
館内で涼んでから帰りました。
男女を問わずカメラマンが多かったですよ。
Nori-sukeさんも今日いらしたようで、もしかしたらニアミスかもしれません。
まだつるバラ系はこれからという感じで、蕾も沢山ありますので
しばらく楽しめると思いますhappy01

おはようございます♪

此処のバラ祭りは関東でも屈指ではないでしょうか…
何時も家内が私に連れて行け…と言うんです。
ラストの人力車が走る風景も鎌倉らしくて良いですね~(^^)
私もまた鎌倉に行って何か撮って来よう。

カシオペアさん、コメントありがとうございます♪

バラ園の規模としては大きくはないでしょうが、洋館とのコラボはステキですね。
ご夫妻で来園される方、沢山いらっしゃいますよ。
是非、奥様とご一緒にバラの香りをお楽しみ下さいねhappy01

イリヤさん こんにちわ☀

鎌倉は和もあれば洋もあって羨ましいです。空と緑とバラのコントラストが
素敵です!これだけのバラの管理大変でしょうね。見るのは好きですが
私には育てるのは???福島市に農家さんがバラ園を開放しています。
梨農家なのですが梨とバラは育て方が同じだそうで梨園の隣にバラ園
があってなんとものどかです。

みずきさん、コメントありがとうございます♪

この文学館は、旧前田侯爵家の別邸だったのです。
今は鎌倉市が管理し、専門の方がバラの手入れをされています。

梨農家さんのバラ園も見てみたいですねconfident
梨やリンゴもバラ科で似ているのでしょうか?

イリヤさん、お早うございます。

緑の森に包まれた文学館の青い屋根、テラスからの芝生の庭園、その向こうに眺める
由比ケ浜。豪華に咲き誇るバラ達、に加え源氏物語展とは なんて豪華なこと。
木漏れ日の射す小径のアプローチに人力車まで、云う事無しです。

四季折々の鎌倉、素敵ですねー。憧れます。

それにしても広大なお屋敷ですねー。 維持管理が大変でしょうね。

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

本当に文学館のバラの季節には、鎌倉の良い所が満載ですね。
人力車が走るアプローチの先には、洞窟のようなトンネルがあって、
毎回、何となくドキドキさせられます。

加賀百万石の旧前田侯爵家の別邸でしたが、鎌倉市に寄贈されたので
市が維持管理しています。
他にも同様の建物等があり、市の維持費も大変ですねconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風一過の富士山@稲村ケ崎 | トップページ | 鎌倉ビーチフェスタ 2015 »