Amazon

« 文学館の秋バラ 2014-2 | トップページ | フラワーセンターのコスモスとバラ »

2014年10月29日 (水)

見納めの段葛~鶴岡八幡宮

当初の予定より着工が遅れている段葛の再整備工事が、いよいよ来月から始まりそうです。
見納めとなる今の景色を撮っておこうと、久しぶりにゆっくり歩いてみました。
≪追記≫ 11月1日に起工式が行われ、工事開始は4日だそうです。

Dankazura141029
二の鳥居前にて

以前にもお伝えした通り、ひび割れが進んだ石積みの補強や老化した桜の植え替え等を実施する計画で、工事完了予定は2016年3月
工事中は高さ約3mの囲いで覆われ、段葛の通行は出来なくなります
詳細はこちらをご参照下さい

Dankazura1410292
所々に「▽石積天」「▽参道天」の印やピンク(桜)、黄色(ライト)、ブルー・グリーン(燈籠)などに色分けされた杭が打たれています
今より参道がかなり高くなりそう?
毎年彩りを添えてくれていたツツジは撤去されてしまいます

Dankazura1410293
現在約250本ある桜は、180本程度に減らされます
東西に行き来できる36カ所の開口部も、だいぶ減らされるようです

Dankazura1410294
段葛の両側には、新旧入り混じった店舗が並んでいます
写真は、明治33年創業の三河屋さん
現在の店舗は昭和2年の建築で、市の景観重要建築物に指定されています

そして、鶴岡八幡宮境内へ。

Hachimangu1410294
七五三詣りがチラホラと

Hachimangu1410295
修学旅行生などで賑わっています
大石段脇の大イチョウも成長中

Hachimangu141029
こちらにも七五三の家族連れ

Hachimangu1410292
国宝館前のイチョウが少し色づき始めました

Hachimangu1410293
旗上弁財天社と紅葉
いつもは既に刈り取られている蓮が今年はまだ残っています
源氏池休憩所の横にあったトイレが撤去されていました

Dankazura1410295
帰りにもう一度、段葛を歩きました
再整備後を楽しみに!

« 文学館の秋バラ 2014-2 | トップページ | フラワーセンターのコスモスとバラ »

鎌倉散歩・秋(9~11月)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
色々な情報をいつもありがとうございます。
2016年、どう変化するのか楽しみではありますが、やっぱり寂しいものですね。

こんばんは、いよいよ工事が始まるのですね。
1年半ですか~、来年春の桜は見れなそうですね。

工事完了まで長いですが首を長くして待ちましょう^^

イリヤさん、こんばんは。
いよいよ来月から工事ですか。通れないのも残念ですが、工事中は景観もかなり悪くなってしまいますね。
開口部は今36カ所もあるのですね。時々横断に使っていたのはせいぜい数カ所のような気がします。
桜は当然成木が植えられるのでしょうが、2016年4月に花が見られるのでしょうか。もしかしたら2017年にしかちゃんとは咲かないかも知れませんね。うーん、待ち遠しい。

hanachanさん、コメントありがとうございます♪

今まで何気なく通っていた段葛ですが、急に様変わりすると思うと
やはり寂しくなりますね。
今日はしみじみとした気持ちで歩いて来ましたconfident

まこさん、コメントありがとうございます♪

当初は秋の例大祭後に着工と聞いていましたが、その後、10月となり
更に11月に延びました。
色々な意見が出て、まとまるのに時間がかかったのでしょうね。

来年の鎌倉まつりや例大祭は、景観が悪そうですし、
暑い時でも木陰で歩き易かったのですが、しばらくは我慢ですねsmile

Nori-sukeさん、コメントありがとうございます♪

どこかに「何日着工」とか書いてあるかと思ったのですが、見当たりませんでした。
多分、来月からで間違いないと思うのですが…coldsweats01

工事中、景観も悪くなりますし、両側(特に西側)の歩道が、ますます混雑するでしょうね。
開口部が36カ所もあったとは、私も驚きました。
工事完了後、すぐに桜が咲いたとしても、本数が3割も減ったのでは、
しばらくスカスカの感じは否めないかもしれませんね。
どちらにしろ待ち遠しいですねhappy01

こんばんは。
いよいよ工事が始まりますか‥
今週末に見納めで行こうかと思いますが、間に合いますかね‥
鎌倉を代表する場所だけに、暫くの間見られないのは残念ですが、
また新たな姿も楽しみでもありますね。
それまでまた鎌倉の四季を撮り続けるとしましょう^^

こんにちは♪

鎌倉の名所だけに寂しい気がします。
でもその後の生まれ変わった桜並木が今から楽しみですね~(^^)
そして八幡宮は思い出がいっぱい…
幼い頃、祖母と行って平家池に落ちた事があるんです。
蓮の葉と花がいっぱいでそこが池だとは分からなくて…(笑)

イリヤさん、今日は。
愈々段葛の再整備が始まるのですね。 景観が変わってしまうのは悲しいですね。
出来るだけ 元の形にしてもらいたいですよね。
桜が減り、東西の開口部が減って 不便になるでしょうね。
新しい鎌倉はどんな景観になるでしょう。

dekimaroさん、コメントありがとうございます♪

11月から工事開始という事だけで、何日からか分かりませんが
少なくともこの連休中には始まらないのではないでしょうか?
本当に鎌倉の玄関口ですから、知らずにみえた観光客は、
周りを囲まれた段葛を見てビックリされるでしょうね。

一年半といえば長いようで、過ぎてみればアッという間かもしれません。
その日を楽しみに…wink

カシオペアさん、コメントありがとうございます♪

しばらくの間お別れの段葛…
今の景色が名残惜しくもあり、また楽しみでもあります。

平家池に落ちたことがおありとは!?
あまり聞いたことはありませんが、結構深いのではないですか?
よくご無事でしたね。
カシオペアさんは、好奇心一杯なお子さんだったのでしょうか?happy01

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

来月からいよいよ工事が始まりそうです。
どんな姿に生まれ変わるのか、チョット楽しみもありますが、
子供の時から今の段葛を見て来ましたので、名残惜しい気持ちが強いです。

今までは雨が降ると水たまりが出来てぬかるんでいましたので、
そういう点は改善されるでしょうね。
一年半後、新装なった折には真っ先にその様子をお届けしたいと思いますconfident

こんばんは いよいよ改修工事が始まるんですね
段葛は二の鳥居から一の鳥居に向かって2メートル
ぐらい狭くなっているんですね 昔から遠近法が
あったんですかね 一年半は長いです その気になれば
もっと早くできるはずです。利用者に便利な作りを望みます。

こんばんは。
いよいよ工事着工ですか。
補強も植え替えも必要な事でしょうが、八幡宮に来るとやはり何となくここを通っていたので、長い事通れないとなると寂しいです。
紅葉が始まったら鎌倉に行ってみようと思っていたのですが、もうその頃には工事始まってそうですかね。
桜の本数、そんなに減ってしまうんですね。
でも新段葛に期待しつつ、楽しみに待っていようと思います。

ビギナーさん、コメントありがとうございます♪

昔から遠近法はあったようですね。
今よりも昔の人の方が賢かったのかもしれません。

桜の植え替えだけでなく、参道を基礎からやり直すのですから
時間がかかるのは止むを得ないと思いますが…
一年半後を楽しみに待ちましょうhappy01

リンさん、コメントありがとうございます♪

実際は、いつから工事が始まるのか分かりませんが、
紅葉の時期にはもう始まっているのではないでしょうか?
それでなくとも延び延びになっているのですから、
早く始めないとそれだけ工事完了が遅れますからね。

長い間、段葛を通れないのは不便で寂しいですが、
改修後を楽しみに待ちましょうconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文学館の秋バラ 2014-2 | トップページ | フラワーセンターのコスモスとバラ »