Amazon

« 英勝寺の白藤が満開 | トップページ | 安養院のツツジが見頃 »

2014年5月 7日 (水)

海蔵寺の新緑と花達

英勝寺の後は、海蔵寺へ。
ツツジは終盤で、今は新緑とシャクナゲ、セッコク等が目に付きました。

Kaizojiharumomiji140507
山門、勝手門を包む新緑と春モミジ

Kaizojisyakunage140507
鮮やかなシャクナゲ

Kaizojisekkoku140507
セッコク  白かと思っていたのですが、かすかにピンクがかって見えました

Kaizojiteien140507_2
書院前にはカキツバタなどが咲き初夏の雰囲気

Kaizojisyakunage1405072
シャクナゲと手前はヤマブキ

Kaizoji140507
小さくて可愛いこの子のお名前??
 ⇒ 学名で、ドイツィア・エレガンティシマ "ロザリンド" というそうです
 今後、こちらでは、ウツギ・ロザリンドと呼ばせて戴きます
 baku893さん、ありがとうございました!

Kaizojisinryoku1405072
境内を振り返って

Kaizojisinryoku140507
新緑と春モミジのコラボ

« 英勝寺の白藤が満開 | トップページ | 安養院のツツジが見頃 »

鎌倉散歩・春(3~5月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、今晩は。
こちらのセッコクの見事な事。 淡いピンクでしょうね。
家にもこの淡いピンクと純白と2種類桜の幹に付けてあります。
もう十数年経ちますが、余り大きな株にはなりません。
家のセッコクは終わりました。 栄養が足りないのでしょうね。

シャクナゲはとっくに終わりクラウンは摘み取り、今は新芽が伸びています。
この子はダーレ、の子は 誰だか私にも分かりません。
こんな子、見た事がありません。葉が小さいですね。
さて、誰でしょう?

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

セッコクは、着生していた木が傷んでしまったのか
途中で切り落とされていました。
それでもセッコク自体はとても元気でしたが…。

名前の分からない子、1,2cmの可愛いお花ですhappy01
そちらの方が、花の季節が早く進んでいるようですね。

こんにちは 今日、鎌倉におじゃま致しました。本覚寺、妙本寺を
見て、つつじが満開の安養院で和服のお姉さんとつつじをコラボ
その後イリアさんの情報で海臧寺、お金が貯まるよう銭洗弁天に
行きました。お天気も良く最高の一日でした。ありがとうございました。

こんにちは、緑が濃くなってきましたね。
最近は暑くもなく寒くもなく、絶好のお散歩日和ですね。
鎌倉の混雑も一段落したのでしょうか、そろそろ行ってみようかなと思っています。

未だにカキツバタとアヤメと花しょうぶの見分けがつきません^^

ビギナーさん、コメントありがとうございます♪

ビギナーさんも安養院へいらしたのですね…
多分、私の方が早かったのではないかと思いますが、今日もニアミス?
和服のモデルさんもいらしたとは、ラッキーでしたね。
そこから沢山歩かれて、お疲れ様でしたhappy01

まこさん、コメントありがとうございます♪

場所によって、まだ新緑という所と、深緑になって来た所とありますね。
あまり暑い時は苦手なのですが、今日辺りはちょうど良いお散歩日和でした。
GWが終わって、人出もだいぶ落ち着いて来ましたよ。

カキツバタとアヤメと花しょうぶの見分け方、私も適当ですが…smile
こんなサイトもありますので、ご参考までに。
<いずれがアヤメ?カキツバタ?>
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/izure.html

この間テレビで鎌倉特集をやっていた時、海蔵寺が特集されていました。海蔵寺をテレビで見たのは初めてだったので感動しました。

まだ石楠花がたくさん咲いているのですね。遅咲きが多いのでしょうか?長く楽しめるのでよいですね。
あと、書院前の池の画像、たまらない風情ですね。惚れ惚れしてずっと眺めてしまっています♪

ガーさん、コメントありがとうございます♪

海蔵寺の特集は見逃しました。残念!!
ここのツツジはソロソロ終わりでしたが、シャクナゲはまだきれいでした。

書院前の池の写真を気に入って下さり嬉しいです。
左前方にはカイウも咲いて涼しげでしたよhappy01

可愛いお花の名前ですが、「梅花ウツギ」だと思います。鎌倉では収玄寺にも小さな木があります。

長らく楽しみに拝読致して参りましたが、初コメントです。 宜しく御願い申し上げます。

此の花は、「 ドイツィア・エレガンティシマ "ロザリンド" 」です。 アジサイ科(若しくはユキノシタ科)の木本で空木の仲間の園芸品種です。 和名が無いので、学名( Deutzia elegantissima cv.Rosalind )をカタカナ表記にして、こう呼んで居ます。

NobuToseさん、初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます♪

またご親切に花の名前の質問にお答え下さいまして、ありがとうございました。
ただ、バイカウツギは知っていますが、ちょっと納得いきませんでした。
ごめんなさい。
これに懲りずに今後ともよろしくお願いいたしますconfident

baku893さん、初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます♪

また花の名前をお教え下さいまして、ありがとうございました。
一応、複数のサイトで画像を確認させて戴きました。
ドイツィア・エレガンティシマ "ロザリンド"…難しいですね。
"ロザリンド"だけなら何とか覚えられそうですが…coldsweats01

いつも知った風な事を書いておりますが、知らない花の方が多いです。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたしますconfident

学名で呼ぶのも白けた感じがしますね。 「Deutzia」はウツギ属の事ですので、「ウツギ・ロザリンド」とか、単に「ロザリンド」と呼んで居る方もいらっしゃる様です。 「Rosalind」は「日本品種の躑躅」の事です。 欧米の「azalea」と同じでは無い、「日本の躑躅」と云う事を明示したい時に使います。 何故「日本の躑躅」を此の花の学名に入れたのかは、知りたい処ですね。 似て居ると思ったのでしょうか? 因みに「elegantissima」は、ラテン語で「最もエレガントな」と云う意味ですから、学名の意味は「ウツギ属の最もエレガントな日本の躑躅」と為ります。 (躑躅はツツジ科ツツジ属です)
此の樹は1984年にカナダのバンクーバーに有る植物園、「VanDusen Botanical Garden Association」で造られた園芸品種です。 学名中の「cv」は、「city of Vancouver」でしょう。

baku893さん、ご丁寧な解説ありがとうございました♪

ウツギの仲間なのですね。
「ウツギ・ロザリンド」でもよいなら、ちょっと安心しましたsmile
こんなに可愛い花に「最もエレガントな日本の躑躅」と名付けて下さって
何だかとても嬉しい気持ちになりました。

実は、自分でいろいろ検索していた時に「ウツギ・プリンセス」という花を見つけて
少し似ているけど違う…と思っておりました。
ありがとうございましたhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英勝寺の白藤が満開 | トップページ | 安養院のツツジが見頃 »