Amazon

« 荏柄天神社の名残りの梅 | トップページ | 宝戒寺の梅~本覚寺の河津桜 »

2014年3月 7日 (金)

瑞泉寺の梅と黄梅

荏柄天神社と鎌倉宮の次は、 久しぶりの瑞泉寺へ。
こちらも梅の名所です。

Zuisenjiume140307
下の梅林はこれからですが、上境内の梅は既に満開

Zuisenjiume1403073
古木の風格が漂って

Zuisenjiume1403072 
咲き始めの梅が好きな私としては、もう少し早く来たかったです

Zuisenjiobai140307 
市の天然記念物「黄梅(おうばい)」

Zuisenjiobai1403072 
黄梅の後継者が何本も育っています

Zuisenjiobai1403073
花弁がやや退化した江戸時代からある品種だそうです

Zuisenjiume1403074
本堂横のしだれ梅

Zuisenjimitumata140307
ミツマタはまだこれから

Zuisenjifukujuso140307
可愛らしい福寿草が沢山咲いていました

この後、宝戒寺へ向かいます。

« 荏柄天神社の名残りの梅 | トップページ | 宝戒寺の梅~本覚寺の河津桜 »

鎌倉散歩・春(3~5月)」カテゴリの記事

コメント

瑞泉寺は結構遠いので、なかなか行くことができません。梅ってやはりものすごい人気種なんですね。鎌倉に限らず本当にあちこちに名所がありますよね。黄梅に後継者が何本もあったのは初耳で驚きました(笑)。

ガーさん、コメントありがとうございます♪

瑞泉寺は確かに遠いですね。
家からも小一時間掛かります。
梅は早春を彩る花の代表ですし、日本人好みなのでしょう。
黄梅のような希少種は、元の木がダメになってから慌てても遅いので
後継者を育てておくのは大事ですね。
東慶寺の本堂前の黄梅も瑞泉寺の子だと聞いたことがありますconfident

イリヤさん、今日は。
こちらの 黄梅というのは 他所では観た事がありません。
珍しい種類なのでしょうね。
一言で 梅とか 桜と云っても 随分種類が多いのですよね。
花を愛でる、自然と共に生きる って 素敵な事だと思います。
コンクリートの塊ばっかりの 大都市には 段々興味が薄れて
きます。

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

普通、黄梅というとモクセイ科でもっと大きく鮮やかな色の花ですが、
この黄梅は淡い黄色の梅ですからバラ科でしょうか?
本当に梅も桜も種類が多いので覚え切れませんね。
自然も時には過酷ですが、豊かな自然が周囲にあるのは有難いことですねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 荏柄天神社の名残りの梅 | トップページ | 宝戒寺の梅~本覚寺の河津桜 »