Amazon

« 海蔵寺の萩が満開 | トップページ | 大巧寺~段葛~八幡宮の彼岸花 »

2013年9月20日 (金)

英勝寺の彼岸花はまだ…

海蔵寺の後は、鎌倉での彼岸花の名所・英勝寺へ。
ここを訪れるのは、春の白藤の季節以来でしょうか?
境内には、白花マンジュシャゲが満開でしたが、赤花はまだ一部が咲き始めたところ。
見頃まではもう少しかかりそうでした。

Eishojihiganbana1309204 

Eishojihiganbana1309203 
満開のシロバナマンジュシャゲ

Eishojihiganbana130920 
こちらが満開になるのは、一週間くらい先でしょうか?

Eishojihiganbana1309202 
仏殿をバックに咲き始めた彼岸花

Eishojitikurin130920 
涼しい竹林の中にはクモの巣がキラキラ光っていました

« 海蔵寺の萩が満開 | トップページ | 大巧寺~段葛~八幡宮の彼岸花 »

鎌倉散歩・秋(9~11月)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
英勝寺の彼岸花の様子、ありがとうございます。
今は、白花の彼岸花が満開なんですね。
白い彼岸花も素敵ですね。
以前出かけた時は、赤い彼岸花が見頃までもう少しというところでした。
今年は、ぜひ満開の頃に出かけたいと思っています。

鎌倉の彼岸花といえば英勝寺ですね。

写真うまく撮れてますね。

久しぶりに見に行きたいと思ってますが、うまくスケジュールが合うことを願っています。

海蔵寺と英勝寺の情報をありがとうございます。
海蔵寺の萩は満開で、台風の影響も余りなかったようですね。
英勝寺の彼岸花も気になっていたのですが、赤はまだ少し先ですか…
昨年の自分の記事を見ると、29日で7分咲き位でした。

えむりさん、コメントありがとうございます♪

彼岸花がポツポツ咲き出しましたので、英勝寺が気になっていました。
燃えるような花が一斉に咲くと見事ですね。
白花も好きですが、彼岸花といえばやはり赤が主役でしょうね。

昨年は、10月2日に行きましたらちょうど満開でした。
えむりさんも満開の花と出合えますようにhappy01

akiさん、コメントありがとうございます♪

akiさんのご近所の彼岸花スポットのお写真、アングルが良いですね。
英勝寺もソロソロかと思いましたが、見頃は来週末辺りのようでした。
お寺の方のお話では、土の温度が25℃を下回らないと咲かないとか…
日陰の方が早く咲き出していました。

スケジュールのタイミングが合うと良いですねconfident

dekimaroさん、コメントありがとうございます♪

涼しくなったので元気を取り戻し、たまには使命を果たそうかと
偵察に行って来ましたsmile

今回の台風は風が強かったので、萩が心配でしたが、
思ったよりダメージが少なかったようです。
英勝寺の彼岸花、今年は暑かったので、その分咲くのが遅れているようです。

イリヤさん、こんにちは。

情報ありがとうございます。やはり白の方が先に咲くのですね。
昨年は10/5に行きましたが、白はもう終わりかけだった気がします。
あと一週間くらいですか、満開が楽しみです。

Nori-sukeさん、コメントありがとうございます♪

この季節になると、「英勝寺の彼岸花」「宝戒寺の萩」で検索して
このブログにたどり着く方が多くなります。
宝戒寺の萩も他より少し遅めですね。

私は昨年、10/2に行き、満開の彼岸花に出合うことが出来ました。
今年も楽しみですねhappy01

わ、綺麗!
もう彼岸花の季節なのですね。
可憐な花たちを見ると心が和みます^^

赤い方は遅れているのですか・・
確かに猛暑でしたからね(汗
これから一気に涼しくなって、満開の彼岸花を待ちたい所です。

まこさん、コメントありがとうございます♪

あまりの暑さと花の端境期で、ちょっと元気をなくしていましたが、
ようやく萩や彼岸花の季節となりました。
彼岸花は、昨年同様、今年もお彼岸より少し遅れた開花になりそうです。

台風一過、急に涼しくなりましたが、今日はまた暑さがぶり返しですね。
本格的な秋が待たれますconfident

イリヤさん、お早うございます。
白の彼岸花って 見た事はありますが、赤に比べ
少ないですね。 どの色も 好きですが、赤が一番
馴染んでいます。 埼玉の彼岸花の群生地を 毎年ネットで
みます。 彼岸花の形がなんとも 好きです。

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

彼岸花と言えば、すぐに赤い花が思い浮かびますね。
らせん状の不思議な形を見る度に自然の造形美に惹かれます。

各地には彼岸花の見事な群生地がありますね。
鎌倉では、こちらの英勝寺が一番有名ですhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 海蔵寺の萩が満開 | トップページ | 大巧寺~段葛~八幡宮の彼岸花 »