Amazon

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

英勝寺の彼岸花が満開

爽やかな秋晴れです。
前回からちょうど一週間経ち、また英勝寺へ行ったところ、見事に満開の彼岸花と出合えました。

Eishojihiganbana1309275 
今まさに満開!

Eishojicho130927
蝶々も吸蜜に忙しそう

Eishojihiganbana1309273 
所狭しと咲いています

Eishojihiganbana130927 
カメラマンが大勢います

Eishojibutuden130927 
仏殿の周囲はヒッソリと

Eishojihiganbana1309274 
白花は、もう咲き終わったものが多いですが、まだきれいな花も

Eishojisanmon130927 
山門と彼岸花

Eishojishoro130927 
下部が広がっている袴腰(はかまごし)の鐘楼と右奥は総門

気温は低くても日差しが強いので、コントラストが強い写真になってしまいました。

2013年9月24日 (火)

満開の萩@宝戒寺

鎌倉の「萩寺」と呼ばれる宝戒寺の萩が満開になりました。
こちらは白萩が中心で、彼岸花も白系が多いです。

Hokaijihagi1309243 
本堂前に咲く紅白の萩

Hokaiji130924 
本堂入口

Hokaijisuiren130924 
入り口そばの天水鉢には、まだスイレンがきれいに咲いています

Hokaijihiganbana130924jpg 
真っ白な彼岸花

Hokaijihiganbana1309242 
クリーム色やオレンジに近いものも…

Hokaijihagi130924 
たまに咲いている赤い彼岸花

Hokaijihagi1309242 
萩越しの提灯

Hokaijisuifuyo130924 
青空と酔芙蓉(スイフヨウ)

Hokaijisarusuberi130924 
咲き残りのサルスベリ

大巧寺~段葛~八幡宮の彼岸花

連休最終日の昨日は、肌寒い一日で夜には雨となりました。
一転して今日は青空の下、大巧寺から八幡宮、宝戒寺へ行って来ました。
気温の変化が激しい季節の変わり目、体調を崩さないように気を付けましょう。

大巧寺では、紅白の彼岸花が同時に満開を迎えています。

Daigyojihiganbana130924 
紅白の彼岸花が入り乱れて

Daigyojikomurasaki130924 
コムラサキと彼岸花

Daigyojitamasudare130924 
タマスダレ(こちらもヒガンバナ科です)

大巧寺を出て、段葛を歩いていくと…

Dankazurahiganbana130924 
ここにも彼岸花がアチラコチラに咲いています

鶴岡八幡宮に到着。

Hachimangukiri130924jpg 
桐の実が生っていました

Hachimanguhiganbana1309243jpg 
平家池の畔の彼岸花が満開

そして、彼岸花の群生地のひとつ、東側の通路へ。
相変わらずの人気の場所で、カメラマンが大勢いました。

Hachimanguhiganbana130924jpg 
こちらも見頃を迎えています
ポツポツ咲き出した群れもあれば、一斉に満開になった群れもあり

Hachimanguhiganbana1309242jpg 
石垣沿いにズラッと咲いている彼岸花はなかなか見応えがあります

2013年9月20日 (金)

英勝寺の彼岸花はまだ…

海蔵寺の後は、鎌倉での彼岸花の名所・英勝寺へ。
ここを訪れるのは、春の白藤の季節以来でしょうか?
境内には、白花マンジュシャゲが満開でしたが、赤花はまだ一部が咲き始めたところ。
見頃まではもう少しかかりそうでした。

Eishojihiganbana1309204 

Eishojihiganbana1309203 
満開のシロバナマンジュシャゲ

Eishojihiganbana130920 
こちらが満開になるのは、一週間くらい先でしょうか?

Eishojihiganbana1309202 
仏殿をバックに咲き始めた彼岸花

Eishojitikurin130920 
涼しい竹林の中にはクモの巣がキラキラ光っていました

海蔵寺の萩が満開

今日も朝から快晴です。
萩と彼岸花の様子を見に扇ガ谷の海蔵寺と英勝寺へ行って来ました。
最初の海蔵寺では、門前の萩が満開でした。

Kaizojihagi130920 
台風に負けずに元気な萩

Kaizojihagi1309204 
紅白の萩が咲き乱れ、石段を上るのがはばかられます
 

Kaizojifuyo130920 
フヨウもまだ元気に咲いて

Kaizojihagi1309203 
境内の萩はピークを過ぎてしまいました

Kaizojikomurasaki130920_2 
コムラサキの実が鮮やか

Kaizojision130920 
シオンも咲き始めて楽しみです

Kaizojikuri130920 
庫裏の茅葺の屋根と秋晴れの空

Kaizojihagi1309202_2 
勝手門側の萩も満開に

この後、英勝寺へ向かいます。

2013年9月19日 (木)

中秋の名月

今日は「中秋の名月」。
朝から爽やかな秋晴れで、美しいお月様が見られました。
すすきとお団子はお供えしませんでしたが…

Mangetu130919_3 
私のカメラでは、この程度しか撮れませんでした
(レンズ焦点距離 250mm(35mm換算 392mm) 1/500秒 F5.6 ISO100 トリミング)

中秋の名月=満月とは限らないようですね。
次の満月の中秋の名月は、8年後、東京オリンピックの翌年だそうです。
詳しくは、こちらを。

2013年9月18日 (水)

御霊神社の面掛行列-2013

大型台風が去り、朝夕は急に涼しくなった鎌倉です。
鶴岡八幡宮と甘縄神明宮の例大祭は台風の影響を受けましたが、今日の面掛行列は秋晴れに恵まれました。

この面掛行列(めんかけぎょうれつ)は、神奈川県の無形文化財に指定されています。
9月18日は、御霊神社(ごりょうじんじゃ)の祭神である「鎌倉権五郎景政(ごんごろうかげまさ)公」の命日。
地元では、「御霊神社」というより、「権五郎神社」の呼び名で親しまれています。

正午から境内で例大祭、13時から鎌倉神楽とも呼ばれる湯立神楽(ゆだてかぐら)、その後、面掛行列が行われます。
昨今はものすごい人気で、湯立神楽は近づくことも難しいため、行列だけ見物に行って来ました。

Taiko130918
 
お囃子が賑やかに

Menkake1309182 
子ども達も大活躍

Menkake1309183 
成就院の入り口付近でUターン

Men130918 
上段左から : 天狗   獅子頭   爺
下段左から : 鬼   異形(いぎょう)   鼻長       

Men1309182
 
上段左から : 烏天狗   翁   火吹男(ひょっとこ)
下段左から : 福禄寿   おかめ(はらみっと はらみ女)   おんな(産婆) 

爺以下の十人衆のお面は、舞楽や田楽の流れをくむもので、鶴岡八幡宮の神幸祭の行列に使われていたのが、明治になってここに移ったといわれています。
また、頼朝の寵愛を受けた村娘が身ごもり、年に一度村人の無礼講を許したのがこの祭りの起源という伝説もあり、「はらみっと」とも呼ばれています。
その後も、雅楽奏者、御神輿等が長い列を作って練り歩きます。 

Menkake1309184 
虚空蔵堂前を通る御神輿

Menkake1309185 
はっぴ姿も可愛い

Menkake1309186 
台車に載せられていた御神輿が神社手前で担がれます

Menkake1309187 
江ノ電の踏切を渡って

Menkake1309188 
無事、御霊神社へお戻りに

Menkake1309189 
お面を付けていた方々もホッと一息
暑い中、お疲れ様でした

Shugo130918 
最後にプロのカメラマンが全員の集合写真を撮影されていたので、横からちょっと失礼!

2013年9月15日 (日)

初秋の光則寺

甘縄神明宮の後、光則寺へ。
静かな境内には、紅白のハギやヒガンバナが咲き始めて、秋の訪れを感じました。

Kosokujihagi130915 
白ハギの下には、トレニアの群生

Kosokujihototogisu130915 
ホトトギス

Kosokujisyukaido130915
シュウカイドウ

Kosokujihiganbana130915 
ヒガンバナ

Kosokujimizuhiki130915 
ミズヒキをアップにしてみました

Kosokujigennoshoko130915 
小さな可愛い花は、多分ゲンノショウコ?

Kosokujiyamabato130915 
ヤマバトがトコトコ…

Kosokujikeidai130915 
大雨警報が出ているのが信じられないくらいの空

台風は、明16日に東日本太平洋側に上陸する怖れがあるそうです。
何とか上陸せずに早く去ってくれることを祈ります。

お祭り中止。。。

下部に<追記>あり。

大型台風18号が接近中で、朝の内は土砂降り。
鎌倉にも大雨警報が発表されたため、長谷の鎮守・甘縄神明宮のお祭りは残念ながら中止となりました。
ところがその後、10時過ぎ頃からお天気が良くなって、昼近くには青空に…。
夕方まで晴れていましたので、御神輿渡御は何とか出来ましたね。
それも結果論ですが…。

今日は、鶴岡八幡宮の例大祭でしたが、こちらは無事に行われたのでしょうか?
そして、明日の流鏑馬神事は?
観光商工課のHPによると、小雨なら決行、大雨の場合は神事として3騎のみ行うそうで、決定は当日の正午近くの予定とのことです。

午後から甘縄神明宮の様子を見に行って来ました。

Amanawasinmeigu130915 
甘縄神明宮の境内は静まり返っていました

Mikoshi130915
寂しく神輿庫に収まって

Himawari130915
コロッケで有名な「宮代商店」さんとお隣の「安齊商店」さんの店頭

<追 記>

1)甘縄神明宮のお祭り  : 神明宮から長谷観音交差点まで神輿渡御
2)鶴岡八幡宮の神幸祭 : 本宮から三の鳥居まで神輿渡御、大石段の下で御旅所祭を斎行
  (以上、松岡様、情報ありがとうございました)

3)流鏑馬神事 : 神事は中止になり、稽古というかたちで行った
  (以上、小笠原流・若日記より)
 

2013年9月 9日 (月)

今日の鎌倉駅周辺

早朝は雲が多かったのですが、時間が経つにつれて青空となりました。
午後、所用のついでに鎌倉駅周辺をブラブラと…。

Kamakuraeki130909 
しばらく前になりますが、鎌倉駅がリニューアルされました
東西駅舎の屋根と外壁を塗装、地下通路部分の照明をLEDに
また、改札口上部の広告板を焦げ茶色の駅名板に変更
しめ縄も新しくなったのでしょうか?

Komachidori130909 
小町通りの「電線類地中化工事」が8月に完了しました  空がスッキリ広く見えます
横道はそのままですが…

駅前の大巧寺へ。

Daigyojikomurasaki130909 
門前のコムラサキが色づいて秋の訪れを感じさせられます

Daigyojisuifuyo130909 
スイフヨウ(酔芙蓉)

Daigyojiotokoesi130909 
オトコエシ

次は、本覚寺へ。

Hongakujisarusuberi130909 
まだサルスベリが結構頑張っています

最後は妙本寺へ。

Myohonjisanmoni130909 
二天門に午後の光が差し込んで

Myohonjiryu130909 
晴天続きで、手水舎の井戸水が枯れてしまったそうです

Myohonji130909 
蝉しぐれが降り注ぐ境内

Myohonjifuyo130909 
参道に人力車が戻って来ました

2013年9月 2日 (月)

江ノ電・鎌倉高校前

早くも9月となりました。
今日は午後になってから晴れ間が多くなり、また風も出て来たので、重い腰を上げて久々の海へ。
とは言っても、江ノ電・鎌倉高校前駅の周辺だけですが…。

Enoden130902 
江ノ電と海 お馴染みのスポット

Kamakomae130902 
鎌倉高校前駅のホームより江の島方面を

Kamakomae1309022 
同じく稲村ケ崎方面

Kamakomae1309023 
線路沿いの歩道より

Kamakomae1309024 
鎌倉方面からは300形がやって来ました

海岸へ下りてみましょう

Umi130902 
久しぶりの真っ青な空と海

Umi1309022 
こちらは逆光

Umi1309023 
風があるので、結構波が高いです

Umi1309024 
モノクロにしてみました

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »