Amazon

« 光則寺の藤 | トップページ | 報国寺の竹の庭 »

2013年4月18日 (木)

浄妙寺の新緑と牡丹

夕方からかなり風が強くなってきました。
昼間は穏やかな青空に恵まれ、金沢街道の浄妙寺と報国寺へ行って来ました。

最初は、梅の季節以来の浄妙寺へ。
各所で早くも藤やボタンが見頃を迎えていますので、こちらも気になっていたのです。

Jomyojihondo130418
新緑と春モミジに包まれた本堂

Jomyojibotan130418
色とりどりのボタンは満開!

Jomyojibotan1304182
茶室「喜泉庵」には鉢植えのボタンが並んで

Jomyojifuji130418 
楽しみにしていた白藤は、甘い香りを放ちながら早くも散り始めています
バックに咲いているのは、鎌足桜(カマタリザクラ)

Jomyojikamatarizakura130418 
「木更津市鎌足桜保存会」から贈られた鎌足桜(カマタリザクラ)
淡いピンクの八重桜で、藤原鎌足の持っていた桜の木の杖が根付いたと伝えられています

Jomyojikodemari130418 
コデマリと藤

Jomyojisinryoku130418 
新緑とツツジ

Jomyojisyaga130418 
シャガも沢山咲いていました

この後は、報国寺へ向かいます。

« 光則寺の藤 | トップページ | 報国寺の竹の庭 »

鎌倉散歩・春(3~5月)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは鎌倉にお伺いいたしました。 本覚寺でおにぎりをいただきシャガの
咲き誇る妙本寺で新緑を満喫いたしました。学習センターでは「猫」の写真展が
行われていました。杉本寺は何回か行きましたが鎌倉五山の淨妙寺と報国寺
は気が付きませんでした。竹林が素晴らしいですね。次回行ってみます。

イリヤさん、今晩は。
今朝は時間がなくて、こちらをチラッと見て出掛けていました。
先程ご近所のご婦人がご主人が留守なので外で食事をしましょうと
お誘いがあり,今日は珍しく、出たり入ったりしていました。

藤原鎌足のサクラだなんて、あの大化の改心の藤原鎌足の持っていた
サクラの末裔だなんて。 サクラって意外に強いのですね。 彼方此方で
大昔のサクラが根付いて、その子孫だという話を聞きます。

珍しいカマタリザクラを見せて頂いて古に思いを馳せています。

白藤も良いですねー。牡丹も映えます。
牡丹の花びらを浮かせて牡丹風呂に入りましょう。
優雅な気分になります。

ビギナーさん、こんばんは。
いつもお出で下さってありがとうございます♪

本覚寺と妙本寺へいらしたのですね。
今はどこも新緑とシャガが美しいですよね。

浄妙寺と報国寺は、杉本寺からバス停ひとつの場所ですから
歩いてもすぐ近くです。
浄妙寺は鎌倉のお寺の中では広い方で、四季折々の花が楽しめ、
境内に「石窯ガーデンテラス」というレストランもあります。
また報国寺は、別名「竹寺」と呼ばれて、竹林が落ち着けます。
機会がありましたら是非いらしてみて下さいwink

M.K.さん、こんばんは。
いつもお出で下さってありがとうございます♪

ご近所の方との外食を楽しまれたようで良かったですね。
たまには外食も気分転換になりますねrestaurant

藤原鎌足の持っていた鎌槍が鎌倉の語源になったという説もあり、
この浄妙寺には鎌足神社があるのですよ。
安国論寺には、日蓮上人が持っていた杖が根付いたといわれる桜もあります。

こちらの白藤は、あまり房が長くならない種類のようですが
早くも散っていて驚きました。
家の牡丹も満開になりましたので、思い切ってお風呂に入れてみましょうかhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 光則寺の藤 | トップページ | 報国寺の竹の庭 »