Amazon

« ロウバイと吊るし雛の明月院 | トップページ | 海蔵寺の福寿草 »

2013年2月 3日 (日)

建長寺の節分会

今日の最後は、正午から豆まきが行われる建長寺の節分会へ。
鎌倉では、他に長谷寺、鶴岡八幡宮、鎌倉宮で豆まきが行われます。
大船観音寺では、毎年2月1日に行われますが、私はまだ行ったことがありません。

Kenchojisetubun130203
豆をまく管長さんとミス鎌倉のお嬢さん達
手首のスナップが利いてなかなかよいフォームで投げていますね

Kenchojisetubun1302035
普段はあまり見かけない家族連れが続々と

Kenchojisetubun1302034
豆まきの前に「江戸芸 かっぽれ」が披露されました
明月院でノンビリし過ぎて、殆ど終わる頃の到着で残念!

Kenchojisetubun1302033
豆をまくお坊さん達と法堂(はっとう)を出るミス鎌倉

Kenchojisetubun1302032
法堂横で行われた豆まき
怪我が怖いので、福豆拾いには参戦しませんでした

« ロウバイと吊るし雛の明月院 | トップページ | 海蔵寺の福寿草 »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんばんは!

今年の節分は建長寺に行かれたのですね♪
我が家は車で稲村ケ崎に出没していたのですが、
夫がふと「鎌倉でお昼食べてもいいなぁ~」って
言い出して、でも私が「今日は節分だから混んでるかも!」と
却下しました(^_^;)
いつか私も節分会に参加してみたいです。

イリヤさん、こんばんは。
日が変わってしまいましたが、節分会だったのですね。
若い頃は、私もほぼ毎年深夜参りに出掛けたりしていました。
節分の頃は一年で一番寒いんですよね。 嫌がる夫を用心棒に
誘ってね、何せ深夜ですから。

こんな奇麗なお着物のお嬢さんは見ませんでしたね。
節分には お化け と云って、 年齢と違う格好をするのが
習わしです。 稲穂をつけた芸者衆のような衣装を着たり、
若い人が丸髷に結ったり、農婦の格好をしたり、いろいろあり
節分というと、懐かしい思いです。

さあ、立春です。年も叉1つ採りました。

こんにちは!建長寺にいらしたんですね。私は鶴岡八幡宮でした。
初めていきましたが大勢の人に圧倒されました。その後荏柄天満宮に
紅梅のみで一分咲きでした。また行ってみます。イリアさんは花のお寺
をよく御存じですね。感心いたしました。

ちゃるこさん、こんにちは。
コメントありがとうございます♪

昨夜ちゃるこさんの所へお邪魔して、書き込みさせて戴き
自分のブログへ戻ったら、アラッ、ちゃるこさんからのコメントが…
以心伝心でしょうか?wink

休日の鎌倉はどこも混雑して、特にお子様連れのお食事は、
考えてしまいますね。

建長寺では豆まきの際、お子様のエリアが確保されていましたよ。
また長谷寺では、お子様と年配者の先着200名に菓子付福豆の
プレゼントがあるようです。
でも、大混雑なので押し潰されないか心配ですよねconfident

M.K.さん、こんにちは。
コメントありがとうございます♪

今日はM.K.さんのお誕生日ですか?
おめでとうございますbirthday
私も歳をとるのはちょっと憂鬱な気もしますが、健康でお誕生日を迎えられたことは
有難いと思うようにしています。
ますますお元気で良い一年でありますように!!

節分お化けという習わしは、初めて知りました。
厄除けのためにする異装儀式なのですね。
我が家の節分は豆まきをするだけですhappy01

ビギナーさん、こんにちは。
コメントありがとうございます♪

昨年、一昨年は、鎌倉宮の節分祭に行き、今年はどうしようと考えた末、
建長寺に行ってしまいました。
家へ帰る途中、八幡宮の近くを歩いていたら、車からミス鎌倉のお二人が降り、
私もつられて寄ろうかと思ったのですが、お腹が空いて来たので止めましたcoldsweats01

荏柄天神社の寒紅梅が咲き始めたと他の方のブログで拝見しました。
鎌倉の花便りをお届けするのが、このブログのテーマの一つですので、
市内の寺社をいつもウロウロしていますsmile

イリヤさん、ご免なさい。
誤解を招くような書き方でしたね。
節分は古い年と新しい年との分かれ目で、
節分を境に新しい年になると考えられます。
というのが昔の解釈です。
従って、数え年では節分を過ぎると、ひとつ年を取ります。
お正月に年を取るというのは、正しくは節分に、ということです。

私は実際には9月生まれです。こういう事は昔の人では
当たり前ですが、現代は通じ難いでしたね。
ご免なさいね。

M.K.さん、こちらこそ失礼しました。

私も、もしかしたら?とチラッと考えたのですが、
M.K.さんと「数え年」という言葉が結びつきにくかったもので…coldsweats01

9月が本当のお誕生日だったのですね。
数え年で考えると一年に2回、歳をとってしまうような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロウバイと吊るし雛の明月院 | トップページ | 海蔵寺の福寿草 »