Amazon

« 坂ノ下海岸の船おろし | トップページ | 公開中の寿福寺 »

2013年1月 5日 (土)

鶴岡八幡宮の除魔神事

小寒に相応しく雲が多くて寒い日です。
鶴岡八幡宮では、10時から「除魔神事(じょましんじ)」が斎行されました。
「除魔神事」とは、源頼朝が行った武家の事始めで、弓矢を射て魔を退ける儀式です。
小笠原流の方々により古式に則って厳粛に行われました。

Jomashinji130105
10時少し過ぎに社務所を出発

Jomashinji1301052
お祓いを受けた後、舞殿で祝詞、玉串奉奠等の神事が行われます

Jomashinji1301054
舞殿から降りて西側の特設会場へ移動
一番手前の方は、小笠原清基氏(小笠原流宗家のご長男・通称「若」)

Jomashinji1301055
将来の神官さん(?)

Jomashinji1301056
赤い鏑矢を持った若様による「蟇目の儀(ひきめのぎ)」の始まり
ここから先は、何重もの人垣で全然見えなくなり、大石段の上へ移動しました

Jomashinji1301057
神事を見下ろすのは失礼ですが、大石段を上り切った処の右隅の方から拝観
この寒いのに片肌を脱いで矢を射ます
鏑矢を射ると音がするようですが、遠過ぎて聞こえません

Jomashinji1301058
「蟇目の儀」が終了
左に倒してある的の裏側には「鬼」と書かれています

Jomashinji1301059
次は「大的式」です

Jomashinji13010510
射手が2人ずつ順番に大的を狙います

Jomashinji13010511
矢が放たれた瞬間ですが、お分かりでしょうか?
残念ながらこの矢は外れてしまいました
11時頃まで観ていたのですが、寒くなってしまい退散しました。

この後、公開中の寿福寺へ向かいます。

« 坂ノ下海岸の船おろし | トップページ | 公開中の寿福寺 »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんばんは。
今日は寒の入りに呼応した寒さでしたねー。
お昼迄も五℃まで上がらなかった一日でしたが、
除魔神事には何となく相応しいですよね。

鏑矢を射る小笠原流の若も晴れ舞台ですから
緊張が漲っています。 鏑矢を射るなんてカッコ良いわ。

鏑矢はお正月に神社で求めて、飾る事しか頭になかったので、こういうのって
見てみたいですね。 ぴーんと張りつめた空気の中をビューンと。

こんばんは、イリヤさま。
こちらの除魔神事を先ほどNHKのニュースでみました。
結構な人が見物に集まっているんですね。

今日は一段と寒い一日でしたが撮影お疲れ様でした。

M.K.さん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪

こちらもとても寒い日で、午前中は3~4℃くらいだったようです。
源平池は一部が凍っていました。
魔物と共にこの寒さも退治して貰いたかったです。

古式に則った儀式は、見物しているこちらにも緊張感が伝わって来ますね。
鏑矢の音を聞きたかったのですが、遠かったので残念でした。
小笠原流の若は、流鏑馬姿も凛々しいですよwink

まこさん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪

NHKのニュース、見逃してしまいました。残念!!
除魔神事は初めてでしたので、それほど大勢の見物人はいないかと思いましたが
甘かったですね。
早めに行ったのに社務所前でご一行を待っていたのが誤りでした。

今度は暖かかったら行ってみようと思いますsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂ノ下海岸の船おろし | トップページ | 公開中の寿福寺 »