Amazon

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

稲村ケ崎からの紅富士

朝6時前に家を出る用事があり、ついでに稲村ケ崎まで行ってみました。
6時の気温は2℃、今日の日の出は6:43とのこと。
時間が早過ぎて、空が少々ぼんやりしていますが、期待通り富士山に出会えてラッキー♪

Inamurafuji130130
朝陽を受けて、ほんのり紅色に染まる富士山(7:00撮影)

時間を逆回しにして・・・

Inamura130130
「稲村ケ崎駅入口」の信号付近(6:27)

Inamura1301302
空と海のグラデーション(6:46)

Inamura1301303
波打ち際(6:52)

Inamurafuji1301302
まだお月様が残っています(6:57)

Inamurafuji1301303
タイムアウト! もう帰らなければ・・・(7:04)

稲村ケ崎の海浜公園には、私が行く前から数名の方が三脚を立ててスタンバイ。
殆ど身じろぎもせずに富士山を狙っていました。
私は、完全武装(?)でウロウロしていたので、寒さは感じませんでしたが、皆さんの辛抱強さには脱帽です。

2013年1月28日 (月)

今日の光則寺

早朝は雪が舞っていましたが、積もるほどには降らずに晴れて来ました。
午後から近所へ出掛けたついでに光則寺へ行ってみました。
今頃は参詣客も少なくてとても静かな境内です。

Kosokujirobai130128
門前や境内のアチラコチラに咲くロウバイ

Kosokujitubaki130128

Kosokujitubaki1301282
侘助等の小さな可愛いツバキが咲いています

Kosokujimitumata130128
ミツマタはまだ固い蕾

Kosokujiyuki130128
足下には今朝降った雪が、まるでお砂糖を振りかけたように残っていました

光則寺のお隣の長谷寺では、2月3日に節分会(せつぶんえ)が行われます。
今年は日曜日なので、例年以上に賑わうことでしょう。
暦の上では、もうすぐ春ですね♪

2013年1月26日 (土)

頑張れ受験生@荏柄天神社

受験シーズンの真っ只中、学問の神様・菅原道真を祀る荏柄天神社へ。
昨日は、初天神・筆供養が執り行われました。
昨年の様子はこちらです。

Egaratenjinume130126
鎌倉一早く咲くといわれる寒紅梅が数輪咲き出して

Egaratenjin130126
大勢の受験生や家族がお参りに訪れます
皆さん、体調管理を万全に、そして日頃の実力を余すことなく発揮されますように!!

Egaratenjin1301262
どうぞ願いを叶えて下さい!

Egaratenjinicho130126
八幡宮の大イチョウ無き後、鎌倉一では?

Egaratenjinmitumata130126
門前のミツマタ

浄妙寺の梅はまだ…

晴れていますが、冷たい風が吹きつける中、浄妙寺と荏柄天神社へ行って来ました。

久しぶりに訪れた浄妙寺では、ロウバイとサザンカが満開。
梅もマンサクも、まだまだこれからでした。

Jyomyojirobai130126
満開のロウバイ

Jyomyojiume130126
梅の開花が楽しみです

Jyomyojisazanka130126

Jyomyojisazanka1301262
境内を彩るサザンカ

この後、報国寺へ寄る時間がなかったため、荏柄天神社へ向かいます。

2013年1月24日 (木)

妙本寺~大巧寺

22日と昨夜半の雪の予報は雨となり、先日の大雪もかなり消えた鎌倉です。
今日は鎌倉駅近くに出掛けたついでに、近くをちょっとだけ歩いてみました。

先ずは妙本寺へ。
今月スタートしたフジテレビ「月9ドラマ」は、鎌倉が舞台の「ビブリア古書堂の事件手帖」。
初回は見逃したのですが、2回目には妙本寺の参道が出て来ました。
またドラマの影響で鎌倉を訪れる人が増えるのでしょうね。

Myohonjisando130124
ドラマでは参道にバス停がありましたが、実際はありません
今日も2人の女性がバス停を探していたようです

Myohonji130124
祖師堂の手前には、まだ残雪が…
何だか龍の鼻息のようになってしまいました

Myohonji1301242
日蓮さんも桜の季節が待ち遠しそう(?)

Myohonji1301243
水仙がたった一輪咲いて

大巧寺の境内も寂しげですが、ロウバイが咲き始めていました。

Daigyoji130124
甘い香りが早春を告げてくれます

本覚寺にも寄りましたが、梅の開花はまだ大分先のようでした。
でも、七福神巡りをされる方が何名か…。
そういえば昨年は、2月に入ってから七福神巡りをしたことを思い出しました。

2013年1月18日 (金)

チューリップと富士山@江の島

江の島サムエル・コッキング苑のウィンターチューリップが見頃を迎えています。
その数なんと2万本とか…。
冷たい北風が吹いていましたが、大勢の入苑者達が一足早い春を楽しんでいました。

Enoshimatulip130118

Enoshimatulip1301185

Enoshimatulip1301184

Enoshimatulip1301182

Enoshimatulip1301186

Enoshimatodai1301182
まだまだこれからの花も沢山あり、当分の間楽しめそうです

展望灯台へ上ってみました。

Enoshimafuji130118

Enoshimafuji1301182
富士山が望めて最高のお天気!

Enoshimatodai130118 
サムエル・コッキング苑の向かい側の展望台から望む灯台と丹沢の山々

Mejiro130118
松の木に今年初のメジロ発見!

2013年1月17日 (木)

残雪の海蔵寺

大雪から3日経ち、ようやく普通に歩けるようになりました。
でも、まだアチラコチラに残雪があり、自宅の屋根からも時々、凍った雪の塊がドサッと落ちて来ます。
当分の間、早朝や夜間は特に注意が必要ですね。

しばらくぶりに海蔵寺へ行って来ました。

Kaizoji130117
境内にはまだ雪がかなり残っています

Kaizojisazanka130117
雪をバックに咲くサザンカ

Kaizojimitumata130117
ミツマタの蕾

Kaizojisuisen130117
鐘楼のそばで、うなだれて咲くスイセン
庫裏前のスイセンはまだ咲いていません

Kaizojimanryo130117
マンリョウ

Kaizojikaremomiji130117
苔と氷と枯れモミジ

2013年1月14日 (月)

初雪

昨日の穏やかな陽気とは一転、朝9時過ぎに雨から雪に変わりました。
強い風も吹いてアッという間に雪が降り積もっています。

Sazanka130114
雪が降り出してから1時間後の我が家のサザンカ

2013年1月13日 (日)

八幡宮の牡丹が見頃

三連休の真ん中の今日は小春日和で、鎌倉は多くの人と車で大賑わい。
でも、明日は折角の成人の日なのに冷たい雨の予報で気の毒です。

鶴岡八幡宮の神苑ぼたん庭園では、正月ぼたんが見頃を迎えていました。
冬ぼたん、寒ぼたんともいいますが、鶴岡八幡宮では正月ぼたんと呼んでいます。

Hachimangubotan130113

Hachimangubotan1301132

Hachimangubotan1301133

Hachimangubotan1301134

Hachimangubotan1301136

Hachimangubotan1301135
花の寂しいこの季節に咲く華やかな牡丹を見ていると、心まで浮き立ってくるような気がします

Hachimangusagicho130113
源氏池の休憩所前では、左義長神事の準備中
左義長(さぎちょう)とは、一般にドンドン焼などと呼ばれる古いお札や正月飾りを焼く行事で、八幡宮では1月15日午前7時から行われます

Hato130113
旗上弁財天社の木には沢山の白鳩が止まっていました

2013年1月11日 (金)

汐神楽と富士山

今日は午前10時から材木座海岸で汐神楽(しおかぐら)が催されました。
坂ノ下海岸でも同じ時刻に汐まつりが行われ、どちらも海神を鎮め航海や漁の安全と豊漁を祈願して、神楽を奉納するお祭りです。
今年は快晴に恵まれたので、材木座海岸へ行ってみました。

Siokagura130111
祝詞、玉串奉奠の後、何人かの神官さんによって神楽が舞われます

Siokagura1301113

Siokagura1301112
笛や太鼓が演奏されて坂ノ下海岸より規模が大きいです

Siokagura1301114
富士山をバックに舞われる神楽を撮影したいという目論見でしたが、残念ながら失敗!
この場所からでは、山陰から少し顔を出している富士山しか見る事が出来ません

Zaimokuza130111
海が逆光に輝いて

更に逗子寄りに歩いて行くと富士山が正面に見えて来ます。

Zaimokuzafuji130111

Zaimokuzafuji1301112
今日も美しい富士山に出会えてラッキーでした

2013年1月 6日 (日)

初富士@稲村ケ崎

昨日より暖かくなるという予報でしたが、朝方はかなり冷え込みました。
今年の初富士は、やはり稲村ケ崎で見ることに。
快晴かと期待した割には、空全体に雲がかかってしまいましたが、富士山に無事出会えたことに感謝しましょう。

Inamurafuji130106

Inamurafuji1301062

Inamurafuji1301063

2013年1月 5日 (土)

公開中の寿福寺

鶴岡八幡宮で除摩神事を拝観した後、寿福寺が公開中だったと思い出し、立ち寄ってみました。

Jufukuji1301052
昨秋は紅葉が今ひとつだった参道

Jufukuji1301053
いつも閉まっている山門も、お正月とゴールデンウィークは開いています

Jufukuji1301054
混雑はないですが、参詣客が途絶えることなく訪れて

Jufukuji1301055
年輪を感じる4株のビャクシンは、市の天然記念物です

Jufukujiume130105
梅はまだ固い蕾のまま

鶴岡八幡宮の除魔神事

小寒に相応しく雲が多くて寒い日です。
鶴岡八幡宮では、10時から「除魔神事(じょましんじ)」が斎行されました。
「除魔神事」とは、源頼朝が行った武家の事始めで、弓矢を射て魔を退ける儀式です。
小笠原流の方々により古式に則って厳粛に行われました。

Jomashinji130105
10時少し過ぎに社務所を出発

Jomashinji1301052
お祓いを受けた後、舞殿で祝詞、玉串奉奠等の神事が行われます

Jomashinji1301054
舞殿から降りて西側の特設会場へ移動
一番手前の方は、小笠原清基氏(小笠原流宗家のご長男・通称「若」)

Jomashinji1301055
将来の神官さん(?)

Jomashinji1301056
赤い鏑矢を持った若様による「蟇目の儀(ひきめのぎ)」の始まり
ここから先は、何重もの人垣で全然見えなくなり、大石段の上へ移動しました

Jomashinji1301057
神事を見下ろすのは失礼ですが、大石段を上り切った処の右隅の方から拝観
この寒いのに片肌を脱いで矢を射ます
鏑矢を射ると音がするようですが、遠過ぎて聞こえません

Jomashinji1301058
「蟇目の儀」が終了
左に倒してある的の裏側には「鬼」と書かれています

Jomashinji1301059
次は「大的式」です

Jomashinji13010510
射手が2人ずつ順番に大的を狙います

Jomashinji13010511
矢が放たれた瞬間ですが、お分かりでしょうか?
残念ながらこの矢は外れてしまいました
11時頃まで観ていたのですが、寒くなってしまい退散しました。

この後、公開中の寿福寺へ向かいます。

2013年1月 2日 (水)

坂ノ下海岸の船おろし

坂ノ下海岸の漁師さん達による年初の行事「船おろし」に行って来ました。
大漁旗を掲げた漁船が海岸に集結し、この一年の豊漁と安全を祈願するもので、船上からみかん等を撒きます。

朝から木々のざわめきが聞こえると思っていましたが、海に近づくにつれて凄い強風!
砂は目に入るし、帽子は吹き飛ばされ、か弱い(??)私は、ヨロヨロしそうでした。

Funaorosi130102
砂浜に漁船が並んで準備万端

Funaorosi1301027
10時頃、一番東側の船から順番にみかん撒きが始まります
みかんだけでなく、お菓子や硬貨まで

Funaorosi1301023 
このご主人の風貌が気に入って、つい何枚も撮らせていただきました
大漁旗も立派ですね

Funaorosi1301025 
強風に大漁旗もキリキリ舞い!

Funaorosi1301022 
気前よく大盤振る舞いです

Funaorosi1301024 
今年もお世話になります三郎丸さん
しらすは春まで禁漁で残念!

Funaorosi1301026 
海は大荒れなので、船出は無理ですね

とにかく強風に翻弄されましたが、まるで節分の豆まきのようで子供たちも大騒ぎ。
こちらも思わず笑顔になる新春らしい行事でした。
皆さんポリ袋持参で頑張っていましたが、私は足元に転がってきた少々キズありのみかん1個と10円玉ひとつを有難く頂戴しました。
豊漁と安全をお祈りいたします。

2013年1月 1日 (火)

今年もよろしく!

あけましておめでとうございます。
朝方は冷え込みましたが、穏やかな晴天で年明けを迎えた鎌倉です。
2013年のお正月、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私は、恒例の鶴岡八幡宮へ初詣をして、平穏な一年を祈願いたしました。
皆様とご家族様にとっても良いお年でありますようお祈りいたします。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Hachimangu130101

Hachimangu1301012
まだ階段規制は行われていません(7:30頃)

Hachimangu1301013
普段より屋台が沢山出て賑やかです

Nengajo130101
お馴染みの材木年賀状

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »