Amazon

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

「にっぽん丸」江の島に寄港

豪華客船「にっぽん丸」が江の島に初寄港するという情報を得て、午後から出掛けてみました。
江の島の桟橋からも見えましたが、少し遠いので島内へ。
ブラブラと上って行くうちに結局、サムエル・コッキング苑の近くまで行ってしまいました。

Nipponmaru121031
後姿しか見えなかった「にっぽん丸」

Enoshima121031
展望灯台

Enoshima1210312
ヨットハーバーを見下ろして

Benten121031
オリンピック記念噴水池の弁天様

Enoshima1210313
日暮れが早くなりました(16:08撮影)

Nipponmaru1210312_2
夕陽に染まる「にっぽん丸」

Shichirigahama121031
帰る途中、七里ガ浜から望む夕陽

2012年10月29日 (月)

安国論寺~長勝寺~安養院

昨夜の雨が上がり、爽やかな秋晴れの下、大町・名越方面へ行って来ました。
先ずは、安国論寺へ。

Ankokuronji121029
紅葉が楽しみな境内

Ankokuronjifuji1210292 
富士見台から望む富士山

Ankokuronjiumi121029
左方には、稲村ケ崎方面がクッキリと

Ankokuronjihototogisu121029
ホトトギス

Ankokuronjiicho121029
門前のイチョウは傷みが激しいですが、境内のイチョウは元気です

次は、長勝寺へイチョウの様子を見に行きました。

Choshojiicho1210293 
昨年は台風の影響で見る影もなかったイチョウも、少し持ち直しました
でも、以前より枝が少なくなってしまったような気がします

Choshojiicho1210292
一部、黄葉している木がありました

最後は、安養院へ。

Anyoinsusuki121029
門前のススキが揺れて

Anyoin121029
境内も石垣も、ツワブキはこれからです

2012年10月24日 (水)

冠雪の富士@稲村ケ崎

昨日は急に雨が降ったり晴れたりと不安定なお天気でしたが、今日は朝から秋晴れ。
富士山に出会えることを期待して、稲村ケ崎へ行ってみました。

Fuji1210242
波打ち際から遠望

Fuji121024
私にとっては、今シーズン初の雪化粧をした富士山

Fuji1210243
早朝は、もっとすっきり見えていたようですが、雲がかかってしまいました(9:30頃撮影)

Inamurakoen1210243
砂浜から海浜公園側を

Inamurakoen1210242
海浜公園頂上の東屋

2012年10月21日 (日)

長谷の市

秋晴れの行楽日和、長谷寺ではすっかりお馴染みとなった長谷の市が開かれました。

Hasenoichi121021
沢山のお店が出て賑わう観音堂前

Hasenoichi1210212
陶磁器で作られた可愛いボタンたち  じっくり選びたいです
北汎工房(ほくはんこうぼう)さんは、鎌倉宮の参道にお天気の良い日、不定期で出店されるとか…

Hasederajizo121021
いつも癒される良縁地蔵様

Hasederaumi121021
眺望散策路からの穏やかな海

鎌倉屈指の花の寺「長谷寺」も、今は少し花の寂しい境内です。

Hasederasyumeigiku121021
一番元気なシュウメイギク

Hasederajugatuzakura121021
ジュウガツザクラは、まだチラホラと

Hasederafujibakama121021
フジバカマ

Hasederadahlia121021
鉢植えのダリアが彩りを添えて

この後、立ち寄った光則寺でも咲いているのは、キンモクセイ、フジバカマ、ホトトギスくらいでした。
これからは、サザンカが見頃となるでしょう。

2012年10月17日 (水)

浄智寺の秋

東慶寺の後は、浄智寺へ。

Jochijisando121017_2 
総門をくぐるとタイワンリスくんの歓迎(?)を受けました
クリックで拡大しますが、お分かりでしょうか?

Jochijisusuki121017
秋の風物詩…鐘楼門とススキ

Jochijisusuki1210172
アングルを変えて

Jochijisyumeigiku121017
書院の庭園には赤い八重のシュウメイギクが咲いています

Jochijikaki121017
こちらにも秋が

Jochijikinmokusei121017
キンモクセイと柿

Jochijitamaajisai121017
タマアジサイも花期が長いですね

東慶寺のシュウメイギク

夕方からは雨となりましたが、晴れている午前中に東慶寺と浄智寺へ行って来ました。

先ずは、20日振りの東慶寺です。
前回は、ヒガンバナが見頃の境内も、今はシュウメイギクが真っ盛り。
コスモス、シオン、オオケタデ等は、まだ元気に咲き続けていました。

Tokeijikinmokusei121017
参道の入り口には、満開のキンモクセイが甘い香りを放っています

Tokeijifujibakama121017
立合垣をバックに咲く白と藤色のフジバカマ

Tokeijikinmokusei1210172
実は、今日の目的はこちらだったのですが、ちょっと遅かったようです
寒雲亭の門の屋根に散るキンモクセイを撮りたかったのですが…

Tokeijisyumeigiku121017
今の主役は、宝蔵前のシュウメイギク

Tokeijikaede121017
紅葉が楽しみですね

Tokeijihototogisu121017
ホトトギス

Tokeijinobudo121017
色とりどりのノブドウ

Tokeijiginger121017
珍しい黄色のジンジャー

2012年10月15日 (月)

くりはま花の国

今日は鎌倉の記事でなくて、申し訳ありません。
前々から行きたいと思いながら、タイミングを逸していた「くりはま花の国」へ行って来ました。
JR、または京浜急行・久里浜駅から徒歩15分、満開のコスモスがお出迎え。
広大な敷地に咲くコスモスは、とても見応えがあります。

Cosmos121015_2

Train121015

Cosmos1210152

Cosmos1210153

Cosmos1210156

Cosmos1210154
10月28日(日)まで「コスモスまつり」が開催されています。
最終日は、14時からコスモス無料花摘み大会。

            ☆☆☆  おまけ  ☆☆☆

Keihinkyuko121015
JR久里浜駅前のコスモスと京浜急行

2012年10月13日 (土)

秋の江の島花火大会

今日は、18時から「ふじさわ江の島花火大会」が開催されました。
たまには江の島の近くで見たかったのですが、人混みが苦手なので、またも稲村ケ崎からの見物です。
行きは江ノ電に乗った処、ギュウギュウ詰めでしたので、帰りは歩きました。

少し早目に出掛けたので、暮れなずむ江の島を…

Enosima121013
昼間は快晴でしたが、夕方は雲が多く出てしまいました

Namiutigiwa121013
波打ち際

いよいよ花火の始まりです。

Enosimahanabi121013

Enosimahanabi1210132

Enosimahanabi1210133

Enosimahanabi1210134

Enosimahanabi1210135
少し遠くて迫力に欠けますが、45分間の華やかなショーを堪能しました

2012年10月10日 (水)

龍宝寺もコスモスが…

貞宗寺の後に立ち寄った龍宝寺でもコスモスが咲いています。 

Ryuhojicosmos121010

Ryuhojicosmos1210102
参道を彩るコスモス、キバナコスモス

Ryuhojicosmos1210103
コスモスのバックには柿の実が生っています

Ryuhojijyugatuzakura121010
ジュウガツザクラも咲いてきました

貞宗寺のコスモス

久しぶりに植木にある貞宗寺(ていそうじ)へ行って来ました。
そろそろキンモクセイが咲く頃かと思ったのですが、今年はだいぶ遅れているようで、まだ蕾です。
その代りコスモスが咲き乱れていました。

Teisojicosmos121010
風が強いのでユラユラと揺れていました

Teisojicosmos1210102
透過光を受けて

Teisojicosmos1210103
本堂の鎖樋にピントを合わせてみました

Teisojikinmokusei121010
お目当てのキンモクセイはこれから

Teisojikyakuden121010
立派な客殿の建設中

この後、龍宝寺へ向かいます。

2012年10月 6日 (土)

流鏑馬@材木座海岸

材木座海岸で流鏑馬が行われるということを昨日配達された「タウンニュース」で知りました。
市立第一中学校の同窓会「清潮会」、「日本古式弓馬術協会武田流鎌倉派」、「鎌倉歩け歩け協会」の3団体による共催です。
毎年行われている逗子海岸の流鏑馬は行ったことがないので、浜辺の流鏑馬はどういうものか出かけてみることに…。

Yabusame121006_2
流鏑馬は13時からなので、10分ほど前に補陀落寺(ふだらくじ)の近くへ行ってみると、 ちょうど護摩法要を終えた一行が、海へと行進しているところでした

Yabusame1210062
先に海で待機していたお馬さんに颯爽と騎乗

砂浜に造成された300mの馬場周辺は既に埋まっていたので、ゴール付近で待ち構えます

Yabusame12100610
的の準備

Yabusame1210063
騎射の開始です

Yabusame1210067
ゴール直後のお馬さんの鼻息は荒かった!

Yabusame1210068_2
白馬も凛々しく

Yabusame1210069
スタート地点へ戻ります

Yabusame1210064
今度は上の遊歩道から
こちらのアングルの方が、海辺でやっているのが分かりますね

Yabusame1210065
的中!! 画面左端の的が割れて飛び散っているのがお分かりでしょうか?

Yabusame1210066
まだまだ続くようでしたが、14時少し前に失礼しました

八幡宮とは一味違って、開放感のある浜辺の流鏑馬も、とても素晴らしいものでした。

2012年10月 2日 (火)

浄光明寺も満開のヒガンバナ

今日の最後の浄光明寺でもヒガンバナが満開です。

Jokomyojihiganbana121002
ヒガンバナが咲くと周囲がパッと華やぎます

Jokomyojihagi121002
ハギはもう終盤

Jokomyojihiganbana1210022
鐘楼前のヒガンバナもほぼ満開に

海蔵寺のシオンが見頃

英勝寺の後は、海蔵寺へ。
今年は残念ながらハギの見頃を逃してしまいました。
でも、大好きなシオンがちょうど見頃を迎えていました。

Kaizojision121002
スッと伸びる姿が美しいシオン(紫苑)

Kaizojision1210022
シオンと紅葉しかけたサルスベリ

Kaizojifuyo121002
開花期間の長いフヨウ
残念ながら、今日は野点傘がありませんでした

Kaizojifuyo1210022
シオンとフヨウ

Kaizojihiganbana121002
控えめに咲くヒガンバナ

Kaizojinozenkazura121002
まだ咲き残っていましたノウゼンカズラ

最後に浄光明寺へ向かいます。

英勝寺のヒガンバナが満開

遅かったヒガンバナの開花もようやく進んで来ました。
鎌倉でヒガンバナといえば、やはり英勝寺
先日の台風で傷んでしまったのではないかと心配していましたが、殆どダメージはないようです。

Eishojihiganbana121002
大きな壺をバックに咲くヒガンバナとその影

Eishojihiganbana1210022
ちょうど満開!

Eishojihiganbana1210023
白花は楚々として

Eishojihiganbana1210024
仏殿と

Eishojihiganbana1210025
金毘羅宮前にて

Eishojifuyo121002
フヨウ

ハギは少々お疲れ気味でした。
この後、海蔵寺へ向かいます。

2012年10月 1日 (月)

極楽寺~成就院

稲村ケ崎からの帰り道、極楽寺、成就院付近をブラブラと。

Gokurakujieki121001
10/8まで、”極楽寺・稲村ガ崎 アートフェスティバル”が開催されています

Gokurakujifuyo121001
フヨウとハギが 極楽寺門前を彩って

Gokurakujihagi121001
満開のハギ

成就院へ向かいます。

Jojuinsando121001
アジサイの季節はあれほど混んだ参道も今は静か

Jojuinhiganbana121001
境内には白い彼岸花

Jojuinsusuki121001
本堂前に活けられたススキ
そういえば、昨夜は中秋の名月が見られるはずでしたね

Jojuinfudomyoo121001
縁結びのパワースポットとしてすっかり有名になった「不動明王像」
この不動明王のお姿を携帯の待受けにするとパワーがもらえるそうです
しげりんさん、改めておめでとうございます♪

台風一過の富士山

日本列島を縦断した台風17号がようやく去りましたが、皆様、ご無事でしょうか?
今回の台風では、鎌倉は雨よりも風の方が酷かったです。

台風一過で朝から快晴となった今日、少し風が収まってから稲村ケ崎へ行ってみました。

Inamurafuji121001
頭に雲を乗せた富士山

Inamurafuji1210012
大勢の方がカメラを構えて

砂浜には沢山の海藻が打ち上げられていました。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »