Amazon

« 宝戒寺のハギはまだ… | トップページ | 宝戒寺のハギが満開 »

2012年9月18日 (火)

御霊神社の面掛行列-2012

ここ数日、晴れていても急ににわか雨が降る不安定なお天気が続いています。

今日もお昼頃に小雨が降りましたが、すぐに上がって、御霊神社の例大祭、鎌倉神楽、そして面掛行列が無事に執り行われました。
神奈川県の無形文化財に指定されている面掛行列は、最近とても人気があって、当日は狭い通りが人で埋め尽くされるほどです。

9月18日は、御霊神社の祭神である「鎌倉権五郎景政(ごんごろうかげまさ)公」の命日。
地元では、「御霊神社」を「権五郎神社」とか「権五郎様」と親しみを込めて呼んでいます。

今年も例大祭と鎌倉神楽とも呼ばれる湯立神楽(ゆだてかぐら)はパスして、14時30分頃スタートする面掛行列を観るため、星の井通りへ行ってみました。

Hayasi120918
賑やかなお囃子が先導
子供から大人まで何人もの人達が入れ替わりながら笛や太鼓を鳴らします

Tengu120918 
行列は、御霊神社から「力餅家」の角を曲がって、虚空蔵堂の辺りで折り返し、「星の井通り」の信号でまたUターン、神社へ戻ります
行ったり来たりするので、写真も右向きや左向きになり、お見苦しいですが…

Menkake120918
天狗の後に獅子頭2頭、爺、鬼・・・

Menkake1209182
異形(いぎょう)、鼻長、烏天狗、翁、火吹男(ひょっとこ)、福禄寿、おかめ(はらみっと はらみ女)、女(産婆)
それぞれのお面の名は、昨年の記事をご参照ください。
お面を付けての行列は、さぞ暑いでしょうね。

この祭りの起源は、源頼朝公の寵愛を受けた村娘が身ごもり、年に一度村人の無礼講を許したのが始まりという伝説があり、「はらみっと」とも呼ばれています。
また、これらのお面は舞楽や田楽の流れをくむもので、鶴岡八幡宮の神幸祭の行列に使われていたのが、明治になってここに移ったともいわれています。

Mikoshi120918
行列の最後は御神輿の登場

Mikoshi1209182
虚空蔵堂辺りでUターン
台車に乗っているとはいえ狭い道路で大変そうです

Kodomo120918
山車を引く子供たちが可愛い

Mikoshi1209183
行列が終わって神社の境内に戻ると、ひとしきり賑やかに御神輿が担がれました

Mikoshi1209184
その後、神主さんが祝詞をあげられて神輿庫に安置され、無事終了!

« 宝戒寺のハギはまだ… | トップページ | 宝戒寺のハギが満開 »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

コメント

ハッピ姿の子供達、粋でカッコイイですね\(^o^)/

御霊神社から力餅家への道、
この前後に長谷寺と成就院があるので、6月は何度も通りました(^^)

「祭りだ、わっしょい!」、良いですねー。 
各神社に古くから伝わるお祭りが、今でもこうして
受け継がれているのは素晴らしいことです。
面掛のお面も古いのですねー。 古いからこそ価値があると思いますが。
お揃いのハッピを着て一所懸命山車を引く女の子達、決まってますねー。

こちらは変なお天気です。時々凄いスコールで道路が川に生るかと思える
ほど。 台風が去っても一向に涼しくならず、今日も気温は三十二℃で
湿度は高いです。 ちょっと動けば汗びっしょりです。
そちらは雨風の被害は? 静岡は突風で瓦が飛んだり、塀が倒れたりと
彼方此方で被害が出た模様です。 
もういい加減秋が待たれますねー。

カシオペアさん、コメントありがとうございます♪

こういう町内のお祭り等があると、結構子供たちを見かけますので、
少子化もあまり心配ないのかなと思わせられます。
将来、お祭り好きの大人になること間違いないですねwink

私も極楽寺方面へ行くときは、あの細い路地をよく通りますよ。
昨日は大変な混み様で、なかなか歩けませんでした。

御霊神社にはなんどかお参りしていましたが、例大祭を見るのは初めてです。
このような独特のお祭りだったんですね。
獅子頭2頭、爺、鬼…なかなか年季が入っていてすごい御面たちです。

いつもは静かな神社もこの日はハレの日ですね。

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

伝統あるお祭りですが、神社だけのものでなくて、地元に密着しているので
町全体が盛り上がって楽しんでいるように感じます。

お面も古いものなので、近くで見るとかなり傷んでいます。
太鼓を叩いたり、山車を挽いたり、旗を掲げたり…子供達も大活躍!
男の子より女の子の方がビシッと決まっているようですhappy01

こちらも時々、スコールが来ますよ。
台風の影響でしょうか?
昨夜は凄い雷雨で怖いくらい、今日の午前中も大雨警報が出ましたが、
それほどの被害はなかったのではないかと思います。

今日が彼岸の入りですよね。
暑さ、寒さも彼岸まで…というのは、もう過去の言葉なのでしょうか?coldsweats01

まこさん、コメントありがとうございます♪

この行列に先立って、例大祭と鎌倉神楽があります。
社殿前の狭い所で(1番下の写真辺り)舞われるお神楽には、カメラマンが何重にも
取り囲んで、後ろの方からは全然見えず…weep
ここ数年は、パスしてしまっています。

行列にも凄い人垣が出来ます。
普通に撮っていると、すぐ前に人が入ってくるので、3,4枚目の写真は
しゃがんで撮りましたcoldsweats01
このお祭りも流鏑馬同様、近年特に大人気となっています。

行列の中での一番人気は、おかめさん。
妊婦さんが安産祈願のため(?)お腹をなでたりしています。

イリヤさん、こんばんは!

御霊神社の面掛行列は毎年行こうと思いつつ、
予定が合わないまま、今年も見に行けませんでした。残念!

ところで現在リンクを貼っていただいている「四季の江ノ電写真館」ですが、
更新は9月いっぱいで終了。その後ブログを閉館とする予定です。
来月には遠方に引っ越すことになりそうなので、江ノ電沿線も見納めとなりそうです。
ちょっとバタバタしていますが、今後自分のブログ内でも発表の予定です。

まずはお知らせまで。

湘南タンコロさん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪

エーッ、9月末と言えばもうすぐですね…
せっかくお近づきになれたのに本当に残念ですsweat02
湘南タンコロさんがお出かけの間も、つい毎日のように覗いていたんですよ。
遠方にお引越しとは寂しくなりますね。
当分の間はお忙しいでしょうが、どうぞご自愛ください。

面掛行列も年々人出が増して来ます。
またこちらへお出での際にご覧になれるといいですね。

ご連絡ありがとうございましたconfident

面掛行列、いつ見てもユニークなお面がユーモラスです。
地元のイリヤさんならではの、密着ショットですね^^
ことわざ通り、ようやく涼しくなりましたね。
明日は、宝戒寺と浄光明寺へ萩を撮りに行きますよ~!

dekimaroさん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪

このお祭りが好きなんですよね。
でも、何度も行っているし、今年はどうしようかと散々迷った挙句
やはり出かけてしまいました。
年々人出が凄いことになって、カメラマン同士の小競り合いもあり、
そういう点も迷った理由の一つですcoldsweats01

萩が見頃になって来たようですね。
私も出来れば出かけたいと思っていますので、もしかしたら
遭遇するかもしれませんね。
御霊神社でお面を借りて来ようかしら…wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宝戒寺のハギはまだ… | トップページ | 宝戒寺のハギが満開 »