Amazon

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

名残りの凌霄花と蝉しぐれ@妙本寺

本覚寺の後、妙本寺へ。

Jinrikisya120829
妙本寺の参道を走る研修中の人力車
車夫さんが、お仲間2人を乗せて、名所案内の研修をしていました

Myohonjifuyo120829
参道脇に咲くスイフヨウ(酔芙蓉)

Myohonjisando120829
鬱蒼とした緑に覆われる参道は涼しいです

境内には、思いがけず名残りのノウゼンカズラが咲いていました。
こちらも本覚寺のサルスベリと同様、遅咲きの上、花付きが悪くて今年は諦めていました。

Myohonjinozenkazura120829_2
思いがけず出会えたノウゼンカズラ

Myohonjinozenkazura1208292
周囲の緑をバックに

Myohonjinozenkazura1208293
山門と

春と秋は賑わう妙本寺も、今頃は参詣客が殆ど無く、静寂の中に蝉しぐれが降り注いでいます。
祖師堂に座って、蝉たちの鳴き声に耳を傾けていると無心になれました。

画面右下の”You Tube”をクリックすると、オリジナルサイズでご覧いただけます。
何の意味もない動画ですが、雰囲気を感じ取っていただければと思います。

本覚寺のサルスベリが満開

ご無沙汰してしまいました。
前回はいつ雨が降ったのか記憶にないほどの晴天続きです。

今年は花付きが悪くて寂しいと思っていた本覚寺のサルスベリが、今頃になってまさかの満開です。

Hongakujisarusuberi120829
暑さは相変わらずですが、雲は秋めいてきたような…

Hongakujisarusuberi1208292
満開のサルスベリ

Hongakujisarusuberi1208293
灯籠と

Hongakujifuyo120829
フヨウには後ろを向かれてしまいました

この後、妙本寺へ向かいます。

2012年8月22日 (水)

今日の龍宝寺

近所に行ったついでに、久しぶりに龍宝寺を覗いてみました。
こちらは、隠れた花の寺であり、境内には四季折々の花が絶えません。
今日も、サルスベリ、ムクゲ、キバナコスモス等が咲き誇っていました。

Ryuhojisarusuberi120822
存在感のあるサルスベリ

Ryuhojicosmos1208222
本堂前のキバナコスモス

Ryuhojicho120822
蝶々がせわしなく蜜を吸っています

Ryuhojimukuge120822
ピンクや白のムクゲも咲いて

Ryuhojicosmos120822
参道のキバナコスモスとサルスベリ

Ryuhojisanmon120822
茅葺の堂々とした山門

2012年8月21日 (火)

夕焼けの富士@稲村ケ崎

8月も下旬となりましたが、残暑厳しい鎌倉です。
今日は、19時から藤沢の納涼花火大会があったので、稲村ケ崎の海浜公園へ行ってみました。
家を出た時はそれほど感じなかった風が、海へ近づくに従ってかなり強く吹いていました。

Inamurafuji120821
富士山のシルエットが、夕焼け空に浮かんでいます(18:50頃)

この後、花火大会が始まったのですが、強風の中、三脚無しのコンデジ撮影で、アップするほどの写真は撮れず…
花火大会自体も、20分足らずの少々寂しいものでした。
もっと江の島の近くで見れば、臨場感もあってよかったのでしょう。
こんなことなら、もう少し早い時間から出掛けて、夕焼けと富士山をジックリ撮ればよかったと悔やまれました。

2012年8月17日 (金)

大巧寺~妙隆寺

本覚寺の後は、すぐ近くの大巧寺へ。
境内には、夏の花のユリ、ハス、サルスベリ、そして秋の七草のキキョウやオミナエシも咲いています。

Daigyojiyuri120817
タカサゴユリでしょうか?

Daigyojihasu120817
葉の陰に隠れて咲いているハス

Daigyojisarusuberi120817
サルスベリ

大巧寺の後、小町大路を八幡宮方面に進んで妙隆寺へ。

Myoryujifuyo120817
見事に満開のフヨウ

Myoryujifuyo1208172
境内の寿老人像は、フヨウの中に埋もれてしまいました

Myoryujifuyo1208173
普通のフヨウの間にスイフヨウでしょうか、八重咲きの株がありました

Myoryujikumo120817
このモクモクとした夏らしい雲は、昨日の海辺で欲しかったです

こちらにもサルスベリがありますが、まだ殆ど咲いていません。
花芽も少ないようでした。

本覚寺のサルスベリ

今日は風もなく朝から猛暑…
その暑さの中、汗だくになりながら鎌倉駅近くのお寺へ行ってしまいました。

真夏の花”サルスベリ”といえば、鎌倉では本覚寺は外せません。
例年なら今頃何度も様子を見に行っている処ですが、今季は何と初めて。
前回訪れた時に夷堂が工事中であり、また肝心のサルスベリの花付きが良くないと聞いていたからです。

Hongakujisarusuberi120817
夷堂は、やはりまだ工事中

Hongakujisarusuberi1208172
例年に比べたらかなり寂しい客殿前のサルスベリ

Hongakujisarusuberi1208173
こちらは本堂近くのサルスベリ

Hongakujifuyo120817
純白のフヨウ

Hongakujifuyo1208172
本堂をバックに

Hongakujiryu120817
手水舎の龍越しに…

Hongakujigreen120817
涼しそうなグリーンカーテン
昨年は、アサガオが咲いて、オキナワスズメウリの実が生っていましたが、今年は葉だけしか見当たりませんでした

この後、大巧寺、妙隆寺へ向かいます。

2012年8月16日 (木)

極楽寺~御霊神社前~収玄寺

稲村ケ崎から極楽寺までブラブラと…。
極楽寺門前のフヨウが満開です。

Gokurakujifuyo120816

Gokurakujifuyo1208162
今年は花付きのよい門前のフヨウ

Gokurakujifuyo1208163
極楽寺駅にちょうど江ノ電が入って来たので、フヨウと一緒に!

極楽寺から長谷方面へ歩きます。
途中、御霊神社近くのお宅のサルスベリを今年も楽しませていただきました。

Enodensarusuberi120816
美しいピンクのサルスベリと御霊神社前を通る江ノ電

そして、最後に長谷駅近くの収玄寺に立ち寄ってみました。

Shugenjifuyo120816
こちらのフヨウも元気です
小さなサルスベリも咲き出していました。

江ノ電と海と真夏の富士山と

ご無沙汰しております。
オリンピックが終わり、お盆も過ぎて、ようやく日常が戻って来ました。

朝から青空となり、久しぶりに海へ行ってみました。
長谷駅から江ノ電に乗り、鎌倉高校前で下車。

Kamakoumae120816
私が乗った電車は、「スキップえのんくん号」でした
1902年(明治35年)開業の江ノ電は、今年110周年を迎えます
その記念事業の一環として、江ノ電のイメージキャラクター「えのんくん」をデザインした電車が「スキップえのんくん号」です

Kamakoumae1208162
駅前に下りてみました
江の島、小動岬、そして富士山も薄っすらと見えますが、写真では分かりませんね

Kamakoumae1208163
坂の上から海を見ていると、またもや「えのんくん号」が通って行きました

もう少し富士山の見える場所へ行きたいと思って、稲村ケ崎へ向かいました。

Inamurafuji120816
雲もあって霞んでいますが、久しぶりの富士山が見えました

Inamurafuji1208162
横断歩道より

この後、極楽寺方面へ向かいます。

2012年8月10日 (金)

四万六千日詣り@長谷寺

なでしこジャパン、惜しかったですね。
もっとも私が観戦したのは、試合後半からですが…
今回のオリンピックでは、日本女子の活躍が目立ちます。
特にレスリングの伊調馨選手、吉田沙保里選手は、五輪三連覇という偉業を達成されました。
男子も意地を見せてほしいですね。

せっかく早起きしたので、長谷寺へお詣りに行ってきました。
今日は、四万六千日詣り(しまんろくせんにちまいり)の日で、朝4時から開門していたのです。
この日に観音様をお詣りすると、四万六千日分参拝したのと同じ功徳があるとされています。

Hasederamonzen120810
6時頃でもかなり大勢の参拝者で賑わっています
なでしこジャパンの話しをされている方が多かったように思いました

Hasederakannondo120810
早速上境内の観音堂へ
昨年はこの時間、藤棚の下からミストが噴出していたのですが、今年は涼しいので無しです

Hasederaofuda120810
観音堂入口でご本尊の「御札」を戴き、お手綱に触れて参拝しました
皆様にも観音様のご加護がありますように…

Hasederafuyo120810
境内の観音様は周囲をフヨウに彩られて

Hasederasarusuberi120810
白いサルスベリと観音堂の屋根

Hasederaumi120810
早朝の由比ヶ浜

Hasederakanokoyuri120810
下境内に下りる途中のカノコユリ

Hasederanagomijizo120810
和み地蔵様にもご挨拶

Hasederasarusuberi1208102
山門近くに咲く、白、淡い藤色、赤のサルスベリ

Hasederasarusuberi1208103
優しい色合いのサルスベリ

Hasederahasu120810
ハス

Hasederakikyo120810
キキョウは終盤のようです

*************************  おまけ  ************************

Orgeldoh120810
長谷寺参道にある鎌倉オルゴール堂とサルスベリ

2012年8月 9日 (木)

円久寺のサルスベリ

昨日の朝から今朝にかけては、久しぶりにとても涼しくて過ごし易い陽気でした。
時間が経つにつれ暑さが戻って来ましたが、それでも30℃は下回っています。

昨年は殆ど咲かなかった常盤の円久寺のサルスベリ。
今年は上の方が今ひとつですが、昨年よりはかなりきれいに咲いています。

Enkyujisarusuberi120809
既に少しずつ散り始めました
満開の時は、もっともっとボリュームがあります

Enkyujisarusuberi1208092
青空の下のサルスベリは、真夏の代表的な花ですね

2012年8月 7日 (火)

鶴岡八幡宮のぼんぼり祭り

オリンピック観戦に明け暮れている内に早くも立秋です。
夕涼みがてら、昨日から始まっている鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りに行って来ました。
でも、夕方になっても全然気温が下がらず、残念ながら夕涼みにはなりませんでした。
鎌倉の夏の風物詩・ぼんぼり祭りは、9日まで行われています。

八幡宮境内には著名人による書画約400点がぼんぼりに仕立てられて並んでいます。
ぼんぼりに灯がともされてからの方が風情があるのですが、明るい内に書画を観たくて、6時前に到着しました。
毎年殆ど同じ方の作品ばかり撮っていますが、その中からホンの数点をご紹介します。

Bonboritsuchida120807
土田直敏氏

Bonborisuzuki120807
鈴木英人氏

Bonborinakajima120807 
中島千波氏

Bonboriishiyo120807
石踊紘一氏

Bonboriwatanabe120807
渡辺和子氏著書より 石山陽氏書

Bonborimaturi120807
そろそろ灯をともす頃となり…

Mikosan120807
お待ちかね巫女さん達の登場です

Mikosan1208072
皆さんで手分けして、1基ずつ灯を入れてゆきます

Genpeiike120807
蓮で埋まった源平池

Bonborimaturi1208072
浴衣姿のお嬢さんたちも大勢見かけました

Bonborimaturi1208073
屋台も出て

Bonborimaturi1208074
ひと休みする人達

Bonborimaturi1208076
19時を過ぎたので家路に…
舞殿では日本舞踊が始まり、この後も続々と見物客が押し寄せていました

2012年8月 1日 (水)

鶴岡八幡宮のハスが見頃

海蔵寺の後は、鶴岡八幡宮へ。
源平池のハスが沢山花を付けて来ました。

Hachimanguhasu1208012

Hachimanguhasu1208013

Hachimanguhasu120801
いつも出足が遅いせいか、ちょうどよく開いた花は少ないです

Hachimangu120801
境内は、ぼんぼり祭り(6日~9日)の準備中

こんなに晴れていたのですが、この後、急に暗くなってにわか雨が…
久々のお湿りに喜んだのも束の間、雨は短時間で止んでしまいました。

真夏の海蔵寺

今朝は雲が多く、気温も久しぶりに30℃を下回るというので、海蔵寺と鶴岡八幡宮へ行ってみました。

先ずは、久しぶりの海蔵寺へ。
今年は全体的にノウゼンカズラの花付きがよくないようですが、海蔵寺でも蕾がいくつかあるだけで、花はひとつも咲いていませんでした。
残念でしたが、これからはサルスベリやフヨウに期待しましょう。

Kaizojisanmon120801
門前の萩の葉が繁って、花も少し咲いています

Kaizojinodategasa120801
トレードマークの野点傘がお出迎え

Kaizojikikyo120801
キキョウはそろそろ終盤のようです

Kaizojihasu120801
ハス

Kaizojifutaku120801
夏空と風鐸

Kaizojisuiren120801
本堂裏庭園のスイレン

Kaizojitonbo120801
沢山のトンボが飛び交っていました

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »