Amazon

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

暑中お見舞い申し上げます

7月も最後の日となりました。
連日太陽が照り付け、セミが元気に鳴いている鎌倉です。
すっかりご無沙汰しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
更新をサボっているにもかかわらず、毎日多くの方々に訪問戴き、申し訳ございません。
暑さとオリンピック観戦のための寝不足によって、体調を崩されませんようにお祈りいたします。

Goya120731
グリーンカーテンのゴーヤがスクスク育っています

2012年7月25日 (水)

第64回鎌倉花火大会

<<追記>>あり
昨年は大震災の影響で取り止めとなった鎌倉花火大会が、今夜無事開催されました。
一昨年は例年に比べて見物客が少なかったように思いましたが、今年はかなりの人出だったのではないでしょうか?
鎌倉花火の目玉の水中花火を始め、ズシンとお腹に響く音を立てて夜空を彩る打ち上げ花火に大喝采でした。

三脚を持っていくのが面倒で、今年もコンパクトデジカメでの撮影。
少々残念な出来栄えですが、雰囲気だけでもお伝えしたいと思います。

Hanabi120725

Hanabi1207252

Hanabi1207253

Hanabi1207254
折角の水中花火ですが、風が殆どないため、煙ってしまって残念!

Hanabi1207255

Hanabi1207256 
どこまでも高く上がる打ち上げ花火
下の花火はキウイの輪切りに見えますね

<< 追記 >>
今年から”サポーターズ花火”という新しい企画が始まりました。
法人でも個人でも花火玉を購入して、花火大会に協賛する仕組みで、メッセージを読み上げてから花火が打ち上げられました。
ちなみに花火玉のお値段はサイズによって、¥8,000~¥100,000程度だそうです。

残念ながら私がいた所はアナウンスが殆ど聞こえなかったのですが、公式プログラムには、愛の告白(女性→男性もあり)やプロポーズなど様々なメッセージが紹介されていました。

Hanabi1207257
砂浜は人で埋まっています
蒸し暑い夜でしたが、無事に済んで何よりでした

2012年7月23日 (月)

レンバイ

帰りに「鎌倉市農協連即売所」に寄りました。
通称「レンバイ」、昔は単に市場と呼んでいたと思いますが…
こちらは、昭和3年に始まったという歴史ある野菜市場で、市内の農家の方が4班に分かれて交代で、野菜は勿論、花や自家製の漬物などを売っています。
近頃は「鎌倉野菜」というブランド物としてすっかり有名になり、東京のレストラン等からも仕入れに来るほどの人気です。

Renbai120723
朝8時頃からやっているので、早目に行かないと品切れになることも
お正月以外は年中無休です

Renbai1207232
今日のトマトは 100g 70円くらいのお店が多く、キュウリやナスなどは 1山 200円くらい

Renbai1207233
お店には、生産者名や連絡先などが書かれた札が掛かっているので、要チェック
次回今日のお店が出るのは4日後ですが、その都度売り場が変わるようです

Renbai1207234
ひょうたん? 実はズッキーニです

鶴岡八幡宮~大巧寺~本覚寺~妙本寺

梅雨明け前後の猛暑から一転、週末の三日間は肌寒い陽気でした。
今日は暑さが戻りましたが、それでも最高気温が28℃くらいです。
気温の変化が激しい日々ですので、皆様も体調を崩されませんように…

しばらく散歩をサボっていましたが、午前中、鶴岡八幡宮から鎌倉駅近くのお寺をサッと廻って来ました。
最初は、鶴岡八幡宮へハスの様子を見に行きましたが、昨年に比べて花数が少ないように思いました。

Hachimanguhasu120723

Hachimanguhasu1207232

Hachimanguhasu1207233
カメラを持った巫女さんがハスを撮影されていて、「見頃はこれから」と… (以上、八幡宮)

次に向かったのは大巧寺です。
まだ名残りのアガパンサスも咲いていますが、大分お疲れ気味でした。

Daigyojihasu120723
こちらでもハスが咲いて(大巧寺)

Daigyojiyuri120723
本堂とオニユリ(大巧寺)

すぐそばの本覚寺では、枯れたハスの葉が多く、今日は咲いている花がありません。
ノウゼンカズラも全く咲いていなくて残念でした。

Hongakujisarusuberi120723
サルスベリに期待していますが、どうでしょうか?(本覚寺)

妙本寺のノウゼンカズラも、まだホンの何輪かの花が咲いているだけです。

Myohonjinozenkazura120723

Myohonjinozenkazura1207232
まだまだ寂しいノウゼンカズラ(妙本寺)

2012年7月16日 (月)

高波の石上神社例祭-2

高波の石上神社例祭-1の続きです。
坂ノ下海岸を後に、お神輿は御霊神社へ戻ります。

Ishigamireisai12071611
星の井通り→力餅家さんの角を曲がって細い路地へ

Ishigamireisai12071612
江ノ電の踏切を渡り、神社の鳥居をくぐります

Ishigamireisai12071613
社殿横に安置されました

Ishigamireisai12071615
石上神社の前で、また祝詞があげられて終了

Ishigamireisai12071614
祭礼の境内

高波の石上神社例祭-1

九州北部では豪雨による大変な被害が続出している様子ですが、皆様ご無事でしょうか?
鎌倉は、雨はそれほど降りませんでしたが、蒸し暑い日が続き、不快指数はかなりのものです。

「海の日」の今日、御霊神社の境内にある石上(いしがみ)神社の例祭が執り行われました。
このお祭りの特徴は、古くから伝わる「御供(ごく)流し」神事が行われることです。
昔、御霊神社の前浜沖にあった巨石に多くの船が座礁し、多数の人命が奪われました。
海神の怒りと悟った村人は、これを曳き上げその上部を祀って石上神社と称しました。
「御供流し」神事とは、海神の霊を鎮め、遭難した人々の霊を慰めるため、御供(神前に供えた赤飯)を海上に流すものです。

Ishigamireisai120716
13:30頃、坂ノ下海岸に行ってみると、既に神官さんの祝詞が始まっていました
いつもは、この後、お神輿と神官さんを乗せた船が沖までゆくのですが、今日は強風で高波のため、取り止めになったようです(正午の風速9m/s)

Ishigamireisai1207162
船の代わりに二十数名の人達が泳いで御供を海に流しに向かいます
2010年のようすは、こちらです

Ishigamireisai1207163_2
かなり沖の方まで泳いで・・・

Ishigamireisai1207164
心配そうに沖を見遣る神官さん

Ishigamireisai1207165
囃子連の皆さんは、強風の中、必死に笛や太鼓を鳴らし続けて

Ishigamireisai1207166
無事、戻られました~

Ishigamireisai1207167
と思ったら、今度はお神輿を担いで海へ

Ishigamireisai1207168
数度、海水に漬けて(?)

Ishigamireisai1207169
帰って来ました

Ishigamireisai12071610
砂浜を歩いて、御霊神社へ向かいます
長くなるので、この後はパート2へ続きます。

2012年7月 9日 (月)

光明寺と逗子海岸ロードオアシス

今日は朝から晴れて暑い日です。

アチラコチラでハスが咲き出したので、光明寺古代ハスの様子を見て来ました。
早速、記主庭園へ行ってみましたが、例年よりハスの葉が少な目で傷んでいるように感じました。
花の見頃はもう少し先のようです。
今年の「観蓮会」は、7/21(土)・22(日)です。

Komyojihasu120709
池の奥の方には、ハスの葉が茂っていません

Komyojihasu1207092
花はこれから咲き出すでしょうが、葉の傷みが目につきます

Komyojiajisai120709
アジサイはまだ元気

Komyojisakura120709
ハスの葉と共に気になった桜
先日の暴風雨の塩害でしょうか、傷んで茶褐色になってしまった葉が多いです

ランチは、逗子海岸ロードオアシスの「JIVA(地場)食堂」で。

Teisyoku120709
新鮮な地魚を使ったメニューが並んでいます
これは、白身の刺身と天ぷら定食1,000円也
おしゃれなランチとは言えませんが、美味しくてボリューム満点

Zushikaigan120709
ロードオアシスからの景色も最高!

2012年7月 8日 (日)

妙本寺~八雲神社

大巧寺の後、本覚寺へ立ち寄りましたが、午後なのでハスは閉じてしまい、ノウゼンカズラも全然咲いていません。
そこで、妙本寺へ行ってみましたが、前回とあまり変わり映えはしませんでした。

Myohonjinozenkazura120708
まだ花は一輪しか見られず、殆ど蕾のままのノウゼンカズラ
手水舎側の木も蕾が沢山ついていましたから、2本がほぼ同時に咲くとよいですね

Myohonjisanmon120708
二天門

Myohonjiajisai120708
アジサイも変わらず元気

Jinrikisya120708
参道に止められた人力車

Yuri120708
比企谷幼稚園のユリが見事です

妙本寺の後、八雲神社へ寄ってみました。

Yakumojinja120708
今夜は「大富くじ大会」が行われたようです

Yakumojinja1207082
境内にお神輿が置いてあるかと期待したのですが、見当たらず残念

Yakumojinja1207083
浴衣姿のカップルが微笑ましく

アガパンサスが満開の大巧寺

昨日は八雲神社大町まつり、今日は小動神社の天王祭と、夏祭りの季節ですが、生憎のお天気です。
今朝は晴れていたので、腰越の天王祭に出掛けるつもりでしたが、直前に雨が降ってきてしまい戦意(?)喪失。

午後から青空となりましたが、もうお祭りに行く気力がなくなり、大巧寺のアガパンサスを見て来ました。
前回から12日経ち、アガパンサスは期待通り満開に。

Daigyojiagapanthus120708
参道に咲くアガパンサスが毎年の楽しみ

Daigyojiagapanthus1207082
門前にも

Daigyojiamaginokusagi120708
アマギノクサギ(天城臭木 別名 ボタンクサギ)
枝を折ったり葉をちぎったりすると、いやな臭いがするそうで、臭木という気の毒な名前

Daigyojihamayu120708
インドハマユウ

Daigyojiajisai120708
まだアジサイも見られます

************************  おまけ  ******************************

こちらの住宅地では、どこのお宅の前も美しいアガパンサスが植えられています

Agapanthus120708

2012年7月 4日 (水)

成就院の紫陽花終了

成就院のアジサイは、既に剪定済みです。
私は承知の上で行ったのですが、知らずにわざわざ来られた方も多いようで、ガッカリしている様子は気の毒でした。

ちなみに明月院は今週末、長谷寺は10日頃、アジサイの剪定が予定されています。
天候等によって変更があるかもしれませんので、詳細は各寺へお問い合わせ下さい。

Jojuin120704
トンビが舞う夏空

Jojuin1207042
きれいに刈られたアジサイ
ありがとう、また来年!

Jojuinsuren120704
境内の鉢には、小さなスイレンが咲いて

Jojuintonbo120704
トンボがのんびり羽を休めていました

御霊神社前を通ってみると、沿線のアジサイも終わり、カメラマンは一人もいませんが、江ノ電の警備の方はまだいらっしゃいました。

Enoden120704
アガパンサスが大分咲いてきました
ちょうど「世界遺産登録推進協議会のシンボルマーク」を付けた江ノ電が通過

ハスが咲き出す光則寺

九州北部で激しい雨が降り続いているようですが、これ以上の災害が起きないよう祈るばかりです。
こちらは、昨日、東京湾を震源とする震度4程度の地震があり、突き上げるような揺れにドキリとしました。

今日は、昨日からの雨も上がり、夏空が広がっています。
光則寺では、ハンゲショウの群生が復活し、ハスの花も咲き始めました。
また、ヤマアジサイの剪定はほぼ終了しました。

Kosokujihasu120704
これから次々と咲くハス

Kosokujihangesyo120704
一時少なくなってしまい心配していたハンゲショウ

Kosokujihangesyo1207042
半夏生の頃咲くから、また葉の半分が化粧したように見えることから名づけられたそうです

Kosokujiajisai120704
今年は残念ながら花付きが良くなかったアジサイ

Kosokujisidarezakura120704
痛々しい門前のしだれ桜
先日の台風の塩害でしょうか? 来春が心配されます。

この後、成就院方面へ向かいます。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »