Amazon

« 報国寺の梅 | トップページ | 雪のうるう日 »

2012年2月27日 (月)

荏柄天神社の梅

最後に一週間ぶりの荏柄天神社へ向かいました。
梅の頃が、荏柄天神社がもっとも美しく華やぐ季節です。
今年はこれからまだ何度も足を運ぶことになりそうです。

Egaratenjinume120227
人力車の車夫さんの案内でお参りする人もいます

Egaratenjinume1202272
寒紅梅が見頃

Egaratenjinume1202273
本殿の朱色と優しいピンクのコラボレーション

Egaratenjinume1202275
白梅は咲き始めです

Egaratenjinume1202274
古代青軸は、やっと一輪が開花していました

Egaratenjinmitumata120227
ミツマタ
私が写真を撮っていると、「これは梅ですか?」と質問されたので、「ミツマタです」と答えたら、「あぁ、ミツマタという梅ですか・・・」

« 報国寺の梅 | トップページ | 雪のうるう日 »

鎌倉散歩・冬(12~2月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんばんは。
ミツマタという梅?って面白いことを云う人がいますねー。若い方ですか?
そういえば、昔、京都の哲学の道を歩いていたら直ぐ前を行くカップルが楽しそうに
話していて、急に女性の方が、「あ、ポン酢の木が成ってるぅ」と大声で云うので、後ろにいた
私はびっくりしてしまいました。木が成ってる、というのもおかしいけれど、ポン酢の木って、
そんなのありませんよね。 なんということでしょう。ゆずの木だったのです。 ゆずが成っていた
のです。 おかしいでしょー。でも、若い男女だったの。楽しそうで良かったんですけどね。

家に来る若い人が、お隣との境に入れてあるヤブツバキを、これが紅葉したら、さぞ、
奇麗でしょうね、というのでびっくりしたことがあります。
ま、都会に住んでいる人はマンション暮らしが多いから、樹木なんて生活の中に入る余地がないのですね。

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

アチラコチラ歩いていると、時々面白い人に出会いますね。
「ミツマタという梅?」と言ったのは、30代くらいの女性でした。
何としても、梅と思いたかったのでしょうか?
思わず絶句してしまいました。

でも、「ポン酢の木」の方が傑作ですね。
負けました・・・smile
柚子を絞ってポン酢が出来ることを知っていたのは、偉かったですね。

もっとも、私も木の名前は知らないので、偉そうなことは言えません。
花が咲いたり実がなっているのを見て、辛うじて分かる程度ですcoldsweats01

日曜日はどんより雲ってせっかくの梅も寒々としていましたが、
やはり晴れていると発色も鮮やかです。
浄妙寺や報国寺の梅も、これからという感じですね。

花木の名前は、自分も以前は余り判らなかったのですが、
ブログを始めるようになってから、必要に迫られて覚えた感じです(笑)

dekimaroさん、コメントありがとうございます♪

日曜日は期待外れのお天気でしたね。
曇りの時の方が花がきれいに撮れると聞きますが、
やはり晴れた方が発色はよいのでしょうか?
出かける方としては、曇っているより青空の方が
俄然テンションが上がります。

花は以前から好きなので、名前もある程度知っていましたが、
木の名前はさっぱりでした。
確かに写真やブログを始めてからの方が、木に対しても
注意が行くようになりましたねhappy01

イリヤさん、お早うございます。

 こちらの天神さまの紅梅が華やかで如何にもおひな様に相応しいわ。
金平糖や紙風船のようなあめ玉のテンプレートも何て素敵!
小ちゃい女の子がいたら、こんな柄のお着物を着せて上げたい!
子供よりもっぱら大人が楽しむのね。

M.K.さん、こんにちは!
コメントありがとうございます♪

今日の鎌倉は、予報通り雪が降っています。
雪が舞い降る中で紅梅でも見たいと思い、先ほど出かける準備をしたのですが、
転びそうで敢え無く諦めましたdespair

小ちゃい女の子のお着物姿、可愛いですよね。
被布を着た3歳のお祝い着など堪りませんhappy02

こんばんは、荏柄天神社の梅だいぶ見頃を迎えていますね。
ようやく鎌倉らしい雰囲気になってきたように思います。

今週末晴れましたら、こちらも梅観測へ行ってみたいと思います。

ミツマタ。
なんでミツマタと呼ぶのだろうと思っていましたが、先日、枝をふと眺めていてやっとわかりました。
枝の分岐点がミツマタなんですね!(遅。

ミツマタの梅。
梅のお社なので、その方は『梅』が先入観にあったんでしょうね。
「これは梅ですか?」→『これはなんという梅の種類ですか?』

まこさん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪

荏柄天神社の寒紅梅はまさに見頃、そして白梅も咲き出して
いい感じになって来ました。
このまま一気に咲くかと思いきや、今日は雪でしたね。

ミツマタ・・・
和紙の原料とされるコウゾ・ミツマタのミツマタです。
その名の通り、枝が三つ又に分かれているので、一度覚えれば忘れませんね。

ミツマタの梅・・・
まこさんのおっしゃる通りですね。
私も後で考えて、答えが不親切だったと反省しました。
「これは梅ですか?」という問いに「いいえ、梅ではありません。
これはミツマタという名前の木です」といえばよかったですね。
何だか英会話の和訳みたいですけど・・・smile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 報国寺の梅 | トップページ | 雪のうるう日 »