Amazon

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

雪のうるう日

4年に一度の閏日(うるうび)は、朝から銀世界となりました。
未明に降り始めた雪はお昼頃まで降り続き、山や庭木は真っ白。
雪の中、梅見にでも出掛けたかったのですが、転んで病院へ搬送された人も多いと聞き、今日は諦めました。

午後からは雪も止んできましたが、夕方の通勤時間帯になっても、一部でダイヤの乱れが続いているようです。
通勤、通学の皆様、お疲れ様です!

Sumomo120229
庭のスモモの木には雪の花が咲きました

2012年2月27日 (月)

荏柄天神社の梅

最後に一週間ぶりの荏柄天神社へ向かいました。
梅の頃が、荏柄天神社がもっとも美しく華やぐ季節です。
今年はこれからまだ何度も足を運ぶことになりそうです。

Egaratenjinume120227
人力車の車夫さんの案内でお参りする人もいます

Egaratenjinume1202272
寒紅梅が見頃

Egaratenjinume1202273
本殿の朱色と優しいピンクのコラボレーション

Egaratenjinume1202275
白梅は咲き始めです

Egaratenjinume1202274
古代青軸は、やっと一輪が開花していました

Egaratenjinmitumata120227
ミツマタ
私が写真を撮っていると、「これは梅ですか?」と質問されたので、「ミツマタです」と答えたら、「あぁ、ミツマタという梅ですか・・・」

報国寺の梅

浄妙寺の次は、報国寺へ。
浄妙寺ほど目立ちませんが、紅白数本の梅があります。

Hokokujiume1202272
可愛いピンクの紅梅
濃い色の紅梅は、まだ蕾でした

Hokokujiume120227
白梅は咲き始め

Hokokujiume1202273
紅白の梅

Hokokujitake120227
竹と沢山の石塔

浄妙寺の梅と節分草

ようやく梅の便りが聞かれる頃となりましたが、冷たい風が吹いている今日の鎌倉です。
よく晴れた午前中に浄妙寺、報国寺、荏柄天神社へ行ってきました。

先ずは、梅の花がとても似合う浄妙寺から。
こちらもご多分に漏れず、梅の開花は一ヶ月くらい遅れているということでした。

Jomyojiume120227
一部の白梅はかなり咲いて、梅の香りが漂っています

Jomyojiume1202272
紅梅もポツポツ咲き始めました

Jomyojiume1202273
紅梅越しの白梅

Jomyojiume1202274
山門と梅

梅と同様、こちらの開花も遅れましたが、節分草が咲いています。

Jomyojisetubunso120227
早春のお楽しみ節分草

Jomyojisetubunso1202272
草丈が数センチの可愛いお花

Jomyojifukujuso120227
福寿草も元気に

Jomyojimansaku120227
マンサク

Jomyojisuisen120227
香りのよい水仙

Jomyojirobai120227
ロウバイの木に止まっているのは、またもやヒヨドリさん?

2012年2月24日 (金)

大巧寺~本覚寺~妙本寺~常栄寺の梅

今日は春らしい陽気になりましたが、明日はまた冷たい雨の予報です。
それでも、一雨ごとに春が近づいている気配を感じます。

暖かな日差しの下、梅を求めて鎌倉駅周辺のお寺に行ってみました。
大巧寺本覚寺妙本寺常栄寺を巡りましたが、殆どがまだホンの咲き始め。
妙本寺の紅梅だけ、思いの外、見頃を迎えていました。

Daigyojiume120224
大巧寺の梅
チラホラ咲き出したところです

Hongakujiume120224
本覚寺・本堂左側では、まだ数輪しか咲いていません

Hongakujiume1202242
上の紅梅の咲いた一輪

Hongakujiume1202243
本覚寺・分骨堂横の濃い色の紅梅

Hongakujijizo120224
春の日差しを受ける本覚寺のしあわせ地蔵様

Myohonjiume120224
妙本寺の紅梅

Myohonjiume1202242
上の紅梅をアップで

Myohonjiume1202243
妙本寺の白梅は、これからが楽しみです

Joeijiume120224
常栄寺(ぼたもち寺)では、紅梅、白梅とも、まだまだこれからです

Joeijitubaki120224
常栄寺・山門横の椿がきれいに咲いていました

2012年2月20日 (月)

鶴岡八幡宮の河津桜は・・・

頼朝の墓の後、鶴岡八幡宮へ。

Hachimanguume120220
斎館前の梅のつぼみがだいぶ膨らんで、数輪の花が咲き始めました

そして、河津桜の様子を見に大石段を上ってみると・・・

Hachimangukawaduzakura120220
かなり剪定したのでしょうか? 
河津桜の枝が短くなって若葉が沢山出ています。

今年は↓のような景色が見られそうもありませんね。

Hachimangukawaduzakura110304
2011年3月4日撮影

頼朝の墓、その後

荏柄天神社の後、2月11日に石塔の一部が壊された源頼朝公の墓に寄ってみました。

Yoritomonohaka120220
石段を上って

Yoritomonohaka1202202
墓の周囲は立ち入り禁止になっています

Yoritomonohaka1202203
石塔(高さ2.4m)の先端部にあった円筒形の相輪(長さ約65cm)が落とされました

Yoritomonohaka1202204
これは石灯籠でしょうか?

Yoritomonohaka1202205
静かな眠りを乱された頼朝公は、どんな思いで鎌倉の街を見下ろしているでしょう?

Sirahatajinja120220
墓の下にある白旗神社の狛犬2体も壊され、台座だけが残っています

荏柄天神社の寒紅梅

待ちに待った荏柄天神社の寒紅梅が、ようやく5分咲きくらいになり、見頃を迎えつつあります。
今年は、紅白が同時に咲くかと思ったのですが、例年通り紅梅の方が早く咲き出しました。

Egaratenjinkobai120220
鎌倉で一番早く咲くといわれる寒紅梅

Egaratenjinkobai1202202
神輿庫の前辺りの花付きがよいです

Egaratenjinume120220
左は、古代青軸
ガクや蕾が緑色の白梅です

Egaratenjin120220
手水舎にも梅が・・・

Egaratenjinmitumata120220
ミツマタの蕾が少しほころんで来ました

境内には、河童にちなんだ「かっぱ筆塚」と「絵筆塚」があります。

Egaratenjinkappafudeduka120220
「かっぱ筆塚」昭和46年建立
河童の漫画を描き続けた清水崑氏が愛用の絵筆を供養したもの
写真では見にくいですが、大きな筆を担いだ河童がレリーフされています

Egaratenjinefudeduka120220
「絵筆塚」平成元年建立
清水氏の遺志を継いで、横山隆一氏らの漫画家有志が、それぞれのキャラクターを河童のモチーフで描き、レリーフされたもの

Egaratenjinefudeduka1202203

Egaratenjinefudeduka1202202
「絵筆塚」の一部 全部で154枚のレリーフが貼られています
上の写真に横山隆一氏や手塚治虫氏、 下には小島功氏、園山俊二氏等の作品が見られます

2012年2月17日 (金)

春はそこまで・・・

久しぶりの晴れでも気温は低く、なかなか暖かくなりません。
それでも、春はすぐそこまで来ているのを感じます。

Ume120217
常盤の公園では、梅がだいぶ咲き出してきました

Hiyodori120217
メジロを見つけたのですが、すぐに逃げられてしまい、代わりに飛んで来たのはこの方
ヒヨドリだと思いますが、そばに咲いていたサザンカの花びらを咥えています

Suisen120217
水仙が沢山咲いていました

わかめ漁の最盛期

曇りがちの日が続いていましたが、今日は久しぶりの晴れ。
2月10日から鎌倉湾での天然わかめの収穫が始まりました。
それに先立って行われた放射能検査では、天然・養殖わかめ、アカモクからは放射性ヨウ素、放射性セシウムのいずれも不検出とのこと、よかったです。

しらす漁の解禁は、3月11日ですが、実際穫れ出すのは、毎年中旬以降になるようです。

Wakamehosi120217
洗濯バサミに吊るされた干しわかめが風に揺れて・・・
磯の香りが一杯!

Wakamehosi1202172
収穫されたわかめをすぐに湯がいて干します
これは、養殖わかめでしょうね

Wakamehosi1202173
夏の鎌倉の海とは大分違って、漁村の雰囲気が漂います

Wakamehosi1202174
わかめ漁最盛期の今は、大忙しの漁師さん

Wakamehosi1202175
最後にもう一度干して完成

Kakasi120217
海辺のカカシ

2012年2月11日 (土)

英勝寺門前~海蔵寺~浄光明寺

今日は「建国記念の日」、そして長勝寺では「大国祷会成満祭(だいこくとうえじょうまんさい)」という水行が執り行われる日です。
昨年は雪の舞う中、長勝寺へ行ったのですが、今年は1ヶ月ぶりに扇ガ谷方面へ行ってきました。
(昨年の「大国祷会成満祭」の様子は、こちらをご覧ください)

例年、早くから咲く英勝寺門前の梅が、ようやく数輪咲き出してきました。

Eishojiume120211
ポツポツ咲き始めた英勝寺門前の梅

英勝寺の境内はまだ寂しげだったので、後日伺うことにして、海蔵寺へ向かいました。

Kaizoji120211
海蔵寺境内を見回したところ、1ヶ月前と殆ど変っていないような・・・

Kaizojifukujuso120211
それでも、フクジュソウが顔を出して

Kaizojiume120211
紅梅が数輪咲き始め

Kaizojisuisen120211
スイセンの花数が少し多くなっています

Kaizojimitumata120211
ミツマタはまだ蕾のまま

そして、境内を彩っていたマンリョウの赤い実が全くありません。
鳥にでも食べられてしまったのでしょうか?

海蔵寺を後にして、浄光明寺へ向かいます。
今日は土曜日で祝日、そこで久しぶりにご本尊の阿弥陀三尊坐像を拝観することにしました。(拝観料200円)
ご本尊は、木・土・日曜日・祝日、しかも晴れの日だけしか拝観できません。
(阿弥陀三尊坐像の写真は、東博ニュースのP2に掲載されていますが、収蔵庫に安置された阿弥陀様は、宝冠を被っておられます)

Jokomyojihondo120211
樹齢750年のイヌマキの大木と浄光明寺仏殿
仏殿内には、三世仏が祀られ、左側に阿弥陀三尊坐像と矢拾地蔵様が安置された収蔵庫、そしてその奥に観音堂があります。
観音堂には、鎌倉三十三観音の第二十五番・千手観音様がおられますが、残念ながら非公開です。
更に裏山には、網引地蔵様や冷泉為相墓等がありますが、今日は上りませんでした。

Jokomyojisuisen120211
スイセンが日差しを浴びて

Jokomyojiume120211
梅は、まだこれから

Jokomyojiyokihi120211
相変わらず美しい楊貴妃観音様です

************************ おまけ ************************

以前もご紹介したサスケストアさんに立ち寄りました。

Mekyabetu120211
芽キャベツ
普段あまりこういう形では見かけませんね
私がカメラを持っていたので、お店の方が「撮りますか?」と、持っていて下さいました。

2012年2月 8日 (水)

鎌倉七福神巡り

月曜日から火曜日にかけて、久しぶりにまとまった雨が降りました。
乾燥しきっていたので、野菜の生育や風邪のためには、恵みの雨でしょう。

今日は友人に誘われて、鎌倉七福神巡りへ。
2月になれば梅が咲くからと、この日に決めていたのですが、残念ながら当てが外れてしまいました。

最初は、北鎌倉駅から歩いて数分の浄智寺からです。

Jochiji120208
総門

Jochiji1202082
ユニークなお姿の布袋様のお腹をなでてお参り
ご利益は、招福、家庭円満

Jochiji1202083
ロウバイは咲き始め

浄智寺を出て、ブラブラ歩くこと30分弱で、鶴岡八幡宮へ。

Hataagebenten120208
旗上弁財天社
弁天様は、国宝館に安置されています
ご利益は、芸の上達、蓄財

鶴岡八幡宮から徒歩5分で、宝戒寺へ。

Hokaiji120208
本堂内に毘沙門天様(びしゃもんてん)がおられます
ご利益は、病魔退散、財宝富貴
宝戒寺の梅も、まだ固い蕾のままです

宝戒寺から小町大路を5分ほど歩いて、妙隆寺へ。

Myoryuji120208
右手前のお社にケヤキの一本造りの寿老人像が祀られて
左手にも優しいお顔の寿老人様がおられます
ご利益は、長寿

妙隆寺から更に徒歩5分で、本覚寺へ。

Hongakuji120208
鎌倉えびすでお餅つきが行われた夷堂(えびすどう)
えびす様は、七福神の中でただ一人、日本の神様だそうです
ご利益は、商売繁盛、五穀豊穣

Hongakuji1202082
本覚寺のスイセン

本覚寺から歩いて30分で、長谷寺へ。
鎌倉駅から、江ノ電またはバスでも行かれます。

Hasedera120208
ハクモクレンの蕾が膨らんで
大黒天像は、宝物館に安置されており、大黒堂には、「出世開運授け大黒天」と「さわり大黒」が祀られています
ご利益は、出世、開運

Hasedera1202082
眺望散策路からの由比ヶ浜海岸

Hasedera1202083
マンサクがようやく咲き始めました

最後は、長谷寺から徒歩5分ほどの御霊神社へ。

Goryojinja120208
鳥居の前を江ノ電が通過 
宝物館に祀られる福禄寿様のご利益は、幸福、財運、健康長寿

皆様にも、沢山のご利益がありますように!!

2012年2月 4日 (土)

江の島のチューリップと富士山

立春の今日も氷が張る寒さでしたが、時間が経つにつれて暖かな日差しが降り注ぎ、久しぶりに最高気温が10℃を上回りました。
江の島サムエル・コッキング苑のウインターチューリップが、ようやく見頃を迎えつつあるようなので行ってみました。

Tulip120204
当初は1月末までの予定でしたが、開花が遅れて現在7分咲きとのこと

Tulip1202042
特別に冷蔵保存された20,000本のウィンターチューリップ

Tulip1202043
まだしばらく楽しめそうです

Tulip1202044
後方の中国風あずまやは、ただ今修理中

Enosimatodai120204
14日のバレンタインデーまで、展望灯台周辺がライトアップされます
サンセットを眺めるのもロマンティック♪

Enosimaart120204
ミラーボールの光が織りなすアートイベント開催中です

さて、展望灯台からの景色を眺めましょう。

Enosimafuji120204
さすがに冠雪が多くなった富士山

Enosimatanzawa120204
丹沢もくっきり見える快晴!

Enosimafuji1202042
大パノラマが広がります

最高のお天気に恵まれ、チューリップも富士山も堪能しました。

**************************  おまけ *************************

江の島へ行く途中立ち寄った片瀬の泉蔵寺からも見事な富士山が望めました。

Senzojifuji120204

2012年2月 3日 (金)

鎌倉宮の節分祭

節分の今日は朝から青空になりましたが、とても寒くてかなり厚い氷が張っていました。
鎌倉では毎年、1日に大船観音寺、そして3日に鶴岡八幡宮、長谷寺、建長寺、鎌倉宮で節分の神事と豆まきが行われます。
私は、昨年に続いて、鎌倉宮へ行ってきました。

Kamakuragumamemaki120203
鬼は外~ 福は内~
福豆をいただこうと大賑わい!

Misskamakura120203
さすが「ミス鎌倉」のお嬢さん方は美しいですね♪

Fukumasu120203
干支入りの福枡が積まれて

Fukumame120203
皆様にも「福」のお裾分け
手を伸ばしてもなかなか上手にキャッチできないので、足下に飛んできたものを拾っただけですが・・・^^;

鳥居前の河津桜は、前回同様、まだ殆ど咲いていません。

鎌倉宮へ向かう途中、荏柄天神社を覗いてみました。

Egaratenjin120203
こちらでも、寒紅梅、白梅、古代青軸が揃って蕾のまま。
3本が同時に開花する様子が見られるかもしれません。
白梅が咲く頃は紅梅が散り始めてしまう事が多いので、同時に満開になればそれもまた楽しみです。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »