Amazon

« 新春の光明寺 | トップページ | 本覚寺の本えびす »

2012年1月 8日 (日)

海蔵寺~浄光明寺~寿福寺

三連休の中日の今日は、午後から扇ガ谷方面へ行ってきました。
今月15日くらいまでは、お正月モードの鎌倉は、多くの観光客で賑わっています。

最初は海蔵寺へ。

Kaizojisuisen120108
今年はスイセンの丈が低く、花付きが少ないように感じます

Kaizojimitumata120108
ミツマタはこれからが楽しみ

Kaizojimanryo120108
境内を彩るマンリョウ

Kaizojiume120108
梅の開花が待たれます

海蔵寺の次は浄光明寺へ。
東京国立博物館から戻られたはずの阿弥陀三尊坐像を拝観したいと思ったのですが、残念ながら新年の拝観は10日以降でした。

Jokomyojisanmon120108
お正月らしい山門

Jokomyoji120108
客殿にもお飾りが・・・  今年は辰年ですね

Jokomyojikeidai120108
スイセンが境内のアチラコチラに咲き出しています

最後に境内公開中の寿福寺へ寄ってみました。
普段は、山門の外側から覗くだけですが、お正月とゴールデンウィークだけ境内でお参りすることが出来ます。

Jufukujikeidai120108
最近はお正月でも少なくなった和服姿の参詣客が来てくれてラッキー♪

今年も、2~3月の梅の季節に「応募による寺社特別参拝・僧侶と巡る鎌倉十三仏」が予定されています。
興味のある方は、こちらをご覧下さい。

« 新春の光明寺 | トップページ | 本覚寺の本えびす »

鎌倉散歩・冬(12~2月)」カテゴリの記事

コメント

新春を言祝ぐかのように万両、水仙、三つ又に梅と
これぞ、まさに日本の仏閣の風景ですね。
映像がどれも皆奇麗ですね。アングルも良いですね。

寿福寺では北条政子と実朝のお墓も興味深く見せて頂きました。
和服姿の女性もチラホラ、やっぱりお正月は良いですね。
最近では、自分で和服を着るのは嫌ですが、人様の和服姿を拝見
するのは大好きです。つい、足を止めて見とれてしまったりします。
浄光明寺の裏山からは遥か大島が望めるのですね。
意外に近くに見えますね。

イリヤさん、贅沢ですねー、鎌倉って。
富士も海も大島までも欲しいままに。

海蔵寺は2日に行ってきましたが、やはり水仙は少なめですね。
紅梅は昨年は1月末には開花していましたが、今年はどうでしょうか…
寿福寺は、そういえばお正月にも境内が公開されていましたね^^;
和服姿がいい感じです。

M.K.さん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪

また写真を褒めて下さいまして、ありがとうございます。
毎年同じような写真なので、少しでもアングルを変えたいと思っていますが
なかなかうまくいきません。

私も和服は大好きで、紬などをキリリと着こなせる大人の女性が憧れでした。
理想と現実は大違いですが・・・smile
近頃は結婚披露宴でも和服よりドレスの方が多いですね。

本当に鎌倉は、気候、風土に恵まれていると思います。
そのせいか、他所の出身の方に「競争心がなくておめでたい人が多い」
などとよく言われますcoldsweats01

dekimaroさん、コメントありがとうございます♪
海蔵寺の水仙は昨年素晴らしかったので期待していたのですが、
ちょっと寂しかったですね。
英勝寺門前も寿福寺境内の梅も、昨年は咲き始めていましたので
今年は少し遅めかと思いました。

寿福寺を出ようとした時にちょうど和服姿の人達が入ってきたので
慌てて引き返し、後姿を撮らせて戴きましたhappy01

振袖姿の女性は成人式でしょうか?
この艶やかな振袖姿だけで新年、初詣の雰囲気が出ますね。

あと半月もすれば梅のシーズンなんですね。
ついこの間紅葉を楽しんでいたような気がしますが、
季節の移ろいは早いものですね(^^;
開花が待ち遠しいです☆

まこさん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪

振り袖の方、いかにも新成人という雰囲気でしたよ。
今日は成人の日でしたから、八幡宮にでも行けば初々しい振り袖姿を
沢山見られたのですが、出かけませんでした。

本当に時の経つのは早いですね。
今日は昨年撮った写真を見返していたのですが、
皆、ついこの間の出来事のような気がしましたcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新春の光明寺 | トップページ | 本覚寺の本えびす »