Amazon

« 海蔵寺~浄光明寺~寿福寺 | トップページ | 坂ノ下海岸の汐まつり »

2012年1月10日 (火)

本覚寺の本えびす

今日も晴天に恵まれ、本覚寺では「鎌倉えびす」が賑やかに行われました。
「鎌倉えびす」とは、商売繁盛の神「えびす様」のお祭りで、元日から3日までが「初えびす」、10日の今日が「本えびす」または「十日えびす」と呼ばれています。
本覚寺が一年で最も活気づく日です。

Hongakujisanmon120110
賑やかに飾り付けられた山門

Hongakujihondo120110
本堂前には参拝客が列をなして

Fukuzasa120110
今年はよい事が沢山ありますように!

Fukuzasa1201102
商売繁盛や家内安全を願う人達が次々と福笹を求めてゆきます

午前11時からの祈祷が終わると、正午からは年男や福娘さん達による「福餅つき」が夷堂前で始まります。

Mochituki120110
本日のメインイベント
最初は見物人やカメラマンの頭しか見えませんでしたが、最後に前の方が場所を譲ってくれて、ベストポジションで撮影出来ました。
3臼の福餅がつかれ、約500名に振る舞われました。

Fukumusume120110
客殿前で記念撮影

Fukumusume1201102
境内を華やかにしてくれる福娘さん達の笑顔

Mochi120110
餡と大根おろしのお餅を初ゲット! 柔らかくて美味しい♪ 
終わり頃は意外なほど並んでいる人が少なかったので、初めて福餅をいただきました。
「皆さんに行き渡るように何度も並ばないで下さい。お餅難民が出てしまいます」というユーモラスなアナウンスが効いたのでしょうか?

Nigirifuku120110
一番人気のお守り「にぎり福」
頭の上に「愛・健・財・学・福」の五文字の内、一文字が書かれていて、これを毎日握ると御利益があるそうです。

Hongakujikeidai120110
餅つきが終わっても、まだまだ大賑わいの境内です

« 海蔵寺~浄光明寺~寿福寺 | トップページ | 坂ノ下海岸の汐まつり »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

コメント

本覚寺のえびす祭りには、未だ行ったことがありません。
やはり人気は、アイドル「福娘」のお嬢さんたちですね^^
金色の烏帽子が、華やかであり可愛くもあります。
5枚目のアングルが、お気に入りです^^

イリアさん:
まー、鎌倉えびすの福餅に。 さぞ美味しかったことでしょう。
これで一年しっかりお守り頂けるでしょうね。
そんな福にありつくことなんて日頃滅多にないでしょ?
えびす堂は頼朝が幕府を守る為に建立したんですってね。
歴史を感じます。

福娘さん達のお衣装もはんなり新春の気分が充分に浸れますね。

福笹もこちらで見るのより立派です。 
にぎり守りって初めてみます。
いろいろ見聞出来て興味津々です。

有り難うございました。

dekimaroさん、コメントありがとうございます♪

いつも静かな本覚寺も、鎌倉えびすの時は本当に賑やかです。
機会がありましたら、是非お運びください。

福娘さん達は終始カメラマンに囲まれていて、特に福餅つきの時は大変!
男性陣がついた後、福娘さんは殆どポーズだけですけどねsmile

いつも3回お餅をつきますが、皆さん早い時間から場所取りをしているので、
ノンビリ行く私など、1回目は人の頭だけしか見えず、2回目は横の方から垣間見、
そして3回目に前の方が場所を譲ってくれる場合がある・・・というパターンですcoldsweats01
今年は運良く3回目に正面の前から2番目を譲って貰えたので、
5枚目のアングルで撮影出来ました。

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

この福餅つきには何度も足を運んでいますが、いつもすごい長蛇の列なので
今まで一度も頂いたことがありませんでした。
久しぶりのつきたてのお餅は、とっても美味しくて御利益がありそうdelicious

夷堂の建物はちょっと変わっていて、本覚寺のシンボル的な存在です。
福娘さん達は可愛くてお正月気分を一層盛り上げてくれますね。

にぎり福は、指の先くらいの小さなお守りですが、お坊さんたちが
一生懸命手書きされたもので、ひとつひとつ表情が違っています。
毎年「どの子にしようかな?」と考えながら選ぶのも楽しみですhappy01

福娘さんかわいいですね。
この笑顔だけで一年大過なくすごせそうな気がします。
おもちを搗いている姿もかわいいのです。
場所取り合戦が加熱するのもわかる気がします。

まこさん、コメントありがとうございます♪

福娘さんは、男性だけでなく女性カメラマンにも大人気^^
やはり若くて可愛い和服姿の女性は、最高のモデルさんですよね。

客殿前での記念撮影の時も、大勢のカメラマンが取り巻いていたのですが、
後から来て構えていたカメラの前に平然と入って来た人がいて、
危うく喧嘩になりそうでしたよcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 海蔵寺~浄光明寺~寿福寺 | トップページ | 坂ノ下海岸の汐まつり »