Amazon

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

今日の安国論寺

梅の便りもお届けできないまま、とうとう1月が終わってしまいました。
小春日和と呼べる日が殆どないくらい寒くて乾燥した日が続いています。
今年も小・中学校では、インフルエンザによる学級閉鎖が相次いでいるようです。
皆様、どうぞお風邪などひかれませんように・・・

安国論寺の本堂左側の紅梅も、ご多分に漏れずまだ固い蕾です。

Ankokuronjiume120131
急に暖かくなれば、一斉に花開くのでしょうね

ついつい、昨年の今頃と比べてしまいます。

Ankokuronjiume110126
2011年1月26日撮影

Ankokuronjirobai120131
庫裏の辺りにロウバイが咲いています

Sikikahi120131
昨年12月に建てられた正岡子規の歌碑
子規が20代の頃に安国論寺を参詣し、後に懐古して詠んだ一首が刻まれています

安国論寺の後、常栄寺、本覚寺等を覗いてみましたが、どちらも梅はまだまだ固い蕾でした。

2012年1月25日 (水)

初天神・筆供養の荏柄天神社

鎌倉宮の後、荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)へ向かいました。
毎年1月25日は、一年で最初の天神様のお祭り、そして筆供養が行われます。

Egaratenjin120125
提灯と幔幕が飾られた門

Egarahatutenjin120125
10時30分、太鼓が鳴らされて厳かに「初天神」が始まり、祝詞、お祓い、玉串奉てんと進みます

Egarafudekuyo120125
その後、古筆を供養し、字の上達や学問の向上を願う「筆供養」に移ります

Egarafudekuyo1201252
古筆に着火
人垣で全然見えないため、場所を移動しました

Egarafudekuyo1201253
無事に燃えています

Egarafudekuyo1201254
境内に煙が流れて

Egarafudekuyo1201255
ようやく人垣が少なくなってきました

Egaratenjinmikoshi120125
神輿庫が開いていますが、お神輿を担ぐわけではありません

Egarakobai120125
鎌倉で一番早く咲くといわれる寒紅梅は、まだ固い蕾のまま
昨年は既にかなり咲いていました
これほど開花が遅い年は、私の記憶にはありません

Egarasuisen120125
せめて、水仙とマンリョウを楽しみましょう

Egarakigutu120125
神官さん方の木靴
痛くないのでしょうか? ちょっと履いてみたい気もします

鎌倉宮の河津桜は・・・

久しぶりに穏やかな晴天となりました。
今日の目的地は荏柄天神社ですが、その前に鎌倉宮へ年初のお参りです。

Kamakuragukawaduzakura120125
梅の開花が遅れているので、河津桜も期待していませんでしたが、予想通りまだまだです
ちなみに昨年の今頃は・・・

Kamakuragukawaduzakura110122
2011年1月22日撮影

Kamakuragu120125
拝殿に参拝

Kamakuragu1201252
手水舎では龍の口から水が出るところが多いような

Kamakuragu1201253
身代わり様を撫でて、厄除け・病気平癒を祈願します
一番心配な所は「頭」かも・・・

2012年1月20日 (金)

初雪の大仏~光則寺~長谷寺門前

早朝から予報通りの雪が降っていましたが、積もるほどにはならずにみぞれとなり、15時現在は止んでいます。
午前中、久しぶりの雪の中、長谷方面を巡って来ました。
傘を差して一眼レフ撮影は厳しいので、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)持参です。
雪の多い地方の皆様が大変なご苦労をされているのに、はしゃいでいて申し訳ありません。

先ずは、高徳院で大仏様のご尊顔を拝して・・・
生憎のお天気でしたが、修学旅行生や中国からの観光客で賑わっていました。

Daibutu120120
修学旅行生が記念撮影

Daibutu1201202
こめかみ近くに金色の部分が見られますが、造立当時は金箔で覆われていたので、その名残です
頭上に止まっている鳩も寒いでしょうね

Daibutu1201203
胎内に入ると背中の窓から明かりが差し込み、大仏像の鋳型跡がハッキリ見えます
また大地震の際は、仏像の床が台座から離れて揺れの方向に滑るよう、免震構造になっているそうで、高度な技術を駆使して造られている事等が解説されています
Daibutu1201204
大仏様は露座におわしますが、左右と後方には屋根があるので撮影には有難いです

Daibutu1201205_2
いつ拝見しても、鎌倉一の美男!!

Kangetudo120120
雪の舞い散る観月堂

この後、 光則寺へ。

Kosokujisanmon120120
参道のロウバイは、まだ寂しげ
山門左側と境内の大きなロウバイの木は、かなり咲いていました

Kosokuji120120
高徳院と違って境内は静寂そのもの
梅やミツマタはこれからです

その後、長谷寺へ。

Hasedera120120
雪でも駐車場には大型観光バスが止まり、境内も結構賑わっている様子
雪がみぞれに変わってきたので、境内には入らず門前で失礼しました

2月3日には、恒例の「節分会(せつぶんえ)」が予定されています。
また多くの人達で賑わうことでしょう。

2012年1月17日 (火)

満開の正月ぼたん@八幡宮

阪神大震災から今日で17年・・・年月が経っても、大切な人や思い出を失った心の傷が癒えることはないでしょう。
あらためて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

週末から寒くて今にも雪が降りそうな日が続き、なかなか散歩に出かける気になりませんでした。
今日はお昼近くにようやく青空が出て来たので、午後から重い腰を上げて鶴岡八幡宮へ。
神苑ぼたん庭園では、傘や藁で囲われた正月ぼたんが満開です。
いつもはもうほころび始める梅は、まだ固い蕾の所が多いようですが、ぼたん庭園には、ひと足早く春がやってきました。

Hachimangubotan120117
「寒ぼたん」、「冬ぼたん」ともいいますが、鶴岡八幡宮では「正月ぼたん」と呼んでいます

Hachimangubotan1201172

Hachimangubotan1201173

Hachimangubotan1201174

Hachimangubotan1201176

Hachimangubotan1201175
色とりどりのぼたんが可憐に咲いています

Hataagebenzaiten120117_2
源氏池の対岸に見えるのは、旗上弁財天です

Hachimangukamo120117
水鳥たちがのんびり遊んでいます

2012年1月13日 (金)

森戸海岸からの富士山

今日は鎌倉ではないのですが、葉山 森戸海岸から富士山を見て来ました。
このところ、かなり冷え込んでいるのに富士山の冠雪は、一時より少なくなっているように感じました。
でも、絶景には変わりありません。

Moritokaiganfuji120113
富士山の手前に「名島(なじま)」という小さな島が浮かび、赤い鳥居が立っています
右の白い灯台は「葉山灯台(別名 裕次郎灯台)」で、ヨットマンだった石原裕次郎さんの三回忌を記念して、兄の石原慎太郎さんが約1億円の基金を集めて建設したそうです

Moritokaiganfuji1201132
少し引いて見ると、江ノ島はだいぶ右の方に見えます

Moritojinja120113
近くに森戸神社があります
「みそぎ橋」越しの森戸神社

Moritokaiganfuji1201133
森戸神社横から見た富士山
ここからだと赤い鳥居が左側に・・・
海の色がとてもきれいでした

2012年1月12日 (木)

2011年写真集

昨年一年間に撮影した写真からスライドショーを作成してみました。
殆どはブログにアップしたものと重なりますが、よろしければご笑覧下さい。

画面右下の”You Tube”をクリックすると、オリジナルサイズでご覧いただけます。

2012年1月11日 (水)

坂ノ下海岸の汐まつり

穏やかな晴天の下、坂ノ下海岸では漁の安全と豊漁を祈願する汐まつりが行われました。
この行事が午前10時からだったのは幸いで、午後からは次第に風が強くなり、夕方には小雨も降ってきました。
同じ頃、材木座海岸でも、汐神楽(しおかぐら)が催されているはず。
2008年の様子は、こちらです。

Shiomaturi120111
神主さんが海に向かって祝詞を上げられます

Shiomaturi1201112
今年も事故がなく、豊漁でありますように!

Shiomaturi1201113
神楽の奉納
御霊神社の神主さんは女性の方です

Shiomaturi1201114
漁師さん達の玉串奉奠
「鎌倉」「大漁」と染め抜いた印半纏がいいですね

******************************************************************

江ノ電長谷駅の近く、収玄寺の前を通ると外塀を修理中でした。

Shugenji120111
収玄寺門前

Ishiwatashoten120111
収玄寺より少し長谷寺寄りの「石渡源三郎商店」の店頭
黒豆を始めとする豆類やひじきなどの乾物は、こちらで買っていますが、全て国産品の上等な品揃えの老舗です。
今日は鏡開き、お汁粉を作りました。

2012年1月10日 (火)

本覚寺の本えびす

今日も晴天に恵まれ、本覚寺では「鎌倉えびす」が賑やかに行われました。
「鎌倉えびす」とは、商売繁盛の神「えびす様」のお祭りで、元日から3日までが「初えびす」、10日の今日が「本えびす」または「十日えびす」と呼ばれています。
本覚寺が一年で最も活気づく日です。

Hongakujisanmon120110
賑やかに飾り付けられた山門

Hongakujihondo120110
本堂前には参拝客が列をなして

Fukuzasa120110
今年はよい事が沢山ありますように!

Fukuzasa1201102
商売繁盛や家内安全を願う人達が次々と福笹を求めてゆきます

午前11時からの祈祷が終わると、正午からは年男や福娘さん達による「福餅つき」が夷堂前で始まります。

Mochituki120110
本日のメインイベント
最初は見物人やカメラマンの頭しか見えませんでしたが、最後に前の方が場所を譲ってくれて、ベストポジションで撮影出来ました。
3臼の福餅がつかれ、約500名に振る舞われました。

Fukumusume120110
客殿前で記念撮影

Fukumusume1201102
境内を華やかにしてくれる福娘さん達の笑顔

Mochi120110
餡と大根おろしのお餅を初ゲット! 柔らかくて美味しい♪ 
終わり頃は意外なほど並んでいる人が少なかったので、初めて福餅をいただきました。
「皆さんに行き渡るように何度も並ばないで下さい。お餅難民が出てしまいます」というユーモラスなアナウンスが効いたのでしょうか?

Nigirifuku120110
一番人気のお守り「にぎり福」
頭の上に「愛・健・財・学・福」の五文字の内、一文字が書かれていて、これを毎日握ると御利益があるそうです。

Hongakujikeidai120110
餅つきが終わっても、まだまだ大賑わいの境内です

2012年1月 8日 (日)

海蔵寺~浄光明寺~寿福寺

三連休の中日の今日は、午後から扇ガ谷方面へ行ってきました。
今月15日くらいまでは、お正月モードの鎌倉は、多くの観光客で賑わっています。

最初は海蔵寺へ。

Kaizojisuisen120108
今年はスイセンの丈が低く、花付きが少ないように感じます

Kaizojimitumata120108
ミツマタはこれからが楽しみ

Kaizojimanryo120108
境内を彩るマンリョウ

Kaizojiume120108
梅の開花が待たれます

海蔵寺の次は浄光明寺へ。
東京国立博物館から戻られたはずの阿弥陀三尊坐像を拝観したいと思ったのですが、残念ながら新年の拝観は10日以降でした。

Jokomyojisanmon120108
お正月らしい山門

Jokomyoji120108
客殿にもお飾りが・・・  今年は辰年ですね

Jokomyojikeidai120108
スイセンが境内のアチラコチラに咲き出しています

最後に境内公開中の寿福寺へ寄ってみました。
普段は、山門の外側から覗くだけですが、お正月とゴールデンウィークだけ境内でお参りすることが出来ます。

Jufukujikeidai120108
最近はお正月でも少なくなった和服姿の参詣客が来てくれてラッキー♪

今年も、2~3月の梅の季節に「応募による寺社特別参拝・僧侶と巡る鎌倉十三仏」が予定されています。
興味のある方は、こちらをご覧下さい。

2012年1月 5日 (木)

新春の光明寺

光明寺裏山から富士山を見た後、改めてお十夜以来の光明寺へお参りしました。

Komyojisanmon120105
いつ見ても立派な山門

Komyoji120105
広い境内に参詣客は少なく、ゆっくりお参り出来ました

Komyojibenzaiten120105
本堂には、いつもはいらっしゃらない弁財天様が・・・

Komyojikisyuteien120105
記主庭園の池には薄氷が張っていて、亀さんもどこかに潜っているようです

Komyojisekitei120105
サツキが咲くと美しい石庭

Komyojimonzen120105
総門前には今日のお言葉
はい、肝に銘じます。

材木座海岸からの初富士

お正月もアッという間に5日経ちました。
今朝はだいぶ冷え込みましたが、その内、日が差して来たので、材木座海岸へ行ってみました。
新年最初の富士山を見る事が出来ましたが、薄い雲が出ていて少々残念。
期待していたほどのスッキリした富士山ではありませんでしたが、これ以上望むのは贅沢というものですね。

Zaimokuzafuji120105
稲村ケ崎の向こうに見える富士山

Zaimokuzafuji1201052
江ノ島と富士山

Zaimokuzakaigan120105
スタンドアップパドルボード(SUP)を楽しむ女性

この後、第一中学校への坂を上って、光明寺の裏山から富士山を見ました。

Zaimokuzafuji1201053
光明寺山門越しの富士山

2012年1月 1日 (日)

今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
2012年のお正月、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年は災害の無い穏やかな年に・・・と願ったばかりなのに、早速今日の午後、関東と東北の広い範囲で震度4の地震がありました。
幸い津波はなかったようですが、もうこれ以上はお許し願いたいものです。

私は、恒例の鶴岡八幡宮への初詣が、新年最初の鎌倉散歩となりました。
初詣がまだの方は、気持ちだけでもご一緒にお参りしましょう。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Dankazura120101
提灯が飾られた段葛(7:30頃)を歩いて

Hachimangutorii120101
三ノ鳥居前へ
曇りの予報でしたが、幸い青空になってきました

Taikobashi120101
太鼓橋越しに上宮の楼門を拝します
赤いコートの警察官が警備に当たって

Hachimangukeidai120101
境内は参拝客で大賑わいですが、この時間ならまだ大石段の上り規制がありません

Hachimanguoicho120101
大イチョウも頑張っています

Hachimangu120101
「迎春」の文字と破魔矢で飾られた楼門をくぐってお参りしましょう

Hachimanguomamori120101
お守りも忘れずに
今年は、「絆」の色紙が目立ちます

Konpeito120101
屋台も沢山出ていますが、こちらは彩り美しいこんぺいとうが並んでいました

そして、帰りがけには毎年気になる山中材木店さんへ。

Yamanakazaimokuten120101
勢いのある龍の年賀状
「がんばろう日本!」の文字が光ります。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »