Amazon

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

大巧寺~妙本寺

11月末とは思えない暖かい日差しの中、大巧寺と妙本寺へ行ってきました。

先ずは大巧寺へ。
四季折々のお花が絶えないこちらのお寺も、今はさすがに寂しくなっています。

Daigyojisanmon111130
戌(イヌ)の日は安産を願う人たちが長蛇の列を作ります

Daigyojihondo111130
本堂前では遠足に来た子供たちが一休み

Daigyojikoyo111130
紅葉も少しだけ見られました

Daigyojiisogiku111130
イソギク

**********************************************************************

妙本寺では、ホンの一部だけ紅葉が始まっていました。
他の場所よりは、台風の被害が少な目のような気がします。
9月に二天門の修復工事が終わったばかりですが、今度は鐘楼の工事をしているようで、ブルーシートに覆われていました。

Myohonjikoyo111130
わずかに紅葉した二天門前のカエデ

Myohonjikoyo1111302
ハイキングコース入口

Myohonjisazanka111130
サザンカ

Myohonjikaede111130
紅葉の見頃はまだまだこれからです

2011年11月29日 (火)

晩秋の光則寺

すっかりご無沙汰してしまいました。
11月も終盤になり、暖房が必要になる日もありますが、今日は暖かい日でした。
出掛けたついでにフラリと光則寺へ。
写真は、コンパクトデジカメで撮りました。

光則寺もご多分に漏れず台風で傷んだ木々が多いのですが、透過光ではきれいな紅葉も見られます。

Kosokujikoyo111129

Kosokujikoyo1111292
紅葉

Kosokujiomomiji111129
オオモミジと山門

ツバキ、サザンカ、ネリネ等が静かな境内を彩っていました。

Kosokujinerine111129
ネリネ

Kosokujitubaki111129
ツバキ(左;侘助 右;羽衣)

Kosokujimanryo111129
マンリョウとサザンカ

2011年11月23日 (水)

鶴岡八幡宮の新嘗祭

今日は勤労感謝の日ですが、古くは新嘗祭(にいなめさい)といわれていました。
新嘗祭とは、宮中祭祀のひとつで、その年の五穀豊穣を感謝するお祭りです。

鶴岡八幡宮でも、午前10時より新嘗祭が斎行されました。
年間数多くの「時節の祭」が斎行される鶴岡八幡宮ですが、その都度、歴史絵巻が繰り広げられます。

Niinamesai111123
社務所前で宮司さん方のお出ましを待って整列する巫女さん達

Niinamesai1111232
宮司さん方が続々と出て来られました

Niinamesai1111233
巫女さんの正装でしょうか? 

Niinamesai1111234
大勢の参詣客に見守られながら、祖霊社へ向かいます

Niinamesai1111235
祖霊社での神事の後、舞殿の横を通って

Niinamesai1111236
大石段を上り本宮へ
お祭りとはいっても、無音の厳粛な神事です

この後、また戻られるのですが、私は国宝館で開催されている「特別展 鎌倉×密教」へ。

Kokuhokan111123
国宝館

Hachimanguicho111123
国宝館前のイチョウ 上の方は落葉しています

いつもはヒッソリとしている国宝館ですが、今日は拝観者で一杯でした。
美しい大日如来像や観音像、迫力ある不動明王像や愛染明王像、そして曼荼羅等、見応えのある展覧会です。
個人的には、来迎寺の如意輪観音坐像がとてもよかったです。
この展覧会は、27日(日)までですので、興味のある方はお早めに!

Happy111123
新婚さんと七五三のおめでた二重奏♪

Hachimanguhaze111123
源氏池のハゼの紅葉 例年より葉が少ないですね

Hachimangukoyo111123
ちょっと寂しい平家池の紅葉

2011年11月21日 (月)

浄光明寺の特別参拝

昨日よりかなり気温が下がったとはいえ、日向は暖かい今日、浄光明寺での特別参拝に参加してきました。
これは、鎌倉芸術祭関連イベントとして、鎌倉の寺社で応募による人数限定の特別参拝が行われたものです。
建長寺の特別公開の時と同様、希望者多数のため抽選が行われて、30名が当選したとのことで、日頃くじ運の悪い私にしては珍しい連続の快挙(?)でした。

今日は、ご住職自ら、客殿、収蔵庫、仏殿、網引地蔵前と場所を変えながら浄光明寺の仏像彫刻についてのご説明を、そして冷泉為相墓と客殿裏庭園のご案内をして下さいました。
あいにくご本尊の阿弥陀三尊坐像は、東京国立博物館へ出張中でしたが、お蔭で通常非公開の愛染明王坐像と不動明王坐像を拝観できました。

客殿室内と仏像は撮影禁止、裏庭園は撮影してもよいがネット等では公開しないようにとのことでしたので、残念ながら写真は殆どありません。
庭園は、瑞泉寺の庭園を思わせるような岩盤を削って造られたもので、切り立った崖にまるで天空から降り立ったようなビャクシンの木が生えています。
来春、2月か3月にも特別参拝があるようですので、ご都合がつく方は参加されてはいかがでしょうか?

また、先日NHKテレビ「美の壺・鎌倉の古寺」で浄光明寺の勢至菩薩と庭園が紹介され、番組のHPに写真が掲載されています。
23日(水)にも、AM8:00からBSプレミアムで再放送されます。

Jokomyojisanmon111121
山門前のカエデは干からびてしまっています
境内も同様に悲しい姿のカエデが多いようでした

Jokomyojikyakuden111121
客殿でご住職のご挨拶と阿弥陀三尊坐像の写真を観ながらのご説明がありました

Jokomyojituwabuki111121
仏殿(本堂)へ向かう石段の脇にはツワブキが満開です

Jokomyojihondo111121
仏殿 

Ohsima111121
網引地蔵前から伊豆大島が今日は薄っすらと望めます

普段はこの辺りや更に上の冷泉為相墓は寂しいのですが、今日は大勢で心強かったです。
そして、網引地蔵様の柵の中まで入れていただき、お地蔵様の横顔や後姿なども拝観出来ました。

Tuta111121
浄光明寺近くにて、きれいに色づいた蔦

拝観中はよいお天気でしたが、夕方は一時雷雨となりました。

2011年11月17日 (木)

海蔵寺のリンドウ

穏やかな日差しの下、海蔵寺では鎌倉市の花・リンドウが満開です。

Kaizoji111117
秋晴れの境内

Kaizojirindo111117
フカフカの苔の上には、沢山のリンドウが満開!

Kaizojikogiku111117
足摺野路菊(アシズリノジギク)やマンリョウも境内のアチラコチラに

Kaizojikasa111117
海蔵寺のシンボル的存在の野点傘が真新しくなっていました

Kaizojikane111117
梵鐘越しのカエデと野点傘

Kaizojisarusuberi111117
サルスベリの紅葉と名残りのシオン

Kaizojikaede111117
駐車場のカエデ 上空には飛行機雲

               ☆☆☆  おまけ  ☆☆☆

寿福寺参道のカエデは、かなり残念な様子です。

Jufukujisando111117

2011年11月12日 (土)

源氏山公園~葛原岡神社

銭洗弁天から更に坂を上ること数分、「頼朝像」と書かれた道標を右に進むと左側に化粧坂(けわいざか 仮粧坂とも書く)が見えて来ます。
この坂は、鎌倉七切通し(ななきりどおし)のひとつで、海蔵寺方面へ出られます。

Kewaizaka111112
雨上がりは特に滑りやすい化粧坂(経験者sweat01
今日も足下が悪いのに自転車を押しながら上ってきたグループがいてビックリ!

Genjiyama111112
化粧坂を横目に直進すると頼朝像が鎮座する公園に
紅葉している木と枯れている木が混在していますが、広々とした空間はいい気持ち

Yoritomozo111112
頼朝像の上空には面白い形の雲

Sazanka111112
周辺には沢山のサザンカが咲いています

来た道を戻って、更に葛原岡神社の方へ上ります。

Kaede111112
途中、紅葉スポットへ寄ってみましたが、やはりダメージが大きいカエデが多いようです

Fujisan111112
木々の間から富士山が見えましたが、雲がかかっていてチョット残念!

Icho111112
毎年黄金色に輝くイチョウは、既に葉が落ちてしまいました

Kuzuharaokajinja111112
一番奥の葛原岡神社へお参り

Kuzuharaokajinja1111122
神社の鳥居をくぐるとすぐに昨年出来た「縁結び石祈願所」
「男石」と「女石」という「縁結び石」が置かれていて、両側に沢山のハート形の絵馬が掛けられています。
この神社は、元刑場という血なまぐさいイメージでしたが、時の流れで縁結びの神にイメージチェンジ。
縁結びのパワースポットとして有名になれば、桜と紅葉の季節以外にも訪れる人が増えて賑やかになるでしょう。

Koyo111112
神社の近くでは、少しだけ紅葉が見られました。

銭洗弁財天

冷たい雨の日が2日続き、今日は穏やかな秋晴れです。
青空の下、久しぶりに銭洗弁天から源氏山公園へ、紅葉の下見がてら散歩しました。

鎌倉駅西口からは、市役所通りを行き、「佐助一丁目」信号を右折、徒歩30分弱で銭洗弁天に到着。
途中から勾配が急な上り坂ですが、数分の我慢です。

Zeniaraibenten111112
銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてん うがふくじんじゃ)の入り口
通称「銭洗弁天」ですが、実は長い名前です

Zeniaraibenten1111122
岩をくりぬいたトンネルと鳥居を抜けて

Zeniaraikeidai111112
境内
土曜日でも修学旅行生で賑わっています

Zeniaraibenten1111123
本宮で参拝

Zeniaraibenten1111124
奥宮(本宮左側の岩窟の中)
源頼朝が夢のお告げで発見したといわれる清水が湧き出ていて、この銭洗水でお金を洗うと何倍にもなって戻ってくると信仰されています

Taki111112
下之水神宮には、小さな滝(?)が音を立てて

入口に戻って、更に坂を上り源氏山公園に向かいます。

2011年11月 9日 (水)

龍宝寺の冬桜が満開

立冬が過ぎましたが、冬の気配はまだあまり感じられない鎌倉です。
晴れの予報に反して雲が多かった今日、久しぶりに龍宝寺に行ってきました。
広い境内に四季折々の花木が植えられたお寺ですが、今は2本の冬桜が満開!
花の寂しくなった季節を彩る冬桜は、春の桜とはまた違った喜びを与えてくれます。
龍宝寺の他に東慶寺、長谷寺、円覚寺、瑞泉寺等でも楽しめます。

Ryuhojifuyuzakura1111092
庫裏も冬桜に彩られて

Ryuhojifuyuzakura111109
本堂側から見ると、2本の大木です

先に境内奥の冬桜をご紹介しましたが、山門へ戻ります

Ryuhojiicho111109
山門前のイチョウは健在で黄葉が始まっています

Ryuhojikeidai111109
広々とした境内

Ryuhojimaronie111109
周りが傷んだマロニエの葉
バックは境内にある幼稚園で、元気に遊ぶ子供たちの賑やかな声が響きます

Ryuhojituwabuki111109
ツワブキも満開

Ryuhojidaria111109
アチラコチラに咲く皇帝ダリア(帝王ダリア,コダチダリア)

2011年11月 4日 (金)

今日の鶴岡八幡宮

建長寺の帰りに鶴岡八幡宮へ寄りました。

Hachimanguicho111104
夏の間は遮光ネットに覆われていた再生中の大イチョウ

Hachimangumairi111104
11月ともなると七五三詣りの家族連れを沢山見かけます
晴れ着を着た可愛いお嬢ちゃんを見ると、ついストーカーになりそうに・・・sweat01

Hachimanguike111104
ハスの葉がきれいにお掃除された源平池には水鳥たちが遊んで

Hachimangukikkaten111104

Hachimangukikkaten1111042
境内では、「菊花展」や「庭園展示会」が開催されています

Kokuhokan111104
そして、国宝館では特別展「鎌倉×密教」開催中
仏像ファン必見でしょう。 
私は次回ゆっくり拝観する予定です。

建長寺の宝物風入れ

3日から5日まで、建長寺と円覚寺で毎年恒例の宝物風入れが行われています。
円覚寺へは続けて何回か行っているので、今年は建長寺へ行ってきました。

Kobukurozaka111104
鶴岡八幡宮の西側の道路を通って、巨福呂坂(こぶくろざか)を上り、トンネルを抜けると建長寺まであと少し

Kenchojisomon111104
「宝物風入れ」の看板が立った総門

Kenchojisanmon111104
先月楼上を拝観した三門

Kenchojibutuden111104
10時前だったので、まだ人気の少ない仏殿前

Kenchojihojo111104
宝物の展示会場は、龍王殿(方丈)です
特別拝観料500円(抹茶・和菓子付き 入山料300円は別途)

こちらで、通常公開されていない国宝や重要文化財などをじっくり拝観。
途中、振る舞って下さるお抹茶を方丈庭園を眺めながら戴きました。
沢山のお宝を拝見しましたが、先月の特別公開の時に拝観したものは殆どなかったので、やはりあの時参加してよかったです。

Kenchojikaede111104
龍王殿横のカエデも悲しい姿・・・

Kenchojihimeturusoba111104
でも、半僧坊上り口のヒメツルソバが慰めてくれました
歩道の両側に敷かれたピンクの絨毯♪

Kenchojihimeturusoba1111042
ヒメツルソバをアップで
円覚寺の群生は毎年見ますが、建長寺では今まで気づきませんでした。

今日は半僧坊へ上らずに引き返し、この後、鶴岡八幡宮へ向かいました。

2011年11月 3日 (木)

鎌倉文学館の展覧会と秋バラ

文化の日の今日は、鎌倉文学館へ行ってみました。
文学館では、12月18日まで、特別展「芥川龍之介と久米正雄」が開催されています。
二人は一高、東京帝大の同期生で、夏目漱石の門下として作家のスタートを切ります。
学生時代から芥川の自殺まで続いた二人の交友や多才ぶり、鎌倉とのゆかり等を紹介する資料が沢山展示されていて、とても興味深い内容でした。

Bungakukaniriguti111103
文学館へのアプローチ
例年紅葉が楽しみなこちらのカエデも、ご多分に漏れずかなり傷んでいます

Bungakukaniriguti1111032
文学館の門
招鶴洞(しょうかくどう)というトンネルをくぐって玄関へ

Bungakukan111103
文学館本館(国の登録有形文化財)と庭園の生垣
元は、加賀百万石の旧前田侯爵家別邸

この下のバラ園には、色とりどりの秋バラが咲いていました。
春バラより数が少なくて華やかさに欠けますが、色と香りは秋バラの方が勝っているといわれます。

Bungakukanbara111103
彩り豊かなバラたちの香りに包まれて幸せ

Kamakura111103
満開の黄色いバラ「鎌倉」は、トゲがありません

Bungakukanbara1111032
まさにローズ色の花は「千代」 白い花は季節に先駆けて「ホワイトクリスマス」

Tuwabuki111103
バラ園の横には、ツワブキが満開

Andesunootome111103
こちらは、マメ科で南米原産の「アンデスの乙女」

Coffee111103
グレン・ミラーのレコードをBGMにコーヒータイム

今日から5日まで、建長寺と円覚寺で宝物風入れ、5日と6日には、北鎌倉「匠の市」が開催されます。

2011年11月 1日 (火)

今年の鎌倉の紅葉は?

早いもので、もう11月・・・各地で紅葉の便りが聞かれる頃となりました。
鎌倉でも、毎年11月中旬にはイチョウの黄葉が、そして下旬になるとカエデ等の紅葉が楽しめます。
ところが今年は、再三お伝えしております通り、9月の大型台風による塩害で、市内のイチョウやカエデ等がかなりのダメージを受けてしまいました。
比較的傷みが少なくて済んだ木もありますが、全体的に美しい紅葉は期待出来そうもありません。

その代わりという訳ではありませんが、昨年までに撮影した「鎌倉の紅葉」のスライドショーをYou Tube にUPしました。
2010年3月に倒木した鶴岡八幡宮の大イチョウの写真もありますので、お楽しみ戴ければ幸いです。

右下の You”Tube”  をクリックして下さると、もう少し大きい画面でご覧になれます。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »