Amazon

« 貞宗寺のコスモス | トップページ | 海蔵寺のシオン »

2011年10月11日 (火)

建長寺の特別公開

午後からは、建長寺で行われた僧侶と共に寺内を巡る「秋の特別公開-禅の心に触れる-」に参加しました。
これは、事前に往復はがきで申し込むのですが、今回は希望者多数のため抽選が行われ、見事(?)当選したそうです。
今日の目玉は、三門楼上を拝観できること。
通常は非公開なので、滅多にこのような機会はないと応募したものです。

13:30に三門前に参加者30名が集合。
ご年配の僧侶・部長さんのご挨拶の後、若い僧侶のご案内で、三門楼上、国宝・梵鐘、仏殿、法堂、唐門、方丈(龍王殿)、庭園等を拝観しました。

Kenchojisanmon111011
三門 
お寺の門は一般に「山門」といいますが、禅宗では「三解脱門」の略で、「三門」と呼びます。
楼上に五百羅漢などを安置し、その下を通ると心が清浄になることを祈念しているそうです。

いよいよこの楼上へ上ります。
光明寺では、何回も上らせていただきましたが、建長寺の方が階段の一段、一段が高くて、怖いように感じました。
上は畳敷きになっているので、靴を脱ぎます。
五百羅漢と十六羅漢が安置されていました。
回廊の外は撮影してもよいとのことで、グルッと一周しました。

Kenchojisomon111011
総門方面

Kenchojihengaku111011
「建長興国禅寺」の扁額を間近に

Kenchojikairo111011
回廊は、光明寺と似ています

Kenchojibutuden111011
仏殿、その後ろは法堂
樹齢750年のビャクシン(柏槇)が見事

Kenchojishoro1110112
国宝・梵鐘を見下ろして

Kenchojimyokoin111011
妙高院

Kenchojisanmon1110112
全員無事に下りて来ました

Kenchojishoro111011
先ほど楼上から見た国宝・梵鐘を柵の中に入って間近で拝観
開山・蘭渓道隆の書が刻印されています

Kenchojibutuden1110112
その後、仏殿の拝観

Kenchojihatto111011
法堂(はっとう)拝観
禅寺では、三門、仏殿(写真右)、法堂(左)が一直線に並びます

Kenchojikaramon111011
5月に落慶した唐門(からもん)の拝観
私は、6月にも拝観していて、この門の由来は、こちらの記事をご参照ください

Kenchojiryuoden111011
最後に方丈(龍王殿)
こちらでは、非公開の宝冠釈迦如来像を間近で拝観

Kenchojiteien111011
方丈庭園

1時間余りの短い時間でしたが、貴重な体験をさせていただきました。

« 貞宗寺のコスモス | トップページ | 海蔵寺のシオン »

鎌倉散歩・秋(9~11月)」カテゴリの記事

コメント

さすが鎌倉五山の第一に位する荘厳な造り、立派ですねー。
こんなお寺さんが鎌倉にはごろごろあるなんて、京都以外ではちょっと類を
みないでしょうね。

茅葺き屋根の鐘楼の素敵なこと。 方丈とその前の庭園も良いですねー。
普通では入れないところを態々ご案内頂いて有り難うございました。

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

当時は、もっともっと広大だったといわれている寺社が沢山ありますね。
鎌倉時代はそれだけ仏教が盛んだったのでしょう。
武家の街なので、京都のような雅やかさはありませんけど。

三門楼上に上れる機会は滅多にないので応募したのですが、
急な階段でとっても怖かったです。
一番下は取り外し出来る梯子なんですよ。
男の方達も這うように上ってましたsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 貞宗寺のコスモス | トップページ | 海蔵寺のシオン »