Amazon

« 英勝寺の彼岸花が見頃 | トップページ | 旧華頂宮邸・一般公開 »

2011年9月28日 (水)

浄光明寺の彼岸花

英勝寺の後、浄光明寺の彼岸花の様子を見に行きました。
いつもはその名の通り、お彼岸頃に見頃を迎える彼岸花ですが、今年は全体的に開花が遅れています。
浄光明寺でも、群生している鐘楼前はまだ蕾が多く、満開になるのは英勝寺より更に遅いようでした。

Jokomyojihiganbana110928
きれいに咲いている花もありますが・・・

Jokomyojihiganbana1109282
鐘楼の前あたりは、まだこのような状態です

Jokomyojihagi110928
前回は、沢山の萩が美しかった境内ですが、台風で殆ど散ってしまいました。

Jokomyojibutuzo110928

特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」 (10/25(火)~12/4(日)東京国立博物館 平成館)の詳細はこちらをご覧下さい。

« 英勝寺の彼岸花が見頃 | トップページ | 旧華頂宮邸・一般公開 »

鎌倉散歩・秋(9~11月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん 、こんばんは。

彼岸花、綺麗ですね。英勝寺と浄光明寺、距離的には幾らも離れていないのに開花状況は異なるのですね。

私、個人は浄光明寺が大好きです。特に阿弥陀三尊像 観音菩薩、勢至菩薩は鎌倉でも1.2の作かと・・・

25日は、由比ガ浜ビーチフェスタ、七里ガ浜はフリマ、腰越は港まつり海岸通りを自転車で回ってきました。

時間が無くなってしまったので、お寺さんは宝戎寺 1点絞りで萩を観に行ったのですが、皆さんおしゃる通り
塩害でとても酷い状態でした。私も、今年の紅葉が気になります。

木々が少しでも元気になるよう祈ります。

私は曼珠沙華と最初に覚え、後から彼岸花とも云う事をならいました。
葉っぱが先に出て、花が咲く頃は葉っぱはありません。 葉っぱと花は
すれ違い人生ですね。
この花の花弁のねじれ具合が何とも好きです。
きれいですよねー。 
白も(クリーム色)好きだなー。

池月さん、コメントありがとうございます♪

英勝寺と浄光明寺は、日当たりの関係なのでしょうか、彼岸花の開花状況が違いますね。
もっとも、日当たりのよい八幡宮東でも開花が遅れているようですけど・・・

私も浄光明寺の落ち着いた雰囲気が好きです。
仏像も見事な秀作が多いですよね。お宝が一杯のお寺さんです。
10月20日から阿弥陀三尊像がお出かけという「おしらせ」をUPし忘れたので追加しました。

25日は随分頑張りましたね。お疲れ様ですbicycle
私は港まつりに行くつもりでしたが、出足が遅れてしまい諦めました。

塩害は思いの外ひどいものですね。どこもかしこも落ち葉だらけです。
紅葉とともに来春の花達への影響も心配になって来ましたthink

M.K.さん、コメントありがとうございます♪

彼岸花というより、曼珠沙華の方がステキな感じがしますよね。
春のお彼岸には咲きませんし・・・

本当にこの花弁を見ていると飽きません。
造形美を感じますけど、なかなかその美しさを写真に表せなくて残念です。
やはり紅白揃うと一層きれいですねhappy01

イリヤさん、こんばんは。

阿弥陀三尊像、お出かけのお知らせ有難う御座います。

10月20日から、トーハクですか~  

多くの人にあの素晴らしい仏像を拝観していただけるのかと思うととても、嬉しいことですね。

浄光明寺さんは、休日でも観光客が少なくとても落ち着ける素敵なお寺さんです。三尊像がお帰りになった後に、境内が賑やかになるのかと思うと複雑な気持ちですが 喜ばしいことですね。

私も、トーハクに拝観しに行かなくちゃです。

池月さん、コメントありがとうございます♪

お知らせがお役に立ってよかったです。
但し、阿弥陀三尊像が浄光明寺を留守にされるのは、10/20からですが、
東京国立博物館・平成館での展覧会は、10/25(火)~12/4(日)だそうです。
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1404

逆にその間、普段非公開の不動明王像、愛染明王像を拝観できますねhappy01

イリヤさん、こんばんは。

ジオンです。
ご無沙汰しています。

浄光明寺の彼岸花も、大分咲き揃ってきましたね。
私が訪れた二週間前には、丁度萩の花が見頃を迎えており、
彼岸花にはちょっと早かったと思います。
土曜日は私用の為、出掛けられませんが、天気次第で、
日曜日には出掛けてみるつもりです。

イリヤさんの情報は、本当ためになります。感謝、感謝winkwink

ちょっと話が変わりまして、以前から仏像に興味があり先日、
東京国立博物館に「空海と密教美術」展を見に行ってきました。
会場では、真言密教寺院の原点とも云える、京都・東寺(教王護国寺)の仏像を中心に、
国宝8体による仏像曼荼羅には感銘を受けました。
イリヤさんのブログでも紹介していましたが、次回の特別展は、
「法然と親鸞 ゆかりの名宝」展です。
次回は、浄光明寺さんから「阿弥陀三尊坐像」がお出掛けされるようですが、
見所としては普段、お堂で安置されている時は、正面からでしかお見かけ出来ませんが、
特別展ともなると展示方法次第では、ぐるりと見渡すことも出来ます。
普段見ることの出来ないお背中を拝見できるかもしてないと思うと、今から楽しみです。

しっかりと「空海と密教美術」展の帰りに、「法然と親鸞 ゆかりの名宝」展のチケットも買ってきてしまいました。

今年の秋は、仏像に浸りたいと思います。scissors

ジオンさん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪

浄光明寺の萩は台風ですっかり散ってしまい、代わって彼岸花が見頃を迎えつつあります。
今年は遅いですけどね。
私の情報が、少しでも皆様の鎌倉散歩のお役にたてば嬉しいです。
褒められると調子に乗るタイプですcoldsweats01

ジオンさんも仏像がお好きなのですね。
私は仏像に関する知識は全然ないのですが、子供の時から親しみを持っています。
何しろ、”美男におわす大仏様”を見ながら育ってますからsmile

そういえば、お堂の中の仏像は真正面を向かれているし、薄暗くて遠くて、
もっと間近で別の角度からも拝見したいという欲求にかられますね。
最近は、仏像ファンの女性が急増しているようですから、
「法然と親鸞 ゆかりの名宝」展も混雑するでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英勝寺の彼岸花が見頃 | トップページ | 旧華頂宮邸・一般公開 »