Amazon

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

浄光明寺の彼岸花

英勝寺の後、浄光明寺の彼岸花の様子を見に行きました。
いつもはその名の通り、お彼岸頃に見頃を迎える彼岸花ですが、今年は全体的に開花が遅れています。
浄光明寺でも、群生している鐘楼前はまだ蕾が多く、満開になるのは英勝寺より更に遅いようでした。

Jokomyojihiganbana110928
きれいに咲いている花もありますが・・・

Jokomyojihiganbana1109282
鐘楼の前あたりは、まだこのような状態です

Jokomyojihagi110928
前回は、沢山の萩が美しかった境内ですが、台風で殆ど散ってしまいました。

Jokomyojibutuzo110928

特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」 (10/25(火)~12/4(日)東京国立博物館 平成館)の詳細はこちらをご覧下さい。

英勝寺の彼岸花が見頃

秋晴れの爽やかな青空の下、鎌倉では唯一の尼寺となった英勝寺へ行ってみました。
いつもは静かな境内が、一年で一番賑わう季節です。
というのも、見事な彼岸花の群生が見られるからで、平日の今日もカメラマンで一杯!
お目当ての彼岸花は見頃を迎えていましたが、満開になるのは今週末辺りでしょうか?

こちらでも台風の影響で、梅の木が折れたり、木々の葉が枯れてしまったようです。

Eishojihiganbana110928
鮮やかに咲く彼岸花

Eishojihiganbana1109282
仏殿をバックに

Eishojihiganbana1109283
古井戸と

Eishojihiganbana1109284
満開になるのはもう少し先

Eishojihiganbana1109285
大きな壺の前には、まだ蕾の彼岸花

Eishojihiganbanasiro110928
白花は終盤です

Eishojifuyocho110928
フヨウの蜜を吸う蝶々

Eishojifuyo110928
白いフヨウも楚々として

Eishojitikurin110928
涼しい竹林

Eishojibutuden110928
創建時の面影を残す仏殿

Eishojisanmon110928
爽やかな青空と山門

Eishojishoro110928
彼岸花をバックに記念撮影 右は鐘楼

この後、浄光明寺へ。

2011年9月24日 (土)

鎌倉ビーチフェスタ2011

各地に大きな被害をもたらせた台風15号が去りましたが、皆様ご無事でしょうか?
遅ればせながらお見舞い申し上げます。
鎌倉では大きな被害はなかったようですが、一部で崖崩れが、また各所で倒木や停電がありました。
我が家は、海からかなり距離があるのですが、海風が強かったせいか庭木の葉が塩害を受け、チリチリになってしまいました。
この程度は、被害というにはあまりにも小さいものですが、市内の萩も殆ど散ってしまったようで残念です。

台風の後、朝夕すっかり涼しくなって、散歩に最適な季節となりました。
今日と明日(24,25日)、由比ヶ浜海岸で「鎌倉ビーチフェスタ2011」が開催されています。
このイベントは、5月に開催予定でしたが、震災の影響で延期されていたものです。
午前中、和太鼓とフラダンスを見て来ました。

Beachfesta110924jp
オープニングは元気よく「和楽会 湘南打々鼓」による和太鼓

続いては、可愛い子ども達のフラステージでした。

Beachfesta1109242jp
小さい子から順番でしょうか? 男の子がひとりいるようです

Beachfesta1109248jp
男の子だけのグループ

Beachfesta1109246jp
色とりどりの衣装で

Beachfesta1109247jp
バンブーを持って

Beachfesta1109243jp
お姉さんグループが最後

よろしければ動画もご覧下さい。

Beachfesta1109244jp
爽やかな好天に恵まれて

Beachfestasazo110924jp
砂のお城も作られています

今回は、東北復興支援の一環として、福島県いわき市・スパリゾートハワイアンズの“フラガール”も出演されました。
私も是非見たかったのですが、時間の関係で残念ながらこれで帰宅。

Beachfesta1109245jp
屋台も沢山出ていました。

明日も10:00から15:30まで、フラ、ライヴ、よさこいなどのステージがありますので、お出でになってみてはいかがでしょうか?

2011年9月18日 (日)

御霊神社の面掛行列

残暑厳しい中、御霊神社の面掛行列(めんかけぎょうれつ)に行ってきました。
この面掛行列は、神奈川県の無形文化財に指定されています。
9月18日は、御霊神社の祭神である「鎌倉権五郎景政(ごんごろうかげまさ)公」の命日。
地元では、「御霊神社」というより、「権五郎神社」の呼び名の方が親しまれています。

正午から境内で例大祭、13時から鎌倉神楽とも呼ばれる湯立神楽(ゆだてかぐら)、その後、面掛行列が行われます。
湯立神楽も観たいのですが、昨今はものすごい人垣で、近づくことも出来ません。

行列は14時30分頃スタートするので、星の井通りへ行ってみると、驚くほどの人で埋まっています。

Menkakegyoretu110918
あまりの人出と暑さで、家へ帰ろうかと思ったのですが、取りあえず海風に当たろうと坂ノ下海岸へ。
行列は、御霊神社から「力餅家」の角を曲がって、虚空蔵堂の辺りで折り返し、「星の井通り」の信号でまたUターン、神社へ戻ります。

Sakanositakaigan1109182

Sakanositakaigan110918
風があって波がやや高いです

気を取り直して、星の井通りへ戻ると、ちょうど行列が信号方向へ向かってくるところ。
この辺りは若干空いていたので、何とかカメラに収めることが出来ました。

Menkakegyoretu1109183
お囃子の太鼓は女の子ばかり

Menkakegyoretu1109184
いよいよ面掛行列の面々が・・・
天狗の先導、獅子頭2頭の後、①爺、②鬼、③異形(いぎょう)、④鼻長

Menkakegyoretu1109185
⑤烏天狗、⑥翁、⑦火吹男(ひょっとこ)、⑧福禄寿、⑨おかめ(はらみっと はらみ女)、⑩女(産婆)

上の十人衆のお面は、舞楽や田楽の流れをくむもので、鶴岡八幡宮の神幸祭の行列に使われていたのが、明治になってここに移ったといわれています。
また、頼朝の寵愛を受けた村娘が身ごもり、年に一度村人の無礼講を許したのがこの祭りの起源という伝説もあり、「はらみっと」とも呼ばれています。
安産祈願のため、おかめのお腹に触れる人もいて賑やかです。
その後も、雅楽奏者、御神輿等が長い列を作って練り歩きます。

Menkakegyoretu1109186

Menkakegyoretu1109187
こちらのお神輿は台車に乗っています

2009年の動画がありますので、よろしかったらご覧ください。

2011年9月17日 (土)

宝戒寺の萩も見頃を迎えて

今日の最後は、「萩寺」と呼ばれる宝戒寺
例年、海蔵寺などより遅めに開花するので、今日は下見のつもりで向かいました。
ところが、思いの外咲いていてビックリ!
まだ満開ではありませんが、見頃を迎えたと言ってもよいでしょう。

<追記> 21日の台風で、残念ながら萩はすっかり散ってしまったそうです

Hokaijisando110917
参道には、白萩がポツポツと咲き始め

Hokaijihagi110917
境内も萩で包まれています

Hokaijihagi1109173
本堂の前は紅白の萩が

Hokaijihagi1109172
まだ蕾が沢山あるので、しばらく楽しめそうです

Hokaijihagi1109174
白萩が殆どを占めています

Hokaijihagi1109175
淡いピンクの萩も

Hokaijihagifuyo110917
白萩の向こうにピンクのフヨウ

Hokaijihiganbana110917
咲き始めた彼岸花も白が多いです

Hokaijisuifuyo110917
鐘楼とスイフヨウ

Hokaijisuifuyo1109172
朝は白くて徐々にピンクに変わってくるのが酔芙蓉(スイフヨウ)です

Hokaijihanatoranoo110917
ハナトラノオ(花虎の尾) 別名:カクトラノオ(角虎の尾)

風があったので救われましたが、汗を拭きつつ、水分を摂りつつの花散歩でした。

             ☆☆☆ おまけ ☆☆☆

Suifuyo110917
帰り道に見かけた美しい酔芙蓉

浄光明寺の萩が見頃

海蔵寺の次に浄光明寺へ。
こちらも、いつもより少し参詣客が多い程度でした。
そして、やはり赤い萩が見頃です。

<追記> 21日の台風で、残念ながら萩はすっかり散ってしまいました

Jokomyojihagi110917
境内のアチラコチラに咲いています

Jokomyojihagi1109172
客殿をバックに

Jokomyojihagi1109173
白萩は少ないです

Jokomyojiyokihikannon110917
楊貴妃観音像も萩に彩られて

Jokomyojiyokihikannon1109172
楊貴妃観音様の美しいお顔をアップで

Jokomyojihiganbana110917
彼岸花もポツポツと咲き始めました

最後に宝戒寺へ向かいます。

赤い萩咲く海蔵寺

萩の季節となり、このブログの検索ワードでも「萩」が上位を占めています。
昨夜かなり降った雨も上がり、今日は朝から晴れてきたので、海蔵寺、浄光明寺、宝戒寺の様子を見て来ました。

まず最初は、扇ガ谷の海蔵寺へ。
三連休の初日なので混雑を覚悟して出掛けたのですが、開門直後のためかそれ程の人出ではありませんでした。

<追記> 21日の台風で、残念ながら萩はすっかり散ってしまったそうです

Kaizojihagi110917
山門前の赤い萩が見頃ですが、白色はまだ殆ど咲いていません
もう少し経つと紅白揃って楽しめますね

Kaizojisarusuberifuyo110917
境内では、サルスベリとフヨウがまだ元気に頑張っていました

Kaizojihagi1109172
境内の萩 庫裏をバックに

Kaizojifuyo110917

Kaizojifuyo1109172
淡いピンクのフヨウがきれいです

Kaizojisyoin110917
緑に囲まれた書院

この後、浄光明寺へ向かいます。 

2011年9月15日 (木)

新江ノ島水族館

今日は鎌倉でなく、お隣り藤沢市にある新江ノ島水族館(えのすい)に行ってきました。
前身の江ノ島水族館は、1954年開業という歴史ある水族館です。
そして、「えのすい」に生まれ変わって、7年経ちました。
近隣の幼稚園児や小学生は、遠足で必ず訪れているはずです。

Rt134110915
今日は車で・・・
前方左に江の島、中央には富士山が薄っすらと浮かんでいますが分かりますか?

渋滞もなく、えのすいに到着。
水族館の駐車場はありませんが、すぐ近くに沢山の駐車場があります。

Enosui110915
相模湾大水槽

Enosui1109152
マイワシの大群とサメも一緒に泳いでいます

Enosui1109153
世界有数のクラゲ空間

Enosui1109154
ホールの天井にもクラゲのライト

そして、子どもは勿論、大人も楽しめるイルカ・アシカショーのスタート!
ショーのテーマは、「きずな」です。

Enosui1109155
ここで生まれ育ったバンドウイルカの4世が4頭もいます
飼育下4世の繁殖例は、世界でも新江ノ島水族館のみだそうです

Enosui1109156
一緒に泳いでいた調教師(トリーター)のお兄さんの空中ジャンプを補助?
トリーターが水中でイルカに足を押してもらい、空中に飛び出すロケットジャンプを行っています
すぐ後ろは海です

Enosui1109157
愛嬌のあるペンギンたち

Enoshima110915
すぐそこに江の島が見えます

Umi110915
サーファーで賑わう海

今年は行きませんでしたが、今日は鶴岡八幡宮で「例大祭」と「神幸祭」が行われました。
よろしければ、過去の記事をご覧下さい。
 ☆ 2010年「例大祭」 ☆
 ☆ 2009年「神幸祭」 ☆

2011年9月13日 (火)

瑞泉寺のフヨウが見頃

昨夜は中秋の名月、そして十六夜(いざよい)の今夜も、美しい月が夜空を照らしています。

瑞泉寺のフヨウが、例年より大輪と聞いて行ってみました。
本堂前には真っ白なフヨウが沢山植えられていて、何株あるのか数えましたが、途中で分からなくなりました。
今年は開花が遅かったようですが、ちょうど見頃を迎えています。

Zuisenjifuyo110913
大輪の見事な芙蓉(フヨウ)

Zuisenjifuyo1109132
空に向かって伸びています

Zuisenjifuyo1109133
白一色! 
まだ蕾が沢山あるので、当分楽しめそうです。

先に上境内の本堂前をご紹介してしまいましたが、看門近くに戻ります。

Zuisenjihagi110913
先ずは紅白のハギがお出迎え

Zuisenjitamaajisai110913
タマアジサイも沢山咲いています

Zuisenjisando110913
前回来た時は、左側の旧い参道が通行止めでしたが、今日は通れました

Zuisenjisando1109132
朝の光が差し込む参道には、涼しい風が通り抜けてゆきます

Zuisenjichasitu110913
工事中だった茶室も無事修理完了

Zuisenjikikyo110913
キキョウ

Zuisenjisyumeigiku110913
シュウメイギクは咲き始めです

Zuisenjimizuhiki110913
ミズヒキ

Zuisenjimomiji110913
国の名勝・夢窓疎石作の岩盤を掘り出した庭
紅葉が楽しみです

門前にあった「鎌倉土鈴の店」跡は、すっかり更地になってしまいました。
瑞泉寺の受付の方のお話では、閉店後2年経った今でも、土鈴を買いに来る人がかなりいるそうです。

2011年9月11日 (日)

甘縄神明宮のお祭り

鎌倉は、秋祭りの季節です。
今日が長谷の鎮守・甘縄神明宮(あまなわしんめいぐう 甘縄神明神社ともいう)のお祭り、14~16日に鶴岡八幡宮の例大祭(最終日に流鏑馬神事)、そして、18日には御霊神社の面掛行列と続きます。

今朝は雨が降り、午後からのお神輿のお渡りを心配しましたが、その内晴れて来ました。
正午に神社を出発したお神輿は、長谷町内を練り歩き、18時頃宮入りをします。
昼間は暑いので、例年通り夕方になって出掛けました。

坂ノ下で一休みしていたお神輿の一行は、17時少し前に海岸へ向けて出発。

Hasemikosi110911
2基のお神輿の内、1基は車に乗って先導しながら、134号線に出ました

Hasemikosi1109112
お神輿が通る間は、車は片側通行

Umi110911
今日も海はきれいです

Hasemikosi1109113
海岸線から路地を抜けて長谷大通りへ戻ります
路地の途中で、 2基とも担がれて・・・


賑やかにもみ合い

Hasemikosi1109114
そろそろ宮入り

Hasemikosi1109115
境内でも、しばらくの間賑わいが続いていました

Amaterasuomikami110911
賑わいを見守るのは、ご祭神の天照大御神(あまてらすおおみかみ)

Ohayasi110911
小さな子も活躍しているお囃子

Kodomomikosi110911
今年のお役目が終わった子ども神輿

2011年9月 9日 (金)

円久寺のサルスベリ

重陽の節句の今日は、30℃近くまで気温が上がり、夏の暑さが戻って来ました。

毎年楽しみにしている常盤の円久寺のサルスベリですが、今年は残念ながら不調でした。
先月中旬頃から、お寺の前を通るたびに様子をうかがっていましたが、なかなか花が咲く気配がないまま、とうとう9月を迎え・・・

Enkyujisarusuberi110909_4
今日行ってみたところ、上の方にチラホラ咲いているだけ

Enkyujisarusuberi1109092
全体で見ても寂しいですね

Enkyujisarusuberi100811
ちなみにこちらが昨年のサルスベリ(2010/8/11撮影)

Enkyujisarusuberi1109093
でもアップにしてみると、まだ蕾もあるので、もしやこれから咲くのでしょうか?

Enkyujihagi110909
白萩が咲き始めていました

来年は、例年通りの見事なサルスベリに出合いたいと思います。

2011年9月 6日 (火)

台風一過の坂ノ下海岸

今回の大型台風で被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。
そして、北海道ではまだ大雨のようですが、これ以上被害が大きくならないよう祈っております。

今日の鎌倉は台風一過の爽やかな晴天となり、午後から坂ノ下海岸へ行ってみました。

Sakanositakaigan110906
風はまだ結構強いようです

Sakanositakaigan1109062
しらす漁船が並んで

Sakanositakaigan1109063
海浜公園のソテツ越しに

Deiko110906
公園に咲くアメリカ・デイコは、鹿児島県の県花だそうです

Sakanositakaigan1109064
遊歩道の標高は海抜3.1m、護岸の高さは4.0m・・・津波が来たら怖いですね

2011年9月 5日 (月)

温帯低気圧に・・・

紀伊半島を中心に記録的な豪雨をもたらした台風12号は、温帯低気圧に変わりましたが、まだまだ注意が必要のようです。
今回の台風はとても速度が遅く、その分信じられないほどの大雨が降り、被害が大きくなってしまいました。
鎌倉でもここ数日、曇りで時に晴れ間が覗いたかと思うと急なにわか雨・・・という不安定なお天気でした。
皆さまのお住まいのところはいかがでしょうか?

Goya110905
グリーンカーテンとして苗から育てた白ゴーヤ、次々と穫れています。
緑色のものと比べて、かなりコロッとしたスタイルですね。

今年はゴーヤを栽培された方が多く、ご近所からの戴きものなど、少々持て余し気味の方もおられるのではないでしょうか?
かくいう私もそのひとりで、ゴーヤは嫌いではないけれど、特別好きでもありません。
チャンプルーもサラダも食べ飽きてしまったので、自己流の甘辛炒め煮にしてみたところ、かなり美味しく(自画自賛)出来ました。

作り方は簡単です。
1)縦半分に切ってワタを取ったゴーヤを薄切りにし、サッと茹でる。
2)水切りしたゴーヤ、ちりめんじゃこをゴマ油で軽く炒める。
3)酒、砂糖(あれば黒糖)、しょうゆで煮る。 めんつゆと味醂でもOK。
4)水分が飛ぶまで煮詰めたら、かつおぶし、白ゴマをまぶす。

お好みですが、やや甘めの方が美味しいと思います。
私のブログらしくありませんが、沢山のゴーヤにお困りの方、お試し下さいませ。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »