Amazon

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

東慶寺の蝉しぐれ

湿度が低くて爽やかな風が吹く中、北鎌倉の東慶寺へ行って来ました。
こちらを訪れるのは、紫陽花の季節以来です。
今は境内に咲く花も夏から秋への端境期、参詣客も少なく静かな時を過ごせます。

Tokeijihondo110830
本堂前もヒッソリと

Tokeijiominaesi110830
元気に咲いているオミナエシ(女郎花)は、秋の七草のひとつ 

Tokeijisenninso110830
クレマチスの仲間・センニンソウ(仙人草) 涼しげな花ですが、毒があるとか

Tokeijisarusuberi110830
咲き残ったサルスベリ(百日紅)

Tokeijinobudo110830
野ブドウの実が出来て来ました

Tokeijitamaajisai110830
タマアジサイ(玉紫陽花) 玉のような蕾からこの名前がついたようです

Tokeijihozuki110830
そっと実をつけたホオズキ

Tokeijimomiji110830
青々としたモミジが美しい

Tokeijikeidai110830
静かな境内には、蝉しぐれが降り注ぎます

2011年8月29日 (月)

晩夏の英勝寺

8月もあとわずかとなり、心なしか秋の気配を感じられるようになりました。
昼間はまだまだ蝉が賑やかに鳴いているかと思えば、夜には虫の音が・・・
季節の移ろいを実感します。

今日は英勝寺へサルスベリの様子を見に行きました。
先日お寺の前を通った時は、まだ咲いていないようだったので、開花が遅れているのかと思ったのですが、残念ながらホンの少し咲き残っているだけ。
お庭を管理されている方に伺ったところ、今年は仏殿そばの大きなサルスベリも殆ど咲かなかったそうです。

Eishojifuyo110829
少々ピークが過ぎながらも、境内を彩っているフヨウ

Eishojifuyo1108292
清々しい真っ白なフヨウ

Eishojifuyo1108293
門の外を横須賀線が通ります

5月に訪れた時は、再建された山門が既に完成していましたが、落慶式がまだだったため、通り抜ける事が出来ませんでした。
そこで、今日は初めて山門越しに仏殿を見ました。

Eishojisanmon110829
立派な山門と仏殿

Eishojisanmon1108292
山門越しの仏殿

背後が狭くて、真正面から山門全体を撮る事が出来ません。
広角レンズなら入るでしょうか?

Eishojisarusuberi110829
咲き残りのサルスベリ

Eishojihagi110829
ハギがポツポツと咲き始め

Eishojitorenia110829
境内のアチラコチラに咲いている可愛いトレニア(別名:ナツスミレ)

Eishojilantana110829
ランタナ

Eishojitikurin110829
涼しい竹林を独り占め

Eishojimomiji110829
紅葉するのは、3ヶ月くらい先?

Eishojiyasumi110829
木曜日がお休みになったようですので、ご注意ください。

今日は静寂そのものの英勝寺でした。
次回は、彼岸花の咲く頃、訪れる予定です。

2011年8月24日 (水)

極楽寺~成就院

稲村ケ崎からの帰り道、成就院の参道を上ってみました。

Jojuinsando110824
紫陽花の季節は大賑わいだった成就院の参道も今はヒッソリと

Jojuin110824
境内も静かです

順序が逆になりましたが、極楽寺の周辺の様子も。

Gokurakujieki110824
お馴染み、江ノ電・極楽寺駅前

Gokurakujifuyo110824
極楽寺門前のフヨウは、もうピークを過ぎていました

Gokurakujizaka110824
この季節、濃い木陰がうれしい極楽寺坂

今日の稲村ケ崎

雨模様の日が数日続き、涼しさを通り越して肌寒い日もありましたが、また夏の暑さが戻って来ました。

久しぶりの青空の下、2か月半ぶりの稲村ケ崎へ。

Inamuragasaki110824
やはり潮の香りはよいものです

Sup110824
スタンドアップパドルボード(SUP)を初めて見たのは数年前だったでしょうか?

Inamuragasaki1108242
暑いので、海浜公園には殆ど人影がありません

Kannna110824
公園の片隅に咲くカンナ

2011年8月19日 (金)

海蔵寺のサルスベリが見頃

午後から雨の予報のため、午前中、海蔵寺へ行ってきました。
ここ数日中では少し気温が低めかと思って出かけたのですが、時々晴れ間がのぞき、歩くとやはり汗だくに・・・

Kaizojisanmon110819
ハギが生い茂ってきた石段を上ると、山門の向こうにピンクのサルスベリが見えます

Kaizojisarusuberi110819
ちょうど見頃のサルスベリ

Kaizojisarusuberi1108193
仏像越しに

Kaizojisarusuberi1108192
鐘楼とサルスベリ

Kaizojinozenkazura110819
まだノウゼンカズラが咲き残っていました

Kaizojifuyo110819
フヨウとノウゼンカズラ

Kaizojifuyo1108192
フヨウは、これから次々と咲きそうです

Kaizojihasu110819
葉っぱの下に隠れるように咲いているハスが可愛い

Kaizojisandohagi110819
参道のお宅では、ハギが咲き始めていました
季節は少しずつ移ろっています。

海蔵寺の後、所用を済ませて昼前に帰宅すると、間もなく雷雨に。
16時現在、関東甲信地方には、大雨・洪水警報、雷・強風注意報等が出されています。
雨が降って急に涼しくなったのは嬉しいのですが、どうぞ被害がありませんよう祈ります。

2011年8月15日 (月)

妙隆寺のフヨウが見頃

今日の最後は、久しぶりの妙隆寺へ。
こちらのフヨウは毎年きれいなのですが、今年は特に花付きがよいようです。
サルスベリもありますが、今年はまだこれからのようでした。

Myoryujifuyo110815
妙隆寺の境内

Myoryujifuyo1108152
見事に満開のフヨウで、この辺にいらっしゃるはずの寿老人が埋もれています

Myoryujifuyo0708
こちらは2007年8月撮影時の寿老人とフヨウ

Myoryujifuyo1108153
右手の御社の中にも「鎌倉七福神」のひとつ寿老人が祀られています

Myoryujisarusuberi110815
サルスベリは、まだ咲き始めでした

大巧寺のサルスベリ

本覚寺の後、大巧寺へ。
あまり目立たないのですが、大巧寺にもサルスベリが咲いています。
まだハスも元気、そして白とピンクのムクゲが、空に向かって伸びていました。

Daigyoji110815
サルスベリとハス

Daigyojisarusuberi110815
ほぼ満開でしょうか?

Daigyojihasu110815
背が高いハスの花

Daigyojimukuge110815
ムクゲ

最後は妙隆寺です。

本覚寺のサルスベリが満開!

連日の熱帯夜・・・今日も朝から暑くて、頭から湯気が出そうです。
猛暑の中、買い物がてら本覚寺へ行ってみました。
前回訪れた時は咲き始めだったサルスベリですが、あれからもう12日経ち、客殿前の木も見事に満開!
汗だくになりながらも、訪れた甲斐がありました。

Hongakujisarusuberi110815
鎌倉の真夏の花の代表といえば本覚寺のサルスベリでしょう

Hongakujisarusuberi1108153
今が最高の見頃です

Hongakujisarusuberi1108152
地元の人達の通り道でもあります

Hongakujisarusuberi1108154
灯籠と

Hongakujisarusuberi1108155
青空と白い雲と本堂をバックに

Hongakujisarusuberisiro110815
白いサルスベリもきれいです

Hongakujiasagao110815
アサガオと沖縄雀瓜(オキナワスズメウリ)のグリーンカーテン

Hongakujisuzumeuri110815
オキナワスズメウリの可愛い実 緑から赤くなるようです
カラスウリより小さいので、スズメウリ?

Hongakujifuyo110815
フヨウも元気に咲いています

Hongakujifuyo1108152
フヨウとサルスベリ

この後、大巧寺、妙隆寺へ向かいます。

2011年8月10日 (水)

四万六千日詣り@長谷寺

8月10日に観音様をお詣りすると、4万6千日分参拝したのと同じ功徳があるとされています。
4万6千日といえば、何と126年!!
この数はどこから来たのか調べましたら、「米一升分の米粒の数が46,000粒にあたり、一升と一生をかけた」など諸説あって定かではないようです。

ともあれ、今日は早起きをして、長谷寺へ一生分のお詣り(?)をしてきました。
鎌倉では、長谷寺の他に杉本寺、安養院で四万六千日(しまんろくせんにち)詣り、覚園寺では黒地蔵縁日が開かれています。

Hasederaofuda110810
参拝者には、ご本尊のお姿を表した「御札」が配られます
皆様にも、どうぞ観音様のご加護がありますように!

Hasederasanmon110810
午前4時から開門していますが、私が到着したのは6時頃
通常の開門時刻8時までは自由拝観です

Hasederakannnondo110810
先ずは観音堂へ
紫の幔幕と五色の吹き流しがいつもとは違う雰囲気です
朝早くから多くの方々がお詣りに訪れていました

Hasederakannnondo1108102
祈りを込めて・・・

Hasederakannnondo1108103
藤棚の下からミストが噴出していて、見ているだけでも涼しげ

Hasederakannnondo1108104
四天王にもミストが届いているでしょうか

Hasederadaria110810_2
上境内に咲く鉢植えのダリア

Hasederakannnonzo110810
フヨウが咲くのはこれから

Hasederaumi110810
今日の海  眺望散策路は、時間外で上れませんでした

Hasederayuri110810
下境内へ戻る途中のカノコユリ

Hasederasarusuberi110810
入口付近のサルスベリは、そろそろ見頃

Hasederasarusuberi1108102
山門を挟んで反対側には、白に近い淡い藤色のサルスベリ

Hasederasarusuberi1108103
両方のサルスベリを同時に

Hasederasarusuberi1108104
内仏殿のサルスベリ

Hasederahasu110810
残り少なくなったハスの花

Hasederaominaesi110810
オミナエシ

2011年8月 8日 (月)

鶴岡八幡宮のぼんぼり祭り

今日は立秋、暦の上ではもう秋です。
夕方になっても蒸し暑さは変わりませんが、真昼の炎天下よりはよいと思って、午後6時近くに鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りに行ってきました。

鎌倉の夏の風物詩・・・今年は花火大会が中止になったので、尚更その思いを強くします。
境内には著名人による書画約400点がぼんぼりに仕立てられて参道に並んでいます。

Bonbori110808
今年の一番人気は、何といってもこちら
土田直敏氏のなでしこジャパン!!

Bonbori1108082
どちらも幻想的な作品 <左> 大出一博氏  <右> 鈴木英人氏

他にも素晴らしい作品ばかりで紹介しきれません。

Yatai110808
子ども達は、ぼんぼりよりこちらの方が楽しいでしょう

6時半頃になるとぼんぼりに灯りがともされるので、カメラマンが一斉に巫女さん達を追いかけます。
私もその中の一人ですが、中には最初から最後までズッと付きっ切りで撮っている人がいるので、なかなかそばに近寄れません。

Bonboriakari110808

Bonboriakari1108082
なんとか撮れたショット

Bonboriakari1108083
灯りがともされると雰囲気が出てきます

Bonboriakari1108084
巫女さん達、お疲れ様でした!

Maiden110808 
6時頃は人出も少なかった舞殿の周辺でしたが・・・

Bonboriakari1108086
7時頃には舞殿で始まる日本舞踊を待つ人達で大石段も埋まっています

Maiden1108082
私も見たかったのですが、遅くなるので引き上げることに

Bonboriakari1108087
まだまだ大勢の人達がやって来て

Bonboriakari1108088
大いに盛り上がっていました

2011年8月 3日 (水)

本覚寺のサルスベリは咲き始め

本興寺のサルスベリがまだ全然咲いていなかったので、本覚寺も同様かと思いながら、最後に立ち寄ってみました。
客殿前のサルスベリは、まだホンの咲き始め、分骨堂そばの方が少し早く開花していますが、見頃まではもう少しかかりそうです。
こちらも、昨年の今頃は既に満開でした。
楽しみは、後まで取っておきましょう。

Hongakujisarusuberi110803

Hongakujisarusuberi1108032_3 
客殿前のサルスベリ(上2枚とも)

Hongakujisarusuberi1108033_3

Hongakujisarusuberi1108034_3 
分骨堂そば(上2枚とも)

安国論寺~本興寺

雲が多めながらも晴れて、蝉しぐれが降り注ぐ鎌倉です。
午前中に安国論寺、本興寺、本覚寺へ行ってきました。

最初の安国論寺では、緑が濃く、オニユリやギボウシ等の真夏の花が境内を彩っています。

Ankokuronji110803 
本堂前のモミジが緑陰を作って

Ankokuronjioniyuri110803 
色鮮やかなオニユリ

Ankokuronjigiboshi110803_2
仏像の周囲に咲くギボウシとミソハギ

次に向かった本興寺では、期待したサルスベリがまだ全然咲いていませんでした。
昨年が早過ぎたのかもしれませんが、今頃は既にほぼ満開でしたから、その差は驚くほどです。

Honkoji110803_3 
まだ咲いていない本興寺のサルスベリ

この後の本覚寺のサルスベリはどうでしょうか?

2011年8月 1日 (月)

御霊神社で一息

涼しいとは言っても、海辺を歩いていると汗ばんで来ました。
そんな時、御霊神社(ごりょうじんじゃ)の境内に足を踏み入れると、ホッとします。
紫陽花狂想曲が終わった今は、とても静かで落ち着いた雰囲気です。

Goryojinja110801 
樹齢350年といわれるタブノキが、涼しい木陰を作ってくれています

Sarusuberi110801 
御霊神社のすぐ近くのお宅のサルスベリが満開!
本覚寺等では開花が遅れているようですが、こちらはとても見事です

今日の由比ヶ浜海岸

8月最初の今日は、久しぶりの青空、その割に気温は低めで過ごし易い日です。
半月ぶりに海へ行ってみましたが、海水浴客は少なくて少々寂しい雰囲気でした。
夏休みに入ってからスッキリとしないお天気が続いていたからでしょう。

Yuigahama110801 
7月前半の暑さが戻れば混雑することでしょう

浜辺や海沿いの道路際に色々な花が咲いていました。

Hamayu110801 
ハマユウ

Kanna110801 
カンナ

Haibiscus110801_2 
ハイビスカス

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »