Amazon

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

満開のハス@八幡宮

台風が去ってからも、曇り時々小雨というハッキリしないお天気が続いています。
夏らしい抜けるような青空と入道雲が恋しくなっていますが、そうなればまた、暑い暑いと文句を言うことでしょう。

鶴岡八幡宮では、紅白のハスが源平池を埋め尽くしています。
ハスの見頃は早朝と分かっているものの、つい出足が遅れて10時過ぎの到着でしたが、まだ沢山のハスが出迎えてくれました。

Hachimanguhasu110729 
今年は、とても花付きがよいように思います

Hachimanguhasu1107292_2

Hachimanguhasu1107294_2 
源氏池は、紅いハスが多かったです

Hachimanguhasu1107293_3 
白いハスも間近に

Hachimanguhasu1107295 
平家池は白一色

Hachimangukeidai110729 
人出が少ない境内では、ぼんぼり祭りの準備が進んでいました。
今年のぼんぼり祭りは、8月7~9日の予定です。

*****************************************************

御成商店街のぼんぼり祭りが始まっています。
30日(土)にはフラダンスやミニコンサートが、最終日31日(日)には、サンバパレード等のイベントが開催されます。

Onaribonbori110729 
小雨が降ったので、全てのぼんぼりがビニール袋で覆われていました

2011年7月25日 (月)

収玄寺のオニユリ

光則寺の後、収玄寺へ行ってみました。

Shugenjioniyuri110725 
境内のアチラコチラにオニユリが咲いています

Shugenjiajisai110725 
アジサイも、まだだいぶ咲き残って

Shugenjisarusuberi110725 
これからは、サルスベリの季節になります

光則寺のハス

2~3日、涼しい日が続いたのですが、また蒸し暑くなりました。
でも、朝夕は割合涼しいので助かっています。

今日の長谷通りは、珍しく人通りも車もまばら。
光則寺でも境内を独り占めでした。

Kosokujihasu110725 
鉢植えのハスですが、人の背より高く咲いています

Kosokujihasu1107254 
このくらいの開き具合が初々しくて好きです

Kosokujihasu1107252 
チューリップではなくてハスです

Kosokujihasu1107253 
ハスの実にトンボが止まって

Kosokujinozenkazura110725 
わずかに咲き残ったノウゼンカズラ

Kosokujimukuge110725 
参道のムクゲも真夏の花です

2011年7月23日 (土)

白ゴーヤ

今日も風が強く涼しい日でした。
明日辺りからまた暑い日差しが戻って来そうです。

グリーンカーテンのゴーヤが順調に成長中です。
写真は、今年初めて栽培している白いゴーヤ。
緑のものより苦味が少ないようですので、本当のゴーヤ好きには物足りないかもしれませんね。
いつが食べ頃なのかよく分かりませんが、ゴーヤの表面のイボイボがふくらんできたら収穫の適期だそうですから、もうよいのでしょうか?

Goya110723 
<左> 一番大きいものが15cmくらいで、黄緑色から真っ白になりました
<右> 雌花には、もう赤ちゃんゴーヤが出来ています

1本の苗で、小さなものを含めると現在20本くらいの実がついています。

2011年7月22日 (金)

海蔵寺~浄光明寺

歩いてもあまり汗をかかないのが嬉しくて、妙本寺の後、海蔵寺のノウゼンカズラを見に行きました。
こちらも妙本寺と同じく、ノウゼンカズラはピークを少々過ぎたところ。
でも、紫と白のキキョウがきれいに咲いていて、相変わらず美しい境内でした。

Kaizojinozenkazura110722 
オレンジのノウゼンカズラと紅い野点傘

Kaizojinozenkazura1107222 
台風でだいぶ花が散ってしまったようです

Kaizojinozenkazura1107223 
でも、まだ頑張って咲いています

Kaizojikikyo110722 
楚々としたキキョウも彩りを添えて

Kaizojiajisai110722 
名残りの紫陽花

Kaizojisanmon110722
これから楽しみな萩

最後に浄光明寺へ向かいます。
今日も静かな境内には、タイサンボクが咲き残っていました。
萩もポツポツと咲き出していますが、見頃はまだだいぶ先になりそうです。

Jokomyojitaisanboku110722 
大きなタイサンボクの木に白い花が一輪だけ咲いていました

Jokomyojikeidai110722_2 
夏空が戻ってきました

大巧寺~本覚寺~妙本寺

あまりの暑さに散歩をサボっている内に台風に見舞われ、久しぶりの更新となってしまいました。
その間、震災後もっとも明るいニュースを届けてくれた”なでしこジャパン”の皆さんには、本当に感謝の気持ちで一杯です。

各地に記録的豪雨をもたらした大型台風でしたが、幸い鎌倉ではそれほど大事には至りませんでした。
皆様のお宅はご無事でしょうか?

台風一過の昨日から急に気温が下がり、家の中でジッとしていると半袖では寒いくらい。
今日も風があって、まるで初秋のような涼しさの中、鎌倉駅周辺のお寺を東から西へ歩きました。

先ずは、東側の大巧寺へ。
アガパンサスが終わり、ハスやオニユリ等、真夏の花が咲いています。

Daigyojihasu110722_4 
ちょっと変わったハスですね

Daigyojioniyuri110722_3 
オニユリ

大巧寺の次は、すぐそばの本覚寺です。

Hongakujihasu110722_3 
早朝は青空だったのに雲が多くなってしまい残念!!

Hongakujihasu1107223_2 
でも、だいぶ花が増えてきました

Hongakujihasu1107222 
ミツバチもやってきて・・・

この後、妙本寺へ。
前回は、祖師堂へ向かって左側のノウゼンカズラが見頃でしたが、今日は既にピークを過ぎてしまいました。
代わって、右側が見頃に・・・
両方が満開のときには、なかなか出合えません。

Myohonjinozenkazura110722 

Myohonjinozenkazura1107222_3 
静かな境内で、ノウゼンカズラを堪能出来ました。

この後、鎌倉駅の西側に回って、海蔵寺と浄光明寺へ向かいます。

2011年7月14日 (木)

今日の材木座海岸

光明寺まで来たので、久しぶりに材木座海岸へ立ち寄ってみました。
今日は引き潮。
和賀江嶋(わかえのしま、わがえじま)も、姿を現していました。

Zaimokuzakaigan110714 
いつもは遠くに浮かぶ漁船も、引き潮で近くまで行かれます

Zaimokuzakaigan1107142 
現存する日本最古の築港遺跡「和賀江嶋」

Zaimokuzakaigan1107143 
おちびちゃんたちが大勢遊んでいました
海水浴客は、まだ少ないようです

光明寺のハスが見頃

朝方は曇りがちかと思いましたが、その内、真っ青な夏空となりました。

光明寺の記主庭園では、古代ハス(大賀ハス)が見頃を迎えています。
2000年以上前のハスの実から発芽・開花したものだそうで、古代のロマンを今に伝えてくれる貴重な花です。
今年は、池の奥の方の葉が少ないように思われましたが、手前は葉もよく繁り沢山の蕾を付けています。
外は暑くても、回廊には心地よい風が吹き抜けていました。

Komyojihasu110714_2

Komyojihasu1107142 

Komyojihasu1107144 

Komyojihasu1107143 
早朝の方が美しい蓮の花

今年の観蓮会(かんれんかい)は、7月23日(土)24日(日)です。

Komyojikanrenkai110714 
両日とも10時から大聖閣にて、お抹茶(1,000円)、象鼻杯(500円)がいただけます。
象鼻杯(ぞうびはい)とは、ハスの葉の部分にお酒を注いで、茎の部分からそのお酒を飲む催しです。
ハスの葉と茎を象の耳と鼻に見立てているのでしょう。

Komyojihondo110714 
深緑に覆われた本堂

Komyoji110714 
本堂から山門を望みます

Komyojikairo110714 

Komyojikairo1107142 
工事が終わり、すっかりきれいになった回廊

Komyojifutaku110714 
風鐸もピカピカです

Komyojioniyuri110714 
池の畔のオニユリ
池に周囲の緑と青空が映って

Komyojikame110714 
暑い中、亀さんは甲羅干し

Komyojitachiaoi110714 
山門横のタチアオイ

この後、チョットだけ海へ立ち寄りました。

2011年7月10日 (日)

梅雨明け

昨日の梅雨明け宣言通り、今日は朝からかんかん照りで、気温も30℃近くまで上っているようです。

Sora110710
雲一つない青空に真昼の月が

猛暑が予想されるこの夏を例年以上の節電で乗り越えなければ・・・
という訳で、我が家もご多分に漏れず、ゴーヤとミニトマトのグリーンカーテン、すだれ等で対策を。
グリーンカーテンは毎年実行していますが、すだれを掛けたのは何年ぶりでしょうか?
何を今更・・・と思われるでしょうが、すだれの効果は想像以上でした。

Goya110710
ゴーヤの花が沢山咲いてきましたが、実はいくつ出来るでしょうか?

Tomato110710
ミニトマトは順調です

2011年7月 7日 (木)

妙本寺のノウゼンカズラ

前回は、まだ蕾だった妙本寺のノウゼンカズラ。
今日は大分咲いていて、夏空に映えていました。
でも、見頃を迎えているのは、祖師堂へ向かって左側の木だけで、右側はまだ数輪が咲き始めたところです。
2本の木がきれいに咲き揃うのは、もうしばらく先の様です。

Myohonjinozenkazura110707
梅雨が明けたかのような夏空とノウゼンカズラ

Myohonjinozenkazura1107072
日蓮さんも鮮やかなオレンジに彩られて

Myohonjinozenkazura1107073
静かな境内がパッと華やかに
紅葉の頃には、二天門の工事が終わっていることでしょう

大巧寺~本覚寺

2日に行ったばかりの大巧寺と本覚寺を再訪しました。
大巧寺では、期待通り満開のアガパンサスが出迎えてくれました。

Daigyojiagapanthus1107072

Daigyojiagapanthus110707
毎年楽しみにしているアガパンサス

そして、本覚寺へ。
先日よりもノウゼンカズラが沢山咲いて、ハスもポツポツ咲き始めています。

Hongakujinozenkazura110707
賑やかになったノウゼンカズラ

Hongakujihasu110707
見頃はまだこれからのハス

最後に妙本寺のノウゼンカズラの様子を見に行きました。

八幡宮の七夕とハス

七夕の今日は、風があって気温も低めだったため、久しぶりに鶴岡八幡宮へ行ってみました。
段葛入口の二ノ鳥居から舞殿、本宮まで、色とりどりのくす玉や吹流しなどの七夕飾りで賑やかです。

Hachimantanabata110707
三ノ鳥居の七夕飾り

Hachimantanabata1107072
舞殿の吹流しも風にあおられて

Hachimantanabata1107073
それぞれの願い事が書かれた梶の葉を模った色紙と、短冊型の絵馬が神前に奉納されます
どうぞ、叶いますように!!

まだ早いかとあまり期待していなかった源平池のハスが咲き始めていました。

Hachimanhasu110707
まだ蕾のものが多いです

Hachimanhasu1107072
これからが楽しみなハスの花

Hachimanicho110707
大イチョウは、遮光されていました

Dankazura110707
家を出るときは雨が降りそうでしたが、帰りの段葛を歩いている内に真夏の青空に

2011年7月 2日 (土)

本興寺参道のノウゼンカズラ

今日の最後は、本興寺へ。
先日通りかかった時、本興寺の参道にノウゼンカズラが咲いていたと家族から聞いて、本覚寺から足を延ばしてみました。

Honkojinozenkazura110702
見事に咲いているノウゼンカズラ

Honkojinozenkazura1107022
参道の石碑を囲む様に咲いていますが、正確に言うと後ろ側のお宅のノウゼンカズラのようです
本覚寺はまだ咲き始め、妙本寺は蕾、こちらは満開と、同じ花でも咲き具合はマチマチです

Honkoji110702
改修された本堂
サルスベリ(右の木)が咲くのも楽しみ

本覚寺のハスはまだ・・・

大巧寺の次にすぐそばの本覚寺へ。
昨年の今頃は、もう咲き始めていたハスの花ですが、今年はまだ蕾が少しあるだけです。
受付の後ろ側にあるノウゼンカズラは、上の方の花が咲き始めていました。

Hongakujihasu110702
ハスの蕾に止まるトンボ
このトンボさん、間近に寄っても逃げずにポーズを作って(?)いてくれました

Hongakujinozenkazura110702
青空の下、咲き始めたノウゼンカズラ

Hongakujikasiwabaajisai110702
少々うなだれているカシワバアジサイ

Hongakujiajisai110702
境内の所々にまだ紫陽花が見られます

大巧寺のアガパンサス

今日の鎌倉は、朝小雨がパラついたかと思えば、急にかんかん照りになったり、風と共に雲が出て来たりと、変わり易いお天気です。
午前中、大巧寺、本覚寺、本興寺へ行ってみました。

最初は、アガパンサスの咲き具合が気になっていた大巧寺へ。
満開までには、あと数日かかりそうな様子でしたが、今年もきれいな花を付けてくれています。

Daigyojiagapanthus110702
涼しげなアガパンサス

Daigyojiagapanthus1107022
門前にて
よちよち歩きのお嬢ちゃんが一生懸命階段を上って

Daigyojiamaginokusaki110702
アマギノクサキも咲き始めました

Daigyojihamayu110702
存在感のあるインドハマユウ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »