Amazon

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

安国論寺のツツジと新緑

安養院から安国論寺へ向かいました。
門前のツツジは、全部が咲き揃ってはいませんが、境内は新緑とのコントラストも鮮やかに咲いています。
藤も咲き出していました。

Ankokuronjitutuji110429
門前のツツジ

Ankokuronjitutuji1104293
新緑とツツジ

Ankokuronjitutuji1104292
純白のツツジと多重塔

Ankokuronjisinryoku110429
まぶしく輝く新緑

Ankokuronjifuji110429
藤棚の藤は、まだ咲き始め

Ankokuronjifuji1104292
山藤も見られます

別願寺~安養院

よいお天気に恵まれたゴールデンウィーク初日、別願寺、安養院、安国論寺へ出かけました。

別願寺では、名物の藤が咲き出していました。
もう少しで満開になりそうです。

Betuganjifuji110429
青空の下、ダイナミックに咲く藤

Betuganjifuji1104293
別願寺のモッコウバラと藤

お隣の安養院のツツジは?と見てみると、門前も石垣も、まだ殆ど咲いていません。
例年、ゴールデンウィークには大勢のカメラマンで賑わっている山門前は、ヒッソリとしていました。
もっとも、昨年もツツジの開花が遅く、満開になったのは5月9日頃でした。

Anyointutuji110429
安養院のツツジは、まだまだこれからです

2011年4月26日 (火)

仏行寺のツツジ

長谷寺の後、久しぶりにバスで仏行寺へ行ってみました。
「長谷観音前」から江ノ電バスで10分くらいの「深沢」下車、信号を左折して、カエルの鳴き声を聞きながら歩くこと7~8分で到着です。

お目当てのツツジは、早咲きのものがきれいに咲いていました。
でも、本堂の裏山全体を覆うオオムラサキは、まだ蕾のものが殆どです。

Butugyojitutuji110426
裏庭園より見上げて

Butugyojitutuji1104262
色とりどりのツツジを見ながら石段を上ります

Butugyojitutuji1104263
池を見下ろして

Butugyojitutuji1104265
境内全体がツツジ色に染まるのは、もう少し先になりそう

Butugyojitutuji1104264
上ってきた道を振り返って

Butugyojitutuji1104266
ツツジと竹林

写真は、よく咲いている場所を撮りましたが、全体的な見頃はこれからです。
オオムラサキの蕾がビッシリとついていましたので、今年は期待できそうです。 

長谷寺のボタンが満開

今日も晴天に恵まれ、日曜日にパスした長谷寺と笛田の仏行寺へ行ってきました。

長谷寺は、修学旅行生で賑わっていましたが、一般参詣客は少な目でした。
新緑に包まれた境内は、ボタン、フジ、ヤマブキ、シャクナゲ、シャガ等々、とても華やかです。

Hasederabotan110426
咲き誇るボタン

Hasederabotan1104263
修学旅行生が賑やかに

Hasederabotan1104262
弁天窟前も華やか

Hasederayamabuki1104262
絵馬が沢山掛けられた弁天窟出口付近には、ヤマブキ、ツツジ等が咲いています

Hasederafuji110426
藤は、まだ咲き始め

Hasederafuji1104262
上境内、藤棚の藤も見頃はこれから

Hasederasinryoku110426
新緑が目に沁みます

Hasederaharumomiji110426
春モミジも鮮やか

Hasederayamabuki110426
ヤマブキが揺れる下は、シャガの群生

この後、仏行寺のツツジはどうでしょうか?

2011年4月25日 (月)

新緑の報国寺

浄妙寺の後、報国寺へ。
先日、楽しませて貰った桜はすっかり散って、今は青々とした若葉が茂っています。
鐘楼横にシャクナゲが咲き、ミヤコワスレやシャガも沢山咲いていました。

Hokokuji110425
桜、イチョウ、竹林等、境内は新緑に覆われて

Hokokujisyakunage110425
シャクナゲが彩りを添えています

Hokokujisinryoku110425
大きなイチョウも青々と

Hokokujikoke110425
ビロードのような苔の美しさにも目を奪われました

浄妙寺の藤とボタン

爽やかな青空の下、金沢街道の浄妙寺と報国寺を訪れました。

浄妙寺の山門をくぐると、鮮やかな春モミジが目に飛び込んできます。
本堂左奥には、白藤、鎌足桜、ボタン、ヤマブキ等、春らしい花たちが沢山咲いていました。

Jomyojiharumomiji110425
新緑に包まれた参道に目にも鮮やかな春モミジ

Jomyojiharumomiji1104252
真っ赤な春モミジと青々としたモミジのコラボ

Jomyojifuji110425
甘い香りの白藤

Jomyojikamatarizakura110425
「木更津市鎌足桜保存会」から贈られた鎌足桜(カマタリザクラ)
淡いピンクの八重桜で、
藤原鎌足の持っていた桜の木の杖が根付いたと伝えられています

Jomyojifuji1104252
鎌足桜をバックに咲く藤

Jomyojibotan1104252
境内のアチラコチラにボタンが咲いています

Jomyojibotan110425
ボタン、ツツジ、ヤマブキ等が賑やかに

Jomyojiyamabuki110425
楚々としたシロヤマブキも見られます

写真を撮っていると、お寺の方から「珍しい花をご紹介します」と声をかけられました。

Jomyojichigoyuri110425
稚児百合(チゴユリ)

Jomyojifutabaaoi110425
双葉葵(フタバアオイ)
この葉が、徳川家の紋所の「葵の御紋」で、地面に張り付くように咲いている紫色の小さな花を付けています。
この写真では、花が分からないと思いますので、こちらをご参照ください。

Jomyojimusasiabumi110425
武蔵鐙(ムサシアブミ)

どれも木の下にヒッソリと咲いている、草丈20cm足らずの小さな花たちで、初めて見たものばかりでした。

この後、報国寺へ向かいます。

2011年4月24日 (日)

収玄寺のハナミズキ

収玄寺の入り口には、ピンクのハナミズキが咲いています。
白いハナミズキもありますが、ピンクは春らしく可愛い印象です。
小ぢんまりとした境内には、ツツジ、ベニバナトキワマンサク、ドウダンツツジ、フジ等、春の花たちが満載でした。

Shugenjihanamiduki110424

Shugenjihanamiduki1104242
ハナミズキ

Shugenjitokiwamansaku110424
ベニバナトキワマンサク

Shugenjitutuji110424
ツツジ

Shugenjidodantutuji110424
ドウダンツツジ

Shugenjifuji110424
まだ背丈の低い藤です

光則寺の藤

昨日の台風のような天候から一転、今日は朝から青空で初夏の陽気です。
震災後、一時はヒッソリとしていた長谷通りですが、徐々に観光客が増えてきました。
それでもやはり外国人は殆ど見かけません。
飲食店の売り上げは、例年の1~2割程度という話を聞きました。
もうすぐゴールデンウィーク、何とか景気回復のきっかけとなるとよいのですが・・・。

光則寺では、参道の藤が咲いてきましたが、白藤はまだまだこれからです。
境内のカイドウは、残念ながらすっかり散ってしまいました。
これからは、新緑とツツジの季節です。

Kosokujifuji110424
咲き出した参道の藤 
見頃はもう少し先でしょう

Kosokujifuji1104242
隣りの白藤はまだこれから
八幡宮と違って、こちらは白藤の方が遅く咲きます

Kosokujifuji1104243
境内の大きな藤

Kosokujitutuji110424
もうツツジの季節です

Kosokujimomiji110424
見事な枝ぶりの赤いモミジ

Kosokujiunnansokei110424
ウンナンソケイ(雲南素馨)

Kosokujikujaku110424
久々の登場 クースケくん

この後、長谷寺へ向かいましたが、団体さんの長蛇の列に気後れがして、また後日再訪することにしました。
門前からボタンが咲き出している様子を垣間見て、収玄寺へ。

2011年4月22日 (金)

本覚寺の八重桜も満開

八幡宮の後、本覚寺へ寄ってみました。
今月上旬に楽しませて貰ったしだれ桜に代わって、今は八重桜が満開です。
丸くポッテリと咲く八重桜は、楚々としたイメージのソメイヨシノとはまた違って可愛らしさがあります。

Hongakujiyaezakura110422
本堂の屋根と満開の八重桜

Hongakujiyaezakura1104222
分骨堂をバックに

Hongakujisinryoku110422
しだれ桜の葉が青々としてとてもきれい

八幡宮の八重桜と白藤

「鎌倉まつり」に続き、7月25日に予定されていた「鎌倉花火大会」も中止となりました。

 ①震災で被災された方々の心情を慮る
 ②企業等からの支援をいただくことが難しい
 ③万一計画停電が実施された場合等の対応が極めて困難である

との理由では、仕方ないと思う反面、観光地・鎌倉として、ただ中止にするだけでよいの?とも思います。
これではますます景気が低迷するばかりでしょう。

さて、ソメイヨシノが咲き終わり、しばらくサボっていた鎌倉散歩ですが、今日は鶴岡八幡宮と本覚寺の八重桜を見て来ました。

まず鶴岡八幡宮へ行ってみると、源平池周辺は満開の八重桜で華やかに彩られていました。
旗上弁財天では白藤が咲いてきて、甘い香りが漂っています。
源氏池休憩所の藤の見頃は、来月上旬頃でしょう。

Hachimanguyaezakura1104223
ぼたん庭園入口の八重桜

Hachimanguyaezakura110422
旗上弁財天の鳥居周辺も賑やかに

Hachimanguyaezakura1104222
ぼたん庭園の桜が水面に映って

Hachimanguyaezakura1104224
こちらは平家池の八重桜

Hachimangusirofuji110422
旗上弁財天の白藤

Hachimangusirofuji1104222
白藤と八重桜のコラボが見られる弁財天社

Hachimangusirofuji1104223
満開の八重桜と、もう少しで満開の白藤

Hachimanguyamabuki110422
柳原神池畔に咲く八重のヤマブキ

この後、本覚寺へ向かいます。

2011年4月17日 (日)

円久寺のしだれ桜

毎年楽しみにしている常盤の円久寺のしだれ桜。
こちらのしだれ桜も遅咲きなので、そろそろ見頃かと思って行ってみました。

Enkyujisidarezakura110417
期待通り見事に満開!!

Enkyujisidarezakura1104172
足下にはタンポポ

Enkyujisidarezakura1104173
花付きがよいです

Enkyujisidarezakura1104174
お隣の山桜も満開

夫婦池の桜

鎌倉山周辺の桜もピークを過ぎてしまいましたが、夫婦池に行ってみると、まだ満開の山桜に出合えました。
新緑もまぶしいくらいに輝いています。

Meotoike110417
青空と新緑と真っ白の桜

Meotoike1104172
もうしばらくすると見事な山藤が見られます

Meotoike1104173
鮮やかな新緑

2011年4月15日 (金)

鶴岡八幡宮の桜

妙本寺の後、1週間ぶりに鶴岡八幡宮を訪れました。
前回は、もうすぐ満開というところでしたが、今日はだいぶ散っています。

今年は震災の影響で、鎌倉まつりが中止となりましたが、17日(日)に被災地復興支援の流鏑馬が開催されることになりました。
復興支援のリストバンドが販売され、購入すると流鏑馬観覧用のイス席を用意してくれるそうです。
詳細は、こちらをご覧ください。

Hachimangusakura110415
舞い散った花びらが、水面に模様を描いて

Hachimangusakura1104152
青空だったら、ぼたん庭園から散りゆく桜を見ようと思っていたのに残念!

Hachimangusakura1104153
アオサギくんも、桜を惜しんでいるのでしょうか?

Dankazura110415
葉桜が多くなってしまった段葛を歩く花嫁さん

妙本寺のカイドウ

鎌倉のソメイヨシノもピークを過ぎたようで、歩いているとアチラコチラから花弁が舞い散ってきます。
でも、遅咲きのしだれ桜、八重桜等、これから見頃を迎える桜もあり、もうしばらく楽しませて貰えそうです。

今日は雲が多めでしたが、妙本寺と鶴岡八幡宮へ行ってきました。
妙本寺の桜は、鎌倉中で一番先に満開になっただけあって、もう殆どが散ってしまっていました。
今の主役は、カイドウとしだれ桜、そして素晴らしい新緑です。

Myohonjikaido110415
満開のカイドウと新緑

Myohonjikaido1104152
祖師堂を挟んで、左右両側に咲くカイドウ

Myohonjikaido1104153
バックのカイドウがピンクの雲のよう

Myohonjimitubatutuji110415
祖師堂の屋根をバックに咲く、手前からミツバツツジ、しだれ桜、カイドウ

Myohonjisidarezakura110415
しだれ桜とカイドウ

Myohonjiyaezakura110415
八重桜が咲き始めました

Myohonjisyaga110415
アチラコチラに沢山のシャガ咲いています

Myohonjisidarezakura1104152
本堂前のしだれ桜も満開

この後、鶴岡八幡宮へ。

2011年4月14日 (木)

最高のしだれ桜@明月院

北鎌倉駅を降りると、桜吹雪が舞い散っていました。
待ちかねた桜の季節も、そろそろピークが過ぎてゆくのかと少々寂しい気がします。

今日は時間の関係で、円覚寺他のお寺は素通りし、明月院へ一直線。
前回は、まだ固い蕾だったしだれ桜が咲いているのでは、と期待しての再訪です。
境内に入ると、何本もの素晴らしいしだれ桜が出迎えてくれました。
その数といい、花付きといい、私の知る限り「鎌倉一」と言えそうです。
長い間、鎌倉に住んでいながら、明月院のしだれ桜を見たのは今回が初めてでしたので、感激もひとしおでした。
境内の一隅で、ご住職がNHKテレビの取材を受けておられました。

Meigetuinsidarezakura110414
山門の周辺を華やかに彩るしだれ桜

Meigetuinsidarezakura1104142
山門の内側から参道を見下ろして

Meigetuinsidarezakura1104143
ミツバツツジ、ユキヤナギ、レンギョウ、ショカッサイ等も美の競演

Meigetuinsidarezakura1104147
枯山水の庭園越しに

Meigetuinsidarezakura1104144
花付きもよいですね

Meigetuinsidarezakura1104145
木によってピンクの濃淡があります

Meigetuinsidarezakura1104148
紅白咲き分けの源平桃としだれ桜

Meigetuinsidarezakura1104146
竹林の間から

Meigetuinsinryoku110414
新緑も爽やか

Meigetuinmokuren110414
モクレンと

Meigetuinkaido110414
カイドウも咲き始めています

紫陽花の季節ほど混雑もしていませんし、今の季節、是非お勧めの明月院です。

大船観音寺の桜

連日のお花見陽気の中、大船観音寺と明月院へ行ってみました。
先ずは、JRの車中からもよく見える大船観音寺へ。
毎年、他所より桜の開花が遅めだと記憶していたのですが、今年は既に満開になっていました。
観音様の色白で優しいお顔には、桜がよく似合います。

Ofunakannon110414
桜の額縁の中に納まったような観音様

Ofunakannon1104142
石段の途中から振り返ると眼下に大船の街が一望

Ofunakannon1104143
上境内の桜も満開

Ofunakannon1104144
しだれ桜と

Ofunakannon1104145
華やかな境内

Ofunakannon1104146
下境内から仰ぎ見る観音様

Ofunakannon1104147
山門にも降り注ぐように咲く桜

この後、明月院へ向かいます。

2011年4月12日 (火)

源氏山の桜

今日は少し趣きを変えて、お寺でなく源氏山へ行ってみました。
こちらの桜も満開で、公園全体が華やかな雰囲気に包まれています。
急な坂で息が切れてきたとき、ふと見上げると新緑が輝いていて、季節の移ろいを感じました。

Genjiyamasakura110412
葛原岡神社参道の桜と椿

Genjiyamasakura1104122
こちらも見事な桜

Genjiyamasakura1104123
頼朝公もお花見を

Genjiyamasakura1104124

Genjiyamasakura1104125_2
山桜も見頃です

Genjiyamakaido110412
カイドウ

Genjiyamananohana110412
菜の花とカイドウ

Genjiyamasinryoku1104122

Genjiyamasinryoku110412
もう新緑の季節でもありますね

2011年4月11日 (月)

薬王寺の桜と緋桃

海蔵寺の後、今日の最後のお寺、薬王寺へ。
亀ヶ谷坂へ行く途中にある静かなお寺ですが、この季節は見事な桜と鮮やかな緋桃(ヒモモ)に彩られて、パッと華やいで見えます。

Yakuoji110411
参道を彩る満開の桜と緋桃

Yakuoji1104112
アップで・・・

Yakuoji1104113
鐘楼と桜

Yakuoji1104114
参道入り口に咲く桜

海蔵寺のカイドウも見頃

午後から海蔵寺へカイドウの様子を見に行くと、境内は大勢の参詣客で賑わっていました。
こちらのカイドウも、光則寺と同様の咲き具合で、満開ではありませんが見頃を迎えています。

Kaizojikaido110411
光則寺よりだいぶ若い木です

Kaizojikaido1104113_2
庫裏の茅葺の屋根と

Kaizojikaido1104112

Kaizojikaido1104114
しだれる花房がカイドウらしいですね

Kaizojiyukiyanagi110411
ユキヤナギも、まだまだ元気です

Kaizojiyamabuki110411
ヤマブキ

最後に薬王寺へ向かいます。

光明寺の桜と裏山からの眺望

朝から穏やかに晴れた鎌倉です。
今日も、光明寺、海蔵寺、薬王寺とお寺巡りをしてきました。
このようなときにお花見三昧の毎日を送っていて、申し訳ない気持ちもしますが、どうぞもうしばらくお付き合いください。

最初は、境内の木の殆どが桜という光明寺へ。
鎌倉の桜の名所のひとつで、ちょうど満開の桜が境内を覆い尽くしています。

Komyojisakura110411
本堂と満開の桜
ただ今、鐘楼と記主庭園への回廊付近が工事中のため、大小のトラックが止まっていて、境内全体の写真は撮りにくいです

Komyojisakura1104112
山門

Komyojisakura1104113
前回、工事中だった回廊の屋根は完成していました

Komyojisakura1104114_2
境内を覆うように咲き誇る桜

Komyojisakura1104115
裏山からは、光明寺境内と海が一望
こんなに穏やかな海ですが、ひとたび牙をむくと・・・
震災後は、複雑な気持ちで海を見てしまいます

Komyojisakura1104116
山門前のしだれ桜も咲き出して
境内は、大人から子供まで沢山の人達で賑わっていました。

震災から1ヶ月・・・

震災から1ヶ月・・・
今尚、大小の余震の頻発、原発事故の影響等で、復興の遅れが懸念されています。
震災で犠牲になられた方々、残されたご家族の皆様に改めてお悔やみ申し上げます。
被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
そして、被災地復興のため、原発事故収拾のため、前線でご活躍されている方々、ボランティア等でご活躍されている皆さんに厚くお礼申し上げます。

今日は、鶴岡八幡宮と由比ヶ浜海岸で、宗旨・宗派を超えた鎌倉の宗教者が集結して、犠牲者の哀悼と被災地復興を祈願する「東日本大震災追善供養 復興祈願祭」が開かれたようです。

こう書いている最中、またも福島県、茨城県で震度6弱の地震が発生しました。
何とか一日も早い収束を祈るのみです。

2011年4月10日 (日)

成就院~虚空蔵堂~甘縄神明宮の桜

御霊神社を出て、紫陽花の名所・成就院へ。

Jojuinsakura110410

Jojuinsakura1104102
満開の桜がきれいです
梅雨時には、また色とりどりの紫陽花が楽しませてくれることでしょう。

そして、坂を少し下りた虚空蔵堂の桜も満開。

Kokuzodosakura110410
虚空蔵堂の桜

最後は、長谷の鎮守・甘縄神明宮へ行きました。
今日は、統一地方選挙の投票日。
甘縄神明宮にある長谷公会堂も投票所になっているため、いつも静かな神社も大勢の人達で賑わっていました。

Amanawasinmeisakura110410
華やかな桜に彩られた甘縄神明宮の境内

Amanawasinmeishokassai110410
「北條時宗公 産湯の井」の周囲には、ショカッサイが咲いています

長谷地区の桜はどこも満開でしたね。

御霊神社の桜と緋桃

長谷寺の駐車場を抜け、御霊神社へ。
こちらの桜も満開です。
そして、社殿の両側に咲く鮮やかな緋桃(ヒモモ)に目を奪われました。
毎年、桜と緋桃の両方をほぼ同時に楽しめます。

Goryojinjasakura110410
社殿を覆うように咲く満開の桜

Goryojinjasakura1104102
社殿側から鳥居側を見て

Goryojinjahimomo110410

Goryojinjahimomo1104102
緋桃もちょうど満開に

この後は、成就院へ向かいました。

長谷寺の桜

光則寺の次には、すぐお隣りの長谷寺へ。
こちらのソメイヨシノも満開!
そして、放生池畔と大黒堂前のしだれ桜もだいぶ開花してきました。
その他にも、カイドウ、ボケ、ミツバツツジ、シャクナゲ、シャガ等、境内は春の花で一杯です。

Hasederasakura110410
観音堂をバックに

Hasederasakura1104102
大黒堂前に咲く満開の桜

Hasederasakura1104103
桜に埋もれる観世音菩薩像

Hasederasakura1104104
淡いピンクのしだれ桜と

Hasederatubaki110410
仏足石が沢山の椿で飾られて・・・
8日の花まつりの名残りでしょうか?

Hasederamitubatutuji110410
境内のアチラコチラにミツバツツジが揺れています

Hasederashidarezakura110410
こちらは、放生池畔のしだれ桜

Hasederasyakunage110410
シャクナゲ

次は、御霊神社です。

光則寺の桜とカイドウ

市内の桜が見頃を迎えた週末ですが、昨日は生憎の雨と風。
そして晴れの予報の今日も、期待したほどの青空にはなってくれませんでした。
花曇りの中、長谷地区の花の寺社を巡りました。

最初は、光則寺へ。
門前のしだれ桜は散ってしまいましたが、参道のソメイヨシノが満開。
そして、お待ちかね、境内の海棠(カイドウ)も見頃を迎えています。

Kosokujisando110410
満開の参道の桜

Kosokujikaido110410
本堂前のカイドウが見頃です

Kosokujikaido1104102
まだ満開ではありませんが、このくらいがピンクが濃くてきれい

Kosokujikaido1104103
一枝をアップで

Kosokujimomiji110410
春もみじの芽吹き

Kosokujiyamabuki110410
ヤマブキの黄色も鮮やか

次は、お隣りの長谷寺です。 

2011年4月 7日 (木)

八幡宮と段葛の桜

報国寺で満開の桜を満喫した後、鶴岡八幡宮から段葛を歩いてみました。
八幡宮の桜は、満開まであと少し、段葛は5分咲き程度でしょうか?
どちらも多くの観光客で賑わっていて、ようやく活気を取り戻しつつあるようです。
観光地・鎌倉としては、やはり人出がないと寂しいですね。

Hachimangusakura110407
青空でないのが残念!!

Hachimangusakura1104072

Hachimangusakura1104073
源平池周辺の桜は、満開までもう一歩です

Dankazurasakura110407
段葛の桜並木の見頃は週末でしょうか?

Dankazurasakura1104072
でも、場所によっては既に満開の花も♪

報国寺の桜が満開

晴れの予報に反して曇り空になってしまいましたが、今日は報国寺と鶴岡八幡宮の様子を見て来ました。

金沢街道の報国寺では、美しい桜がほぼ満開です。
多くの人達がお花見を楽しんでいました。
報国寺の前に太刀洗と浄妙寺へも行ってみましたが、どちらも見頃はもう少し先の様です。

Hokokujisakura110407
満開の桜が本堂前を飾ります

Hokokujisakura1104072
鐘楼の屋根と桜

Hokokujisakura1104074
竹林入口の桜

Hokokujisakura1104073
迦葉(かしょう)堂

Hokokujimitubatutuji110407
ミツバツツジとのコラボレーション

この後、鶴岡八幡宮へ向かいます。

2011年4月 6日 (水)

妙本寺の桜 2011-3

今日の最後に、またまた妙本寺に行ってしまいました。
コンサートのあった日曜日は、生憎の曇り空だったため、晴れの日に再度満開の桜を楽しみたかったのです。
こちらもカメラマンやスケッチの人達で賑わっていました。

Myohonjisakura110406
やはりバックが青空だと桜も明るく映えます

Myohonjisakura1104062
鐘楼側も満開!

Myohonjisakura1104063
日蓮さんは、ここでもお花見中

Myohonjikaido110406
沢山の蕾を付けたカイドウが咲き始めてきました

Myohonjisidarezakura110406
こちらは、しだれ桜
花だけ見ると、カイドウに似ています

Myohonjisakura1104064
本堂前の桜も見頃を迎えました

本興寺のしだれ桜も見頃

安国論寺の後、しばらくぶりに本興寺へ。
昨年、工事をしていた本堂が完成したのかどうか、そして、お目当ての紅しだれ桜は?と気になっていたのです。

Honkojisidarezakura110406
朱塗りの山門から境内を見ると、本堂の工事が終わり、しだれ桜も美しく咲いています!

Honkojisidarezakura1104062
濃いめのピンクの紅しだれ

Honkojisidarezakura1104063
もう少しで満開のしだれ桜が揺れて

最後にまた妙本寺へ立ち寄りました。

安国論寺のしだれ桜

長勝寺の後、安国論寺へ。
しだれ桜は、もう終わってしまったかと心配しましたが、山門前を見て一安心、まだ間に合いました。
この処、どこも観光客が少なかったのですが、今日の安国論寺は大賑わいでビックリ!
三脚を構えた大勢のカメラマンが、所狭しと陣取って思い思いのアングルでシャッターを切っていました。

Ankokuronjisakura110406
門前のしだれ桜がお出迎え

Ankokuronjikeidai110406
境内は、ミツバツツジやボケなどで春の装い

Ankokuronjisakura1104062

Ankokuronjisakura1104063
しだれ桜が満開です

Ankokuronjisuisen110406
淡い黄色のスイセンも彩りを添えて

この後、本興寺の様子を見に行きました。

長勝寺の桜

暖かい日が続き、いよいよソメイヨシノが見頃を迎えるようになりました。
今日も朝から青空が広がり、材木座、大町辺りの桜のお寺を訪ねました。

まず最初は、桜の名所の一つ長勝寺へ。
まだ満開にはもう少しかかりそうですが、予想以上に開花していました。

Choshojisakura110406

Choshojisakura1104063
今でも充分華やかですが、満開になると更に素晴らしい桜のトンネルが見られます

Choshojisakura1104062

Choshojisakura1104064
日蓮上人や四天王たちも、お花見を楽しんでおられるような・・・?

次は安国論寺へ向かいます。

2011年4月 5日 (火)

浄智寺の桜

今日の最後の浄智寺でも、満開のしだれ桜、彼岸桜(鎌倉市指定天然記念物 タチヒガン)が見られました。
どちらもちょうど見頃で、お寺の方に「よい時にみえましたね」と言っていただきました。

Jochijisidarezakura110405
鐘楼門としだれ桜

Jochijisidarezakura1104052
満開のヒュウガミズキとしだれ桜

Jochijihiganzakura1104052

Jochijihiganzakura110405
2株のタチヒガンも見事です

Jochijihiganzakura1104053
ミツマタと書院の屋根越しに見るタチヒガン

明月院の春の花たち

紫陽花と紅葉の季節には毎年訪れる明月院ですが、春は殆ど行ったことがありません。
でも、立派なしだれ桜があったはずと思って行ってみました。

Meigetuinsanmon110405
山門は、サンシュユ、ユキヤナギ、レンギョウ等で彩られています

Meigetuinmitubatutuji110405
ミツバツツジ

Meigetuinboke110405
見事なボケ

Meigetuinjizo110405
今日の花想い地蔵様は、ストックを手にされて・・・

Meigetuinhyugamizuki110405
満開のヒュウガミズキ

Meigetuinsakura110405
ソメイヨシノは、まだ一部が咲き始めたところ

そして、期待したしだれ桜は遅咲きだったようで、まだ殆どが固い蕾のままでした。
今後のお天気次第ですが、見頃まではあと10日くらいかかりそうです。
残念でしたが、写真以外にも色とりどりの花たちが咲き競っていて、春を満喫させてくれました。
最後に浄智寺へ向かいます。

東慶寺のしだれ桜

円覚寺の次に東慶寺へ。

Tokeijisanmon110405
山門を見上げると、早速お目当てのしだれ桜がお出迎え

Tokeijisidarezakura110405
そして、毎年楽しみにしている本堂前のしだれ桜も満開です

Tokeijisidarezakura1104052

Tokeijisidarezakura1104053
本覚寺より小粒で可愛い桜です

Tokeijihiganzakura110405
彼岸桜は、少々ピークを過ぎてしまいましたが、まだきれいです

Tokeijihimomo110405
緋桃(ヒモモ)と看門後ろ側のしだれ桜

Tokeijimitumata110405
ミツマタも健在

さて、次は久しぶりの明月院です。

円覚寺の桜

青空の下、桜・・・特にしだれ桜を求めて、北鎌倉の寺々を歩いてみました。
しばらく計画停電中止の日が続いていますが、相変わらず観光客は少な目の鎌倉です。
最初は、円覚寺から。

Engakujisakura110405

Engakujisakura1104053

Engakujisakura1104052
桜は、既に5分咲きくらいになっています

Engakujihakumokuren110405
仏日庵のハクモクレンは、少々ピークを過ぎてしまいました

Engakujimitumata110405
ミツマタは、まだ元気

Engakujimitubatutuji110405
ミツバツツジが優しげに揺れて

この後、東慶寺へ向かいます。

2011年4月 3日 (日)

満開の桜とコンサート@妙本寺

1日の記事でご案内した通り、今日の午後3時から妙本寺本堂で「震災復興チャリティーコンサート」が開催されました。
開始時間まで少し余裕があるからと、祖師堂前の桜を見に行ってビックリ!!
一昨日は、3分咲きくらいかと思われたソメイヨシノが、ほぼ満開ではありませんか?!
ご住職も、「鎌倉で一番早く満開になった」とおっしゃっていました。
今日は生憎の曇り空でしたので、晴れた日にもう一度来てみようと思いました。

Myohonjisakura110403

Myohonjisakura1104032
アッという間に満開になった桜

さて、そろそろ時間になったので、コンサート会場の本堂へ向かいます。

Myohonjihondo110403
本堂前の桜の見頃はまだこれからです

Myohonjiconcert110403
予定の150名を超える聴衆で満員

お寺でのコンサートは初体験でしたので、寒いのでは?と心配でしたが、暖房が効いていた上、演奏者と聴衆の熱気ムンムンでした。

Myohonjiconcert1104032
チェンバロ奏者・渡邊温子さん
休憩時間中、気さくにチェンバロについてお話しして下さいました。
ピアノと違って、間近で見る機会が滅多にない楽器ですので貴重な体験でした。

被災地へ捧げる「G線上のアリア」と、ご住職による「声明(しょうみょう)→仏典に節をつけた宗教音楽」に始まり、その後は、バッハ、ヴィヴァルディー、モーツアルト作曲の春に相応しい曲目が演奏されました。
久しぶりに心満たされるひとときを過ごすことが出来て感謝です。

帰りにまた本覚寺へ立ち寄り、しだれ桜を見て来ました。

Hongakujisidarezakura110403
こちらも満開の本覚寺のしだれ桜

2011年4月 1日 (金)

桜が咲き始めの妙本寺

本覚寺の後は、妙本寺へ。
まだ蕾かと思っていた桜が、思いの外咲き出していました。
カイドウの蕾も少し膨らんで来たようです。
撮影会の下見にいらした方達が、口々に「あと1週間だなぁ」と言っておられました。

Myohonjisakura110401

Myohonjisakura1104012
咲き始めた桜

Myohonjikaido110401
カイドウの開花も待たれます

また、妙本寺本堂では、3日(日)午後3時から「震災復興チャリティーコンサート」が開催されます。
入場料(2千円)はすべて寄付されるということで、私も寺務所で申し込んできました。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェンバロ等の演奏会だそうで楽しみです。

本覚寺のしだれ桜が見頃

4日前に訪れたばかりの本覚寺を再訪すると、しだれ桜がちょうど見頃を迎えていました。
今週末は晴れの予報ですし、計画停電も中止ですから、閑古鳥が鳴いていた鎌倉も賑やかさを取り戻すかもしれませんね。

Hongakujisidarezakura1104015

Hongakujisidarezakura1104012

Hongakujisidarezakura1104013

Hongakujisidarezakura1104014
優美なしだれ桜を少しずつアングルを変えて撮ってみました

Hongakujirengyo110401
レンギョウとのショット

この後、妙本寺へ向かいました。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »