Amazon

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

海蔵寺~浄光明寺

市内のアチラコチラで、ユキヤナギがきれいに咲いているのを見かけ、海蔵寺へ行ってきました。
前回訪れたのは、震災の日の午前中。
まさかその数時間後にあのような大惨事が起こるとは、誰も予想していなかったでしょう。

海蔵寺は参詣客が少ないせいもあり、いつもより静かに迎え入れてくれました。
ユキヤナギがちょうど見頃を迎えていて、その白さが胸を打ちます。
カイドウは光則寺と同様、まだ蕾でした。

Kaizojiyukiyanagi110331

Kaizojiyukiyanagi1103312
純白のユキヤナギが見事です

Kaizojiyukiyanagi1103313
紅い野点傘と

Kaizojikaido110331
カイドウは、これからが楽しみ!

Kaizojisyokassai110331
底脱の井の周囲は、ショカッサイが満開

海蔵寺の後、浄光明寺へ。
ハクモクレンは、ピークを過ぎてしまいましたが、鐘楼と不動堂の間に可愛い桜が咲いていました。
こちらは海蔵寺以上の静けさで、境内を独り占め。
聞こえてくるのは、ウグイスの鳴き声のみでした。

Jokomyoji110331
ハクモクレンとピンクのツツジ
ソメイヨシノとしだれ桜は、まだまだこれからです

Jokomyojisakura110331
不動堂と小粒の桜

Jokomyojisuisen110331
スイセンがアチラコチラに沢山咲いています

Yokihikannon110331
楊貴妃観音様にも思わず震災復興をお願いしてしまいましたが、担当外(?)で困っておられるでしょうか・・・

帰り道、市役所前で献血協力を呼び掛けていたので、久しぶりに献血をしてきました。
400ccと言われてチョット心配でしたが、思いの外スムーズに採血してもらえました。

2011年3月30日 (水)

龍宝寺と貞宗寺

久しぶりに龍宝寺と、その近所にある貞宗寺へ行ってきました。
龍宝寺では、ハクモクレン(白木蓮)、シモクレン(紫木蓮)、カンヒザクラ(寒緋桜)、オウバイ(黄梅)等、春の花が満開。
これからソメイヨシノが咲き出すと境内は更に華やかさが増してきます。

Ryuhojihakumokuren110330

Ryuhojihakumokuren1103302
見事なハクモクレンが満開

Ryuhojimokuren110330

Ryuhojimokuren1103302
いわゆるモクレン(シモクレン=紫木蓮)も、大木に沢山の花を付けています

Ryuhojiobai110330
オウバイ

Ryuhojikanhizakura110330
カンヒザクラ

Ryuhojisuisen110330
スイセン

龍宝寺と同じく植木にある貞宗寺(ていそうじ)では、残念ながらハクモクレンは終わってしまいました。
今は、ミツマタ、ショカッサイ、ユキヤナギ等が見られます。

Teisojimitumata110330
ミツマタ

Teisojisyokassai110330
ショカッサイ

Teisoji110330
竹林をバックにミツマタ、ショカッサイが咲いて

Teisojiyukiyanagi110330
ユキヤナギも満開に

2011年3月29日 (火)

光則寺の桃としだれ桜

長谷寺の後は、お隣の光則寺へ。
参道の桃や門前のしだれ桜が、先日より大分咲いていました。
まだ前回から3日しか経っていませんが、お天気がよい日が続いているからでしょうね。

Kosokujimomo110329
参道の桃(右)と門前のしだれ桜

Kosokujisidarezakura110329
華やかになってきたしだれ桜

Kosokujisidarezakura1103292
カメラマンの他にスケッチする人達の姿も

Kosokuji110329
本堂の両側が濃いピンクのカイドウで彩られる日が待ち遠しい

Kosokujikaid110329
カイドウの蕾

Kosokujimitumata110329
沢山のミツマタも満開

長谷寺の花達

今日も穏やかな陽気で、約3週間ぶりの長谷寺と、土曜日に行ったばかりの光則寺へ行ってきました。

長谷寺では、ハクモクレン、カンヒザクラ、ミツマタ等が満開。
いつも観光客で混雑している長谷寺ですが、こちらもご多分に漏れず人出は少ないです。
特に外国人らしい観光客は、一組見かけただけでした。
WHO(世界保健機関)では、「日本への渡航制限を行う必要はない」と勧告しているようですが、実際に渡航制限や日本滞在の国民に避難勧告を始めている国もあると聞きます。
原発事故がこれだけ大きく報道されれば止むを得ないことでしょうが、やりきれない気持ちで一杯です。

つい暗い話になってしまいますが、気持ちを切り替えて、美しい花達をご覧いただきましょう。

Hasederahakumokuren110329
満開のハクモクレン

Hasederamitumata1103292
アカバナミツマタも見事です

Hasederakanhizakura110329
阿弥陀堂とカンヒザクラ
ソメイヨシノは、まだまだこれからでした

Hasederamitumata110329
上境内のミツマタ越しに長谷の町を見下ろして

Hasederakobusi110329
こちらは、コブシのようですね

Hasederamansaku110329_2
マンサクも満開

Hasederatake110329
経蔵と竹林

2011年3月28日 (月)

小町大路沿いの寺々

鶴岡八幡宮を出て、宝戒寺、妙隆寺、大巧寺、本覚寺・・・と、小町大路沿いの寺々を巡りました。

宝戒寺では、梅はほとんど終わっていましたが、ハクモクレンとアンズが満開でした。
色とりどりの椿も沢山咲いています。

Hokaijihakumokuren110328
青空に向かって伸びるハクモクレンには「希望」を感じます

Hokaijihakumokuren1103282
満開のハクモクレン

Hokaijianzu110328
アンズの大木も満開の花を付けて

鎌倉七福神のひとつ、妙隆寺では、鮮やかなカンヒザクラが満開でした。
この界隈には、鎌倉七福神の内、四神が集まっています。
鶴岡八幡宮の弁財天、宝戒寺の毘沙門天、妙隆寺の寿老人、本覚寺のえびす様です。
あとは、長谷寺の大黒天、御霊神社の福禄寿と浄智寺の布袋様。
今年は既に、これらの七福神に加えて、江の島の弁天様もお参りしました。

Myoryuji110328
妙隆寺山門から

Myoryujikanhizakura110328
妙隆寺のカンヒザクラ(寒緋桜)がきれいです

この次の大巧寺の境内も春が一杯。
カンヒザクラ、沢山の種類がある椿、ボケ等が満開です。
リキュウバイ(利休梅)は、まだ咲き初めでした。

Daigyoji110328
参道を彩る春の花達

Daigyojikanhizakura110328
こちらも満開のカンヒザクラ

Daigyojitubaki110328
卜伴(ボクハン)という名の椿

Daigyojishidekobushi110328
シデコブシ(ヒメコブシ)

Daigyojihimarayayukinosita110328
ヒマラヤユキノシタ

最後に本覚寺のしだれ桜の様子を見て来ました。
部分的には咲いていますが、見頃は今週末頃でしょうか?
昨年の今頃は満開でしたから、やはりこちらも遅いですが、これからが楽しみです。

Hongakujisidarezakura110328
咲き出した本覚寺のしだれ桜

Hongakujisidarezakura1103282
しあわせ地蔵様

久しぶりにあちらこちらとお花を訪ね歩き、改めて花の持つ力の大きさを感じました。
明月院の「花想い地蔵様」の所に掲げてある言葉が思い出されます。
『人は誰しも はかない花の想い出の中に生きています。 大切な人との別れ いとおしい物との別れ そんな時 ふと目に止まった花が どんなにか心を慰めてくれたことでしょうか』

鶴岡八幡宮の桜

今日は、計画停電が中止となったので、久しぶりに鎌倉散歩を再開しようと、鶴岡八幡宮から鎌倉駅周辺のお寺を歩いてみました。
風は少し冷たいけれど、歩いている内にポカポカと春を感じる日です。

先ず、鶴岡八幡宮へ行ってみると、河津桜はもうすっかり散ってしまっていました。
その代りに満開の寒桜や大島桜が出迎えてくれます。
ソメイヨシノの開花は、まだ先の様に思われます。
昨年は、4月1日にほぼ満開になっていたことを思うと大分遅れていますね。

今年の「鎌倉まつり」は、今回の地震の影響を考慮して、残念ながら中止だそうです。
また、逗子では早々に夏の花火大会中止を決定したようですが、鎌倉の花火大会はどうするのかまだ決まっていないようです。
(追記:花火大会も中止となりました)

Hachimangusakura110328
満開の寒桜
この暖かさが東北へ飛んで行け~

Hachimangusakura1103282

Hachimangusakura1103283
旗上弁財天の大島桜も満開(上2枚とも) 葉が出始めていますね

Hachimangu110328
小町通りは結構混雑していましたが、他は人出が少ないです

Hachimanguoicho110328
大イチョウの根元から伸びたひこばえが随分成長しています
地震の被災地も大イチョウに負けないくらいの勢いで復興してくれますように!!

2011年3月26日 (土)

復興支援朝市@光則寺門前

地震発生から半月、日頃は自他共に認めるノー天気な私ですが、今回はかなり落ち込んでしまいました。
鎌倉にも原発被害を恐れて、関西方面へ避難してゆく人達がいます。

どうしても気分が沈みがちになる中、ポストに1枚のチラシが入っていました。
長谷の商店主有志による「被災地復興支援チャリティ朝市」が光則寺門前で開かれるとのこと。
「被災地の元気のために 長谷の町も元気に! 頑張ろう!!」と書いてあります。
地震後、鎌倉では観光客が激減した上、計画停電等で商店も大打撃を受けていることでしょう。
こういう時こそ、被災を免れた地域から活気を取り戻さなければいけませんね。

昨夜は冷たい雨が降っていた鎌倉ですが、今朝は幸い青空になり、光則寺門前には、鎌倉野菜、魚、パン、お寿司、門前汁等々、色々な食べ物が並びました。
私も、野菜、果物、焼き芋などを買いましたが、皆さんの笑顔が心に焼きつきました。
被災地の皆さんにも、笑顔が戻る日が早く訪れますように・・・

Asaichi110326
大勢の地元の人達で賑わう朝市
手前リュックを背負ったお嬢ちゃんが募金箱を抱えて立っていました

買い物をする前に光則寺の花の様子を見て来ました。
ちょうど一年前は、かなり咲いていた山門前のしだれ桜は、まだホンの咲き初め。
そして境内の海棠(カイドウ)も、固い蕾でした。
今年はソメイヨシノの開花も遅くなりそうですね。

Kosokujisidarezakura110326
しだれ桜 まだ一部だけしか咲いていません

Kosokujikaido110326
固い蕾のカイドウ

Kosokujitubaki110326
色々な種類の椿が咲いています

Kosokujitubaki1103262
咲き誇る椿とこれからのハクモクレン

鎌倉市では、東北地方太平洋沖地震の被災者への支援物資を受け付けています。
詳細は、こちらです。

2011年3月18日 (金)

彼岸の入り

まだ頻発する余震や計画停電に落ち着かない鎌倉ですが、きれいな青空が広がっています。
我が家の周辺は、東京電力エリアの第1グループで、昨日は午前、午後の2度、合計約6時間の停電が実施されました。

今日は、お彼岸の入りの日。
早朝の停電が解除された後、お墓参りに行ってきました。
困ったときの神頼みならぬ、仏頼み?

Ankokuronjikobai110318
安国論寺本堂右の遅咲きの紅梅
今年は花付きが悪いようです

Ankokuronjisansyuyu110318
青空に黄色の山茱萸(サンシュユ)が鮮やか

Kyugyo110318
下馬四つ角のガソリンスタンドは、本日休業

Geba110318
道路は空いています

2011年3月16日 (水)

巨大地震後の様子と「鎌倉市防災・安全情報メール」

巨大地震から5日が経ちましたが、まだ多くの方が孤立状態にあるようです。
テレビ等で被災された方々を見る度に、胸が詰まり涙が出てしまいます。
地震、津波からやっと生還できた後も、頻発する余震、更に原発事故におびえつつ過酷な避難生活を強いられている人達。
そのような方々を思うと、温かいご飯を食べて、お風呂に入り、自分のベッドで眠れることが申し訳ない気がします。
皆さんが安心して眠れる日が、どうか一日も早く訪れますように・・・

巨大地震後、節電のために更新を控えておりましたが、こんなブログでも訪問して下さる方が結構いらっしゃいますので、鎌倉の様子をお伝えしたいと思います。

14日より、東京電力エリアの計画停電が行われています。
鎌倉でも、第1グループと第5グループに分かれて、1日3~6時間程度の停電が実施されつつあります。
このような非常時ですから、家庭の停電程度は甘んじて受けますが、交通機関の運行が乱れたり、信号機が止まるなどの混乱が起こっています。
また各企業や店舗等には、甚大な影響があるでしょう。

余震や別の地震も頻発し、特に昨夜の静岡県東部・震度6強、今日の千葉県沖・震度5弱の地震では、鎌倉でもかなりの揺れを感じました。

さすがに街には、観光客らしい人影は殆ど見かけず、車の数も少なくて普段と比べると閑散としています。
ただ時々、大渋滞?と思うと、ガソリンスタンドへの給油待ちの車です。
そして、鎌倉もご多分に漏れず、食料や日用品を大量に買い占める人がいるようで、スーパー等の棚はガラガラです。
不安を感じる気持ちは分かりますが、何とか冷静に対応したいものです。

また、ご存知の方もおられると思いますが、鎌倉市では、災害情報や不審者情報などの防犯情報を携帯電話やパソコン等の電子メールで配信するサービスを行っています。
私も最近登録したばかりですが、計画停電の情報交通機関の運行状況をメールで知らせてくれるので、とても助かっています。
登録方法は簡単で、氏名や住所は必要ありません。
鎌倉市防災・安全情報メールの配信を希望する方は、こちらをご参照ください。

Tubaki110316
庭の椿が咲き出して、心を慰めてくれます(手のひらより大きい椿です)

2011年3月12日 (土)

地震お見舞いと消息情報検索

このたびの地震では、あまりの広範囲、そして想像を絶する凄惨な被害状況に言葉もありません。
いつもお出で下さる皆様、並びにご家族、お知り合いの方々はご無事でしょうか?
心よりお見舞い申し上げます。

鎌倉もかなり強い揺れを感じ、長時間に亘る停電や交通機関の運転見合わせ等がありましたが、現時点では殆ど復旧しているようです。
特別被害があったという情報も聞いておりません。
但し、今後、状況の変化や余震の可能性がありますので、お互い充分注意いたしましょう。

今はただ、一人でも多くの方が救われるよう祈る事だけしか出来ません。
Googleで消息情報検索のツールを見つけましたので、貼り付けておきます。
少しでもお役にたてば幸いです。

2011年3月11日 (金)

海蔵寺のしだれ梅が満開

英勝寺の後、海蔵寺へ。
しだれ梅やピンクの梅が満開でした。

Kaizojisidareume110311
満開のしだれ梅

Kaizojisidareume1103112
しだれ梅とミツマタ

Kaizojiume110311
ピンクの濃淡の梅

Kaizojisuisen110311
スイセンもまだ元気です

Kaizojisansyuyu110311
本堂裏庭園の山茱萸(サンシュユ)

英勝寺の山門完成

今日は、東北地方を中心にマグニチュード8.8(その後、M9.0に修正)という国内観測史上最大の地震に見舞われました。
東北、関東の広範囲にわたって大きな被害があり、犠牲になられた方も大勢出てしまいました。
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
今後も余震が予想されますので、皆様もどうぞお気を付け下さい。

鎌倉もかなり強く長い揺れが続き、長時間の停電、場所によっては、水道やガスも止まるなどの影響を受けました。
このような状況の時に、のんきに散歩のブログなど不謹慎だとご不快の向きもあろうかと思いますが、午前中に英勝寺、海蔵寺へ行った記事を用意しておりましたので、一応アップしておきます。

まずは、英勝寺へ。
かねてより復興工事が行われていた山門が、とうとう完成しました。
あとは、敷地の整備を残すのみのようです。

Eishojisanmon110311
二階二重門の立派な山門

Eishojisanmon1103112
光り輝く銅葺きの屋根と見事な彫刻

Eishojisanmon1103113
鐘楼側から見たところ

Eishojiume1103112
仏殿前の梅が美しく咲いています

Eishojiume110311
庫裏前の梅も満開

Eishojimitumata110311
ミツマタ

Eishojitubaki1103112

Eishojitubaki110311
紅白の椿

Eishojitikurin1103112
竹林の奥に漂う煙に日が差し込んで

Eishojitukubai110311
つくばいに落ち椿

2011年3月10日 (木)

稲村ケ崎~御霊神社

龍口寺の後、江ノ電で稲村ケ崎へ行ってみました。

Enoden110310_2
街中を走る江ノ電(腰越付近)

Inamuragasakifuji110310
行きの江ノ電車中からは、きれいな富士山が見えたのですが、雲が出て来てしまいました

Inamuragasaki110310
大勢の方が波打ち際で海藻を拾っています

今日のお昼、NHKの番組で、「鎌倉の新名物」と題して「アカモク」という海藻を紹介していました。
食べたことはないですが、海に打ち上げられているのを見たような気がします。

稲村ケ崎から歩いて帰宅途中、焼き立てパンのよい香りが漂ってきて、思わず足が止まりました。
極楽寺駅そばの小ぢんまりしたパン屋さんで、昨年9月にオープンしたそうです。
バゲットや全粒粉などのハード系のパンの他にアンパンやカレーパンなど色々なパンが並んでいます。
とりあえず、バゲット、焼きカレーパンなどを買いましたが、とてもおいしかったです。

Gokurakujipanya110310
”Boulangerie bebe” (ブーランジュリー ベベ)
難しい店名です・・・coldsweats01

最後に、御霊神社に立ち寄ってみると、可愛い紅梅が満開でした。

Goryojinjakobai110310

龍口寺の花達

常立寺の後、前回同様、龍口寺へ行ってみました。
河津桜や椿が満開で、梅は既に咲き終わっているものもありますが、ピンクのしだれ梅等が見頃でした。

Ryukojikawaduzakura110310
満開の河津桜

Ryukojitubaki110310
白椿の大木
以前は、日本一ともいわれるほど見事でしたが、今はかなり傷みが激しくなってしまい、支えがないと倒れそうです

Ryukojisidareume110310
可愛いしだれ梅

Ryukojigojunotou110310
五重塔と椿

Ryukoji110310
本堂裏山からは海が望めます 
大島が薄っすらと・・・

この後は、稲村ケ崎へ。

常立寺のしだれ梅2011-3

衝撃の大イチョウ倒木から早くも丸一年がたちました。
当時はどうなってしまうのか心配でしたが、関係者の方々の努力の結果、元気に再生中のようでホッとしています。

今日は気温が低めながらも青空に恵まれ、歩くとポカポカして春を感じる陽気になりました。
約1か月前常立寺(じょうりゅうじ)を訪れた時、「思いのまま」は満開でしたが、「紅梅」と「青軸(白梅)」はまだ咲いていませんでした。
今までも、3本のしだれ梅が咲き揃ったところを見たことがなかったので、今年3度目になりますが行ってみました。
さすがに「思いのまま」はピークを過ぎていましたが、「紅梅」は満開、そして「青軸」が大分咲いてきています。

Joryujisidareume110310
紅梅と思いのまま(後方)

Joryujisidareume1103102
青軸

Joryujisidareume1103103
3本のしだれ梅が咲き揃い

Joryujijizo110310
いつも同じアングルですが、つい撮りたくなってしまうお地蔵様

この後、龍口寺へ向かいました。

2011年3月 7日 (月)

雪の後の長谷寺

午前中、まさかの雪が降ってきて、我が家の周囲は真っ白に・・・
今日こそ銀世界の写真が撮れる?などと思っている内に、お昼には小雨に変わってしまいました。
その雨がほとんど上がってから、河津桜が気になっていた長谷寺へ行ってみました。
雪はホンの少ししか残っていませんでしたが、満開の紅白の梅と河津桜を見ることが出来て、満足、満足・・・

Hasederaumetosakura110307
満開の紅梅、白梅とピンクの河津桜

Hasederaumetosakura1103073
紅梅の枝振りが見事

Hasederaumetosakura1103072
妙智池の周囲は、サンシュユ、河津桜、紅白梅と春爛漫ですが、今日の雪が残っています

Hasederakawaduzakura110307
河津桜と山門

Hasederakawaduzakura1103072
だいぶ大きな木になってきました

Hasederakawaduzakura1103073
河津桜とミツマタのコラボ

Hasederahakumokuren110307
ほとんどの梅はピークを過ぎていて、次はハクモクレンの番です

Hasederakannondo110307
参詣客がまばらな観音堂

Hasederaumi110307
海も寒々としていますね

Hasederamitumata110307
鐘楼前のミツマタがかなり開いてきました

Hasederajizo110307
和み地蔵様の微笑みに心は温められて

Hasederajikoden110307
落ち着いた雰囲気の慈光殿

         ☆☆☆  おまけ  ☆☆☆

帰り道に駐車場で見かけた光景です。

Madonoyuki110307
フロントガラスに積もった雪がクルクルと巻きながら滑り落ちています
イチゴを芯にして、ロールケーキを作りたい♪

2011年3月 5日 (土)

光明寺~九品寺

来迎寺他の後、光明寺へ向かいました。
光明寺の参道へ左折しようとした時、右側に海が開けているので、ビックリしてよく見ると、今まであった建物(どんな建物か覚えていないのですが)がなくなって、コインパーキングになっていました。
そして、その駐車場の敷地から真正面に富士山が見えるではありませんか!
これからは海まで行かなくても、ここから富士山が見えるかどうかよく分かります。

Zaimokuzafuji110305
春の海と青空にポッカリ浮かんだ富士山

光明寺では、記主庭園へ向かう回廊の屋根が修理中でした。

Komyoji110305
飛騨の匠がお仕事中

本堂左側の廊下が通行止めだったので、右側から本堂裏を通って記主庭園方向へ回ってみると、今まで気づかなかった河津桜が満開でした。
ソメイヨシノは、まだ固い蕾のままですので、開花はいつになることでしょう。

Komyojisakura110305
河津桜(多分)が満開で、メジロが盛んに遊んでいました

Komyojisanmon110305
今年の観桜会は、4月でしょうか?
桜の開花とタイミングが合うといいですね

光明寺の後、九品寺に立ち寄ってみました。
境内に見事なボケがありますが、まだ固い蕾で開花までもうしばらくかかりそうです。

Kuhonjisanmon110305
こちらも山門の屋根の修理中

Kuhonjikobai110305
可愛いピンクのしだれ梅が咲いていました

来迎寺のミモザと竜巻の爪痕

気持ちよく晴れた土曜日、材木座方面へ行ってきました。
先ずは、来迎寺(らいこうじ)へ。
昨年12月3日の竜巻で被害を受けたというミモザが気になっていたのですが・・・

Raikojimimoza110305
メインの大木の枝が無残に折れてしまいました・・・crying
本堂は改修中です

Raikojimimoza100305
元気だった頃の見事なミモザ(2010年3月5日撮影)
ちょうど1年前の写真です

Raikojimimoza1103052
でも、根元から倒れてしまった隣の若木が元気なことが救い

Raikojimimoza1103053
慈母観音様が微笑んで

Raikojimimoza1103054
ミモザの蕾

Raikojisuisen110305
スイセンが陽を浴びて咲いています

同じ日に竜巻被害を受けたすぐそばの五所神社へ寄ってみました。
昨年は、春の八幡宮の大イチョウ倒木から年末の竜巻まで、鎌倉は受難の年でした。

Gosyojinjasando110305
参道の狛犬の間から可愛い坊やが走ってきました

Gosyojinjasinboku110305
神輿庫の屋根を直撃したご神木のイチョウ
枝が切り裂かれたように折れています

Gosyojinja110305
社殿と神輿庫

五所神社近くの実相寺門前に咲くミモザもきれいです。

Jisojimimoza110305
実相寺門前のミモザは、まだ若い木です

この後、光明寺、九品寺へ向かいます。

2011年3月 4日 (金)

宝戒寺の梅2011-3

鶴岡八幡宮の後、今シーズン3度目の宝戒寺へ。
しだれ梅は終盤を迎えていますが、思いのままがちょうど満開でした。
門前の豊後梅は、まだ咲き始めたところですので、梅の季節は長いです。

Hokaijisidareume110304
しだれ梅は、そろそろ終盤ですが、枝によってはまだきれいです

Hokaijiume110304
満開の思いのまま

Hokaijiume1103042
紅梅もまだ頑張っています

Hokaijimukuroji110304
沢山の実をつけたムクロジ(無患子)
実の中に一つの黒い種子があり、羽根つきの球になるそうです

Hokaijihakumokuren110304
開花が楽しみなハクモクレン

鶴岡八幡宮の河津桜

3月になっても、雨模様の日や寒い日が続いている鎌倉です。
今日もピリリと冷たい空気を感じますが、朝からスッキリと晴れ上がりました。

鶴岡八幡宮では、河津桜が見頃を迎えています。
まだ満開にはもう一歩というところで、昨年よりは10日以上遅れています。
河津桜はソメイヨシノより花期が長いので、しばらくの間は楽しませて貰えそうです。

Hachimangukawaduzakura110304

Hachimangukawaduzakura1103042
満開までもう少しの河津桜(カワヅザクラ)

Hachimangukawaduzakura1103043
旗上弁財天の河津桜も見頃です

Hachimanguoicho110304
大イチョウも元気そう

Dankazurasakura110304
段葛には、玉縄桜が咲き始めています

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »