Amazon

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

極楽寺~長谷方面

稲村ケ崎からの帰り道、極楽寺から長谷方面をブラブラと散歩。

極楽寺では、山門の工事中でした。

Gokurakujisanmon110130
シートに覆われた極楽寺の山門

御霊神社では、水仙と紅梅が咲いています。

Goryojinjasuisen110130
御霊神社の水仙

次は、長谷寺へ入ろうと思いましたが、観光バスから団体さんがドッと下りたので、門前だけ見てきました。

Hasederamonzen110130
3日は、節分会(せつぶんえ)です
正午から高砂部屋力士他のゲストが、福豆(豪華賞品が当たるくじ付き)をまきます

Hasederamonzen1101302
梅も咲き出しているようです

最後に光則寺へ。

Kosokujikobai110130

Kosokujiume110130
紅白の梅が咲いています

Kosokujirobai110130
ロウバイ

Kosokujikujaku110130
お馴染みクジャク一家
一番手前が子クジャクくん まだパパほど尾羽が色づいていませんね

稲村ケ崎からの富士山

サッカー・アジアカップの優勝に酔いしれて、かなり寝不足なはずなのに、何故かいつもよりスッキリと目覚めました。
今日は、午前中が快晴、午後から曇ってきたと思っていたら、風花が舞っています。
初雪と呼ぶほどでもないので、すぐにやむことでしょう。
冷たい風が吹く中、青空に誘われて稲村ケ崎へ行ってみました。

Inamuragasakifuji110130
富士山には少々雲がかかっていて残念!
風があったので、かなり高波でした

Inamuragasakienoshima110130
寒風の中でもサーファーが沢山います

Inamuragasakifuji1101302
高台からは、高波とは思えないのどかな風景が一望

Inamuragasakifuji1101303
ボート遭難の碑

2011年1月26日 (水)

安国論寺の紅梅

雨が全然降らないので、乾燥した日が続いている鎌倉です。
インフルエンザによる学級閉鎖も多いようです。
皆さんもお風邪などひかれませんように・・・

今日も穏やかに晴れました。
安国論寺では、本堂左側の紅梅が咲いています。
まだ蕾が沢山ありますので、満開になるのはもう少し先です。

Ankokuronjikobai110126
ピンクの可愛い梅
本堂右側の古い紅梅の開花は、毎年3月頃です

Ankokuronjikobai1101262
灯篭をバックに

Ankokuronji110126
冬の陽光を受ける本堂

Ankokuronjijizo110126
手水舎のお地蔵様には、小さな水仙がお供えされていました

2011年1月22日 (土)

今日の鶴岡八幡宮

最後に鶴岡八幡宮に寄ってみました。
源氏池畔の休憩所の梅がかなり花開き、池にはカモやユリカモメ等の水鳥が遊んで、のどかな早春の風情でした。

Hachimanguume110122

Hachimangugenjiike110122
沢山のハトや水鳥たちが遊んでいます

Hachimangubotan110122
神苑ぼたん庭園の寒牡丹も見頃のようですが、入口に長蛇の列が出来ていたので、次回に譲ることにしました

荏柄天神社の梅

鎌倉宮の次に荏柄天神社へ。
25日には初天神と筆供養が執り行われるのですが、毎年大混雑なので、今年は少し早めに梅の様子を見てきました。
(昨年の「初天神と筆供養」の様子は、こちらです)
受験シーズンとあって、参拝者が後を絶たない境内には、寒紅梅が咲き、白梅もポツポツと咲き始めています。
古代青軸は、まだほころび始めたところで、全体的な見頃はもう少し先になります。

Egaratenjin110122
受験生でしょうか? 頑張って!!

Egaratenjinkobai110122
鎌倉で一番早く咲く寒紅梅

Egaratenjinume110122
白梅はまだこれから

Egaratenjinume1101222
白梅越しに見る紅梅

Egaratenjinsuisen110122
水仙も暖かい日差しを浴びて

Egaratenjinmitumata110122
ミツマタのつぼみ

鎌倉宮の河津桜

寒かった昨日とは打って変わって、今日は朝から穏やかな小春日和。
鎌倉宮では、河津桜が咲き始めています。
見頃はまだ先ですが、”桜”という名を聞くだけでも春の訪れを感じます。

Kamakuragukawaduzakura110122

Kamakuragukawaduzakura1101222
河津桜(カワヅザクラ)

Kamakuraguhaiden110122
鎌倉宮のシンボルは、獅子頭

Kamakuragukobai110122
拝殿の鳥居前では、紅梅がほころび始めていました

2011年1月20日 (木)

常立寺のしだれ梅は・・・

江の島の帰りに、江ノ電・江ノ島駅の反対側にある常立寺(じょうりゅうじ)へ寄ってみました。
こちらのしだれ梅が見事なのですが、さすがにまだ早すぎると思いつつ・・・。

Joryujiume110120

Joryujiume1101202
予想以上に咲き始めていましたが、見頃はまだまだこれからです
(昨年は、2月14日に行っています。その時の記事はこちら

Joryujikobai110120
山門前の紅梅は、かなり咲いています

Joryujitubaki110120
紅梅のお隣には、沢山の椿

Joryujisendan110120
センダンの実

Joryuji6jizo110120
今日も六地蔵様が見守っておられました

真冬のチューリップ@江の島

今日は大寒、一年で最も寒さが厳しくなる頃ですが、江の島ではチューリップが花盛り。
見頃は、今月下旬頃までと聞いて、急いで行ってきました。

Enoshimaeki110120
江ノ電・江ノ島駅では、お馴染みのすずめさん達がお出迎え

Enoshima110120_2
江ノ島駅から徒歩5分ほど

Enoshimafuji110120
弁天橋から望む富士山

Enoshimamiyage110120
昔ながらのお土産屋さんが並ぶ参道

Enoshimamanju110120
食欲をそそるお饅頭の蒸気

長い石段を上って神社にお参りします。
江の島エスカー(350円)もありますが、なぜか上りのみで下りはなし。
エスカーを降りても、結構歩く距離があるので、高齢の方には少々厳しいかもしれません。

Enoshimaomamori110120
破魔矢と絵馬

Enoshimanakatunomiya110120
色鮮やかな中津宮

Yachtharbor110120
中津宮の近くからヨットハーバーを見下ろして

ようやくお目当てのサムエル・コッキング苑(入苑料200円)へ。

Enoshimatulip110120

Enoshimatulip1101202

Enoshimatulip1101203

Enoshimatulip1101204
特別に冷蔵保存された13種類15,000本のウィンターチューリップが美しさを競い合っています。
花弁が少々傷んでいるものもありましたが、殆どはまだきれいに咲いていました。

そして、展望灯台(昇塔料300円)へ。
(エスカー+サムエル・コッキング苑+展望灯台のセット券や江ノ電1日乗車券・のりおりくん等、お得な割引券もありますので、用途に合わせてご利用されてはいかがでしょうか?)

Enoshimatodai110120
展望灯台

Enoshimafuji1101202
展望台からは、360度のパノラマが広がっています
富士山には、雲がかかってきてしまいました

Enoshimaohashi110120
境川河口付近と江の島大橋
お天気の良い日は、東京スカイツリーも見えるらしいのですが・・・

2011年1月16日 (日)

浄光明寺の裏山からの眺望

海蔵寺の後、浄光明寺へ行きました。
こちらも海蔵寺と同じく、水仙が元気良く咲いています。
今日は、久しぶりに仏殿(本堂)と収蔵庫で、ご本尊・阿弥陀三尊像や地蔵菩薩像(矢拾地蔵)等を拝観しました。
また、受付の方のお勧めで、初めて裏山に上りましたが、大島が真正面に見えてなかなかの眺望でした。

Jokomyojisuisen110116
境内のあちらこちらに水仙が咲いています

客殿の後方を上って、仏殿と収蔵庫を拝観します。

Jokomyojiamibutuden110116
木立に囲まれた仏殿(拝観料200円)
拝観日時:木、土、日曜日、祝日の10時~12時、13時~16時
      (但し、雨天多湿の日と8月は拝観中止)

更に裏山に上って行きます。
ひとりだとチョット心細くてドキドキでしたが、受付の方に「お天気も良いし、全然怖いところはありませんから大丈夫!」と励まされて・・・

Jokomyojiurayama1101162
仏殿を見下ろして

Jokomyojiurayama110116
短いけれど、結構急な石段です

Jokomyojiinari110116
途中、稲荷社も見えてきました

Jokomyojiurayama1101163
一旦、平らな所へ出ると

Jokomyojiamihikijizo110116
やぐらの中に網引地蔵様がおられます
このお地蔵様は、鎌倉屈指の石仏で、漁師の網にかかり海から引き上げられたとの伝説から網引地蔵と呼ばれています

Jokomyojireizeitamesuke110116
更に落ち葉に埋もれた石段を上ると頂上に冷泉為相の墓がありました
冷泉為相(れいぜいためすけ)は、鎌倉歌壇の指導者で、母は「十六夜日記」の作者・阿仏尼、祖父は藤原定家です

Jokomyojioshima110116
為相のお墓の真正面に大島がくっきりと浮かび上がって見えます

浄光明寺は、現在はそれほど大きなお寺とはいえませんが、盛時には数百人の僧がいたという鎌倉有数の大寺だったそうです。
それだけに、国重文のご本尊・阿弥陀三尊像を始め、数々の文化財や伝説の宝庫です。
鎌倉検定の過去問題にもかなりの頻度で出題されていたと思いますので、これから受験される方にとっては要チェックのお寺でしょう。

海蔵寺の水仙

穏やかに晴れた日曜日、今年初めての海蔵寺へ。
冬の日差しを受け、沢山の水仙が咲いて、紅梅もほころび始めています。
早春の雰囲気が一杯の境内ですが、山門をくぐってすぐ左側にあった形のよいミツマタが無くなっていました。
ミツマタは、他にも何株かあるのですが、私の一番好きなものだっただけにとても残念です。

Kaizojisuisen110116

Kaizojisuisen1101162
明るい陽光の下、水仙が香ります

Kaizojikeidai110116
小春日和の境内 
緋色の野点傘も新調されたようですね

Kaizojikobai1101162_3
紅梅がポツポツほころび始めて

Kaizojioxalis110116
可愛いオキザリス(フヨウカタバミ)も咲いています

Kaizojimanryo110116
マンリョウ

Kaizojimitumata110116
姿を消してしまったミツマタ(2010年3月撮影)

Kaizojishoro110116
鐘突きの綱もピカピカの新品でした

2011年1月10日 (月)

早春の雰囲気漂う大巧寺

本覚寺のお隣、大巧寺を覗いてみました。
ツバキが咲き始め、ロウバイが甘い香りを放って、境内は早春の雰囲気が漂っています。

Daigyoji110110
寒さよけをして樹木を守ります

Daigyojirobai110110
ロウバイ

Daigyojikinkan110110
爪の先ほどの可愛いヒメキンカン

Daigyojiboke110110
ボケ

本覚寺の本えびす

今日もよく晴れましたが、北風が冷たい日でした。
商売繁盛の神「えびす様」が祀られた本覚寺では、恒例の「鎌倉えびす」が賑やかに行われました。
元日から3日までが「初えびす」、10日の今日が「本えびす」と呼ばれています。
三連休の最終日で、境内は大混雑でした。

Hongakujiebisudo110110
よいお天気に恵まれて

Hongakujihonebisu110110
本堂にお参りする人達の列が長く続きます

Hongakujihonebisu1101104
正午からは年男や福娘さん達による「福餅つき」が夷堂前で始まります

Hongakujihonebisu1101103
皆さん、いい笑顔ですね♪
今年も3臼のお餅がつかれ、参詣客に振る舞われます

Hongakujihonebisu1101105
縁起物の「福笹」

Fukumusume110110
「商売繁盛、お祈り申し上げます!」
今年は、少しでも景気がよくなりますように!!

Hongakujihonebisu1101106
福餅を戴こうと長蛇の列が出来て、ますます大混雑です
私は、まだ一度も戴いたことがないので、来年は並んでみようかと毎年思うのですが・・・

Hongakujikobai110110_2 
本堂横の紅梅が、かなり咲き出しています

Hongakujikobai1101102
分骨堂そばの紅梅もポツポツ咲いて

Jinrikisya110110
「有風亭」青木さんの人力車が止まっていました

2011年1月 9日 (日)

寿福寺境内公開中

三連休の中日、鎌倉駅周辺は観光客で溢れていました。
買い物ついでに、お正月とゴールデンウィークだけ境内に入れる寿福寺を覗いてみました。

Jufukujisando110109
わずかに紅葉の残る参道

Jufukujisando1101092
フカフカの苔に木漏れ日が注いで

Jufukuji110109
普段は山門より中に入れません

Jufukuji1101095
立派な柏槇(ビャクシン)に囲まれて

Jufukuji1101092

Jufukuji1101093
仏殿を間近に見られるチャンスです

Jufukuji1101094
境内から山門、参道、総門が一直線

Jufukujiume110109
梅がほころび始め

Jufukujimanryo110109
マンリョウが艶やかな実をつけています

寿福寺で梅が咲き始めていたので、お隣の英勝寺の門前の梅を見るため、足を延ばしました。

Eishojiume110109

Eishojiume1101092
毎年、こちらの梅はとても早く咲くのですが、まだ1~2分咲きくらいでしょうか?
暖かい日が続くと一気に花開くかもしれませんね。

2011年1月 7日 (金)

腰越漁港~七里ガ浜の富士山

年末年始は、時間が経つのが早く感じられ、アッという間に7日になってしまいました。
初詣は別にして、今年最初の鎌倉散歩をどこから始めようかと考え、富士山を見に行くことに。
家を出てしばらく歩いてから、望遠レンズを忘れたことに気付いたのですが、取りに帰るのも面倒なので諦めました。
ドジな性格は、新年も相変わらずです。
今日はいつもの稲村ケ崎ではなく、4日に漁師さんたちの仕事始めの儀式「船祝い」が行われた腰越漁港に行ってみました。
久しぶりに江ノ電に乗ると、車内はガラガラに空いていました。

Enodenyori110107
江ノ電の車中より
稲村ケ崎駅と七里ガ浜駅の間で富士山が見えてきました!

腰越駅で下車、海へ向かいます。

Koshigoefuji110107
腰越漁港からの富士山

Koshigoeenoshima110107
そして、江ノ島

Koshigoefuji1101072
ここからは、富士山と江ノ島が離れて見えます

Koshigoegyokou110107
漁船がズラッと並んで

漁港を出て、小動神社(こゆるぎじんじゃ)へお参り。

Koyurugijinja110107
小動神社の鳥居

Koyurugijinja1101074
太くて立派なしめ縄

Koyurugijinjasuisen110107
入口で水仙が出迎えてくれました

Koyurugijinja1101072
こちらでも一年の無事を祈ります

Koyurugijinja1101073
展望台から腰越港と江ノ島を一望

帰りは海沿いを歩いて・・・

Koshigoe110107
颯爽とサイクリング

Shichirigahama110107
七里ガ浜で、砂浜に下りました

Inamuragasaki110107
ジョギングする人たちと上空をゆったり旋回するトンビ
稲村ケ崎が見えてきました

風は少々冷たくても、快晴の下、気持ちのよい散歩始めでした。

2011年1月 1日 (土)

今年もよろしく!!

新年おめでとうございます。
2011年のお正月、いかがお過ごしでしょうか?
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

風もなく、穏やかに晴れ上がった元日の鎌倉です。
今年も、先ずは鶴岡八幡宮へ初詣。
昨年は参拝客が少なくて驚いた記憶がありますが、今年は30分ほど出足が遅かったためか、午前7時半頃到着したところ、かなりの人出で賑わっていました。

3notorii110101
穏やかな青空の下、初詣(午前7時30分頃)

Hachimangu110101

Hachimangu1101012
屋台も沢山出て、賑やかです

Hachimangu1101013
昨年のお正月には、大銀杏も健在だったのですが・・・
まだ大石段の上り規制は始まっていません

Hachimanguromon110101_2
楼門をくぐってお参り

Hachimanguomamori110101
沢山のお守りやお札、破魔矢が並びます

Hachimangugenpeiike110101
源平池には、薄っすらと氷が張っていました

Dankazurasuisen110101
段葛には、水仙が咲きだして

Yamanakazaimokuten110101
お馴染み「山中材木店」さんの材木に描かれた干支
柔らかなタッチです!

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »