Amazon

« 北条氏常盤亭跡 | トップページ | 収玄寺のフヨウ »

2010年8月20日 (金)

長谷寺の良縁地蔵様

連日の酷暑に息をひそめていたため、更新が滞ってしまいました。
今日は平年並みの気温だそうですが、とても涼しく感じます。

長谷寺の「和み地蔵様」が「良縁地蔵様」になったと、まっちゃん4649さんから教えていただき、早速参拝してきました。
最近、耳を疑うような児童虐待の事件が相次いでいます。
縁あって家族になったはずなのに、その絆を一方的に断ち切るような振る舞いには、赤の他人の私でも胸が痛み、怒りが込み上げてきます。
また、高齢者の所在不明続出も信じられない出来事。
折角の縁を「悪縁」でなく、「良縁」にしたいものと願いつつ・・・。

Hasederajizo100820
上境内への途中の良縁地蔵様

Hasederajizo1008202
眺望散策路の良縁地蔵様

Hasederajizo1008203
経蔵横の竹林の中の良縁地蔵様

Hasederanagomijizo100820
こちらは「和み地蔵様」のまま
残りのノウゼンカズラが髪飾りのよう

花の寺でもある長谷寺、今はややピークを過ぎたもののサルスベリ、ハス、ムクゲ、キキョウ等の夏の花達が境内を彩っています。

Hasederasarusuberi100820
本堂のサルスベリ

Hasederasarusuberi1008202
鐘楼前
Hasederasarusuberi1008203
山門横のサルスベリ

Hasederahasu100820
ハス

Hasederamukuge100820
ムクゲ

Hasederayuri100820
鉄砲百合

Hasederakyozo100820
経蔵は只今工事中です

Hasedera100820
陽気な外国人観光客が一斉にカメラを構えて・・・

« 北条氏常盤亭跡 | トップページ | 収玄寺のフヨウ »

鎌倉散歩・夏(6~8月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんばんは!

私もまっちゃん4649さんのブログで拝見しましたが
長谷寺のお地蔵様に素敵なお名前ができたのですね♪
良縁地蔵様にあやかって、温かい縁が増えるとよいですね!
夏の長谷寺もキレイなお花でいっぱいなのですね~。
ノウゼンガズラと和み地蔵様、とっても素敵な一枚☆

ちゃるこさん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪

良縁地蔵様、和み地蔵様、どちらも心がほっこり温かくなるような
お顔ですよね。
和み地蔵様と記念撮影をしている人が沢山いましたが、私には
ノウゼンカズラが髪飾りのように見えたので、横から撮ってみましたwink
長谷寺は、四季折々のお花が絶えないところも大きな魅力ですね。

みなさん、こんばんは♪
勤め人の悲しさで、妙に忙しい(?)時期だったもので、休日もチャチャチャっとblogを更新しては眠ってしまうような生活をしておりまして・・・
・・・って、何いいわけしてるんだか(><);

ところで、北条氏常盤亭跡、ちょっと見てきましたが、なかなかあの先へ分け入ってゆくのはキツイですね。
まさかとは思いますが、マムシも産卵期が近づいており、ひとりで草むらは、正直怖いんです。
協力者を得てから探検してまいりますm(__)m

イリヤさん、リンクありがとうございました♪

まっちゃん4649さん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪

北条氏常盤亭跡へ早速下見(?)にいらしたのですね。
平地も草木が生い茂っているし、細く寂しい山道もありで、
男性でもひとりでは気持ち悪いですよね。
探検して下さるのは嬉しいのですが、マムシにかまれたりしたら
大変ですので、無理をされません様に!
お断りもせずリンクさせていただきました。
この酷暑の中、お忙しい日々をお過ごしのようで、どうぞご自愛
下さいませhappy01

始めまして。 突然で失礼いたしますが、お願いがあります。
8・20・2010にPostされている おじそうさんの写真が大変気にいっておりまして、是非当方のWebsiteのHomeに使わせて頂きたく。 ご許可願えますか?

先ずは、小林さんのWebsiteのURLを教えて戴けませんか?
どのようなsiteで、どの写真をどのような目的でお使いになりたいのか
明確にして戴かないとお答えいたしかねます。

まだ作成中なのでURLはございません。ライフコーチング・ヒプノセッション・人生相談 等のサイトになります。使わせて頂きたい写真は 良縁地蔵の2、3枚です。一枚持っているのですが、貴方の写真の角度も解像度も素晴らしく撮れているので 拝借したいと考えている次第です。必要であれば構想のスクリーンショットでもお送りしますのでメイルにてお返事頂きたく。 

小林さん、申し訳ありませんがご希望に添いかねます。
もっと素晴らしい写真が沢山あると思いますので
他の方にご依頼下さい。
悪しからずお許しくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北条氏常盤亭跡 | トップページ | 収玄寺のフヨウ »