Amazon

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

また来年まで、さようなら・・・

8月最終日の今日、2ヶ月にわたって開かれていた鎌倉海水浴場が閉鎖されます。
そういえば、今年はあまりの暑さに昼間海へ行っていなかったことを思い出し、チョットした買い物がてら由比ヶ浜海岸まで足を延ばしました。
雲が多目とはいえ、歩くと汗が噴き出してきます。
それでも海風は心地よく思えました。
9月になっても、まだまだ暑さは続きそうですが、取りあえず夏の海にさようならを言いました。

Yuigahamakaigan100831
ライフガードの方々のお陰で無事故だったそうです
お疲れ様でした!!

Yuigahamakaigan1008312

Yuigahamakaigan1008313

Yuigahamakaigan1008314
私は貢献できませんでしたが、今年は海の家も大繁盛だったことでしょう

Yuigahamakaigan1008315
134号線沿いにハイビスカスが咲いていました 

2010年8月28日 (土)

稲村ヶ崎夕景

昼間は暑くて散歩をする気にならないため、夕方久しぶりに稲村ヶ崎へ行ってみました。
同じ様な思いの人が多いようで、海浜公園は大勢の人達で賑わっています。
影富士を撮影しようというカメラマンも多く、皆さん三脚を立ててスタンバイ。
私がいたのは、17:30頃~18:20頃でしたが、金色に輝く夕陽を堪能する事が出来ました。
海風が結構強く、カメラを持つ手が震えましたが、家の中にいるより涼しく感じました。

Inamuragasaki100828
江ノ島方面  風が強いので波があります(17:30頃)

Inamuragasaki1008282
稲村ヶ崎海浜公園方面

Inamuragasaki1008283
富士山がうっすらと顔を出して(17:40頃)

Inamuragasaki1008284
18:00頃になると富士山のシルエットがハッキリしてきました

Inamuragasaki1008285
ボート遭難の碑の徳田兄弟像も夕陽に手を振って

Inamuragasaki1008286
18:20頃

Inamuragasaki1008287
さぁ、家路へ・・・

2010年8月20日 (金)

収玄寺のフヨウ

長谷寺の後、収玄寺の前を通りかかると、フヨウがきれいに咲いていました。
写真は道路沿いの花で、境内のフヨウはまだこれからです。

Shugenjifuyo100820
フヨウ(芙蓉)

Shugenjisarusuberi100820
少々ピークが過ぎたサルスベリ

長谷寺の良縁地蔵様

連日の酷暑に息をひそめていたため、更新が滞ってしまいました。
今日は平年並みの気温だそうですが、とても涼しく感じます。

長谷寺の「和み地蔵様」が「良縁地蔵様」になったと、まっちゃん4649さんから教えていただき、早速参拝してきました。
最近、耳を疑うような児童虐待の事件が相次いでいます。
縁あって家族になったはずなのに、その絆を一方的に断ち切るような振る舞いには、赤の他人の私でも胸が痛み、怒りが込み上げてきます。
また、高齢者の所在不明続出も信じられない出来事。
折角の縁を「悪縁」でなく、「良縁」にしたいものと願いつつ・・・。

Hasederajizo100820
上境内への途中の良縁地蔵様

Hasederajizo1008202
眺望散策路の良縁地蔵様

Hasederajizo1008203
経蔵横の竹林の中の良縁地蔵様

Hasederanagomijizo100820
こちらは「和み地蔵様」のまま
残りのノウゼンカズラが髪飾りのよう

花の寺でもある長谷寺、今はややピークを過ぎたもののサルスベリ、ハス、ムクゲ、キキョウ等の夏の花達が境内を彩っています。

Hasederasarusuberi100820
本堂のサルスベリ

Hasederasarusuberi1008202
鐘楼前
Hasederasarusuberi1008203
山門横のサルスベリ

Hasederahasu100820
ハス

Hasederamukuge100820
ムクゲ

Hasederayuri100820
鉄砲百合

Hasederakyozo100820
経蔵は只今工事中です

Hasedera100820
陽気な外国人観光客が一斉にカメラを構えて・・・

2010年8月11日 (水)

北条氏常盤亭跡

円久寺から鎌倉駅方面へ歩いて数分の処に「北条氏常盤亭跡(ほうじょうし ときわのていあと)」があります。
こちらは、世界遺産登録候補地のひとつに挙げられています。
いつもはよく手入れされていますが、今日は夏草が生い茂っていました。

Hojoshitokiwateiato1008112
夏草や つわものどもが 夢の跡 (芭蕉)

Hojoshitokiwateiato100811
国の指定史跡でもあります

Hojoshitokiwateiato1008113
そばには、ホウセンカや赤・黄のオシロイバナが咲いていました

円久寺のサルスベリ

立秋が過ぎ、心なしか厳しい暑さが和らいできたような気がします。

常盤の円久寺では、サルスベリが今や満開!
今年は特に花付きがよくて、見事に咲き誇っています。
春のしだれ桜、夏のサルスベリ、秋のコスモス・・・と楽しませて貰えるこちらのお寺は、観光客が行く場所ではないので、普段は墓参の方が殆ど、たまにカメラを持った方と遭遇する程度です。

Enkyujisarusuberi100811

Enkyujisarusuberi1008112

Enkyujisarusuberi1008113
満開のサルスベリ

2010年8月 8日 (日)

鶴岡八幡宮のぼんぼり祭り

残暑お見舞い申し上げます!
昨日が立秋ですので、暦の上ではもう秋ですね。
今日は曇りで気温は30℃以下でしたが、夕方になっても蒸し暑いのは相変わらず。
夕涼みがてら、鶴岡八幡宮のぼんぼり祭り(6日~9日)に行ってきました。
到着したのは午後6時頃でまだ明るく、大勢のカメラマン達がぼんぼりに灯りがともされるのを待っています。
鎌倉の夏の風物詩としてすっかり定着したこのお祭り、ちょうど日曜日と重なって、境内は暑い昼間よりも賑わっていました。

Bonborimaturi100808
400基近いぼんぼりが並びます

Maiden100808
舞殿では、「今様 白拍子」 が演じられていました

Bonboritsuchida100808
土田直敏さんは、今年亡くなった「井上ひさしさん」の似顔絵を

Bonborisuzuki100808
ダイナミックな「ひまわり」は、鈴木英人さん

Bonborimaturi1008082
午後6時半に巫女さん達の手で、ぼんぼりに灯りがともされます

Bonborimaturi1008083
灯りがともされると雰囲気が盛り上がります

Bonborimaturi1008084
大石段の両側にもぼんぼりが飾られて

Bonboriishiodori100808
暗闇に浮かび上がる石踊紘一さんの「蓮」

Bonborimaturi1008085
暗くなるに連れ、ますます賑わってくる境内

2010年8月 4日 (水)

本興寺のサルスベリ

安国論寺の後、本興寺に立ち寄ってみました。
年初頃から始まった本堂工事は、まだ完成していません。
それでも本堂前のサルスベリは、元気に花を咲かせていました。
満開までは、もう少しでしょうか?
工事のお邪魔をしてはいけないと思い、ササッと撮って失礼しました。

Honkojisarusuberi100804
今年も元気な百日紅

Honkojisarusuberi1008042
工事中の本堂前 

盛夏の安国論寺

今日も真夏日ですが、安国論寺の境内は緑が濃く、木陰はホッとするほど涼しいです。
周囲の音といえば、降り注ぐ蝉時雨のみ・・・。

Ankokuronji100804
蝉時雨に包まれる本堂

Ankokuronjifujimidai100804
富士見台に上ってみましたが、残念ながら雲にさえぎられて富士山は見えませんでした

Ankokuronjishaka100804
ギボウシとミソハギも暑さでお疲れ気味?

2010年8月 2日 (月)

長谷裏通りにて

長谷裏通りにある高徳院駐車場(寺院関係者用)にも、立派なサルスベリが植えられています。
いつもは門が閉まっているのですが、今日通りかかったら運良く開いていて、見事に満開の姿を見ることが出来ました。

Kotokuinsarusuberi100802

Kotokuinsarusuberi1008022
満開のサルスベリ

2010年8月 1日 (日)

本覚寺のサルスベリが満開!

八幡宮の後、数日前に訪れたばかりの本覚寺へまた行ってしまいました。
客殿前、分骨堂そばのサルスベリがまさに満開で、見事の一言でした!

Hongakujisarusuberi100801
夷堂と満開のサルスベリ

Hongakujisarusuberi1008014
灯籠越しに

Hongakujisarusuberi1008012
客殿前の全体像

Hongakujisarusuberi1008013
本堂の屋根と

Hongakujisarusuberi1008015
分骨堂そばも満開

Hongakujisarusuberi1008016
鐘楼そばのサルスベリは淡い色で、満開にはもう少しかかりそうです

鶴岡八幡宮の蓮とその後の大銀杏

酷暑の8月がスタートしました。
源平池のハスとその後の大イチョウの様子を見に、しばらく振りに鶴岡八幡宮へ行ってきました。
まず源平池ですが、平家池には白ばかり、源氏池には紅白のハスが沢山咲いています。
まだ蕾も多く見られますので、当分楽しめると思います。

Hachimangu100801
暑さのためか日曜日なのに参詣客は少な目です
ぼんぼり祭り(6日~9日)の準備が始まっていました

Hachimanguhasu100801 

Hachimanguhasu1008015

Hachimanguhasu1008013
紅白のハスが咲き乱れる源氏池

Hachimanguhasu1008012

Hachimanguhasu1008014
白いハスで一杯の平家池

さて、その後の大イチョウ。
先日テレビでも紹介されていましたが、倒木してから5ヶ月近く経った今、移植された大イチョウはとても順調に育っています。

Oicho100310
衝撃の倒木(3月10日)

Oicho100419
移植後約1ヶ月(4月19日)

Oicho1008012
ひこばえがフサフサに(8月1日)

Oicho100801
子ども達の応援メッセージが書かれた大絵馬

Oichoeda100801
再生事業へ寄付(1口1,000円)をして、記念に大銀杏の小枝を戴きました。
5,000セット用意され、7月31日まで配布予定と聞いていましたが、今日はまだありました。

Hachimangumaturi100801
毎月一日のお祭りで、神官さん方が本宮から境内を巡っておられました

Hachimangumaturi1008012
深緑の中に巫女さんの朱の袴が映えます 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »