Amazon

« 本覚寺のサルスベリ | トップページ | モミジアオイ »

2010年7月26日 (月)

終盤のノウゼンカズラ@妙本寺

今日の最後は妙本寺へ。
鬱蒼とした深緑に包まれた参道を歩くと、真夏であることを忘れそうな涼しさです。
殆ど参詣客のいない境内には、名残のノウゼンカズラが揺れていました。

Myohonjinozenkazura100726

« 本覚寺のサルスベリ | トップページ | モミジアオイ »

鎌倉散歩・夏(6~8月)」カテゴリの記事

コメント

ふだん使う言葉も、その意味や語源を調べてみるとあらためて驚くことがあります。
『名残』という言葉もまさにそれです。
でも言葉(特に日本語や中国語)は、時代とともに使われ方が変化して行きます。
そういう奥の深さが、鎌倉不思議探偵団ですね♪

・・・解散しませんよ、ひとりになっても(><);

まっちゃん4649さん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪

まっちゃん4649さんのお陰で、『名残』は当て字で、語源は『余波』
→『波残り』の短縮、変化した言葉ということを知りました。
さすが、鎌倉不思議探偵団の団長さん、勉強になりますflair

妙本寺のノウゼンカズラ、山門が修理中ということもあって、
今年は一回しか写しませんでした。
真夏の太陽が照りつける中、ひっそりとした境内に咲くノウゼンカズラがいいですね。
参道の涼しさは格別で、冷気が吹き抜けていく感じですね^^

dekimaroさん、度々のコメントありがとうございます♪
寿福寺の参道と同様、妙本寺の参道も、暑さを忘れてホッと
させて貰えますね。
私も2本のノウゼンカズラが同時に咲いている時にもう1度行く
つもりだったのですが、この暑さと山門工事中ということで、
見合わせてしまいました。
でも、最後の花に出会えてよかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本覚寺のサルスベリ | トップページ | モミジアオイ »