Amazon

« 収玄寺にて | トップページ | 第62回鎌倉花火大会 »

2010年7月19日 (月)

石上神社の例祭「御供流し」

今日も朝から暑い一日でした。
毎年「海の日」は、御霊神社の境内にある石上(いしがみ)神社の例祭が執り行われます。
このお祭りの特徴は、古くから伝わる「御供(ごく)流し」神事が行われることです。
昔、御霊神社の前浜沖にあった巨石に多くの船が座礁し、多数の人命が奪われました。
海神の怒りと悟った村人は、これを曳き上げその上部を祀って石上神社と称しました。
「御供流し」神事とは、海神の霊を鎮め、遭難した人々の霊を慰めるため、御供(神前に供えた赤飯)を海上に流すものです。
御神輿と神官さんを乗せた船の周囲を若者達が守るように泳いでゆきます。

Ishigamireisai100719
13時40分頃、坂ノ下海岸に到着すると既にお祭りは始まっていました

Ishigamireisai1007192
御神輿と神官さんを乗せた船が出発
今日は風が強く波が高いので心配です

Ishigamireisai1007193
遙か沖合で、御供流しが行われているようです
囃子連ともう1艘の船も付き添い、周囲に泳いでいる人達の頭が見えます

Umi100719
私は海浜公園の木陰から海を見ていました

Umi1007192
明後日には花火大会が行われる由比ヶ浜海岸

Komyoji100719
対岸に見えるのは、光明寺の山門と本堂の屋根

Ishigamireisai1007194
40分ほどで、御神輿の乗った船が戻ってきました

Ishigamireisai1007195
神官さんは背負われて無事帰着

Ishigamireisai1007196
少し遅れて、囃子連の船も帰ってきました 

Ishigamireisai1007197

Ishigamireisai1007198
御神輿が安置されました
神官さん、囃子連、完泳された方々が戻られる度に拍手が起こります
とにかく皆さん無事に戻られて一安心

« 収玄寺にて | トップページ | 第62回鎌倉花火大会 »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
息子と二人、由比ガ浜で海遊びしていたら太鼓の音が聴こえ、
坂ノ下方面を見てみたら大漁旗を翻したこの船が見えました。
石上神社の例祭だったんですね。
遠めにも厳かな神事に見えたのですが、浮かれたビーチと対照的だな~と思ってました。
強風で波が高く、監視所から何度も注意の呼びかけがあった一日でした。
無事に神事を終えることが出来てよかったですね。

ひでばたさん、コメントありがとうございます♪
豆太郎さんと由比ヶ浜にいらしたんですか・・・
楽しい海遊びだったでしょうねhappy01
御神輿を乗せた船の周囲をヨットやウィンドサーフィン等が走って
新旧のコラボの妙を感じました。
風が強くて、船が転覆しはしないかとハラハラでしたが、神様の
ご加護があるので、取り越し苦労だったかもしれませんね。

イリヤさん、こんにちは♪
昨日の朝、逗子マリーナさんのライブカメラを覗いていましたら
富士山がくっきりと見えて、海の日に相応しいお天気のようでしたが
風が強く白波が立っていたのですね。
神官さんはじめ、皆さんご無事でなによりでした。
明日は鎌倉花火大会ですね。私も空を見上げてみます(*^-^*)

ローズ☆リラさん、コメントありがとうございます♪
日曜日の朝も、海辺ではなかったのですが、富士山を見ました。
このお祭りの頃は、結構高波の日が多いので、見守っているだけでドキドキします。
花火大会は、お天気がよくても強風や高波で中止という事があります。
明日は穏やかなお天気になりますように・・・
ローズ☆リラさんも、もうすぐ鎌倉にいらっしゃるんですよね?
とっても暑いので、気を付けて下さいねwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 収玄寺にて | トップページ | 第62回鎌倉花火大会 »