Amazon

« 八幡宮の菖蒲祭と藤 | トップページ | ようやく満開!安養院 »

2010年5月 8日 (土)

光則寺の白藤と子クジャク

昨日の雨も上がり、行楽日和の週末となりました。
光則寺の参道には、今年も楽しみにしていた白藤が咲き出しています。
そして、甘い香りに誘われて山門近くへ行くと、バナナのような香りを放つカラタネオガタマがヒッソリと咲いていました。
もうひとつジャスミンのような香りのするニオイバンマツリも楽しみにしていましたが、今年はまだ全然咲いていなくて蕾のままでした。

Kosokujifuji100508
満開までにはもう少しの白藤

Kosokujikarataneogatama100508
甘い香りを放つカラタネオガタマ(唐種小賀玉)
山門手前にも境内にも咲いています

Kosokujibanmaturi100508
ニオイバンマツリ(匂い蕃茉莉)の蕾  見頃は10日ほど先?

花の寺・光則寺には、他にも春から初夏の花が一杯咲いています。
勿論、新緑もきれいでした。

Kosokujitutuji100508
ツツジと新緑

Kosokujikodemari100508
コデマリ(小手鞠)  八重咲きも咲いています

Kosokujiyabudemari100508
ヤブデマリ(藪手鞠)

Kosokujikirisimatutuji100508
キリシマツツジ

Kosokujisiran100508
シラン(紫蘭)

Kosokujisyakunage100508_2
シャクナゲ

Kosokujimiyakowasure100508
都忘れ

Kosokujikaedenomi100508
プロペラのようなカエデの実

Kosokujiyamafuji100508
見事な山藤がズッと広がっていますが、遠すぎて撮れません

そして、久しぶりにクジャク舎へ寄ってビックリ!!
昨年9月に誕生したベビーが、ママさんと同じくらい大きく立派に成長していました。
お寺の方のお話では、「昨年、卵を6個産んだが、孵って1週間から1ヶ月で皆死んでしまった。最後に産まれたこの子だけがとても元気で、生後3日目に木に止まっていて本当に驚いた。まだピヨピヨ鳴いているのに時々、扇のような羽を広げる」ということでした。
他の兄弟の分まで元気に育ってほしいですね。

Kosokujikujaku100508
大きくなった子クジャク
どう見ても男の子だと思うのですが、お寺の方は「まだ分からない」 と・・・

« 八幡宮の菖蒲祭と藤 | トップページ | ようやく満開!安養院 »

鎌倉散歩・春(3~5月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんばんは。
リクエストにお応えいただき、恐縮です。
今の時期の光則寺は、色々な花が咲いて綺麗ですよね。
中でも楽しみにしているのが、ニオイバンマツリですが、
今年はまだのようですね。
お寺の方にまで確認していただき、ありがとうございましたhappy01
来週末辺りに行ってみようかと思います。
カラタネオガタマは見た目は地味ですが、バナナケーキのような
甘い香りに、思わず場所を探してしまいます^^;
孔雀の子供も、元気そうでなによりです。

dekimaroさん、こんばんは!
光則寺は近所ですので、どうぞお気兼ね無くご用命下さいhappy01
私もニオイバンマツリと白藤の咲き具合が気になっていました。
寺務所前にお寺の方がいらしたので、お声をかけた処
花の咲き具合の問い合わせが多いが、その年によって
大分違うので答えようがないとおっしゃっていました。
その後、クジャクの話になり、結構盛り上がってしまいました。
本当にカラタネオガタマは、見た目と香りにギャップがありますよねsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八幡宮の菖蒲祭と藤 | トップページ | ようやく満開!安養院 »