Amazon

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

長勝寺の桜

安国論寺から近くの長勝寺へと足を延ばしました。
こちらのお寺も、境内が桜で埋まるので、毎年この季節を楽しみにしています。
まだ少し早いかと思った桜でしたが、かなり咲いていて、多くの人達の目を楽しませてくれました。

Choshojisakura100330
日蓮上人像や四天王像が並ぶ本堂前

Choshojisakura1003302
日蓮上人もお花見?

Choshojisakura1003303
まだこれからが本番の桜

Choshojisakura1003304
四天王の後から

Choshojisakura1003305
境内から山門を見て 

安国論寺のしだれ桜が満開

安国論寺の境内では、見事なしだれ桜が満開です。
紅白咲き分けの源平しだれ桃は、まだ蕾の状態で、きれいに咲くのはあと10日ほど先でしょうか?
門前のしだれ桜も咲き始めていました。

Ankokuronjisidarezakura100330

Ankokuronjisidarezakura1003302
境内のしだれ桜

Ankokuronjisidarezakura1003303
山門前のしだれ桜

Ankokuronjimitubatutuji100330
ミツバツツジ 

本興寺のしだれ桜は・・・

光則寺を出て、長谷観音前からバスに乗り、下馬で下車。
安国論寺へ向かう途中、大町四つ角を右折して、本興寺に立ち寄ってみました。
1月から本堂の工事中でしたが、まだ終わっていません。
ちょうど休憩中の職人さんにお話を伺うと、「屋根を全て葺き替えるので、まだ当分かかる」とのことでした。
本堂前の紅しだれ桜は、順調に咲き始めていますが、満開になったからと大勢が押し掛けては、お仕事の邪魔になりそうな気がします。

Honkojisidarezakura100330
咲き始めの紅しだれ桜

Honkojisidarezakura1003302
しばらく工事が続きそうです

光則寺のしだれ桜と海棠

今日は、朝から快晴です。
前回はお天気も悪く、境内に入らなかった光則寺へまた行ってきました。
参道の桜が大分咲き、山門前のしだれ桜は見事に満開になっています。
お目当ての海棠(カイドウ)の蕾もかなりふくらんで、境内が一気に華やいで来ました。

Kosokujimomosidarezakura100330
参道の桃越しに見えるしだれ桜

Kosokujisidarezakura100330

Kosokujisidarezakura1003302
満開のしだれ桜

Kosokujikaido100330
蕾のふくらんで来た海棠

Kosokujisidarezakura1003303
土の牢前から見下ろすしだれ桜
望遠レンズを持っていなかったので小さいですが、写真上方に海と光明寺の山門が望めます。
この後、安国論寺、長勝寺方面へ向かいました。

2010年3月29日 (月)

本覚寺のしだれ桜-再び

東慶寺の後、鎌倉駅に戻り、数日前に訪れたばかりの本覚寺へ。
前回は、5~6分咲きだったしだれ桜が、見事に満開になっています。
真っ青な空から徐々に雲が多くなってしまいましたが、もう一度このしだれ桜を見ることが出来てよかったです。

Hongakujisidarezakura100329

Hongakujisidarezakura1003292

東慶寺のしだれ桜が見頃

晴れたり曇ったり雨が降ったり・・・と、忙しくお天気が変わる日です。
午前中、晴れ間の出ている内に東慶寺へ。
本堂前へまっしぐらに進むと、期待通りの美しいしだれ桜が出迎えてくれました。
冷たい風に身を縮めていたのですが、この桜を見た途端、すっかり寒さを忘れてしまうほど嬉しくなりました。
他にも、彼岸桜、緋桃、水仙、ミツマタ等、春爛漫の東慶寺です。

Tokeijisidarezakura100329

Tokeijisidarezakura1003292

Tokeijisidarezakura1003293
しだれ桜

Tokeijisakuramomo100329
彼岸桜と緋桃
彼岸桜は、盛んに散っていましたが、まだきれいです。 

2010年3月26日 (金)

解禁はされたけれど・・・

今年も3月11日にしらす漁が解禁されましたが、水温が低かったり、海が荒れたり・・・
三郎丸さんでは、まだしらすが獲れていないようです。
今日も、海まで散歩の帰りにお店をのぞいてみましたが、わかめを売っているだけでした。

Sakanositakaigan100326
今日の坂ノ下海岸
この後、徐々に晴れてきました。

Saburomaru100326
鎌倉しらす直売「三郎丸」さん 

御霊神社の緋桃

御霊神社の桜は、まだ咲き始めたばかりです。
緋桃(ヒモモ)が鮮やかに咲いていましたが、上半分はまだこれから。
桜と緋桃の両方が満開になると、鬱蒼とした境内が華やかに彩られます。

Goryojinjahimomo100326

Goryojinjahimomo1003262
緋桃(ヒモモ)

Goryojinjasakura100326_2
咲き始めたばかりの桜 

光則寺のしだれ桜

真冬のような冷たい雨が2日間続き、今日も午前中は雲の多い日でした。
光則寺では、参道の桜が咲き始め、桃が満開です。
門前のしだれ桜は、満開までもう少しでした。
何人ものカメラマンが三脚を立てたり、スケッチをする人も数人いて、なかなか思うようなアングルで撮れません。
空も暗かったので境内には入らず、早々に引き上げてしまいました。
青空の日に満開のしだれ桜を撮りたいものです。

Kosokujisakuramomo100326
参道の桜と桃

Kosokujisidarezakura100326

Kosokujisidarezakura1003262
しだれ桜

この後、長谷寺の前を通りがかったのですが、境内のしだれ桜は、まだ全く咲いていないようでした。

Hasedera100326
門前から失礼!!
  <追記
長谷寺のしだれ桜は、今年植え替えたそうで、4月1日現在も咲いていませんでした。

2010年3月23日 (火)

妙本寺の桜と海棠は・・・

本覚寺の後、妙本寺へ。
こちらの桜は例年遅めなので、あまり期待はしていなかったのですが、思いの外咲き出していました。
でもまだ1~2分咲き程度でしょうか?
海棠(カイドウ)もまだ殆ど蕾です。
幼稚園児達が境内を元気に駆け回っている姿が微笑ましかったです。

Myohonjisakura100323

Myohonjisakura1003232

Myohonjisakura1003233
咲き始めの桜

Myohonjikaido100323
海棠もこれからが楽しみ

Myohonjisinryoku100323
新緑がまぶしい季節ももうすぐ

本覚寺のしだれ桜が見頃

昨日は絶好の散歩&撮影日和でしたが、残念ながら用事があり、今日午前中に本覚寺、妙本寺に行ってみました。
明日は、また冷たい雨の予報です。

本覚寺のしだれ桜が、きれいに咲いていて、多くのカメラマンに囲まれていました。
満開までは、もう数日かかりそうです。
他にも、レンギョウ、水仙、ヒマラヤユキノシタ等、春の花が見頃を迎えています。

Hongakujisidarezakura100323

Hongakujisidarezakura1003232

Hongakujisidarezakura1003233
満開までもう少しのしだれ桜

Hongakujirengyo100323
レンギョウ

Hongakujisuisen100323
水仙

Hongakujihimarayayukinosita100323
ヒマラヤユキノシタとクリスマスローズ

2010年3月20日 (土)

椿とスモモ

暖かな陽気ですが、一日中、強い風が吹き荒れています。
庭の椿が一斉に咲き、スモモも満開となって、すっかり春めいてきました。

Tubakiaka1003202

Tubakisiro100320

Tubakiotome100320

Tubakiaka100320

Tubakipink100320

Tubakisibori100320
咲き競う椿達

Sumomo100320_2
満開のスモモ

2010年3月17日 (水)

安国論寺~別願寺

今日は、晴れたり曇ったり・・・気温は低めでした。

安国論寺の古木の紅梅を今年は見逃してしまいました。
今は淡い黄色の水仙が境内を彩っています。
桜が咲き始めていて、今から満開が楽しみです。

Ankokuronjisuisen100317
水仙

Ankokuronjisidarezakura100317
桜は咲き始め

Ankokuronjisansyu100317
サンシュユ(以上、安国論寺)

安国論寺から鎌倉駅方面へ戻る途中、別願寺のハクモクレンが目に入りました。
こちらは、立派な山藤で有名なお寺です。
近くで見たハクモクレンは、満開を過ぎて、茶色く変色してしまっている花びらもあり、少々残念でした。

Betuganjihakumokuren100317
別願寺のハクモクレン

2010年3月15日 (月)

宝戒寺のハクモクレンと椿

鶴岡八幡宮の後、宝戒寺に寄ってみました。
昨日の貞宗寺と同様、こちらのハクモクレンも満開です。
先ずは本堂をゆっくりお参りし、梅が終わって閑散とした境内をのんびり歩きました。
椿も色々な種類があって、毎年楽しみにしています。

Hokaijihakumokuren100315

Hokaijihakumokuren1003152
満開のハクモクレン
昨日ほど真っ青な空でないのが残念です。

Hokaijitubaki100315
天水鉢に浮かべられた色とりどりの椿

大イチョウの移植中

10日に倒れた鶴岡八幡宮の大イチョウは、根元部分が上部と切り離されて、移植作業が行われています。
「15日にも公開される見通し」と新聞で読み、様子を見に行ってきました。
でも、作業の進捗が遅れているようで、周囲は厳重に白いシートで覆われたまま。
拝殿にも正面からは上れず、左右の階段から行かれるようになっています。

Oicho1003152
大石段下の西側に移植されている大イチョウ
左側にも太い幹が見えますが、右側が根元部分(高さ4m)です。
Hachimangu100315
楼門横から舞殿を見下ろして・・・
西側からも上からも、作業の様子は一切見えないように覆われています。

Hachimangu1003152
上宮から神官さん方が下りてこられました。
今まであった大イチョウがないのが寂しいです。

2010年3月14日 (日)

満開のハクモクレン@貞宗寺

久しぶりに晴れの週末を迎えた鎌倉です。

植木にある徳川家ゆかりのお寺、貞宗寺(ていそうじ)は隠れた花の名所です。
今年は梅の季節を逃してしまいましたが、ハクモクレンの様子を見に行ってみると、ちょうどよいタイミング!
遠くからも、真っ白なかたまりが目に飛び込んで来ました。
咲いてから少し経つとすぐに茶色く変色してしまうハクモクレンですが、光り輝くような姿で出迎えてくれました。

Teisojihakumokuren100314

Teisojihakumokuren1003142

Teisojihakumokuren1003143
満開のハクモクレン(白木蓮)

Teisojisuisen100314
優しい色合いの水仙

Teisojimitumata100314
ミツマタと竹林   

今月末には、シモクレン(紫木蓮)、ボケ、ショカッサイ等が見られることと思います。

2010年3月12日 (金)

大巧寺の寒緋桜が見頃

今日の鎌倉は、雲が多目ながらも晴れ。
今週末は、久しぶりにお天気に恵まれそうです。

大巧寺(だいぎょうじ)の境内は、寒緋桜を始め、椿やボケ、ヒマラヤユキノシタ等が見頃を迎えて、春の雰囲気を醸し出しています。

Daigyojikanhizakura100312

Daigyojikanhizakura1003122
寒緋桜(カンヒザクラ)
2枚目のバックは、お隣の生涯学習センターです。

Daigyojihagoromo100312
沢山の種類の椿がありますが、これは「羽衣」

Daigyojitubaki100312
椿「卜伴(ボクハン) 別名 月光」

Daigyojirozefurora100312
親指の先くらいの大きさの椿「ロゼ・フローラ」

Daigyojimitumata100312
ミツマタ

Daigyojiboke100312
ボケ

Daigyojirikyubai100312
利休梅はこれから      

2010年3月11日 (木)

一瞬のテレビ出演?

日本テレビの”ズームイン!!SUPER”のスタッフの方から依頼を受けて、元気な頃の八幡宮・大イチョウの写真を送付しました。
11日朝の番組で下記の写真が使用されましたので、一応記念としてUPしておきます。
一瞬のテレビ出演(?)でしたが・・・smile

Oicho100101
2010年元旦 撮影

Oicho081207
2008年12月7日 撮影

友人が大イチョウを見たいというので、再度行ってきました。
根元には、白いビニールシートが掛けられていて、前日より多くの観光客に見守られていました。 

2010年3月10日 (水)

さようなら 大イチョウ・・・

本日(10日)早朝、鶴岡八幡宮のシンボルともいえる大イチョウが倒れてしまいましたsweat02
昨日は午後から雪やみぞれとなり、かなり強い風が吹いていました。
今朝になって、徐々にお天気は回復してきたものの強風は変わらず・・・。
午前4時40分頃、「ドン」という大きな音に警備員の方が外に出て、大イチョウが根元から折れているのを発見されたとのこと。
怪我人が出なかったのが幸いでした。
雪を含んだ強風にあおられ、1000年もの風雪に耐えてきた老木も、とうとう寿命が尽きてしまったのでしょう。

お昼のニュースを見てビックリし、大イチョウにお別れしようと八幡宮に向かいました。
舞殿の辺りから柵に囲まれて、関係者以外は近寄れないようになっていましたが、無惨な姿で横たわる大イチョウを目にすると切ない気持ちに襲われました。
源実朝を暗殺した甥の公暁が隠れたといわれる大イチョウ・・・数々の歴史の生き証人(証木?)の最期に「長い間お疲れ様」と心の中で声をかけました。

Hachimanicho100310 

Hachimanicho1003102

Hachimanicho1003103
無惨に横たわる大イチョウ(樹齢推定1000年、高さ約30m、幹の周り6.8m)
すぐそばの狛犬は無事のようです。

08hachimanicho100310_2
一昨年の黄葉
昨年は上半分が落葉してしまい、最後の美しい黄葉は見られませんでした。

大イチョウは残念でしたが、寒桜、大島桜がきれいに咲いていて、心が慰められました。

Hachimankanzakura100310
太鼓橋そばの寒桜

Hachimanoshimazakura100310

Hachimanoshimazakura1003102
旗上弁財天の大島桜

2010年3月 8日 (月)

たい焼き なみへい

雨の休日が明け、今日は久々に晴れ間が出ました。

今年の元旦にオープンした長谷の「たい焼き なみへい」さん。
何度か近くを通りながら、なかなか買うチャンスがなかったのですが、数日前にようやく行ってきました。
江ノ電・由比ヶ浜駅から徒歩3分、鎌倉文学館入口の角にあります。

店頭に「一丁焼き たい焼き」と貼り紙があるのですが、どういう意味か分かりませんでした。
一匹ずつ鉄の鋳型で焼き上げるのが「一丁焼き」で、普通のたい焼きは一度に六匹焼けるそうです。
それだけ手間をかけて焼いているのですね。
店内には喫茶スペースがあり、この日も観光客らしい数人が、たい焼きを美味しそうに頬張っていました。
私はテイクアウトしたのですが、熱々の焼きたてを持って帰ったので、折角のパリッとした皮が柔らかくなってしまって残念でした。

Namihei100308
店頭で実演販売中

Taiyaki100308
つぶしあん(150円)とゴマあん(170円)
塩味が利いたハッキリ味のあんでした。

店内は、柱時計や椅子などレトロな雰囲気でまとめられています。
中でも一際目を引いたのが、戦前に作られたというレジスター。
お許しを得て、写真を撮らせていただきました。

Namiheireji100308
今でも使えるそうですが、お金の単位が「円・銭」だとか・・・

若きオーナー濱田さんのブログからは、「一丁焼き たい焼き」に対する並々ならぬ心意気が感じられます。
ちなみにお店の名前は、サザエさんのお父さんとは無関係のようです。

2010年3月 5日 (金)

光明寺の今年の観桜会は・・・

来迎寺の後、光明寺へ。
今年の観桜会は、今月27日(土)・28日(日)のようです。
境内の桜は、まだ固いつぼみのままですが、3週間後はどうでしょうか?
楽しみです。
2008年の観桜会の様子は、こちらをご覧下さい。

Komyojiposter100305_2
山門上から満開の桜を楽しめます!

Komyojisomon100305
総門横に掲げられた本日のお言葉
「生命を捨てる 勇気があれば 何とかできるさ なにごとも」

Komyoji100305
境内全体が桜花で包まれる日が待たれます

来迎寺のミモザが見頃

今年は、よく雨が降ります。
明日から水曜日までも、rain マークが並んでいます。
今日は薄日が差し、風もない穏やかな日だったので、また材木座の来迎寺(らいこうじ)へ行ってみました。
前回訪れてから約2週間、メインの大きなミモザが大分咲いてきて、見頃を迎えていました。
普段静かなこのお寺も、ミモザの季節は訪れる人が多く賑わっています。

Raikojimimoza100305

Raikojimimoza1003052_2 

Raikojijibokannon100305
ミモザと慈母観音像

来迎寺の近くにある実相寺。
こちらの門前のミモザは、まだ若木ですがきれいに咲いています。

Jisojimimoza100305
実相寺のミモザ

2010年3月 1日 (月)

東慶寺の梅

今日の最後は、北鎌倉で一番好きなお寺、東慶寺です。
前回訪れてから大分経つので、梅はもう終わりかと思いましたが、しだれ梅等まだこれから見頃を迎える木も沢山あります。
ウグイスがさえずる中、ゆっくりと境内を散策するのに相応しい陽気でした。

Tokeijisanmon100301
満開の梅が出迎えてくれます

Tokeijiume100301

Tokeijiume1003012

Tokeijiume1003013

Tokeijiume1003014

Tokeijisanmonume100301
様々な梅達

Tokeijisansyu100301
満開のサンシュユ

Tokeijimitumata100301
ミツマタ       

浄智寺のミツマタが見頃

亀ヶ谷坂は、「崖崩れ注意」の札があって工事中でした。
怖いので、急いで通り過ぎたら息切れが・・・

浄智寺では、本堂の横に紅白のしだれ梅があります。
白梅は大分散っていましたが、紅梅はまだ蕾が沢山あり、見頃はこれからでした。
ミツマタが満開で、黄色の可愛いポンポンのような花が沢山咲いています。

Jochijiromon100301
すっかり見慣れて馴染んだ鐘楼門

Jochijikobai100301
しだれの紅梅は、これからが楽しみ

Jochijimitumata100301
満開のミツマタ   

海蔵寺の梅

早くも3月ですね。
バンクーバーオリンピックが閉幕しました。
選手の皆さん、感動をありがとう♪

このところ雨の日が多い鎌倉ですが、今日は晴れて暖かかったので、海蔵寺、浄智寺、東慶寺を廻ってみました。

まずは、扇ガ谷の海蔵寺へ。
梅はアップで見るとピークを過ぎてしまいましたが、少し離れればまだきれいに咲いています。
ミツマタは、2分咲きくらいでしょうか。
これからが楽しみです。

Kaizojiume100301

Kaizojiume1003012

Kaizojimitumata100301
ミツマタ

Kaizojiasebi100301
馬酔木(アセビ)

この後、亀ヶ谷坂を越えて、北鎌倉へ向かいます。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »