Amazon

« 節分の長谷寺 | トップページ | 番外編・・・南房総で花摘み »

2010年2月 5日 (金)

浄妙寺の梅が見頃

朝は薄い氷が張って、ピリリとした空気を感じました。
でも、気持ちのよい青空が広がっています。
午後から浄妙寺と報国寺へ出かけてみました。
時間があるときは歩くのですが、今日は鎌倉駅から往復 bus で。
片道15分くらいで、浄明寺バス停に到着です。
お寺は”浄寺”、住所は”浄寺”と、ややこしいですね。

        追記 ≪ご参考≫
「かまくら子ども風土記」の「浄明寺」の項には、「昔は浄妙寺と書きました。浄妙寺があるので、その名前になったのでしょう。いつごろから『妙』を『明』の字に改めたかはっきりしませんが、明治時代の初め神道を重んじて仏教を退けようとしたところ、村の名に寺の名がついているのをはばかって変えたともいいます」とあります。

浄妙寺は、私の大好きなお寺ですが、中でも梅の季節が一番美しいと思います。
境内では、紅、白、ピンクの梅がちょうど見頃を迎えていました。
私が到着した頃は、それほど多くの参詣客がいませんでしたが、その内、何組かの団体さんがみえて賑やかになりました。
この週末辺りは、かなり混雑するのではないかと思われます。

Jomyojiume100205

Jomyojiume1002052

Jomyojiume1002054

Jomyojiume1002053

Jomyojiume1002055

浄妙寺の後、報国寺にも立ち寄りましたが、こちらにはあまり立派な梅の木はありません。
桜の季節が楽しみです。

Hokokujiume100205
報国寺の白梅が満開

« 節分の長谷寺 | トップページ | 番外編・・・南房総で花摘み »

鎌倉散歩・冬(12~2月)」カテゴリの記事

コメント

お寺と同じ字を使っては申し訳ないとの気持ちから、
地名のほうは、『妙』ではなく『明』の字を使ったような話しを
聞いたことがありますが・・・
・・・違うのかな(^^)??

まっちゃん4649さん、コメントありがとうございます♪
おっしゃる通りのようですね。

ご参考までに「かまくら子ども風土記」の「浄明寺」の項には、「昔は浄妙寺と書きました。浄妙寺があるので、その名前になったのでしょう。いつごろから『妙』を『明』の字に改めたかはっきりしませんが、明治時代の初め神道を重んじて仏教を退けようとしたところ、村の名に寺の名がついているのをはばかって変えたともいいます」とありました。

ちょとだけご無沙汰でした。
浄妙寺の梅も、本格的に咲いているようですね。
先日自分が訪れた時は、紅梅はまだ咲き始めでしたが、見事ですね。
この週末は所用で撮影に行けなかったので、鎌倉の梅が気になっています^^;

dekimaroさん、こんばんは。
コメントありがとうございます♪
浄妙寺は、ちょうどよいタイミングでした。
鎌倉もアチラコチラの梅が見頃を迎えているようですが、
私もこの週末は、出かけそびれてしまいました。
でも、桜よりも梅の方が花期が長いので、もうしばらく
楽しめるのではないでしょうかhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 節分の長谷寺 | トップページ | 番外編・・・南房総で花摘み »