Amazon

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

安国論寺の梅

昨日は久々に小雨が降りましたが、今日は晴れて、歩いている時は上着がいらないくらいでした。
安国論寺の本堂左側の紅梅が、ほぼ満開になっていて驚きました。
淡いピンクの可愛い梅です。
本堂右側の古木の紅梅は遅咲きなので、まだ固いつぼみのままでした。

Ankokuronjikobai100129

Ankokuronjikobai1001292 

2010年1月28日 (木)

サスケストア・鎌倉

昨年12月、佐助1丁目(旧法務局前)の信号のすぐそばに「サスケストア・鎌倉」がオープンしました。
三浦半島で採れた旬の野菜や近海で獲れた鮮魚がメインで、イタリアの食材も色々揃ったこだわりのお店。
そして、まっちゃん4649さんご推薦の三浦のパン屋「充麦 (みつむぎ)」さんのパンもあります。
パンは数が少ないので、予約をしておいた方がよさそうですが・・・。
私も早速、野菜、魚、パン(バケット、パンオルヴァン)等、買ってみましたが、さすが全てが新鮮で美味しかったです。
スーパーとも「鎌倉市農協連即売所(レンバイ)」とも、ひと味違うストアの出現は、地元民として大歓迎!
銭洗弁財天へのお参りの帰りがけにでも、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

営業時間・・・10時~19時
定休日・・・水曜日
向かいの月極駐車場内に専用Pあり
tel:0467-61-1430   fax:0467-61-1428

(写真掲載の許可は戴いています)

Sasukestore100128_3
コンパクトなお店です

Sasukestore1001282_2
ラックに入った野菜達

Sasukestore1001283_2
ショーケースにはマグロや卵、イタリアのチーズ等が

Sasukestore1001284_2
ピカピカ新鮮野菜
手前は、イタリア野菜・ロマネスコ(カリフラワーの仲間)

Sasukestore1001285_2
イタリアの食材も色々

2010年1月25日 (月)

初天神と筆供養@荏柄天神社

鎌倉宮から荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)へは、徒歩5分ほどで到着。
毎年1月25日には、10時30分から「初天神」、それに引き続き「筆供養」が行われます。
境内は、既に多くの人で一杯でした。
鎌倉で一番早く咲くといわれる寒紅梅は、さすがにかなり咲いています。

Egaratenjinmon100125_2
幔幕と提灯も梅の紋様

Egaratenjinkobai100125
見事に咲いた寒紅梅

Egaratenjinkobai1001252
太鼓が鳴らされ、いよいよ今年最初の天神様のお祭り「初天神」が始まります。

祝詞、お祓い、玉串奉てんの後、古筆を供養し、字の上達や学問の向上を願う「筆供養」が始まりましたが、カメラマンの人垣が出来て、 中の様子が全然見えません。
絵筆塚の近くから見下ろすと煙が立ち上って来ました。

Egaratenjinfudekuyo100125
境内を埋め尽くす人

Egaratenjinfudekuyo1001252
神官さんが人混みを分けて退出

Egaratenjinfudekuyo1001253
煙る神輿庫と紅梅

Egaratenjinfudekuyo1001254
ようやく人が散らばって、燃えさかる筆を見ることが出来ました。

Egaratenjinfudekuyo1001255
沢山の絵馬が掛けられています。
折しも今日は甥っ子の高校入試の日とあって、私も長蛇の列に並んで神妙に参拝しました。

Egaratenjinkobai1001253

鎌倉宮の河津桜

今日も午前中は風もなく穏やかに晴れ上がりました。
荏柄天神社の筆供養に行くために出かけたのですが、その前に鎌倉宮の河津桜の様子を見に行ってきました。
期待通り濃いピンク色の河津桜が出迎えてくれて、思わずニッコリ!
河津桜は、ソメイヨシノより花期が長いので、しばらくは楽しめそうです。

Kamakuragukawaduzakura100125

Kamakuragukawaduzakura1001252
河津桜

Kamakuraguslope100125
昨年出来たスロープ
足の弱い方も、楽に拝殿でお参りできますね。
鶴岡八幡宮にも、このようなスロープがあれば、多くの参拝者に喜ばれることでしょう。
ノンビリしている内に、時間が迫ってきたので、荏柄天神社へ急ぎます。

2010年1月24日 (日)

東慶寺~浄智寺

穏やかな小春日和の日曜日。
久しぶりに訪れた北鎌倉は、多くの観光客で賑わっていました。

東慶寺では、紅梅、白梅が咲き出しています。
ほぼ満開の紅梅もありましたが、全体的には、まだまだこれから。
沢山の梅の木が次々花開く東慶寺は、長期間にわたって楽しませて貰えるお寺です。

Tokeijikobai100124
一番咲いている紅梅

Tokeijiume100124

Tokeijiume1001242
白梅も負けずに咲き出して・・・

Tokeijimitumata100124
ミツマタの蕾と水仙

Tokeijisiromanryo100124
シロミノマンリョウ(白実の万両)

Tokeijijizo100124
お地蔵様には、センリョウをお供え

東慶寺を出て、浄智寺へ。
曇華殿(どんげでん)前では、盛大な法要が行われていて、写真を撮るのもはばかられましたが、係りの方は「どうぞ、真ん中を通って下さい」と、他の参詣客にも気を遣っておられました。
青空にロウバイが美しく映えていました。

Jochijirobai100124
ロウバイ

Jochijipirakansa100124
ピラカンサ

Jochijihotei100124
「鎌倉七福神」のひとつ、布袋様のお腹を撫でて、元気をいただきます。
この視線と人差し指の先が気になるところ。
   
   

2010年1月15日 (金)

鶴岡八幡宮の寒牡丹

今朝は、庭に置いてあったバケツの水に薄い氷が張っていました。
そんな寒さの中、鶴岡八幡宮の神苑「ぼたん庭園」では、寒牡丹が見頃を迎えています。
今日も多くのカメラマンや観光客が訪れていました。
藁囲いに守られて可憐に咲く牡丹を見ていると、早春の喜びが湧いてきます。
入園料は500円で、見頃は2月下旬頃まで。

Hachimangukanbotan100115

Hachimangukanbotansiro100115

Hachimangukanbotanpink100115

Hachimangukanbotansibori100115

Hachimangukanbotan1001152
彩り豊かな牡丹(ボタン)

Hataagebenten100115
ぼたん庭園からの旗上弁財天

Hachimanguume100115
梅もほころんできました

         ☆☆☆ おまけ ☆☆☆

帰りに立ち寄った英勝寺門前の梅も咲き始めています

Eishojiume100115

2010年1月10日 (日)

本覚寺の本えびす

暖かな晴天に恵まれ、本覚寺では「鎌倉えびす」が盛大に行われました。
商売繁盛の神「えびす様」のお祭りで、元日から三が日が「初えびす」、10日の今日が「本えびす」と呼ばれています。
この日が、本覚寺では一年で最も賑わいますが、今日は三連休の中日にあたったためか境内は例年以上の大混雑でした。

Hongakujihondo100110
本堂にお参りするにも長蛇の列

Hongakujifukuzasa1001102

Hongakujifukuzasa100110
縁起物の「福笹」
商売繁盛や家内安全を願って・・・ 

午前11時からの祈祷が終わると、正午からは年男や福娘さん達による「福餅つき」が夷堂前で始まりました。

Hongakujiebisudo100110
「福餅つき」が始まるのを待つカメラマン達

Hongakujimochituki100110

Hongakujimochituki1001102
メインイベント「福餅つき」
この後、「福餅」が参詣客に振る舞われますが、その行列が郵便局側の山門まで続いていました。 

Hongakujinigirifuku100110
人気のお守り「にぎり福」 500円
頭の上に「愛・健・財・学・福」の五文字の内、一文字が書かれていて、これを毎日握ると御利益があるそうです。
手書きなので、ひとつひとつ表情が違います。
どの子と目が合うか・・・探すのも楽しみの内。

Hongakujikyakuden100110
客殿も美しく装って
日蓮上人の分骨堂がある本覚寺は、「東身延」と呼ばれています。

2010年1月 7日 (木)

新装の成就院

御霊神社のあと、成就院に行ってみました。
参道から望む由比ヶ浜の景色は相変わらず。
久しぶりに本堂にお参りしてみると、屋根が新しく葺き替えられていて、光り輝いているようでした。

Jojuinsando100107
参道からの由比ヶ浜

Jojuinhondo100107
屋根が新しくなった本堂

Jojuinhondo1001072
本堂のガラスに青空と山門が映り込んで・・・

Jojuinmanryo100107
マンリョウ

御霊神社

一歩外に出るとピリリとした冷気を感じますが、風もなく穏やかな晴天です。

鎌倉七福神」のひとつ、御霊神社(ごりょうじんじゃ)には、いつもより多くの参拝客が訪れていました。
早くも可愛い紅梅がほころび始めています。

Goryojinja100107
社殿

Goryojinja1001072
大きなタブの木に覆われた境内

Goryojinjakobai100107
紅梅

鎌倉七福神」とは?
北鎌倉;浄智寺(布袋尊)
鎌倉駅周辺;鶴岡八幡宮(弁財天)・宝戒寺(毘沙門天)・妙隆寺(寿老人)・本覚寺(夷神)
長谷;長谷寺(大黒天)・御霊神社(福禄寿)

2010年1月 5日 (火)

新春の浄光明寺

そして最後は、浄光明寺へ。
訪れる人も殆どなく、清々しい境内で落ち着けました。

Jokomyojisanmon100105
新春の雰囲気漂う山門

Jokomyojifudodo100105
不動堂にも提灯が飾られて

Jokomyojisazanka100105
サザンカ

Jokomyojihakumokuren100105
ハクモクレンのつぼみが春の訪れを告げてくれます

Jokomyojiinarisai100105
浄光明寺境内「泉ヶ谷稲荷 創建200年祭」のポスター
2月7日(日)午前11時~  雨天の場合は、2月11日(木)

お正月の海蔵寺

寿福寺の次は、今年も何度も足を運ぶであろう海蔵寺へ向かいました。
境内では、マンリョウが元気で、水仙や紅梅はまだまだこれから。
昨年も同じ頃訪れましたが、もっと多くの水仙が咲き、ロウバイや紅梅もほころんでいたようです。

Kaizojisanmon100105
山門と本堂には、「海蔵寺」の提灯が下がっていました。
でも、お馴染みの赤い野点傘が見えないのが寂しいです。
強風のためにしまってあるのでしょうか?

Kaizojimanryo100105_2
マンリョウ(万両)

Kaizojisuisen100105

Kaizojikobai100105
これからが楽しみな水仙、紅梅

Kaizojimitumata100105
ミツマタもつぼみです

寿福寺本堂公開中

気温は高いのに、かなり強い風が吹く中、扇ガ谷方面を散策しました。
先ずは、鎌倉五山・第三位の寿福寺へ。
山門内非公開になって久しい寿福寺ですが、お正月の期間は(何日までかは分かりませんが・・・)境内に入ってお参りできます。
三が日は混雑したかと思いますが、今日は訪れる人も少なく、しばしの間は私一人だけの贅沢な空間を楽しませていただきました。

Jufukujisando100105
総門からまっすぐ伸びた石畳の参道

Jufukuji100105
本堂 
鎌倉市の天然記念物に指定されているビャクシン(柏槇)に囲まれて

Jufukujibyakusinhana100105
初めて見たビャクシンの花

Jufukujimanryo100105
マンリョウ

2010年1月 1日 (金)

元日の富士山

初詣の後、一旦帰宅してから稲村ヶ崎へ。
海に近づくに連れ風が強くなって来て、カメラを持つ手も震えます。
残念ながら雲がかかっていましたが、今年初の富士山を見ることが出来ました。

Inamurafuji100101

Inamurafuji1001012
風が強くかなり波が高いです

Sakanositakaigan100101
坂ノ下海岸

おめでとうございます!

新年おめでとうございます。
昨年は多くの方にお出で戴き、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

全国的に荒天の予報でしたが、風も殆どなく穏やかな元旦を迎えた鎌倉です。
今年も、先ずは鶴岡八幡宮へ初詣。
大石段の上り規制が始まらない内に午前7時頃到着するよう出かけました。

不況で神頼みする人が増えるかと思ったのですが、意外にも例年より大分人出が少なく感じました。
もっと遅い時間帯には、混雑してきたのでしょうが・・・

Dankazura100101
人出もまばらな午前7時頃の段葛

Kagurahajimesiki100101
舞殿では神楽始式が行われ、八乙女の舞が奉納されたところでした

Hachimangu100101
規制もなく、悠々と大石段を上って

Hachimangu1001012
お参りを済ませます

Hatuhinode100101
楼門前で、初日の出を撮ろうと携帯を構える人達
東京の日の出は、6時51分

Hachimangu1001013
帰り際には、朝陽が木々を輝かせていました

Yamanakazaimokuten100101
若宮大路「山中材木店」さんの材木に描かれた干支の絵
今年の虎も、お見事です!

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »