Amazon

« 稲村ヶ崎からの富士山 | トップページ | 本覚寺と大巧寺 »

2009年11月 8日 (日)

鎌倉巡空@光則寺

日頃、芸術とは縁遠い生活を送っている私ですが、たまには”芸術の秋”を満喫しようと光則寺を訪れました。
今、「第4回鎌倉芸術祭」参加企画で、5つの寺院を舞台に6人の作家による「art project  鎌倉巡空」が展開されています。
光則寺では、柳井嗣雄氏が、土牢前に楮(こうぞ)、麻と土牢そばの井戸水を使って和紙を漉き、地表を覆い尽くしています。

Kosokujituchiro091108
いつもは寂しい土牢への道も、今は訪れる人が多く、一人でも怖くありません

Jirei091108
作品「地霊」の解説

Jirei0911082
中央にいる誰かが見えますか?
「降り積もった雪のように白く植物繊維が広がる地表。ひとつだけ土牢内の日朗聖人の座像と向き合うように盛り上がる突起」←解説より

Jirei0911083
日朗聖人が幽閉されたといわれる土牢とその前に広がる作品
せっかくの芸術作品も、凡人の私には少々難解でした。

Kosokujihondo091108
本堂の周辺は色づき始めています

Kosokujitachibana091108
橘(タチバナ)の実

Kosokujiwabisuke091108
侘助椿「初雁・ハツカリ」
他にも、サザンカ、マンリョウ、ツワブキ、ノコンギク等が見られます。
そして、クジャク舎へ。

Kosokujikujaku091108
クジャクの母子
ベビーは、前回より一回り大きくなり、尾羽の色が濃くなったようです。
頭の上に黒い冠(?)が見えますが、お寺の方のお話では、雌雄が判別できるのは、1~2年後とか。
どちらにしても元気そうで何よりでした。

« 稲村ヶ崎からの富士山 | トップページ | 本覚寺と大巧寺 »

鎌倉散歩・秋(9~11月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんにちは。
クジャクのベビー、こんなに大きくなってるんですね♪

オスのように見えますが、1~2年先まで雌雄が判別できないなんて、ちょっとしたトリビア(死語?)ですね!?

イリヤさん、おはようございます♪
光則寺の作品、すごいですね。芸術家の方の発想には
本当に、驚かされます。
土牢ですが、2回、トライしましたけれど、いずれも
途中棄権!!木の柵が、ちらっと見えたあたりで、こ、こ、怖い!
一人だと、無理だと思いました(涙)
この時期、白い椿が咲いているんですね。 清楚でステキ!
何だか、ほっとしますね♪
孔雀の親子、再会が楽しみです...*(^-^)*

まっちゃん4649さん、こんにちは!

クジャクの雌雄判別が、1~2年後というのは、
素人が見ても分かるのは・・・という意味かと思いますが?
私は、前回メスかな?と思っていたのですが、今回は
オスかな?と・・・smile
今度、まっちゃん4649さんの眼でご覧下さいねhappy01

ローズ☆リラさん、こんにちは!

地表に紙を漉くなんていう発想が驚きですよねsign02
「地霊」「非在の視覚化」・・・何となく気持ちは
伝わって来ましたが・・・
土牢までの山道は、昼なお暗くて一人だと上っていく
勇気が出ませんね。
昨日は、沢山の人達が上り下りしていたので、
賑やかでした。
霊的なものを感じさせて貰った後、侘助やサザンカ等を
見るといつも以上に癒されました。
やはり私には芸術よりお花の方が合っているようですcoldsweats01
クジャクベビーの成長が楽しみですね♪

自分も土曜日に光則寺へ行ってきました。
境内のカエデもオレンジ色に色付き始めて、いい雰囲気でしたね。
このアート展は実は知らなかったのですが、せっかく来たので覗いてみました。
確かにちょっと不思議な雰囲気でしたが、これもアートなのでしょうね^^;
この土牢までの坂道は女性一人では勇気がいるかもしれませんが、
早春に墓地の梅が見渡せるポイントでもあります^^

dekimaroさん、こんにちは!

光則寺の墓地の梅は見事ですね♪
親戚のお墓参りに行きますが、墓地内では撮影禁止に
なりましたね。

最近は、お寺さんでのイベントが多くなりました。
長谷寺での”art project”、昨年は銀燦堂でしたが、
今年は赤銅色の経蔵だそうですね。
土曜日の長谷の市の時に見たいと思っています。

イリヤさん、こんにちは。

光則寺でこのようなイベントがあったのですね!
土牢の辺りは怖いので、一人では行きづらいですが
このアートは観てみたかったです。
クジャクの親子も元気そうでよかったです♪
早く拝みに行かなくては~(^O^)

ちゃるこさん、こんばんは!

この”art project”は、15日(日)まで
やっていますよ。
チョット不思議な空間ですが・・・

そういえば、クジャクベビーには、まだ名前が
無かったようなweep
雌雄が判別したら、付けられるのでしょうか?
今度会いに行ってあげて下さいねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲村ヶ崎からの富士山 | トップページ | 本覚寺と大巧寺 »