Amazon

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

長勝寺の紅葉

次に行った長勝寺でも、法華三昧堂の前のカエデが真っ赤に色づいています。
イチョウはピークを過ぎて、葉が舞い散っていました。

Choshojikoyo091128_2

Choshojikoyo0911282
法華三昧堂前の紅葉

Choshojiicho0911282
法華三昧堂の屋根とイチョウ黄葉

Choshojiicho091128
山門と黄葉

Choshojiicho0911283

安国論寺の紅葉

風は少しあるものの暖かな晴天の一日、名越方面に行ってきました。
安国論寺の門前のイチョウは、殆ど葉を落としてしまいましたが、本堂前の紅葉が見頃です。

Ankokuronjikoyo091128_3

Ankokuronjikoyo0911282
鮮やかな紅葉

Ankokuronjisazanka091128
サザンカと青空と

Ankokuronjiicho091128
境内のイチョウはまだ元気です!

Ankokuronjikoyo0911283
富士見台への上り口の紅葉は、あと10日ほど先が見頃でしょうか?

Ankokuronjifujimidai091128
富士見台からは、今日は残念ながら富士山は見えませんでした
正面が稲村ヶ崎、左端にはこのあと行く長勝寺の本堂の屋根が見えます

Ankokuronjisando091128
山門から見る境内

2009年11月27日 (金)

長寿寺の紅葉

”一眼レフカメラでの撮影禁止”の看板に、スゴスゴ引き返してから早くも一年が経ちました。
(その時の記事は、こちら
北鎌倉の「長寿寺」へ、今日はコンパクトカメラ持参で行ってきました。
この長寿寺は、季節限定、曜日限定(金・土・日曜日の晴天日のみ 10時~15時)の特別拝観という鎌倉では珍しいお寺で、拝観料は300円です。
鎌倉公方・足利基氏が父尊氏の菩提を弔うために建立したといわれ、境内奥のやぐらに尊氏のお墓があります。
創建当時は、七堂伽藍の大きなお寺であったようです。

Kamegayatuzaka091127
扇ガ谷から亀ヶ谷坂を越えて、鎌倉街道へ出るとすぐ左手に長寿寺が・・・

Chojujimonzen091127
やはり門前には、この看板が立っていました。
今日はコンパクトカメラですが、”写真撮影目的の拝観禁止”との貼り紙もあるので、遠慮気味に2度目の境内へ。
(一眼レフの規制がなかった初回の記事は、こちら
でも、殆どの人が堂々とカメラを構えているので、私も紅葉を中心に結構沢山撮ってしまいました。

<※追記>
2012年12月には、一眼レフも解禁になったのか、この看板が無くなり、
皆さんバシバシ撮影していましたが、おとがめはありませんでした。


玄関を上がるとすぐに、3枚の絵はがきが並べてあって、好きなもの1枚を下さると。
思わずニッコリしたのですが、私の前に並んでいた女性が、笑いながら「ワーッ、迷っちゃう!」と言った途端、係りの女性から「迷わず1枚取って、サッと進んで下さい。それから静かに拝観して下さい!」と注意されてしまいました。
次の私は、慌てて絵柄も全然見ずに真ん中の1枚をいただいたら、庭園の紅葉の写真でした coldsweats01
通路に立ち止まって写真を撮っている人にも、イエローカードが出されていましたので、これから長寿寺に行ってみようという方は、心静かにお行儀よく拝観して下さいね smile
紅葉は、とても素晴らしかったです。

Chojujikoyo0911274
庭園の見事な紅葉

Chojujikoyo091127

Chojujikoyo0911272
小方丈からの景色(2枚とも)

Chojujikannondo091127
書院から眺める観音堂

Chojujiicho091127

Chojujikoyo0911273
前庭園に出て、見上げるイチョウも美しく黄葉しています

Chojujikoyo0911279

Chojujikannondo0911272
観音堂裏側の鮮やかな紅葉

Chojujikoyo0911275
足利尊氏のお墓から後庭園に続く竹林と紅葉

Chojujikoyo0911276
後方の山が借景となって・・・

Chojujikoyo0911278
後庭園から見た書院と小方丈

Chojujikoyo0911277
前庭園全景

2009年11月26日 (木)

源氏山の紅葉は最高!!

今日は一日中、ポカポカと暖かく穏やかな陽気でした。
源氏山では、今が紅葉の真っ盛り!!
源頼朝像の建っているいわゆる源氏山公園もきれいでしたが、何といっても大仏ハイキングコース寄りの葛原岡公園の紅葉が見事です。
散歩や写真撮影、スケッチを楽しむ人達、中には昼間から宴会で盛り上がっているおじさま達もいて、とても賑やかでした。

Genjiyamasazankaicho091126
イチョウとモミジをバックに咲くサザンカ

Genjiyamakoyo091126
素晴らしい紅葉に目を奪われて

Genjiyamakoyo0911262

Genjiyamakoyo0911263

Genjiyamakoyo0911264

Genjiyamakoyo0911265
彩り鮮やかな紅葉達

Kuzuharagaokajinjaicho091126
葛原岡神社のイチョウ黄葉は、もう少し先です

Kuzuharagaokasazanka091126
こちらもサザンカとイチョウ

Yoritomotokoyo091126
頼朝像の周辺も赤く染まって

2009年11月25日 (水)

報国寺の黄葉と旧華頂宮邸

昨夜からの雨が9時過ぎには上がり、空も明るくなってきました。
グリーンファーム金沢店へ車で行ったので、帰りがけに報国寺へ寄ってみました。
門前には、5台ほどの無料駐車場があり、平日は空いていることが多いので、車で行っても便利です。
鐘楼後ろのイチョウやカエデが見事に黄葉し、本堂横のドウダンツツジは真っ赤に染まっていました。

Hokokujiicho091125
イチョウが見頃です

Hokokujidodantutuji091125
ドウダンツツジ

Hokokujiichododan091125
黄と赤のコントラストが見事!

Hokokujikaede091125
竹林の前の黄葉したカエデ

Hokokujisazanka091125
サザンカ

Hokokujisando091125_2

Hokokujisando0911252 
雨上がりの参道

Hokokujimanryo091125
マンリョウ
このお地蔵様はスマートですね

Hokokujirindo091125
リンドウ

報国寺の後、チョット足を延ばして旧華頂宮邸へ。
と思ったら、今日は残念ながら閉館していました。
月・火曜日が休館日ですが、今週は月曜日が祝日だったので、火・水曜日がお休みだったのですね。
でも、庭園のモミジはきれいに紅葉していました。

Kachonomiya091125
旧華頂宮邸の紅葉

2009年11月24日 (火)

長谷寺の紅葉

21日から紅葉ライトアップが始まっている長谷寺
近くを通りがかったので、山門の処から失礼して境内の様子を覗かせていただきました。
さすがに前回より大分紅葉が進んでいます。
今週末辺りが見頃でしょうか?
ライトアップの時間帯には、また長蛇の列が出来るのでしょうね。
(昨年の紅葉ライトアップの様子は、こちらをご覧下さい)

Hasederakoyo091124

Hasederakoyo0911242

Hasederakoyo0911243

御霊神社のイチョウ

三連休が明け、長谷界隈では心なしか人出が少ないように感じられました。

御霊神社のイチョウは、少し色づいてきた程度で、黄金色になるのはもう少し先のようです。
同じ鎌倉のイチョウでも、木によって黄葉する時期は、かなりまちまちですね。

Goryojinjaicho091124

Goryojinjaicho0911242

2009年11月20日 (金)

鎌倉中央公園

午後から山崎近辺に出かけたので、短時間ですが鎌倉中央公園に寄ってみました。
こちらでも深まりゆく秋を感じられました。
カワセミが池の畔に止まっているのをカメラでとらえたのですが、あまりにも小さすぎて残念ながらブログにアップ出来ませんでした。

Chuokoenkoyo0911202
池面に広がる緑の藻と紅葉のコントラストがきれいでした

Chuokoenkoyo091120 Chuokoenkoyo0911203

海蔵寺の紅葉

散歩日和とあって、沢山の人達が続々と海蔵寺へ向かっていました。
海蔵寺では、参道と境内の紅葉は、まだこれからが本番ですが、駐車場の紅葉が見頃です。

Kaizojisandokoyo091120_2
参道の紅葉

Kaizojichushajokoyo0911203

Kaizojichushajokoyo0911202
駐車場入口の紅葉(2枚とも)

Kaizojichushajokoyo091120
駐車場の紅葉

Kaizojikoyo0911203
山門と紅葉

Kaizojikoyo091120_2
境内の紅葉

Kaizojikoyo0911202
境内からの紅葉

Kaizojisazanka091120
サザンカ

Kaizojimanryo091120
マンリョウ

雪ノ下から扇ガ谷へ

八幡宮から海蔵寺へと向かう途中、旧川喜多亭前を通りました。
ここは、映画事業家であった故川喜多長政・かしこ夫妻の邸宅で、鎌倉市に寄贈されたものです。
現在、「鎌倉市川喜多映画記念館」として生まれ変わる工事中。
以前は古い板塀に囲まれて、公開日以外は内部をうかがい知ることが出来ませんでしたが、今は明るい日を浴びています。

Kawakitakinenkan091120
着々と工事が進んでいる「鎌倉市川喜多映画記念館」

寿福寺踏切付近では、線路際のススキが揺れています。

Senrogiwasusuki091120

Senrogiwasusuki0911202

鶴岡八幡宮の紅葉

鶴岡八幡宮では、源平池周辺から紅葉が始まっています。
でも、今年は風雨の強い日が多かったせいか、平家池のイチョウの葉がかなり落ちてしまって残念でした。
大イチョウの黄葉は、まだもう少し先です。
八幡宮の後、海蔵寺へ向かいました。

Genjiikekoyo091120
源氏池の紅葉

Heikeikekoyo091120
平家池の紅葉
イチョウの葉が少なくて寂しいです

Hachimanohicho091120
これからが楽しみな大イチョウの黄葉
今日も修学旅行生達で賑わっています

Hachimanicho091120
舞殿横のイチョウの色づきもこれからが本番

Hachimanicho0911202
国宝館のイチョウも寂しげ

Hachimankoyo091120
柳原神池付近の紅葉

2009年11月15日 (日)

長谷の市と鎌倉巡空@長谷寺

昨日の予定が延びた”長谷の市”、今日が最終日の”art project 鎌倉巡空”、更に欲張って、紅葉の様子を見ようと長谷寺へ向かいました。

Hasederaballoon091115
参道を歩いていると、早速、artが出現!
山門上空に金色のバルーンが見えます。
これは、加藤力氏の作品で、長谷観音の御顔と同じ高さに揚げられているそうです。

境内の紅葉は、一部が色づき始めた程度で、本番はまだまだこれからという処。
でも、早くも今週末から恒例の”紅葉ライトアップ”が始まります。
少し色づいているところをご紹介してみます。

Hasederakoyo0911155
妙智池上方 

Hasederakoyo0911156
放生池周辺 

Hasederakoyo0911154 
弁天窟入口付近
弁天窟内でも、池の水面下にほのかな光を作り出すart作品が見られました

Hasederakoyo0911153
大黒堂前

Hasederakoyo0911152
眺望散策路から見る観音堂の周囲

Hasederahimeturusoba091115
下境内に戻って、妙智池前のヒメツルソバ

Hasederahakumokuren091115
ハクモクレンのつぼみがもう大きくなっています

Hasenoichi091115
上境内では、長谷の市が賑やかに開催されていました

Hasederakiku091115

Hasederakiku0911152
きれいな菊も沢山!
菊花展も開催されていました

Hasederaumemodoki091115
ウメモドキ
左は、赤銅色の経蔵

Hasederakyozo091115
渡辺五大氏によって、経蔵全体が赤銅色のアルミ箔で覆い尽くされています。
昨年は、銀色のアルミ箔で覆って、”銀燦堂(ぎんさんどう)”と名付けられましたが、今年は、”紅炎堂(こうえんどう)”というそうです。
このprojectが今日で終わりと思ったのに、まだ全部貼り終えていませんでした。
紅葉ライトアップの期間中も、このまま見られるようです。

Hasederaumi091115
眺望散策路からの海
今日は風が強かったので波が高いです。

Hasederaballoon0911152
帰り際には、バルーンが下ろされていました。
強風のためでしょうか?
近くで見ると大きいです!

2009年11月14日 (土)

夕焼け

早朝の地震で目覚め、午前中は時々土砂降り・・・
今日予定されていた長谷寺境内での「長谷の市」は、明日に延期となりました。
夕方、外に出てみると空が赤く染まっていました。

Yuyake091114_2 

2009年11月12日 (木)

本覚寺と大巧寺

昨日から降り続いた雨が午前中には上がったものの、寒い曇り空の一日でした。
午後から少し明るくなったので、鎌倉駅近くの本覚寺大巧寺に行ってみました。

Hongakujisendan091112
本覚寺の夷堂と栴檀(センダン)の実

Hongakujisendan0911122
違うアングルからの栴檀
午後早い時間でしたが、コンパクトデジカメの”トワイライト”モードで撮ってみました

Daigyojiisogiku091112
大巧寺の磯菊(イソギク)

2009年11月 8日 (日)

鎌倉巡空@光則寺

日頃、芸術とは縁遠い生活を送っている私ですが、たまには”芸術の秋”を満喫しようと光則寺を訪れました。
今、「第4回鎌倉芸術祭」参加企画で、5つの寺院を舞台に6人の作家による「art project  鎌倉巡空」が展開されています。
光則寺では、柳井嗣雄氏が、土牢前に楮(こうぞ)、麻と土牢そばの井戸水を使って和紙を漉き、地表を覆い尽くしています。

Kosokujituchiro091108
いつもは寂しい土牢への道も、今は訪れる人が多く、一人でも怖くありません

Jirei091108
作品「地霊」の解説

Jirei0911082
中央にいる誰かが見えますか?
「降り積もった雪のように白く植物繊維が広がる地表。ひとつだけ土牢内の日朗聖人の座像と向き合うように盛り上がる突起」←解説より

Jirei0911083
日朗聖人が幽閉されたといわれる土牢とその前に広がる作品
せっかくの芸術作品も、凡人の私には少々難解でした。

Kosokujihondo091108
本堂の周辺は色づき始めています

Kosokujitachibana091108
橘(タチバナ)の実

Kosokujiwabisuke091108
侘助椿「初雁・ハツカリ」
他にも、サザンカ、マンリョウ、ツワブキ、ノコンギク等が見られます。
そして、クジャク舎へ。

Kosokujikujaku091108
クジャクの母子
ベビーは、前回より一回り大きくなり、尾羽の色が濃くなったようです。
頭の上に黒い冠(?)が見えますが、お寺の方のお話では、雌雄が判別できるのは、1~2年後とか。
どちらにしても元気そうで何よりでした。

2009年11月 3日 (火)

稲村ヶ崎からの富士山

11月3日は、文化の日であり、鎌倉市制記念日です。
1939年(昭和14年)11月3日に鎌倉町と腰越町が合併して鎌倉市となり、今日で満70周年を迎えました。

木枯らしが吹き荒れた一夜が明け、今日は朝から快晴。
期待を込めて、稲村ヶ崎へ行ってみました。
私にとっては、今シーズン初の富士山が出迎えてくれました。

Fuji091103
まだ雪は少ないですね

Enosima091103
江ノ島や後方の山々もクッキリと見えます

Inamuragasakikaihinkouen091103
皆さん、富士山に見とれて

Sonannohi091103
ボート遭難の碑

R134091103
134号線は、今日も渋滞していました

強風のため(?)ブレていますが、動画もご覧下さい。

2009年11月 1日 (日)

円覚寺の宝物風入

今日から3日まで、建長寺円覚寺では、宝物風入が行われています。
虫干しを兼ねて、普段は非公開の寺宝が公開されるのですから、お宝を間近で拝観できる年に一度のチャンスです。

両方のお寺に行きたいところですが、時間がなかったので、円覚寺のみに行って来ました。
円覚寺では、方丈での宝物公開と共に国宝「舎利殿」が同時公開されるのが魅力です。

     ☆宝物風入の日程☆
 11月1日~3日 9:00~16:00
           (円覚寺 最終日は15:30まで)
 拝観料(300円)+特別拝観料(500円)

Engakujimonzen091101
紅葉が楽しみな門前

Syarideniriguti091101
真っ先に舎利殿へ向かいました

Syaridennaibu091101
普段は、この中には入れません
正面に見える反り返った茶色い屋根が舎利殿

Syaridennaibu0911012
残念ながら、この塀の中は撮影禁止
中で、お坊さんが簡単な説明をしてくれます。
舎利というのは仏様のお骨、ここの舎利殿には、右の奥歯が納められているとか・・・
屋根は、25年に一度くらい葺き替えられるそうです。

舎利殿は、1285年、北条貞時によって建てられましたが、その後焼失してしまい、現在の建物は、西御門にあった尼寺・太平寺の仏殿を移設したものといわれています。
国宝「舎利殿」の後ろ側に国の重文・仏光国師(無学祖元)坐像が納められた開山堂、右側に「正法眼堂」と呼ばれる禅堂があります。
禅堂では、今も厳しい雲水の修行が行われているそうです。
舎利殿の内部は少し離れたところから見ることが出来ますが、開山堂と禅堂は見学出来ません。

見学者の中には、年表持参で説明を聞いている熱心な方もおられました。
来年の鎌倉検定受検者かもしれませんね。

Engakujihojo091101
もう一ヶ所、数多くの寺宝が公開されている方丈へ
あまりの寺宝の多さに少々疲れ気味・・・
中は、多くの見学者で一杯でした。

すぐそばの建物では、「鎌倉彫26人展」も併設されていました。
従来の鎌倉彫のイメージとは大分違う作品が沢山展示されています。

Engakujihojoteien091101
方丈庭園

Engakujibutunitian091101
開基・北条時宗他の廟所「仏日庵」

Engakujitubaki091101
黄梅院への上り口に咲く白玉椿

Engakujihimeturusoba091101
楽しみにしていたヒメツルソバ

Engakujiuketuke091101
前回工事中だった受付付近
自動販売機の前も雰囲気を壊さないような配慮が感じられました。

Takuminoichi091101
参道に並んだ「北鎌倉 匠の市」
東慶寺・浄智寺の参道にも開かれていました。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »