Amazon

« 円久寺のコスモス | トップページ | 東慶寺の秋の花々 »

2009年9月28日 (月)

北条氏常盤亭跡

円久寺から鎌倉駅方面へ数分歩くと、柵に囲まれた広い草原「北条氏常盤亭跡(ほうじょうしときわのていあと)」があります。
鎌倉時代、第七代執権 北条政村等の北条一族が別邸を構えていた貴重な遺跡で、国の史跡に指定され、世界文化遺産の候補地にも挙げられています。

Hojositokiwatei090928
北条政村別邸の跡

Hojosihototogisu090928
ホトトギスが咲いています

Hojositokiwatei0909283
クリックで拡大します
当時は、かなり広大な土地だったようです

Hojositokiwatei0909282
右側に「タチンダイ」という標識が立てられ、細い山道が続いています
「タチンダイ」というのは、館(やかた)のあった台地という意味で「館の台(たてのだい)」がなまったものではないかと考えられているそうです

Hojositokiwatei0909285
更に上ると広い原っぱに出て、奥に「やぐら」があるようですが、今日は一人だったので、これ以上は上りませんでした

Hojositokiwatei0909284
道の途中から見下ろして

« 円久寺のコスモス | トップページ | 東慶寺の秋の花々 »

鎌倉散歩・秋(9~11月)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 円久寺のコスモス | トップページ | 東慶寺の秋の花々 »