Amazon

« 宝戒寺の萩が見頃 | トップページ | 龍宝寺のシオンとコスモス »

2009年9月18日 (金)

御霊神社の面掛行列

午後からは、御霊神社の面掛行列(めんかけぎょうれつ)の見物に行きました。
9月18日は、御霊神社の祭神である「鎌倉権五郎景政(ごんごろうかげまさ)公」の命日です。
正午から境内で例大祭、1時から鎌倉神楽とも呼ばれる湯立神楽(ゆだてかぐら)、その後、2時30分頃から面掛(めんかけ)行列が行われました。

私は今日は行列を見るため、2時30分少し前に行ってみると、通りは既に行列を待つ人達で一杯です。
少しでも空いている場所を探して移動。

いよいよ神奈川県の無形文化財に指定されている面掛行列の始まりです。
囃子連、天狗に続き、爺、鬼、異形、鼻長、烏天狗、翁、火吹男、福禄寿、おかめ、女(産婆)の面をつけた十人衆、雅楽奏者、御神輿等が長い列を作って練り歩きます。
御霊神社から「力餅家」の角を曲がって、虚空蔵堂の辺りで折り返し、星の井通りをまた戻ります。

頼朝の寵愛を受けた村娘が身ごもり、年に一度村人の無礼講を許したのがこの祭りの起源という伝説もあり、「はらみっと」とも呼ばれています。
また、これらのお面は舞楽や田楽の流れをくむもので、鶴岡八幡宮の神幸祭の行列に使われていたのが、明治になってここに移ったといわれています。

怖い顔のお面が多いのですが、ユーモラスな表情のものもあり、観客から笑いが起こって和やかな行列です。
雨が降りそうで心配でしたが、最後まで何とか保ってくれました。
途中、行列が折り返したため、右を向いたり左を向いたり、お見苦しい点はお許しを。

Menkakegyoretu090918
行列を待ちわびる人達

Menkaketengu090918
天狗

Menkakegyoretu0909182
爺、鬼、異形・・・と続きます

Menkakegyoretu0909183
鼻長(左)、異形(いぎょう 右)

Menkakeokame090918
おかめと福禄寿のツーショット

Menkakesanba090918
産婆

Menkakegyoretu0909184
虚空蔵堂の下でUターンする御神輿

Menkakegyoretu0909185
折り返したおかめ達とすれ違う神職方

その後、行列は星の井通りの信号方面へ

« 宝戒寺の萩が見頃 | トップページ | 龍宝寺のシオンとコスモス »

動画」カテゴリの記事

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんばんは!

面掛行列だったのですね^^
去年、蔵の中に展示されているお面を拝見したのですが、
お祭りで付けているところも見てみたかったです!
さすがたくさんの人で賑わっていますね♪

ちゃるこさん、こんにちは!

御霊神社の面掛行列は、鎌倉でもここだけでしか
見られない貴重なお祭りですので、機会があれば
是非ご覧戴きたいと思います。
平日でも、大賑わいですよhappy01

面掛行列、いつかは見てみたいです。
でも、渾身の(?)動画で充分楽しめました(^^)/

ありがとうございます。

※ 最近眼が痛くて、ちょっとPCひかえていますm(__)m

まっちゃん4649さん、こんにちは!

面掛け行列は、9月18日と決まっていますので
休日とは限りませんものね。
機会がありましたら、是非!!
最近、チョット調子に乗って動画が多いですねcoldsweats01

御霊神社は、「眼病に効験あり」ということです。
くれぐれもお大事にconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宝戒寺の萩が見頃 | トップページ | 龍宝寺のシオンとコスモス »