Amazon

« 番外編・・・城ヶ島 | トップページ | 本覚寺のハス »

2009年7月 9日 (木)

光明寺のハスが見頃

曇り一時小雨の蒸し暑い一日でした。

昨年より大分早く、光明寺のハスが見頃を迎えています。
こちらのハスは、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花したもので、「古代ハス(大賀ハス)」と呼ばれています。
昭和26年に植物学者・大賀一郎博士等によって発掘された古代ハスは、「世界最古の花」として、日本各地を始め世界各国へ根分けされているそうです。
古代のロマンを今に伝えてくれる貴重な花ですね。

Komyojihasu090709

Komyojihasu0907092
記主庭園に咲く古代ハス

既に咲き終わった花もありますが、これからのつぼみも沢山
昨年より葉が繁っているようです

今年の「観蓮会=かんれんかい」は、7月25日(土)・26日(日)です。

Komyojikanrenkai090709
クリックで拡大します

両日とも10時からお抹茶(700円)、象鼻杯(500円・限定50名)がいただけます。
象鼻杯(ぞうびはい)とは、ハスの葉の部分にお酒を注いで、茎の部分からそのお酒を飲む催しだそうです。
ハスの葉と茎を象の耳と鼻に見立てているのでしょうか。
お酒の量は、ホンの少しのようですから、酒豪の方には物足りないかもしれませんね。

Komyojisomon090709
総門に掲げられた本日の教訓(?)
厳しい世の中ですが、他人のせい、社会のせいにせず、精一杯生きていきましょう!

Komyojiajisai090709
名残の紫陽花

« 番外編・・・城ヶ島 | トップページ | 本覚寺のハス »

鎌倉散歩・夏(6~8月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんばんは!

光明寺は蓮もきれいなのですね♪
まだ訪れたことのないお寺なので、今年はぜひぜひ
訪れたいと思いますshoe

本日の教訓・・・身に染みますね!

ちゃるこさん、こんばんは!

光明寺は、何といっても「関東一」といわれる山門が
すばらしいですよ。
春は桜、秋はお十夜で賑わいます。

今日、写真を撮っていたら、70歳代位の男の方に「春に
来てごらんなさい。桜がきれいですよ」と声をかけられました。
何度も来ているとも言えず、有り難くご高説を拝聴して
おきましたhappy01

胸に染み入る人生訓まで頂いて…
イリヤさん、ありがとうございますm(__)m

そうなんですか、古代ハスなのですか!

…で、古代ハスって、現代(?)ハスと どこが違うのでしょうか(>_<);

まっちゃん4649さん、こんにちは!

人生訓の写真を掲載したのは、まっちゃん4649さんの
真似ですsmile

花を見ても、古代ハスか現代(?)ハスか・・・の区別は
つきませんよね。
昭和26年に大賀一郎博士等によって発掘された2000年前
のハスの実から開花したものが、日本を始め世界各国へ
根分けされているそうです。
その一部が光明寺のハスというわけです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編・・・城ヶ島 | トップページ | 本覚寺のハス »