Amazon

« 八雲神社(大町)のお祭り | トップページ | 梅雨明けの寿福寺参道 »

2009年7月13日 (月)

光則寺の夏の花

蒸し暑い日です。

光則寺では、参道にムクゲ、門前にノウゼンカズラ、境内にハス、ハンゲショウ等が見られます。
どれも夏を代表するような花達ですね。

今日は参詣客が一人もいなくて、境内はシーンと静まり返っていました。
クジャク舎を覗いてみると、板戸は半分はずされていましたが、中に見えるのはクースケくんとクーコさんだけ・・・。
ベビーは??
親鳥の陰に隠れていたのでしょうか??

Kosokujinozenkazura0907132
ノウゼンカズラ

Kosokujinozenkazura090713
ちょうどアゲハチョウが密を吸いに来ました
市内には黒いアゲハチョウが多く見られ、鎌倉蝶と呼ばれています

Kosokujimukuge090713
ムクゲ

Kosokujihasu090713
ハス

Kosokujihangesyo090713
ハンゲショウ(半夏生,半化粧)
ピークが過ぎてしまったので、葉の半分でなく全体が白くなってしまいました
これでは、半化粧ならぬ全化粧(?)

« 八雲神社(大町)のお祭り | トップページ | 梅雨明けの寿福寺参道 »

鎌倉散歩・夏(6~8月)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます イリヤさん。

ノウゼンカズラの蜜を吸いにきたアゲハチョウは、
北海道でも わが家付近に生息している、
カラスアゲハに似てますね。
こちらでは この蝶 今は毛虫の状態です。
そしてムクゲは初秋に咲く花ですが、
鎌倉では 早や咲いてるのですね。

写真を拝見していると蒸し暑さが、
伝わってきますよ。

こんばんは、ピータンさん。

蝶の種類には詳しくないのですが、写真のアゲハチョウ、ネットで見ると多分カラスアゲハかと思います。
そちらでは、まだ毛虫ですか・・・
幼虫の時は皆に嫌われ、成虫になると「アラ、きれい♪」
と・・・人間も勝手ですよねsmile

こちらは、今日梅雨明け宣言が出されました。
いよいよ本格的な暑さになりますcoldsweats02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八雲神社(大町)のお祭り | トップページ | 梅雨明けの寿福寺参道 »