Amazon

« 円久寺のしだれ桜 | トップページ | 源氏山の八重桜と新緑 »

2009年4月12日 (日)

鎌倉まつり「静の舞」

今日から「鎌倉まつり」がスタートしました。
朝は雲が多かったものの、徐々に晴れてきて、まさにお祭り日和。

今年は、11時からのパレードはパスして、15時からの「静の舞」を観るだけにしました。
(昨年のパレードの様子は、こちら
鎌倉駅周辺から鶴岡八幡宮にかけては、お正月のような大混雑です。
八幡宮境内も、舞殿の周囲と大石段には、溢れるような人、人、人・・・

「静の舞」の今年の演者は、花柳流の花柳梅楽(はなやぎうめらく)さん。
多くの観客を前に舞殿で「静の舞」を舞うのは、演者にとっても名誉なことでしょう。
静御前が源頼朝に無理強いされて舞ったのが、「しずやしず しずのおだまき 繰り返し 昔を今に なすよしもがな」「吉野山 峰の白雪踏み分けて 入りにし人の 跡ぞ恋ひしき」という義経を慕うものであったために、頼朝の逆鱗に触れたと伝えられています。

Sizukanomai090412_2
静の舞

Sizukanomai0904122
静御前のご退場

Sizukanomai0904123
舞殿を取り囲む観客
大石段にも、ギッシリ座っています

Dankazura090412
段葛は、すっかり葉桜になりました

« 円久寺のしだれ桜 | トップページ | 源氏山の八重桜と新緑 »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

コメント

 イリヤさん お早う御座います。
静の舞の写真は、とてもきれいに撮れていますね。
 この人混みを見ただけで、疲れてしまいそうですhappy02
19日は、いよいよ流鏑馬ですねlovely行って見ようか、迷っています

花火さん、こんにちは。
ありがとうございます♪
人の頭や柱の陰で、チャンとした写真は、なかなか撮れませんでしたweep

鎌倉まつりの最後は、流鏑馬ですね。
是非お出で下さい!
と言いたいところですが、とにかくすごい人なので、覚悟がいりますねcoldsweats01

こんばんは、イリヤさん

「静の舞」の写真、ありがとうございます。
すごい人出ですね。

私はその頃、「鎌倉まつり」の1週間だけ観られる、「浄光明寺」裏山にある「冷泉為相」のお墓のさらに奥の「多宝寺跡」の「覚賢塔」を観ていました。

そのあと、「妙本寺(比企谷)」方面へ。
もう、カイドウも散り始めていました。

『しのびねは ひきのやつなる ほととぎす くもゐにたかく いつかなのらん(阿仏尼-十六夜日記)』
さすがに、ホトトギスの初音は聞けませんでしたが、ウグイスの鳴声で、けっこう良い感じでした。

PS.
1級ガイダンスは、4月25日(土)に参加いたします。

youponさん、こんばんは。

浄光明寺裏山の特別見学(?)知りませんでした。
冷泉為相のお墓より奥は、行ったことがありません。
浄光明寺は一見地味ですが、文化財や伝説の豊富なお寺ですよね。

youponさんがお勉強されているのに比べて、毎日お花見に浮かれている自分が恥ずかしいです。
妙本寺周辺は、新緑の美しい季節になりましたね。

私も25日のガイダンスに申し込みましたが、まだ受験するかどうか迷っていますcoldsweats01

こんばんは、イリヤさん

鎌倉に興味を持つキッカケは、人それぞれです。
私は、歴史や史跡から興味を持っただけ。
ただ、検定試験は歴史や史跡に重点が置かれていることは、否めません。

鎌倉の良いところ、重要なところに季節の花や首都圏なのに沢山残っている自然の草木があります。
私の一番苦手な分野を日々掲載してくれるこちらのサイトは、とても勉強になるサイトです。

youponさん、ありがとうございます。
励みになります!
本当に人それぞれ興味の対象も得意分野も違いますものね。
私は、youponさんと逆で、歴史がウィークポイントなんです。
テキストを広げても、すぐ眠くなるし・・・gawk
これからは、せめて地元の利を生かして、出来るだけ本物に触れる機会を増やしたいと思います。

イリヤさん、こんにちは!
鎌倉まつりの様子、見せて頂きました。
一度は”流鏑馬”を実際に見てみたいと願っていますが
なかなか実現出来ずにおります。
やはり物凄い人出なのですね。
身長150センチの私には、もしかすると見えないかもしれませんね(^-^)
素敵な写真と”旬”の鎌倉を伝えて下さり本当にありがとうございます。
今度、大好きなしらすも注文させて頂こうと思っています*(^-^)*

ローズ☆リラさん、こんばんは!

「鎌倉まつり」といっても、今年はズルをして「静の舞」だけでごめんなさいね。
「流鏑馬」を見るには、相当早く行かなければよい場所が取れないのですが、それほどの根性がない私は、人の頭の隙間から覗くのがやっとですcoldsweats01
そういう時は、背の高い人が羨ましいですよね。

2007年秋の流鏑馬の記事がありますので、よろしかったらご参照下さい。
http://web-kamakura.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_13b2.html

しらすも、今月に入って段々捕れるようになってきたようです。
美味しいですよねdelicious

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 円久寺のしだれ桜 | トップページ | 源氏山の八重桜と新緑 »