Amazon

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

路上喫煙防止条例

鎌倉市では、「路上喫煙の防止に関する条例」を制定し、明日、4月1日から施行することになりました。

路上喫煙禁止区域(JR鎌倉駅・JR大船駅周辺)で路上喫煙したときには、路上喫煙防止指導員が口頭で中止するよう指導。
指導に従わないときは命令、更にその命令にも従わないときには、罰金2,000円を徴収。
罰則については、7月1日から適用。

主な内容は以上ですが、詳細はこちらをご参照下さい。


Boke090331
ボケ

龍宝寺の春

貞宗寺の後、龍宝寺へ。
山門手前左側の桜は、咲き始めたばかりですが、右側は大分咲いています。
今日は幼稚園が春休みなのでしょう。
元気な子供達の声が聞こえず、少々寂しいです。
でも境内の花達は、賑やかに咲いていました。
しだれ桜、山桜、桃、マルメロ、レンギョウ、ミツバツツジ、スイセン等、数え上げたらキリがありません。
こちらも、立派な花の寺です。

Ryuhojisanmonsakura090331

Ryuhojisanmonsakura0903312
山門と桜

Ryuhojisidarezakura090331
しだれ桜(中央)、山桜と新緑

Ryuhojimomo090331

Ryuhojirengyo090331
レンギョウ

Ryuhojimarumero090331
珍しいマルメロ(バラ科)の木

Ryuhojimarumero0903312
マルメロの花

Ryuhojimitumata090331
ミツマタ

Ryuhojiobai090331
オウバイ

Ryuhojisinryoku090331
新緑

貞宗寺のモクレン

3月最後の今日は、雲が多く、肌寒い日です。

植木にある徳川家ゆかりのお寺、貞宗寺(ていそうじ)へ行ってみました。
今年は、残念ながら梅とハクモクレンを見逃してしまったのですが、見事なシモクレン(紫木蓮)を見ることが出来ました。
その他にボケ、ユキヤナギ、ショカッサイ、ミツマタ等が咲いていて、ヒッソリとした本堂周辺を彩っていました。
こちらも、隠れた花の名所と言えそうです。

Teisojimokuren090331

Teisojimokuren0903312
淡い紫のモクレンが満開

Teisojiboke090331
参道のボケ、コゴメザクラ、スイセン等が出迎えてくれます

Teisojisyokassai090331
ショカツサイ(諸葛采)が咲き乱れています
別名・ハナダイコン(花大根)

Teisojimitumata090331
ミツマタとショカッサイ

Teisojiyukiyanagi090331
ユキヤナギ

2009年3月30日 (月)

七里ヶ浜の桜

御霊神社から足を伸ばして、七里ヶ浜の住宅地へ。
こちらの桜は、もう大分咲き出している木もあれば、まだつぼみだけの木もあり・・・というところでした。
どの木も、暖かい日差しを浴びて、ノビノビと育っている様子がうかがえます。

Shichirigahamasakura0903303

Shichirigahamasakura0903302

Shichirigahamasakura090330

御霊神社の緋桃

御霊神社の緋桃(ヒモモ)が満開です。
桜は、ホンの一部が咲き出したところで、これからが楽しみです。

Goryojinjahimomo0903302

Goryojinjahimomo090330
鮮やかな緋桃

Goryojinjasakura090330

光則寺のしだれ桜と海棠-2

今日は昨日と比べて、少し日差しが暖かく感じられます。

先日行ったばかりなのに、また光則寺へ。
しだれ桜を少し違ったアングルで撮ってみました。
山門左側のヤマブキ、その上方のコブシ(多分)がきれいです。
境内には、ミツマタ、ミツバツツジの他にも、スノーフレーク、トサミズキ、バイモ、ツバキ等が咲き、春の香りで満ちています。

Kosokujisidarezakura0903302 
しだれ桜と山桜

Kosokujisidarezakura090330
しだれ桜とコブシ

Kosokujiyamabuki090330
ヤマブキ

Kosokujikobusi090330
コブシ

Kosokujikaido090330
つぼみが膨らんできたカイドウ

Kosokujisnowfurak090330
スノーフレーク

Kosokujisinryoku090330
新緑も美しい

2009年3月29日 (日)

浄智寺

東慶寺の次に浄智寺に向かいました。
鐘楼門の足下には、ショカッサイやサクラソウが咲いています。
受付裏手のタチヒガンは、まだ咲き始めのようで、鐘楼門そばのしだれ桜もこれからです。
この「タチヒガン」は、彼岸桜の一種で、「鎌倉市指定天然記念物」、そして「かながわの名木100選」のひとつでもあります。

境内には、ショカッサイ、ミツマタ、ヒュウガミズキ等が咲いていますが、驚いたのは書院庭園に淡いピンクのボタンが咲いていたこと。
遠くてよく撮れた写真はないのですが、念のためお寺の方にうかがったところ、確かにボタンの花でした。

Jochijisanmon090329
鐘楼門

Jochijitatihigan090329
タチヒガン(彼岸桜の一種)
「鎌倉市指定天然記念物」、「かながわの名木100選」

Jochijimitumata090329
ミツマタ

Jochijibaimo090329
バイモ

Jochijishokasai090329
ショカッサイ

Jochijihyugamizuki090329
ヒュウガミズキ

東慶寺のしだれ桜が見頃

花冷え、花曇りの日が続いています。
開花宣言から一週間が過ぎ、本来なら満開になっていたはずの桜も、この冷え込みで足踏み状態。
今は、ソメイヨシノより早く咲く、しだれ桜が美しい鎌倉です。

東慶寺のしだれ桜も見頃を迎えています。
まだ上の方が咲いていないので、満開とはいえませんが、充分見応えはあります。
こちらのしだれ桜は、花びらが小さめで楚々としています。

Tokeijisidarezakura090329

Tokeijisidarezakura0903293

Tokeijisidarezakura0903292_2
本堂前のしだれ桜

Tokeijisidarezakura0903294
山門右側のしだれ桜を受付裏手から撮影

Tokeijihimomo090329
緋桃(ヒモモ)が満開

Tokeijihanamomo090329
宝蔵前に生けてあったハナモモ

2009年3月27日 (金)

八幡宮・段葛の桜もまだ

鶴岡八幡宮の源氏池周辺、段葛とも桜はまだ殆どがつぼみです。
平年並みの開花なのかもしれませんが、昨年に比べるとかなり遅い気がします。
梅の開花が極端に早かったのに桜が遅目・・・本当に予測がつきませんね。
明日、明後日は、光明寺の「観桜会」ですが、こちらの桜も咲き始めたばかりのようです。

Hachimansakura090327
今日の源氏池の桜

Dankazurasakura090327
今日の段葛

   ・・・ちなみに昨年の今頃は・・・

Genpeisakura0803285
源氏池の桜(2008年3月28日撮影)

Dankazura0803283
段葛(2008年3月28日撮影)

この違いには、驚きますね。

Hachimanyanagi090327
この季節、柳の柔らかな新芽がきれいです

今日、段葛を歩いていたら、沿道に花嫁さんが乗った人力車を発見!!
車夫さんは、有風亭の青木さんでした。

Jinrikisya090327
新郎は、外国の方のようでした。
道行く人も、立ち止まってカメラを向けたり、拍手を送ったり・・・

浄光明寺の桜はこれから

海蔵寺の後は、浄光明寺へ。
客殿向かい側の桜の一部が咲き始めていましたが、他はまだつぼみ。
しだれ桜も全然咲いていません。
楊貴妃観音のそばのユキヤナギがきれいでした。

Jokomyosakura090327
一部が咲き始めた桜

Jokomyoyukiyanagi090327
ユキヤナギ

Jokomyotutuji090327
ツツジ
すぐ上のしだれ桜と一緒に咲くこともあるのですが、まだ桜が咲いていません

海蔵寺の雪柳が見頃

今日は気温が低めですが、にわか雨の降った昨日よりお天気は安定しています。

市内のアチラコチラで、きれいなユキヤナギを目にし、海蔵寺もソロソロかなと思い、行ってきました。
期待通り、真っ白な花が咲き揃い、見頃を迎えていました。
本堂前のカイドウは、まだつぼみ。
見頃までには、もう少しかかりそうです。
今、鎌倉で最も勢いのある海蔵寺のカイドウ、開花が楽しみです。

Kaizojiyukiyanagi090327

Kaizojiyukiyanagi0903272
まぶしい美しさのユキヤナギ

Kaizojikaido090327
カイドウのつぼみ

Kaizojitutuji090327
ツツジ

2009年3月26日 (木)

妙本寺の桜と新緑

本覚寺の後、妙本寺に桜の咲き具合を見に行きました。
こちらは、いつも他より少し遅めの開花なので、まだつぼみかと思っていたのですが、意外にも2~3部咲きくらいになっている木があります。
他の木は、まだこれからで、境内は美しい新緑に包まれています。
カイドウの咲き具合は、光則寺と同じくらい。
これから、桜、カイドウ、しだれ桜、八重桜・・・と続き、当分楽しませて貰えます。

Myohonjisakura090326
咲き出した桜

Myohonjisakura0903262
日蓮上人像と桜

Myohonjikaido090326
カイドウ

Myohonjisinryoku090326

Myohonjisinryoku0903262 
新緑が美しい

本覚寺のしだれ桜も満開

次に行った本覚寺でも、しだれ桜が満開になっていました。
こちらにもカメラマンが大勢いましたが、三脚組は少人数でした。
今日は、3ヶ所のしだれ桜を堪能!!

Hongakujisidarezakura090326

Hongakujisidarezakura0903262
しだれ桜

Hongakujitubaki090326
楚々とした椿

光則寺のしだれ桜と海棠

長谷寺の次は光則寺へ。
こちらも見事なしだれ桜が満開ですが、参道には三脚を構えたカメラマンがズラーッと並んでいます。
自分も写真を撮るけれど、こういう光景にはなかなか馴染めません。
出来るだけ邪魔にならないような場所で、オズオズと撮影。
その内、一般の参詣客が来たので、その人達に紛れてすばやく(?)境内へ。
ホッと一息ついて、海棠(カイドウ)の咲き具合を見に行くと、まだ殆どつぼみですが、ほころび始めたものもあります。
しだれ桜が終わると今度は海棠が主役。
門前にいるカメラマン達が、ドッと移動してくる日も近いです。

Kosokujisidarezakura090326

Kosokujisidarezakura0903262
満開のしだれ桜

Kosokujiyamazakura090326
山桜もきれいです

Kosokujikaido090326
本堂前のカイドウ

Kosokujimitumata090326
ミツマタ

Kosokujimitubatutuji090326
ミツバツツジ

鎌倉オルゴール堂

長谷寺参道に3月1日、「鎌倉オルゴール堂」がオープンしました。
小樽オルゴール堂」の鎌倉店だそうです。
ノスタルジックな街・小樽とオルゴールは、ピッタリな感じがしますが、武家の古都・鎌倉とオルゴールは、微妙??
でも、その内、鎌倉の顔になる日が来るかもしれませんね。
店内に入ってみると、ステキなオルゴールが一杯。
中には、ご当地商品の大仏様のオルゴールもあって笑えます。

Orgeldoh090326
早くも観光客で賑わっています

Orgeldoh0903262
シンボルのからくり時計
午前9時から午後6時の間、一時間置きに妖精達がメロディに合わせて踊るそうです

Asabaya090326
すぐそばの老舗・うなぎの「浅羽屋」さんは改装中
5月末までお休みです

長谷寺のしだれ桜

WBCにドップリ浸かり、ハラハラドキドキの毎日を過ごさせていただきました。
そのお陰で(?)鎌倉散歩をサボっていたところ、ちゃるこさんから長谷寺と光則寺のしだれ桜が見頃との情報をいただき、早速行ってまいりました。
ちゃるこさん、ありがとうございました!!

今日から心を入れ替えて、鎌倉の桜を追っていこうと思います。
先ず、長谷寺へ。
お寺に近づくと、山門の向こうに満開のしだれ桜が見事です。
10時前に行ったので、観光客の数はそれほどでもありませんでしたが、皆さん歓声をあげていました。
毎年のように見ている私も、やはり感動!!
上境内のしだれ桜は、まだ全然咲いていず、ソメイヨシノはホンの何輪かがチラホラ咲き出したところでした。

桜の他にも、ボケ、アカバナミツマタ、ミツバツツジ、オウバイ等が咲き競い、境内はとても華やかです。
ハクモクレン、コブシは、残念ながら見頃を過ぎてしまっていました。
10時半を過ぎると次々団体さん達が到着し、大分混雑してきました。

Hasesidarezakura090326

Hasesidarezakura0903262_2
満開のしだれ桜

Hasederasakura090326
上境内の桜はこれから

Hasederaboke090326
ボケ

Hasederaakamitumata090326
可愛らしいアカバナミツマタ

Hasederasyaga090326
シャガも大分咲き出しました

Hasederamitubatutuji090326
ミツバツツジ

Hasederaumi090326
穏やかな海を一望

  ☆☆ 鎌倉まつり ライトアップ ☆☆

今年の鎌倉まつりは、4月12日(日)~19日(日)。
その内、17日(金)~19日(日)に鎌倉文学館、大仏、長谷寺、光則寺が昨年同様、ライトアップされます。
長谷寺では、3日間、17時~20時、入山無料のポスターが貼ってありました。
18日(土)には、海光庵で寄席もあるようです。

Hasederaposter090326

2009年3月22日 (日)

スモモが満開

昨日、庭のスモモが満開になりました。
・・・と思った途端、今日は午前中から雨、そしてかなり強い風です。
これではせっかくの花が散ってしまい、楽しみな実がならないかもしれません。
それでも、ツバキ、ヒマラヤユキノシタ、ボケ、ヒヤシンス、ビオラ等も元気に咲いて、一気に華やいできました。

Sumomo090322

Sumomo0903222
スモモ

Tubaki090322

Tubaki0903222 

Tubaki0903223
色とりどりのツバキ

Himarayayukinosita090322
ヒマラヤユキノシタ

2009年3月21日 (土)

本覚寺のしだれ桜

宝戒寺の後は、本覚寺へ。
大好きなしだれ桜が咲き始めています。
来週半ばくらいに満開になるのではないでしょうか?
夷堂そばのアンズも咲き始めました。

Hongakujisidarezakura090321

Hongakujisidarezakura0903212
しだれ桜

Hongakujianzu090321
アンズ

Hongakujisuisen090321
スイセン

今日の宝戒寺

晴天に恵まれた三連休の真ん中、鎌倉駅付近は、お正月かゴールデンウィークかと思うほどの混雑振りでした。

宝戒寺にハクモクレンの様子を見に行きましたが、残念ながらピークは過ぎていて、花びらがハラハラと散っていました。
今は椿とミツマタが見頃です。
大巧寺と同じく、宝戒寺にも色々な種類の椿があるので、しばらく楽しめそうです。

Hokaijihakumokuren090321
ピークを過ぎてしまったハクモクレン

Hokaijikobusi090321
鐘楼のそばに咲くのは、コブシでしょう

Hokaijitubaki090321

Hokaijitubaki0903212
ツバキ

Hokaijimitumata090321
ミツマタ

2009年3月19日 (木)

東慶寺の彼岸桜と「仏像特別展」

光照寺の後は、北鎌倉へ来ると必ず寄る東慶寺へ。
豊後梅が咲き残っている境内には、彼岸桜、ミツマタ、スイセン、クリスマスローズ、サンシュユ等も美しく咲き、参詣客は爛漫の春を楽しんでいました。

また、今年も「仏像特別展」が始まりました。
普段なかなかお目にかかれない水月観音様も拝観できますので、お時間のある方は是非。

   「仏像特別展」-松岡宝蔵
期 間 : 3月7日(土)~5月10日(日)会期中無休
時 間 : 午前9時30分~午後3時30分
入館料 : 300円

出展 :   聖観音菩薩立像(重要文化財)
       水月観音菩薩半跏像(神奈川県重要文化財)
             観音菩薩半跏像(鎌倉市文化財)
             釈迦如来坐像  
             阿弥陀如来立像(天秀尼念持仏)  
             聖観音菩薩立像(高村光雲作)  
             釈迦誕生仏(後藤清一作)
その他 : 初音火取母 (重要文化財) 
             常設の離縁状など

Tokeijihiganzakura090319

Tokeijihiganzakura0903192
満開の彼岸桜 ソメイヨシノより花が小さめです

Tokeijimitumata090319
ミツマタ

Tokeijiakamitumata090319
アカバナミツマタ

Tokeijihakumokuren090319
ハクモクレン
この一番大きな木が今年は小休止だそうで、花が少ないです

Tokeijihakumokuren0903192
茶室の裏のハクモクレンは元気!!

Tokeijimomo090319
緋桃(ヒモモ)は咲き始め

Tokeijisidarezakura090319_2
しだれ桜の開花が楽しみ

光照寺の春

歩いていると少々汗ばむほどの陽気です。
今日は久しぶりに北鎌倉の光照寺(こうしょうじ)へ行ってみました。
北鎌倉駅から鎌倉街道をいつもと反対の大船方面へ向かいます。
十王堂橋を渡り、しばらく歩くと右側に立派な小坂郵便局が見えてきます。

Osakayubinkyoku090319
鎌倉小坂郵便局
立派な和風の建物で丸ポストが目立ちます

郵便局を通り越して、すぐ左側に台山の方へ折れる道があるので、そこを上って行くと右側に光照寺があります。
お寺まで駅からノンビリ歩くこと6~7分で到着。
山門への石段の左側には、ちょうどレンギョウとユキヤナギが美しく咲いて、出迎えてくれました。
山門の欄間には、「クルス紋・・・キリスト教の十字の紋」が掲げてあります。
江戸時代に鎌倉にもキリスト教の信者がいたのではないかと思われているようです。
こぢんまりした境内には、寒緋桜(カンヒザクラ)、ミツマタ、椿、水仙、バイモ等が咲いていました。
隠れた花の名所でもあります。

Koshojisanmon090319
時宗西台山 光照寺(じしゅう せいたいさん こうしょうじ)

Koshojirengyo090319
レンギョウとユキヤナギ

Koshojikurusumon090319
山門欄間の「クルス紋」

Koshojikanhizakura090319
寒緋桜(カンヒザクラ)

Koshojimitumata090319
ミツマタ

Koshojikurotubaki090319
黒椿

2009年3月17日 (火)

コブシとハクモクレン

今日も暖かくて、風が強く、花粉が沢山飛んだようです。
花粉症の皆さん、お大事に!!

コブシとハクモクレン・・・どちらも春を告げてくれる花ですね。
とても似ていますが、花の下に小さな葉っぱがついているのがコブシで、ハクモクレンより花が小さいです。
写真は、常盤で撮ったもの。
珍しく携帯電話の画像です。

Kobusi090317
コブシ

Hakumokuren090317
ハクモクレン

2009年3月15日 (日)

来迎寺のミモザ-3

来迎寺(らいこうじ)のミモザ、しつこく今年3回目の訪問です。
1回目2回目
ようやく中央の大木が満開になっているところを見ることが出来ました。
2本の若い木は、すでに満開を過ぎてしまっています。

Raikojimimoza090315jpg
やっと出合えた満開のミモザ
左側のハクモクレンがもうすぐ咲きそうです

Raikojimimoza0903152jpg

今年は早めの光明寺・観桜会

昨年の光明寺の観桜会は、4月の第一土・日曜日でしたが、今年は一週間早く、3月28,29日とのこと。
暖冬のため、年々桜の開花は早まっているようですから、ちょうどよい日取りかもしれませんね。
今のところ固いつぼみですが、あと2週間・・・頑張って美しい花を咲かせて欲しいです。
昨年の観桜会の様子は、こちらをご覧下さい。 

     ☆☆ 観桜会 ☆☆
期  間 : 平成21年3月28日(土),29日(日)
抹茶席 : 両日 10:00~15:00 700円
山門特別公開 :     同上      300円
法楽への誘い : 29日(日)13:00~
   法話・アコーディオン・馬頭琴 
   2,000円(前売り1,800円)

Komyojisomon090315jpg
総門に「観桜会」の看板

Komyojikanoukai090315jpg
美しいポスター

Komyojisakura090315jpg
桜のつぼみ

光明寺の後、九品寺(くほんじ)のボケの様子を見に行きました。
満開になると見事なボケですが、こちらもつぼみ。
でも、かなり膨らんでいます。

Kuhonjiboke090315jpg
九品寺のボケ

材木座海岸は春うらら

一昨夜から昨日にかけて、春の嵐が吹き荒れました。
一転して、今日は朝からポカポカ陽気。

材木座海岸まで散歩してみると、嵐で浜辺に打ち上げられた海草の香りか、いつもより強い磯の香りが・・・。
海は、ボディボードやウィンドサーフィンで遊ぶ人達、散歩する家族連れ等で賑わっていました。

Zaimokuzafuji090315jpg
富士山も顔を出して

Zaimokuzawakame090315jpg
わかめ漁も続いているようです

2009年3月12日 (木)

浜銀駐車場(西口)・閉鎖中

横浜銀行鎌倉支店が現在地に建て替えられることとなり、その期間中、鎌倉駅西口にある同銀行の駐車場に仮店舗が建設されるそうです。
仮店舗での営業開始は、今年7月の予定。
従って、それまでは駐車場が全面閉鎖です。
7月以降、駐車場を再開しても駐車可能台数は10台程度とのこと。
以前は、西口前に広い有料駐車場がありましたが、マンションになってしまい、その後はこの駐車場を時々利用していたので、少々不便になりました。
横浜銀行利用者は、「ニューカマクラパーキング」を利用出来るようです。

Hamaginchusyajo090312

Hamaginchusyajo0903122

大巧寺の春

何日か前に我が家の裏山でウグイスの初音を聞きました。
今日は朝から晴れ間が広がり、一段と元気よくさえずっているようです。

大巧寺(だいぎょうじ)の境内では、寒緋桜(カンヒザクラ)、ミツマタ、椿などが見頃を迎え、春の訪れを感じられます。
椿は、大変種類が多いので、まだこれから次々と咲き、当分の間楽しませて貰えます。
利休梅(リキュウバイ)も咲き出しました。

Daigyojikanhizakura090312
寒緋桜(カンヒザクラ)

Daigyojimitumata090312
ミツマタ

Daigyojiokinonami090312
椿(沖の波)

Daigyojibokuhan090312
椿(卜伴=ボクハン)

Daigyojirikyubai090312
利休梅(リキュウバイ)

2009年3月11日 (水)

海蔵寺のミツマタ

約2ヶ月ぶりの海蔵寺は、山門の手前に「工事中」の立て看板が・・・。
山門右手の山際を工事しているようで、右の門は通行止め、トイレも使用禁止になっていました。

境内では、ミツマタが見頃を迎えています。
こちらのミツマタは、荏柄天神社より少し小振りの花で、木によって黄色に濃淡がありました。
梅は、殆ど終わっています。

Kaizojimitumata090311

Kaizojimitumata0903112
ミツマタ
後方のしだれ梅はもう終盤です

Kaizojikojityu090311
ただ今工事中

荏柄天神社のミツマタ

荏柄天神社の梅は、もう既に終わっているかと思いましたが、まだ一部がきれいに咲いていました。
本当に長く楽しませて貰えますね。
梅の次の主役は、ミツマタ。
可愛い小さな花が寄せ集まって、丸く咲いています。

Egaratenjinmitumata090311
絵馬が沢山飾られた本殿とミツマタ

Egaratenjinmitumata0903112
絵筆塚とミツマタのアップ

Egaratenjinume090311
名残りの梅

鶴岡八幡宮の早咲きの桜

晴れの予報に反して、雲が多い日です。
河津桜の終わった鶴岡八幡宮では、満開の寒桜、大島桜、寒緋桜(カンヒザクラ)が境内を彩っていました。
やはり桜には青空のバックの方が似合います。

Hachimankanzakura090311

Hachimankanzakura0903112
寒桜

Hachimanohsimazakura090311

Hachimanohsimazakura0903112
旗上弁財天の大島桜

2009年3月 9日 (月)

もうすぐ解禁・しらす漁

しらす漁は、1月1日~3月10日が禁漁期間です。
ということは、明後日がいよいよ解禁日ですね。
解禁したからといって、すぐに沢山獲れる訳でもないようですが、しらす大好き人間としては、楽しみな季節になりました。

買い物がてら坂ノ下の「しらす直売・三郎丸」さんの前を通るとリフォーム中のようです。
今日の海は、ドンヨリと曇っていました。

 <3月11日追記>
本日しらす漁が解禁となりましたが、「鎌倉しらす日記・三郎丸」によると「ワカメが終わっていなく、しらすの群もいないようなので、出漁は3月下旬あたりを予定しております」とのことです。

Sakanositakaigan090309
坂ノ下海岸

Saburomaru090309
鎌倉しらす・三郎丸

2009年3月 7日 (土)

平山郁夫展@芸術館

鎌倉芸術館で10日(火)まで開催されている「平山郁夫展~東西文化交流の道シルクロードの旅」に行ってきました。
鎌倉市は2007年に日本画家の平山郁夫氏に名誉市民の称号を贈りました。
それを記念して、今回、市主催の展覧会が開催されることになったものです。
平山さんは、1972年に鎌倉にアトリエを新築され、鎌倉市と中国・敦煌が友好都市となったことにも尽力されたそうです。

10時の開館直後に到着しましたが、会場のギャラリーは多くの観覧者の熱気に包まれていました。
年齢層は高めの方が多かったように思われます。

ギャラリーは3ヶ所に分かれていて、その1では、古代ローマの遺跡やアフガニスタンなどでの素描、2のメイン会場では、シルクロード・シリーズの大作が展示され、3では、若き日の欧州写生絵巻を始め、現在の画伯の写真、ビデオ等が観られます。
出品数は合計50点ほどですが、本画は圧倒されるような迫力に満ち、素描も水彩で着色されていて筆遣いをハッキリと感じ取ることが出来ました。

会場の殆どの場所に柵がないので、これだけの作品を間近で、しかも無料で観覧させていただけたのはありがたいことでした。
残りあと3日間、会期中は無休ですので、足を運んでみられてはいかがでしょうか?

☆☆「平山郁夫展~東西文化交流の道シルクロードの旅」☆☆

期  間 : 3月10日まで(無休)
開館時間: 10時~18時(入館は17時30分まで)
入場料  : 無料

Hirayamaikuoten090307

Geijutukan090307
鎌倉芸術館

2009年3月 5日 (木)

龍宝寺

フラワーセンターの後、すぐ近くの龍宝寺へ。
葺き替えられた山門の手前から、子供達の甲高い声が響いてきます。
玉縄幼稚園の園児達が、園庭で賑やかに遊んでいました。

いつ来ても、広々として清々しい気持ちがするお寺です。
もう寒緋桜(カンヒザクラ)が咲いているかと思ったのですが、残念ながらまだ蕾のまま。
でも、春の訪れは確実に近づいてきています。

Ryuhojisanmon090305
きれいに葺き替えられた山門

Ryuhojikanhizakura090305
寒緋桜(カンヒザクラ)の開花はもう少し先?

Ryuhojitubakikanzakura090305
葉桜も美しいツバキカンザクラ

Ryuhojikobai090305
右手前は紅梅

Ryuhojimokuren090305
膨らんできたモクレンのつぼみ

フラワーセンターの桜・さくら・サクラ

菜種梅雨(なたねづゆ)の走りかと思わせるほど雨の日が多いこの頃。
貴重な青空が広がったので、久々にフラワーセンターへ行って来ました。
お目当ての玉縄桜(タマナワザクラ)をはじめ、オカメザクラ、大寒桜(オオカンザクラ)が満開で、寒緋桜(カンヒザクラ)も見頃を迎えようとしていました。

玉縄桜は、ここフラワーセンターでソメイヨシノの実生から選抜育成されたオリジナル品種。
ソメイヨシノより早く咲き、花期の長いのが特徴です。
市内の小中学校では、フラワーセンターから寄贈された玉縄桜を育てています。
また先年、「玉縄桜をひろめる会」が設立され、会員の皆さんは、2012年の玉縄城・築城500年記念行事までに玉縄桜の木を増やし、開花させようと活動されているそうです。

桜の他にも、はなな(菜の花)、桃、パンジー、ポピー等、園内は既に春爛漫といったところです。
暖かな日差しの中、幼稚園児から高齢の方達まで、花に囲まれて楽しい時を過ごしていました。

Fctamanawazakura090305
玉縄桜(タマナワザクラ)と足元にはパンジー

Fctamanawazakura0903052
満開の玉縄桜

Fchanana090305
はなな(菜の花) 後方はオカメザクラ

Fcokamezakura090305
濃いピンクのオカメザクラ

Fcohkanzakura090305
大寒桜(オオカンザクラ)

Fckidshouse090305
キッズハウスは大入り満員!

Fcmansaku090305
オレンジ色のマンサク

Fcpopy090305
アイスランドポピーと元気にはしゃぐ子供達

Fcume090305
こちらの梅も終盤を迎えて

2009年3月 2日 (月)

光則寺のミツマタ

光則寺では、境内のアチラコチラに植えられているミツマタが、少しずつ開花してきました。
沢山の種類がある梅の殆どは見頃を過ぎていましたが、まだ蕾の木もあります。
スイセン、ツバキも春の陽を浴びて元気に咲いていました。
今月下旬には、門前のしだれ桜、その後は名物のカイドウが、多くの目を楽しませてくれるでしょう。

Kosokumitumata090302
ミツマタ

Kosokuume090302
名残の梅

稲村ヶ崎海浜公園

快晴で風が強い → 富士山がきれい? → 海
という脳内連想ゲームの結果、稲村ヶ崎海浜公園に行ってみました。
期待の富士山には雲が懸かっていて少々残念でしたが、久しぶりの快晴はやはり気持ちがいいです。
気温は結構低めでも日向はポカポカと暖かで、波打ち際で犬と戯れている人が沢山いました。

Inamurafuji090302

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »