Amazon

« 長谷寺の河津桜 | トップページ | 宝戒寺の梅は終盤 »

2009年2月17日 (火)

鶴岡八幡宮の祈年祭と河津桜

数日振りに真冬の気温に戻りました。
風は少し冷たいですが、散歩するのには気持ちがよいです。

昨日、長谷寺の河津桜が満開だったので、鶴岡八幡宮も気にかかっていたところ、今日午前10時より「祈年祭(きねんさい)」が斎行されることを思い出して行ってきました。
「祈年祭」とは、一年の五穀豊穣を祈るお祭りで、秋の収穫を祝って行われる「新嘗祭(にいなめさい)」と対をなしています。
平日の午前中だったためか参詣客が少なく、初めての「祈年祭」をゆっくり見学させて戴きました。
お目当ての河津桜も満開で堪能しました。

まずは、河津桜の写真から・・・

Hachimankawaduzakura090217

Hachimankawaduzakura0902172
濃いピンクの河津桜が華やかです

Hataagekawaduzakura090217 
旗上弁財天にも咲いています

次に「祈年祭」の様子も順を追ってご覧下さい。

Kinensai090217 
社務所前で宮司さん方のお出ましを待つ巫女さん達

Kinensai0902172
皆さんお揃いのようです

Kinensai0902173
巫女さんの装束
束ねた髪に和紙を巻いて水引がかかっています

Kinensai0902174
祖霊社での祭礼

Kinensai0902175
次に大石段を上られます
途中、神官さんの一人の履き物が脱げてしまうというハプニングがあり、ハッとしたのですが、下で待機していた方が駆け寄り、事なきを得ました

Kinensai0902176
この後、本宮(上宮)で巫女さんによる「浦安の舞」が奉奏されますが、撮影は禁止です

鎌倉には年中行事が多く、特に鶴岡八幡宮では、多くの「時節の祭」が斎行されます。
「鎌倉検定」を受験される方は、色々な行事も要チェックかと思います。

« 長谷寺の河津桜 | トップページ | 宝戒寺の梅は終盤 »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

鎌倉散歩・冬(12~2月)」カテゴリの記事

コメント

八幡様の祭事はいつも粛々とした雰囲気ですね。
伝統を感じます。
本殿前の河津桜も朱色とのコントラストが美しいですね。
自分もこのアングルの景色が大好きです。

ひでばたさん、こんばんは。
800年もの長い歳月、脈々と受け継がれてきた祭事は、見学しているこちらも身の引き締まる思いがします。

河津桜の写真は、毎年変わり映えしないアングルになってしまいますが、飽きずに撮り続けています。
鎌倉にも河津桜が増えてきましたが、やはりここの景色が一番でしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長谷寺の河津桜 | トップページ | 宝戒寺の梅は終盤 »