Amazon

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

安国論寺の紅梅

安国論寺の本堂右側の紅梅は、遅咲きの種類で、例年3月に見頃を迎えます。
でも今年は他所と同様、早く咲いてしまったらしく、既に満開をやや過ぎて散り始めていました。
古木の風格を感じさせるこの紅梅が咲き終わると、長い間楽しませて貰った梅の季節ともお別れという実感が沸いてきます。
いよいよ明日からは3月です!!


Ankokuronjikobai090228

Ankokuronjikobai0902282

来迎寺のミモザ-2

冷たい雨模様の日が続きました。
特に昨日は真冬に逆戻りで、朝から降り続く雨がいつ雪に変わるかと思っていましたが、結局雨のままでした。

今日は、午前中から久しぶりに晴れ間が広がってきたので、一週間ぶりに来迎寺(らいこうじ)へ。
中央の大きなミモザは前回と殆ど変わらず、なかなか満開になりません。
この寒さで開花が止まったのかもしれませんね。
でも、先週の写真と見比べると、緑の割合が減って黄色の部分が広がったようではあります。
今日も数人のカメラマンが、熱心に撮影していました。

Raikojimimoza090228

2009年2月22日 (日)

東慶寺の梅

梅も終盤を迎えた鎌倉。
今年は東慶寺の梅を見過ごしてしまった・・・と諦め半分で出かけてみましたが、まだ間に合いました!!
境内には沢山の種類の梅があるだけに、遅咲きのしだれ梅や紅白梅等、今が見頃の木々がお出迎え。
スイセン、マンサク、ボケ、ミツマタなども彩りを添えています。
日曜日とあって、大勢の参詣客が詰めかけていました。

ただ今改装中の「松岡宝蔵」は、24日(火)から月曜日を除く毎日開館するそうです。
また、今年も「東慶寺の仏像特別展」が、3月7日(土)から5月10日(日)に開催の予定。
普段なかなかお目にかかれない秘蔵の仏像を拝見するチャンスです。

Tokeijiume090222

Tokeijiume0902222

Tokeijiume0902223

Tokeijiume0902225

Tokeijiume0902224
まだまだ見頃の梅達

Tokeijimansaku090222
マンサク

Tokeijimitumata090222
ミツマタ、ウメ、スイセン

  *** おまけ 「東司」 ***

参詣客の「何かと思ったらトイレだったわ!」という声を聞き、昨年東慶寺さんのブログに「東司(とうす=トイレ)」を建築中・・・とあったのを思い出しました。
どこに出来たのかしら?と周囲を見回すと、看門(料金所)の後ろの黒塀の中にありました。
せっかくなので見学(?)してみることに。
小さいながらも、とてもきれいなトイレが出来ています。
でも、女性用には一人しか入れませんので、観光シーズンには行列の恐れあり?
(男性用は知りません・・・)

Tokeijitoilet090222
「東司」
黒塀にtoiletマークがミスマッチ? でも仕方ないですね

2009年2月21日 (土)

来迎寺のミモザ

昨日の午前中は久しぶりにまとまった雨が降りました。
普段は晴れ好きなのに、インフルエンザが蔓延するこの時期には、たまには雨が欲しいと思ったり、我ながら勝手なものです。

穏やかに晴れた今日は、材木座の来迎寺(らいこうじ)に行ってみました。
早くも名物のミモザが見頃を迎えようとしています。
一番大きな木は、まだ殆ど蕾ですが、他の2本の若木は満開でした。
昨年は3月中旬にこの程度の咲き具合でしたから、今年は梅と同様ミモザの開花も異常に早いようです。

Raikojimimoza090221
見事なミモザの大木
中央の木はまだ蕾、右側が満開です

Raikojijibokannon090221
境内の慈母観音像

Raikojimimoza0902212
満開のミモザ

Raikojimimoza0902213
こちらは蕾

2009年2月17日 (火)

宝戒寺の梅は終盤

八幡宮の後、宝戒寺に寄ってみました。
前回訪れてから2週間振りです。
まだ蕾のものも一部ありましたが、大きなしだれ梅を始めとして、殆どの梅は終盤を迎えていました。
先週末からの暖かさで、一気に花開いたのでしょう。

Hokaijiume090217

Hokaijiume0902172
紅白咲き分けの「思いのまま」

Hokaijiume0902173
大分散った「しだれ梅」

Hokaijiume0902174 
色とりどりの梅達も散っています

Hokaijitubaki090217 
沢山の種類があるツバキ

鶴岡八幡宮の祈年祭と河津桜

数日振りに真冬の気温に戻りました。
風は少し冷たいですが、散歩するのには気持ちがよいです。

昨日、長谷寺の河津桜が満開だったので、鶴岡八幡宮も気にかかっていたところ、今日午前10時より「祈年祭(きねんさい)」が斎行されることを思い出して行ってきました。
「祈年祭」とは、一年の五穀豊穣を祈るお祭りで、秋の収穫を祝って行われる「新嘗祭(にいなめさい)」と対をなしています。
平日の午前中だったためか参詣客が少なく、初めての「祈年祭」をゆっくり見学させて戴きました。
お目当ての河津桜も満開で堪能しました。

まずは、河津桜の写真から・・・

Hachimankawaduzakura090217

Hachimankawaduzakura0902172
濃いピンクの河津桜が華やかです

Hataagekawaduzakura090217 
旗上弁財天にも咲いています

次に「祈年祭」の様子も順を追ってご覧下さい。

Kinensai090217 
社務所前で宮司さん方のお出ましを待つ巫女さん達

Kinensai0902172
皆さんお揃いのようです

Kinensai0902173
巫女さんの装束
束ねた髪に和紙を巻いて水引がかかっています

Kinensai0902174
祖霊社での祭礼

Kinensai0902175
次に大石段を上られます
途中、神官さんの一人の履き物が脱げてしまうというハプニングがあり、ハッとしたのですが、下で待機していた方が駆け寄り、事なきを得ました

Kinensai0902176
この後、本宮(上宮)で巫女さんによる「浦安の舞」が奉奏されますが、撮影は禁止です

鎌倉には年中行事が多く、特に鶴岡八幡宮では、多くの「時節の祭」が斎行されます。
「鎌倉検定」を受験される方は、色々な行事も要チェックかと思います。

2009年2月16日 (月)

長谷寺の河津桜

週末は、まるで初夏のような異常気温でした。
今日の予報は平年並みということでしたが、まだ大分暖かく感じます。

長谷寺では、残念ながら梅が殆ど咲き終わっていました。
でも、今日のお目当ての河津桜が満開で大満足!!
まだ若い木で、あまり大きくはないのですが、桜越しに山門を見る景色が好きです。
他には、黄梅(オウバイ)、マンサク、フクジュソウ等の黄色い花が目立ちました。

Hasekawaduzakura090216
満開の河津桜
こちらから見ると大木のようです

Hasetori090216
ヒヨドリでしょうか?

Hasekobaikawadu090216
紅梅とカワヅザクラ

Haseobai090216
黄梅(オウバイ)

Hasemansaku090216
マンサク
春になると「まず咲く」ので「マンサク」とか・・・

Hasehakumokuren090216
ハクモクレンの蕾

Hasejizo090216
今日も穏やかな笑みをたたえる「和み地蔵様」にはスイセンのお供え

Hasekojichu090216
ただ今、弁天窟内の補強工事中
左側の一部だけ入ることが出来ます

2009年2月14日 (土)

旅雑誌に写真掲載

昨日は春一番が吹き荒れ、今日は20℃を超える暖かさ。
2月ということが信じられません。

今日、透明の封筒に入った見慣れない雑誌が届いたので、疑問に思いながら開けてみると、『おとなの列車旅 2009年春号』(廣済堂出版)でした。
そういえば、先日出版社の方から、私のホームページに載っている「御霊神社の桜」と「小動神社の社殿」の写真を掲載させて欲しいとの依頼を受け、了解していたのをすっかり忘れていたのです。
書店での発売は、2月16日だそうですが、印刷が出来たからと掲載誌を送ってきてくれました。
全国のお花見名所の特集号で、パラパラとページを繰っているだけでもウキウキするような美しい雑誌。
それにしても、小動神社は桜が咲いている写真ではないのですが、よほど他に適当な写真が見当たらなかったのでしょうね。
880円と少々高価ですが、書店で見かけたらお手にとってみて下さい。
廣済堂出版さんとは、ご縁があるのか、確か2007年にもパズルの雑誌に写真が掲載されました。

Tabizasshi090214

Tabizasshi0902142

2009年2月12日 (木)

和小物「ここん」

まっちゃん4649さんのブログで教えていただいた、和小物のお店「ここん」へ行ってみました。
市役所隣の交番の向かい側に「竹扇」というおそば屋さんがありますが、その脇の路地を入ったところです。
私も普段よく通る道で、カフェが出来たのは知っていましたが、お隣のこのお店には気づかず通り過ぎていました。

小さなお店ですが、中に入ると、革のお財布、キーホルダー、かんざし、帯留め等のアクセサリー、お香、ちりめんや紙の小物等々、挙げればきりがないほど沢山の和小物があふれています。
店員さんのお話では、(まっちゃん4649さんのブログでも紹介されていますが)和紙の切り絵を貼った結婚祝い用のご祝儀袋やカードが人気だそうです。
可愛いですよね。
他に出産祝い、入学祝い用がありました。
今度お祝い事があったら是非使いたいと思います。
今日は、おひなさま関連の小物が欲しかったのですが、迷いすぎて決心が付かず、季節の封筒と便箋を買ってきました。

      ※ 2012年3月25日に閉店しました ※

Cocon090212

Cocon0902122

Binsenfuto090212
本日のお買い上げ品

三井住友銀行がオープン

若宮大路を歩いていたら、三井住友銀行の看板が目を引きました。
そういえば、「三井住友銀行・鎌倉支店」が出来ると、我が家のポストにも広告が入っていましたね。
貼り紙によると、2月16日(月)オープンだそうです。
場所は、鶴ヶ岡会館より少し八幡宮寄りで、元「ポロ・ラルフローレン」のビル。
このビルには、以前、イタリアンレストラン「ジョージ&レイ」も入っていて、一度行ってみたいお店だったのですが、残念ながら2005年に閉店してしまっていたのです。
以前からとてもステキな建物だと思っていましたが、銀行になっても外観は全然変わっていませんでした。

Mituisumitomobk090212

鶴岡八幡宮の河津桜

ポカポカと暖かな散歩日和です。
鶴岡八幡宮の河津桜の様子を見に行ってきました。
大石段を仰ぎ見ると、右上にピンクの固まりが・・・
まだ2~3分咲きでしょうか?
満開が楽しみです。

Hachimankawaduzakura090212

2009年2月10日 (火)

ワカメ干しに大忙し

坂ノ下海岸に行ってみると、今がワカメ漁の最盛期のようで、漁師さん達が忙しそうにワカメを干しておられました。
こげ茶色のワカメをサッと湯がくと鮮やかな緑色に変わります。
それを浜辺で、1本1本、丁寧に天日干しにするのです。
大量の洗濯物のようにワカメが風で揺れていました。

Wakamehosi090210
ワカメの天日干し

Wakamehosi0902102
干すのは女性の役目でしょうか・・・

Sakanositakaigan090210
波もなく穏やかな浜辺

収玄寺のロウバイ

日陰は少々風が冷たいものの、日向はとても暖かな日でした。
他では終盤に近いロウバイですが、収玄寺ではまだきれいに咲いています。
福寿草も顔を出して来ました。

Shugenjirobai090210
ロウバイ

Shugenjifukujuso090210
フクジュソウ

2009年2月 8日 (日)

荏柄天神社の針供養

1月25日は筆供養、そして今日2月8日は針供養の日です。
10時半から荏柄天神社で針供養を行っているはずと思い、報国寺の後、立ち寄ってみました。
11時頃になっていましたが、山門をくぐると境内は人で溢れそうです。
番号を呼ばれた人から本殿に入っていく様子で、本殿前に長蛇の列が出来ています。
どうやら、事前に申し込んでいた人達が順番に本殿の中で、針供養のご祈祷を受けているようでした。
針供養だけあって、和裁をされているのか和服姿の女性を多く見かけました。
最近では鍼治療に使われる鍼の供養を希望する方もおられるそうです。
お豆腐に針を刺す所を見たいと思いましたが、一般の人達に順番が回ってくるのに大分時間がかかりそうなので、梅の見物をして神社を後にしました。

Egaratenjin090208
大勢の人達が順番待ち
巫女さんが準備をされています

Egaratenjin0902082
紅白の梅が同時に見られました
人の頭ばかりで、上の方しか撮せません

Egaratenjinsidareume090208
吊し雛のように可愛いしだれ梅

Egaratenjinmikosi090208
御神輿
お賽銭箱にも梅の模様が・・・

浄妙寺~報国寺の梅が満開

朝から快晴ですsun
今日は浄明寺方面へ行ってみました。
日曜日なので、多くの観光客で賑わっています。

浄妙寺の境内では、紅、白、ピンクの梅がほぼ満開。
暖かな日差しを受けながら、それぞれ思い思いに枝を伸ばしています。
広い境内で、梅も伸び伸びと育っているように見えました。

Jomyojiume090208
気持ちのよい青空の下、満開の梅がお出迎え

Jomyojiume0902082

Jomyojiume0902084
色とりどりの梅たち

Jomyojiume0902083
境内から山門を見て

浄妙寺の次は、やはり報国寺へ。
こちらは、浄妙寺ほど立派な梅の木はありません。
でも、紅白の梅と淡いピンクのしだれ梅が満開でした。

Hokokujiume090208
報国寺の梅

Hokokujisuisen090208
梅よりもスイセンが沢山咲いています
このお地蔵様は、随分スマート!

2009年2月 6日 (金)

葛原岡神社

佐助稲荷神社から銭洗弁財天の前を通って、葛原が岡まで短いハイキング。
木々の間から見える富士山にご挨拶をして、葛原岡神社に到着です。
神社の周辺には、ツバキ、ウメ、カワヅザクラ、ミツマタ等が咲き、早春の気分を満喫出来ました。

Kuzuharatubaki090206
ツバキと神社の鳥居

Kuzuharakawaduzakura090206
小さなカワヅザクラが花をつけています

Kuzuharahakubai090206

Kuzuharakobai090206
可愛いウメ

Kuzuharahonden090206
本殿にお参り

Kuzuharakusunoki090206
立派なクスノキ

初午の佐助稲荷神社

2月最初の午の日は初午(はつうま)といわれ、全国のお稲荷さんのお祭りです。
鎌倉でも、今日の正午から佐助稲荷神社で、また午後2時から鶴岡八幡宮境内の丸山稲荷社で初午祭が執り行われました。

暖かな日和に誘われ、お祭り準備中の佐助稲荷神社へ行ってみました。
鬱蒼とした杉木立に包まれ、赤い鳥居と奉納旗をいくつもくぐりながら、石段を上っていきます。
今日は、修学旅行らしい沢山の小中学生と行き交いました。
この後、正午から宮司さんの祝詞、お神楽が奉納されます。

Sasukeinari090206
鳥居と奉納旗が続きます

Sasukeinari0902062
あちらこちらに神様の使者キツネさんがいます

Sasukeinarihainden090206
拝殿(こちらで、祝詞とお神楽が奉納されます)

Sasukeinarihonden090206
拝殿から更に上ったところに祀られている本殿

Sasukeinari0902063
境内から石段を見下ろして

2009年2月 5日 (木)

龍口寺の梅

常立寺の後、すぐ近くの龍口寺(りゅうこうじ)へ寄りました。
このお寺は、日蓮上人の龍ノ口法難の刑場跡に建てられたもので、日蓮宗大本山のひとつです。
こちらでも、日蓮上人像のそばに白梅が咲いています。
また、若くて細い木ですが、河津桜もかわいい花をつけて出迎えてくれました。
高台には、神奈川県唯一の木造の五重塔がそびえています。
この五重塔は、来年2010年に創建100周年を迎えるそうです。

Ryukojihondo090205
大屋根が重厚な本堂

Ryukojiumenichiren090205
ウメと日蓮上人像
後方にそびえる五重塔

Ryukojikawaduzakura090205
カワヅザクラ

Ryukojinio090205
仁王様 目が光っています

☆☆☆ おまけ画像 ☆☆☆

Enoden090205
腰越付近を走る江ノ電
”電車”と”接近”の信号(?)が交互に点滅

Kosigoegyoko090205
腰越漁港からの江ノ島
今日は雲が多いです

常立寺のしだれ梅

今日は久しぶりに江ノ電に乗って、「江ノ島」で降りました。
行き先は水族館ではなくて、駅から歩いて2~3分の常立寺(じょうりゅうじ)
住所は、藤沢市片瀬となりますが、鎌倉との境目です。
宝戒寺のしだれ梅が見頃だったので、こちらはどうかと様子を見に来ました。

お寺に着いたときは、数人のカメラマンがいただけでしたが、その内、続々と梅見客が訪れ、人気の高さを感じさせられました。
本堂の右手に3種類のしだれ梅の古木が並んでいますが、一番左の”思いのまま”が満開、真ん中の”紅梅”が3分咲きくらい、右の”青軸(白梅)”は、まだ固い蕾です。
他にもこれから開花する梅が沢山あって、境内全体の見頃はもう少し先になりそうでした。
これからしばらくの間、楽しめそうです。

Joryujisanmon090205
梅が咲き始めた山門前

Joryujisidareume090205
”思いのまま”(左)と”紅梅”(右)

Joryujijizo090205
六地蔵越しのシダレウメ

Joryujikobai090205
かわいい紅梅

Joryujikane090205
立派な鐘楼

2009年2月 3日 (火)

安国論寺の梅

宝戒寺の後、大町の安国論寺へ。
本堂右側の古い紅梅が有名なのですが、この木は遅咲きなので、さすがにまだ固いつぼみのまま。
左側のかわいい紅梅が咲いていました。
御小庵前の白梅も咲き出しています。

Ankokuronjikobai090203

Ankokuronjikobai0902032
日差しによって大分色合いが違って見える紅梅

Ankokuronjiume090203
こちらの紅梅は、まだこれから

Ankokuronjioniyuzu090203
大きなオニユズ
直径15cmくらい?

宝戒寺のしだれ梅が見頃

今日は節分、明日は立春・・・冬と春の狭間ですね。
午後から雲が出てきましたが、午前中は風もなく暖かな散歩日和でした。

1日には大船観音で、また今日は鶴岡八幡宮、長谷寺、建長寺、鎌倉宮で節分祭が行われていますが、混雑を避けて、宝戒寺へ行ってみました。
家に帰ってから豆まきでもしましょう。

例年なら2月下旬から末頃に見頃を迎える宝戒寺のしだれ梅。
今年は驚いたことに早くも7分咲きくらいでしょうか?
歓喜天堂前の紅梅もきれいに咲いていました。
でも、紅白咲き分けの「思いのまま」やピンクのしだれ梅、ツバキ等は、まだこれからですので、もうしばらく華やかな境内を楽しめそうです。

Hokaijishidareume090203

Hokaijishidareume0902032_2 
鎌倉最大のシダレウメ

Hokaijikobai090203
歓喜天堂前の紅梅

Hokaijiume090203
ピンクのシダレウメの見頃はもう少し先

Hokaijimejiro090203
せわしく飛び交うメジロ
動きが速くて、なかなか撮れません

Hokaijirobai090203
甘い香りのロウバイ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »