Amazon

« 段葛のスイセン | トップページ | 紀ノ国屋前でお神楽 »

2009年1月21日 (水)

鶴岡八幡宮の寒ボタンと厄除大祭

鶴岡八幡宮の神苑「ぼたん庭園」では、寒ボタンが満開です。
蛇の目傘や藁囲いで寒さから守られながら、沢山のボタンが誇らしげに美しさを競い合っていました。
華やかな中にも、春ボタンとはまた違った趣を味わえます。
入園料は500円で、2月下旬頃までとなっていますが、気候等により若干ずれる場合があるようです。

Hachimangubotan090121

Hachimangubotan0901213

Hachimangubotan0901212

Hachimangubotan0901214

Hachimangubotanen090121

また、八幡宮では、1月30日から2月1日まで「鶴岡厄除大祭(鶴岡厄除大祈祷)」として、厄除・開運厄除の大祈祷を執り行います。
通常の祈願とは異なって、各自の氏名が記された厄難札(やくやきふだ)を火にくべて、より強く祓いを行うそうです。

Hachimangu090121

Yakuyoke090121

「鶴岡厄除大祭」1月30日(金)午前9時

「厄除大祈祷」  1月30日(金)
                        祭典終了後~午後4時半
                     1月31日(土)・2月1日(日)
           午前8時半~午後4時半

Hachimanguhakubai090121
梅も咲いています

« 段葛のスイセン | トップページ | 紀ノ国屋前でお神楽 »

鎌倉の年中行事」カテゴリの記事

鎌倉散歩・冬(12~2月)」カテゴリの記事

コメント

イリヤさん、こんばんは!

来週、八幡様に厄祓いをしに行くのですが、
本殿に上がれるということで、個人的に
厄祓いをしてもらう予定です。
厄除大祭に行くか迷ったのですが(^^ゞ

寒牡丹も見頃のようで、楽しみが増えました!
段葛の水仙も可愛いですね♪

ちゃるこさん、こんばんは!

厄を一気に祓っていただいて、福運のお年となりますようお祈りしていますshine

水仙、梅、牡丹・・・春の訪れを感じさせて貰えますconfident

イリヤさん おはようございます。
夏に咲く牡丹よりこの時期に咲く、
寒牡丹のほうが一段と綺麗に感じますね?
でも傘とかワラ囲いとかで、
花が咲いてる期間を少しでも長く保つには、
手入れも大変そうですね。
傘は特製のようですね。
こちらも今朝は暖かく久しぶりの、
プラスの気温で南風が吹いて雨の予報ですよ。
流氷も枝幸沖40キロまで近ずいて来てますが、
今年は規模も小さく平年の60%だそうです。
やはり地球温暖化の影響でしょうかね。?
まだ姿は沿岸から見えませんです。
私もブログ更新さぼり気味で済みません。

ピータンさん、こんにちは!
こちらでは春ボタンは4月下旬頃咲くのですが、今の季節は他の花が少ないので、その華やかさが特に印象的ですね。
お正月に合わせて咲かせるには、寒さよけなどのお手入れが大変だと思います。

昨日の夕刊で、枝幸町沖に流氷が迫っているという記事を読み、ピータンさんのご近所だなと思っていたところです。
先日お知らせいただいたクッチャロ湖のコハクチョウ等のテレビ放送、拝見しました。
道北の冬の厳しさがヒシヒシと伝わってきましたsnow

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 段葛のスイセン | トップページ | 紀ノ国屋前でお神楽 »